神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅を検討の方へ!使いやすいキッチンのポイントを解説します!

注文住宅の間取りを決めていく中で、キッチンについて悩みを持っている方は多いのではないでしょうか。
よく使う場所だからこそ、使いやすいキッチンである必要があります。
今回は、使いやすいキッチンのポイントとレイアウト例を紹介します。

□使いやすいキッチンのポイントとは?

主に3つのポイントを紹介します。

*家事動線に沿った配置

例えば、個室タイプのキッチンだと壁やドアが家事動線をふさぎ、スムーズに動きにくいです。
一方、最近人気のあるオープンタイプだと、生活感がでやすいものの、開放的で動きやすいのがメリットです。
料理をすぐに運べるなど、家事の流れがスムーズになります。

*大容量の収納

キッチンには食器や調理器具などが多くあるため、ある程度収納量を確保しないともので溢れて調理スペースを圧迫してしまう、といったことになりかねません。
そこで、パントリー(食材や食器の収納スペース)を設けるのがおすすめです。
また、最近のシステムキッチンにはシンクやコンロの下に大容量の引き出し式収納が付いている場合も多いのでそちらも有効活用すると良いでしょう。

*掃除がしやすい環境

シンク周りやワークトップは、油などの汚れが付きやすいので、汚れの落ちやすいステンレス製の素材を選ぶと良いです。
また、必要なものだけを置くようにして、整理された状態を保つようにすると掃除に取りかかりやすくなります。
ワークトップとシンクが一体化したものだとより掃除がしやすいです。

□使いやすいキッチンのレイアウト例とは?

最も一般的なレイアウトが、シンクと調理機器、冷蔵庫が一列に並べられたI型キッチンレイアウトです。
横幅が広いと、動線が長くなり作業効率が落ちてしまうためコンパクトなキッチン向けのレイアウトになります。
I型に冷蔵庫を並べられない場合には、冷蔵庫の配置によって使い勝手が左右されるので、よく考えて配置する必要が出てきます。
I型の次に一般的なのが、シンク、調理機器、調理スペースがL字に並べられたL型キッチンレイアウトです。
メリットとしては、I型に比べ動線が短縮される点があります。
一方、I型よりも広いスペースを必要とするので、食器棚を置くスペースが確保しづらいです。
U字型キッチンレイアウトは、L型よりもさらに動線が短く作業効率が高いです。
しかし、複数人で同時に料理をするにはあまり向いていないレイアウトになります。
上記の他にも、シンクと調理スペースが分かれているレイアウトや、キッチンが離れ小島のようになっているアイランド型キッチンなどがあります。
それぞれのレイアウトにはメリット、デメリット共に存在するので両方を考慮したうえで好みのレイアウトを取り入れましょう。

□まとめ

使いやすいキッチンであるためには、レイアウトや収納などが特に重要でした。
キッチンの利便性を向上させ、住みやすい家を目指していきましょう。
弊社では、住宅やクリニックの新築、リフォームを承っております。
お気軽にご相談ください。

http://sekidesign.com/

注文住宅を購入する人の平均年齢について解説します!

注文住宅の購入を漠然と考えつつも、もう少し貯金が増えてから購入した方が良いのか、世間一般の人々は何歳で建てているのか気になる方も多いでしょう。

そこで今回は、注文住宅購入時の平均年齢や、40歳を超えてからの住宅購入のリスクについて紹介します。

□注文住宅購入時の平均年齢は?

国土交通省が行った「令和2年度住宅市場動向調査報告書」のデータによると、注文住宅を初めて購入した方の年齢は「30歳代」が最も多かったです。

中古戸建住宅、中古マンションについては「40歳代」が最も多いという結果と比較すると、新築である分費用が高いため、ローンの返済などを考えて早めに購入していると考えられます。

□40歳を超えてから住宅を購入するリスクとは?

「令和2年度住宅市場動向調査報告書」のデータによると、住宅ローンを有する世帯の割合は注文住宅(新築)ではおよそ80パーセントでした。(無回答は除く)
分譲戸建て住宅などの他のタイプの住宅よりも割合は10%以上高くなっていることから、多くの人にとって注文住宅の購入とローンの借入れはセットになっていると言えます。
住宅ローンは高額の借入金を長期にわたって返済をしていくため、ほとんどの金融機関は契約者に団体信用生命保険(団信)への加入を求めます。
言い換えれば、団信に加入できなければ住宅ローンを利用した購入が困難になります。
その団信に加入する際に、健康状態に問題ありと診断された場合には、団信への加入が認められないことがあるのです。
一般的には、年齢を重ねると持病や既往症のある人や、健康面に不安要素のある人が多くなるため、年齢が住宅購入の大きな障壁となってしまう可能性があります。
また、住宅ローンの完済時の年齢は75歳から80歳未満に設定されていることがほとんどです。
高齢になってから住宅ローンを組もうとすると、自ずと完済時の年齢は高くなり住宅ローンの審査が厳しくなるだけに留まらず、全額返済そのものが難しくなる可能性があります。
一方で、完済時の年齢を無理に低く設定し返済期間を短くすると、月々の返済額が多くなってしまうので注意しましょう。

□まとめ

マイホームの購入は、人生で最大級のお買い物とも言われます。
だからこそ、最適なタイミングで購入してローンなどの心配をできるだけ減らしたいものです。
弊社では、注文住宅などの新築、リフォームを承っております。
住宅の購入、リフォームを検討の方は、お気軽にご相談ください。

http://sekidesign.com/

家事の時短短縮につながる動線プランとは!

注文住宅で、動線計画に悩んでいる方はいらっしゃいませんか。
動線は、家事の時間を減らしたり、住む人が無駄な動きをしなくて済むような住宅づくりには欠かせない要素です。
逆に、動線がしっかりしていると、家事や準備の時短につながります。
今回は、時短につながる動線プランをご紹介します。

□時短動線プラン

ここでは、時短につながる動線プランを3つご紹介します。

1つ目は、水回り動線です。
面倒な家事は、水回りに集中しています。
キッチンや浴室、洗面所、トイレがバラバラだと、家の中をぐるぐる動き回ることになってしまいます。
なるべく、浴室やキッチンなどの水回りを、一直線になるように配置しましょう。
時短になるだけでなく、配管をまとめられるというメリットもあります。

脱衣所、洗面台、洗濯機置き場、浴室を同じ場所にまとめれば、移動の手間がグッと減ります。
カウンターを設置すれば、そこで洗濯物を畳んでしまうことさえできます。

2つ目は、動線上に家事スペースを設けることです。
動線上に、家事スペースとしてカウンターや棚を設置すれば、洗濯物や書類整理などの家事を済ます場所として利用できます。

収納スペースも確保すれば、動線上で家事を完結させてしまうことも可能です。
洗濯物をすぐに収納できるだけでなく、一時的に置いておく場所としても利用できるので、いつでも整理された空間を保てます。

3つ目は、キッチンカウンターの設置です。
ダイニングとキッチンの一体感を演出できるキッチンカウンターは今人気の間取りです。
洗い物や食事の配膳を、カウンター越しにできてしまうことや、キッチンカウンターそのもので食事を済ませてしまえる点で、時短が見込めます。

□回遊動線のススメ

ここまで時短につながる動線プランをご紹介しましたが、回遊動線で家事に必要な場所を、ぐるっと網羅してしまうというのも一つの手です。
キッチンから、浴室、脱衣所、洗面台、トイレ、物干し場、そしてリビングを一続きの円上に設置することで、移動の無駄を大幅に削減できます。
家事の時短だけでなく、朝の忙しい時間に家の中をあっち行ったりこっち行ったりする手間が省けるのです。

□まとめ

今回は、時間短縮を意識した動線プランをご紹介しました。
動線がスムーズだと、家事の時短になるだけでなく、家の限られた空間をより有効に使えます。

家族全員のライフスタイルから動線計画を考えることで、理想の住宅を作りましょう。

http://sekidesign.com/

リノベーションの設計にかかる費用についてご紹介します!

リノベーションをする際に必要となるのが、設計図です。
設計図を作成してもらうには設計費用がかかります。
しかし、「設計費用の相場がわからない」という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、リノベーションの設計費用の相場と、設計を依頼する際のポイントについてご紹介します。

□リノベーションの設計費用の相場をご紹介

設計費用の相場は、リノベーション会社に依頼する場合と、設計事務所に依頼する場合で異なります。

リノベーション会社に依頼した場合は、一般的には総工事費の5パーセントから15パーセントです。
リノベーション会社の収入源は、この設計費と施工費です。
そのため設計事務所に依頼するよりは、費用を抑えられます。

設計費が、無料であることをアピールしているリノベーション会社には、注意が必要です。
プランがパターン化されており、素材や仕様に制限がある可能性があるからです。

また、設計費が極端に安い場合も注意が必要です。
この場合は、施工費が高額であるケースが多いです。

設計費が安いからという理由だけで、リノベーション会社を選ばないようにしましょう。

設計事務所に依頼した場合の設計費は、総工事費の10パーセントから20パーセントと、リノベーション会社に依頼した場合に比べると少し高額です。

しかし、設計事務所の優秀なデザイナーは、細かな部分まで丁寧な設計をしてくれます。
設計事務所に依頼すれば、リノベーション会社に依頼するより、スタイリッシュなプランが期待できるかもしれません。

□リノベーションを依頼する際のポイント

ここでは、リノベーションを依頼する際のポイントを、2つご紹介します。

1つ目は、予算をしっかり伝えるということです。
住宅へのこだわりが多すぎると、設計費が高くなるだけでなく、施工費も高くなります。
予算オーバーが心配な方は、事前に見積もった予算を、しっかりと伝えましょう。

2つ目は、実績だけでなく担当者との愛称を大切にすることです。
リノベーションの設計をする際には、担当者と何回も打ち合わせが必要です。
自分の希望とは違った方向に話が流されたりしないように、好みでなければしっかり断れるような信頼関係の築ける担当者を選びましょう。

どれだけ実績があっても、自分の希望と異なる住宅になってしまっては意味がありません。

□まとめ

今回は、リノベーションの設計費用と、依頼する際のポイントをご紹介しました。
設計はリノベーションの方向性を決める非常に大切な段階ですが、希望をなんでも通そうとすると設計費用以外の費用も高額になってしまいます。
事前に、しっかりと予算を決めて、その範囲内で理想の住宅を設計しましょう。

http://sekidesign.com/

和風モダンな注文住宅の魅力についてご紹介します!

近年は、洋風住宅が主流になり日本古来の和風な家はめっきり見なくなりました。
しかし、そんな和風の要素を取り入れながらも、現代的な建築様式を採用した和風モダンと呼ばれる住宅形態が普及しつつあります。
今回は、和風モダンな住宅の魅力と、注意点をご紹介します。

□和風モダンな住宅の魅力とは

ここでは、和風モダンな住宅の魅力を3点、ご紹介します。

1つ目は、日本人にとって落ち着ける空間であるということです。
今でこそ少なくなったものの、少し前まではどの家も和風な様式でした。
その形式が、長年この国で採用されてきたのには、何か訳があるはずです。

長い間和風の様式で育ってきた私たち日本人は、和風な建築から落ち着きを感じるのです。
畳や土間、縁側といった昔ながらの空間は、どこか私たち日本人の心を落ち着かせてくれます。

2つ目は、自然の素材をうまく取り入れていることです。
和風モダンな家の特徴として、天然素材をうまく取り入れていることが挙げられます。
障子や格子戸、壁の木材などの天然素材は温かみを感じますよね。
注文住宅であれば、屋根やタイル、車庫など、自分の好きなところに天然素材を用いて、和の空間を作り出すことができます。

3つ目は、開放的な空間です。
和風建築の特徴として、区切りというものがあります。
部屋と部屋を仕切るのは、欧米であればドアですが、日本では障子、襖などでした。
可動式である障子や襖を開ければ、部屋は一続きになり開放的な空間を演出できます。

□和風モダンな家を作る際の注意点とは

和風モダンな住宅を注文する際の注意点を3つご紹介します。

1つ目は、防音の壁を用いることです。
昔は、近所の親交も深く、何も問題ありませんでしたが、近年ではプライバシーを守るという意識が常識になりつつあります。
障子や襖では、音漏れを防ぐことはできません。
音漏れを防ぐために防音の壁や扉を注文するようにしましょう。

2つ目は、色についてです。
和風モダンな住宅は、内装や壁の色で主張するよりも、家具にこだわった方が雰囲気が出ます。
落ち着いた色の家具を選びましょう。

3つ目は、土壁を用いる際のメンテナンスです。
土壁は乾燥するとひび割れを起こします。
見た目だけでなく、壁の耐久力にも関わる問題ですので、定期的に塗り直すようにしましょう。

□まとめ

昔とは社会が大きく変わっているので、当時の住宅そのままとはいきませんが、和風住宅の良い点のみを取り入れた現代的な住宅が、和風モダンです。
当社では、和風モダンだけでなくお客様の理想の住宅を作るサポートをしています。
お気軽にご相談ください。

http://sekidesign.com/