神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅を建てるときの土地探しの注意点についてご紹介します!

「注文住宅の土地の探し方を知りたい」
「注文住宅の土地を探す際の注意点について知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅の土地を探す際、探し方や探すときの注意点について知りしたいですよね。
今回は注文住宅の土地探しについて上記の疑問を解消する情報をお伝えします。

□土地の探し方について

皆さんは注文住宅の土地の探し方は何だとお考えですか。
イメージが湧かない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは注文住宅の土地の探し方ついてご紹介します。
探し方はハウスメーカーや不動産に相談したりインターネットで検索したり実際に足を運んでみたりする方法があります。
手順は土地の予算を決めて、地域や土地の広さや日当たりなどの条件に優先順位をつけます。
そしてその条件にあった土地を探していきます。
土地が決定したらハザードマップや周辺環境などを調べましょう。
土地が決まったら契約を結びます。

以上注文住宅の土地の探し方についてでした。

□注文住宅の土地を探す際の注意点について

ここまで注文住宅の土地の探し方についてご紹介しました。
注文住宅の土地の探し方のイメージが湧いたと思います。
ここからは注文住宅の土地を探す際の注意点についてご紹介します。
注文住宅の探し方と一緒に知っておきましょう。
まず土地にかけられる金額を知っておきましょう。
総予算をA、土地取得費をB、建築費をC、諸経費をDとするとA=B +C +Dと表せます。
Cの建築費の目安が問題となります。
これは施工会社に聞かないと確認できません。
Dの諸経費は不動産または金融機関で確認できます。
大まかにどのくらい費用がかかるのかを知っておくことがポイントです。
また、土地の様々な制限を超える建物は立てられないので自分の条件にあった土地を見つけられたと思ってもこの制限を超えるとせっかく土地を決めたのに希望通りでなくなってしまいます。
そのため、土地の法規的無制限も把握しておくと良いでしょう。
そして、購入から入居までの計画を立てましょう。
一般的な流れを把握しておくことで自分たちの希望する時期に入居できます。

以上注文住宅の土地を探す際の注意点についてでした。

□まとめ

今回は注文住宅の土地の探し方や土地を探す際の注意点についてお考えの方や興味のある方に向けてご紹介しました。
当初の疑問は解消されたでしょうか。
今回の情報を活用して自分の納得のいく土地探しをして素敵な土地を見つけてくださいね。
ご不明の際はいつでも当社にご連絡ください。

http://sekidesign.com/

注文住宅のモダンデザインについてご紹介します!

「モダンのデザインの例を知りたい」
「注文住宅でモダンデザインにするメリットについて知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅でモダンデザインにする際、メリットを知ったり例を参考にしたりしたいですよね。
今回はモダンのデザインについて上記の疑問を解消する情報をお伝えします。

□モダンのデザインのメリットについて

皆さんはモダンデザインのメリットは何だとお考えですか。
イメージが湧かない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは注文住宅でモダンデザインにするメリットについてご紹介します。
モダンデザインは外観や間取りの凹凸、余計な装飾が少ないデザインとなっているのでお手入れや掃除の手間を軽減できます。
また、モダンデザインは主張が強くありません。
シンプルな作りとなっていて誰もが受け入れやすく環境に溶け込みやすいです。
豪華な飾りや特殊な材料がなくてもおしゃれな仕上がりとなるので建築費用を抑えられます。
さらに、デザインにこだわりすぎると飽きる可能性がありますが、モダンデザインはホワイトをベースとしたモノトーンカラーでシンプルなので長い間愛され続けられます。

以上モダンデザインの例についてでした。

□モダンデザインの例について

ここまでモダンデザインのメリットについてご紹介しました。
モダンデザインのメリットについてイメージが湧いたと思います。
ここからはモダンデザインの例についてご紹介します。
外観を直線的にまとめて片流れ屋根と合わせたりたりモノトーンにしたりしてスタイリッシュな仕上がりにできます。
内装ではホワイトベースにダークカラーを加えてモノトーンな仕上がりにしたり、ラグジュアリーなインテリアとホワイトベースをマッチさせたりして同じホワイトベースでも違う雰囲気を醸し出せます。
壁の色をマットなアースカラーにすることで自然に景色とマッチさせることもできます。
さらに、和モダンスタイルとマッチさせて素材の良さを引き出させたり白壁と木目をマッチさせてナチュラルさを引き出したりできます。
シャープなシルエットと木材による温かみのある洗練されたデザインでシンプルかつエレガントさを引き出すこともできます。

以上モダンデザインの例についてでした。

□まとめ

今回はモダンのデザインと例についてお考えの方や興味のある方に向けてご紹介しました。
当初の疑問は解消されたでしょうか。
今回の情報を活用していいなと思ったり気になったりしたデザインを参考にして素敵な北欧風のデザインにしてくださいね。
ご不明の際はいつでも当社にご連絡ください。

http://sekidesign.com/

注文住宅の北欧風デザインとは?注文住宅の北欧風デザインについてご紹介します!

「北欧風デザインの例を知りたい」
「北欧風デザインについて知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
家を建てる際に北欧風のデザインについて知ったり例を参考にしたりしたいですよね。
今回は北欧風のデザインについて上記の疑問を解消する情報をお伝えします。
ぜひ参考にしてくださいね。

□北欧風のデザインについて

皆さんは北欧風のデザインはどのようなイメージをお考えですか。
イメージが湧かない方もいらっしゃると思います。
ここでは北欧風のデザインについてご紹介します。
北欧風のデザインは大屋根のシンプルな外観デザインで室内は木の温もりを感じられる空間となっています。
北洋デザインのファブリックのモチーフは植物や自然に関しています。
北欧風デザインは色で遊び心を表現することが多く、基本のスタイルはホワイトのサイティングに大屋根というシンプルです。
サイティングの色をグリーンやベージュにすることで個性を出せます。
家中にある大きな窓も特徴です。
天気の良い日は日差しを部屋の中に取り入れて明るく暖かい部屋づくりができます。
北欧では雪が多いため落雪屋根を主に取り入れています。
玄関ドアをビビッドカラーにしたり重厚感のあるドアにしたりします。
北欧のキッチンは木目やホワイトといったナチュラルなデザインです。
色の選択が重要でシンプルなベースカラーにアクセントカラーやさし色と取り入れることでシンプルだけれどおしゃれなデザインが完成します。
また、家の耐熱性が優れているので長い冬も心地よく暮らせます。

以上北欧風のデザインについてでした。

□北欧風の例について

ここまで北欧風デザインについてご紹介してきました。
北欧風デザインのイメージが湧きましたか。
次は北欧風デザインの例についてご紹介します。
自然と寄り添う家という意味でホールウェイと呼ばれる空間があります。
キッチンでは、大きな窓をもうけてその窓から溶け込む陽の光が気持ちよくさせます。
さらに、ダイニングとキッチンの境目に段差をつけて目線を変えてみて空間に広がりを与えます。
ラウンジにペレットストーブをもうけると家族団欒する北欧の冬を創造させます。

以上北欧風の例についてでした。

□まとめ

今回は北欧風のデザインと例についてお考えの方や興味のある方に向けてご紹介しました。
当初の疑問は解消されたでしょうか。
今回の情報を活用していいなと思ったり気になったりしたデザインを参考にして素敵な北欧風のデザインにしてくださいね。
ご不明の際はいつでも当社にご連絡ください。

http://sekidesign.com/

注文住宅の動線計画についてお悩みの方へ!動線計画についてご紹介します!

「注文住宅の動線作りのポイントを知りたい」
「女性に優しい動線作りにしたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅の動線計画を考えるときに動線のポイントを知っておきたいですよね。
今回は上記の疑問を解消するための情報をお伝えします。
ぜひ参考にしてくださいね。

□動線作りのポイントについて

皆さんは動線作りのポイントは何だとお考えですか。
イメージが湧かない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこでここでは動線作りのポイントについてご紹介します。
動線計画のポイントはなるべく短くすることです。
毎日の生活を快適に送るために、効率的に様々なことをこなすために、動線を短くすることを意識しましょう。
動線には「家事動線」「生活動線」「来客動線」の3つあります。
これらの動線がなるべく交わらないようにすると暮らしやすい間取りの実現が可能になります。
特に注意しなければならないのは来客動線が他の動線と交わらないようにすることです。
他の動線と来客動線と交わらないようにすると来客中でも浴室や洗面所を使いづらくなる心配がありません。

以上動線作りのポイントについてでした。

□女性に優しい動線作りについて

ここまで動線作りのポイントについてご紹介してきました。
動線作りについてイメージが湧いてきたと思います。
動線作りについて知った次に女性の優しい動線作りについても知っておきましょう。
まずは、キッチンの動線についてです。
調理道具や食材のストックの位置のレイアウトの配慮が必要です。
配膳のしやすさ、キッチンにいない家族も参加しやすさに焦点を当てて動線計画しましょう。
次に、洗濯動線についてです。
洗濯して干して畳んで収納するこの一連の流れを洗濯同線と言い、この一連の中で負担を減らす動線を心がけましょう。
例えば、洗濯機にかけられた後の重い洗濯物を干すまでの動線を工夫したり乾いた洗濯物をどこで畳むのが良いかを考えたりしましょう。
手伝ってもらったり働いている姿を見てもらったりすると良いでしょう。
また、掃除動線については、帰宅後に着替えたり手を洗ったりするために通る動線を意識すると掃除を必要とする場所を限定して意識して掃除するので家中が汚れることを避けられます。

以上女性に優しい動線作りについてでした。

□まとめ

今回は注文住宅の動線計画について興味のある方やお考えの方に向けてご紹介しました。
当初の疑問は解消されたでしょうか。
今回の情報を活用して注文住宅の動線計画を成功させてくださいね。
ご不明点がございましたらいつでもご連絡ください。

http://sekidesign.com/

注文住宅のメリットと中古購入をしてリノベーションをするメリットについてご紹介します!

「注文住宅のメリットは何だろうか」
「中古購入してリノベーションするメリットは何だろうか」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅を購入する際はメリットとデメリットについて知っておきたいですよね。
ここで今回は上記の疑問を解消する情報についてお伝えします。
ぜひ参考にしてくださいね。

□注文住宅のメリットとデメリットについて

皆さんは注文住宅のメリットについてどうお考えですか。
イメージが湧かない方もいらっしゃると思います。
また、メリットにはデメリットも存在するので合わせて知っておきましょう。
そこでここでは注文住宅のメリットとデメリットについてご紹介します。
まずはメリットについてご紹介します。
注文住宅のメリットは、着工前に地盤調査を行います。
そして、自分の好みの間取りやデザインを選択できます。
また、施工過程を確認できます。
新築住宅であれば注文住宅は10年保証付きです。
一方で注文住宅のデメリットは、工事費用が高額になりやすいです。
また、入居まで1〜2年かかります。
工事が完成するまで完成した家のイメージがしづらいです。

以上注文住宅をリノベーションするメリットとデメリットについてでした。

□中古購入+リノベーションのメリットとデメリットについて

ここまで注文住宅のメリットとデメリットについてご紹介しました。
注文住宅のメリットとデメリットについてイメージが湧きましたか。
次に中古購入の後にリノベーションすることのメリットとデメリットについてご紹介します。
この方法は注文住宅と同じことを行なっています。
異なる点は構造を新しく作るか作らないかです。
中古購入+リノベーションとは不動産を購入して壁や天井、床を解体して家をスケルトン状態にして内部空間を作っていく工程を踏みます。
これは手間のかかる住宅購入になります。
しかし、メリットはいくつかあります。
古くからある建物の方が好立地である場所に立っていることが多いことと利便性が高いことが挙げられます。
また、地盤が良いところに家を持てる可能性が高くなります。
一方で、既存の構造部分をリノベーションすることになるので構造は変更できないことがデメリットです。
しかし、内装部は自分好みのオリジナリティーあふれる家を作れます。

以上中古購入とリノベーションについてでした。

□まとめ

今回は注文住宅のメリットとデメリットや中古購入とリノベーションについて興味がある方にご紹介してきました。
当初の疑問は解消されたでしょうか。
今回の情報を活用して注文住宅のリノベーションを成功させてくださいね。
何かご不明点がありましたらいつでも当社までご連絡ください。

http://sekidesign.com/