神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

23970524_s

ペットを飼っている方の多くは、家族の一員であるペットのことを考えた家づくりをしたいのではないでしょうか。
ペットの習性や特徴を理解した家づくりをすることで、人間もペットも共に快適な家を建てられます。
そこで今回は、猫と暮らす家づくりについて詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

□猫の習性を考えた家づくりの3つのポイント

1つ目は、猫が脱走しないようにすることです。
室内飼いの猫が外に飛び出てしまうと、事故にあったり、野良猫と喧嘩して怪我をしたりといった危険にさらされてしまいます。
脱走の対策としては、玄関の手前の廊下や階段に扉を作ることや、窓にストッパーをつけることがあります。

2つ目は、傷つきにくい壁紙にすることです。
猫の習性の1つに、爪を鋭く保ったり、マーキングしたりするための爪とぎがあります。
その爪とぎをするために猫が壁紙を引っかいてしまい、壁紙がはがれることが多いので注意が必要です。
室内でペットを飼う方向けの傷がつきにくい壁紙は剥がれにくいため、猫の爪とぎ防止になります。
また、そのような爪とぎできない壁紙にした場合は、猫のストレス緩和のために別途爪とぎを設置するのがおすすめです。

3つ目は、手入れしやすい床材にすることです。
猫は毛を多く落とす上に、トイレを室内に置くため衛生面が気になってきます。
それらの対策としてペット用のフローリングやフロアマットを使えます。
高い撥水性を持ち、凹凸が少ないため掃除しやすく、引っかき傷がつきにくいペット用の床材は種類豊富なので、インテリアに合わせやすいのも魅力的です。

□猫と暮らす家に作りたい設備について

室内飼いの猫にも野生の猫の本能があります。
そのことを理解して、家づくりの際には猫がストレスを感じない快適な、以下の設備を家に取り入れましょう。

1つ目の設備は、猫用ドアです。
自由に部屋を移動できないと、猫がドアを引っかいたり、猫が部屋に閉じ込められてしまっていたりといった問題が発生します。
猫用ドアを作ることで猫にとって快適な住まいになります。

2つ目の設備は、キャットタワー・キャットステップです。
猫は獲物を狩る習性があるので、高い場所は猫にとって居心地の良い場所です。
キャットタワーやキャットステップを取り入れると、猫の運動不足を解消したり、猫が楽しく暮らせたりする家になります。

□まとめ

猫と暮らす家づくりのポイントと、取り入れたい設備について解説しました。
猫の習性に応じた設備を取り入れることで、猫にも人間にも心地の良い家ができ上がります。
当社では、猫と人が快適に暮らせる家づくりをしたい方にも対応した相談をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

23599231_s

注文住宅では、契約までの手続きや、間取りや設備などの話し合いなど、多くの手間がかかることをご存じでしょうか。
実は、イメージ通りの家を建てるためにやっておくべきことも多いのです。
今回は、注文住宅の仮契約と本契約の違いや、仮契約までに行っておきたいことについて解説します。

□契約は2段階!仮契約と本契約の違いについて解説します。

注文住宅では、家を建ててもらう1つの建築会社と契約を行います。
そして、契約は仮契約と本契約の2段階で行われます。
仮契約とは名ばかりで、本契約する会社をほぼ決定する手続きですので、仮契約の前から注意する点は多くあります。

仮契約の前の段階では、リサーチを行った後に候補となる建築会社を数社程度に絞り、それぞれに見積もり依頼を出してプランを検討します。
比較する中で契約する会社を決定し、仮契約を結びます。
この際、サインと捺印をするだけでなく、申込金と呼ばれる契約の前金を支払います。
この際に支払った申込金は、契約をキャンセルする際返還されないケースも多いため、注意が必要です。

本契約とは、仮契約を行った後、間取りや設備、窓の数や位置など、細かい部分まで決定した後に行う契約のことです。
仮契約の段階では、予算内で家を建てられそうだと確信した1社と契約し、プランを完成させたのちに本契約を行う、といった流れです。

□仮契約までに行うべきことを解説します!

先ほども解説したように、仮契約は取引相手を決定する、非常に大切な契約です。
そのため、それまでに行うべきことがあります。

まず、見積もり金額は本体工事以外にも、それ以外にかかる費用を足した、総額で提案することです。
建築会社によって見積もりの計算方法が異なるため、そのままでは見積もり費用を比較できません。

さらに、通常の見積もり費用では、設備のグレードアップなど、オプションの費用は含まれないことが多いです。
そのため、建設費用以外も含めた総額を出してもらったうえで、比較、検討を行いましょう。

また、事前に導入したい設備などが決まっていれば、メーカーのショールームにて設備の価格帯を聞けますので、ショールームに足を運ぶのもおすすめです。

□まとめ

今回は、注文住宅の仮契約と本契約の違い、仮契約までにやるべきことについて解説しました。
仮契約は、自分の夢を託す相手を決める重要な手続きです。
この会社なら自分の希望通りの家を建ててくれる、と納得できるまで、慎重に検討しましょう。

http://sekidesign.com/

23599229_s

注文住宅は、建売住宅や中古住宅リノベーションに比べて構造や間取りも設計でき、自由度が高い反面、設計の打ち合わせや、契約手続きが多く、手間のかかるものです。
今回は、注文住宅の契約までの流れについて解説します。

□情報収集から契約まで!流れを解説します。

注文住宅を建てるには、情報収集が欠かせません。
そして、情報収集するには、はじめに予算を決めておく必要があります。
予算の決め方の一つに、家賃と比べる方法があります。
貯金など、その他にも考慮する点はあるので、住宅にかけられる資金はいくらか計算しましょう。

予算を決めたところで、家の間取りや、周辺環境のイメージをしましょう。
実際にモデルルームや、設会社の内覧会などに行くと具体的なイメージが膨らむため、一度足を運ぶことをお勧めします。

次に行うのが土地探しです。
不動産情報サイト等を活用して、あらかじめ土地代の相場を確認しておきましょう。
予算に合った土地が見つかった際に連絡を貰えるようにお願いしておくことをお勧めします。

こうして土地を決めた後、建設会社を探します。
とはいえ、この段階で契約を結ぶ1社に絞るわけではありません。
数社に絞り、次の段階で選んだ数社に見積もり依頼を出すため、ここでは数社程度に絞ることが重要です。

建築会社を選ぶ際には、モデルハウスを参考にすると良いでしょう。
事前に資料請求をしておくことをお勧めします。

建築会社を数社に絞ったら、見積もり依頼を行います。
この時、あらかじめ間取りや設備など、要望や具体的なイメージを伝えることが大切です。
見積もりの金額に諸経費がどの程度含まれているかは、会社によって異なるため、総額で見積もり依頼を出すことが大切です。

プランを比較し、建設を依頼する会社を決めたら、見積もり依頼を行います。
見積もり依頼を終えると、間取りや設備の選定など、細かな事項まで話し合います。

これらの過程を通して金額が決定したら、工事請負契約を結びます。
契約後には、さらに細かくプランを練っていきます。
また、建築予定の住宅が法律に違反していないかの確認も大切です。
確認が取れたのち、建築確認を市区町村に申請します。
これらの手続が完了した後に、工事の着工に移ります。

□まとめ

今回は、注文住宅の契約までの流れについて解説しました。
注文住宅では、着工までに手続きや話し合いなど、非常に手間がかかることをご理解頂けたでしょうか。
この記事がお役に立てますと幸いです。

http://sekidesign.com/

23739348_s

注文住宅と言えば、1から設計できる自由度の高さや、誰も済んだことのない家に住めるのが魅力ですよね。
しかし、建売住宅や中古住宅のリノベーションに比べて、入居までにかかる期間が長いなど、様々な相違点があります。
今回は、注文住宅と建売住宅の違いや、それぞれのメリットについて解説します。

□注文住宅とは?建売住宅との違いを解説します!

注文住宅とは、土地を選び、建築士に設計を依頼し、自分の建てたい家や、要望などを伝えてプランを立てたうえで建設する住宅です。
1から自分たちで設計するフルオーダーと、ある程度プランが決まっていて、設備など細かい部分のみ選択するセミオーダーがあります。
予算が1000万円程度の場合、セミオーダーのケースが多いのです。

建売住宅とは、端的に言えば土地と建物をセットで購入する住宅です。
建物は竣工済みのケースもあれば、後から建てるケースもあります。
竣工済みの建売住宅の場合、注文住宅に比べて自由度が低い点がデメリットですが、契約後すぐに入居できる点がメリットです。

□注文住宅、建売住宅のメリットを解説します!

特にフルオーダーの場合、注文住宅の最大のメリットは、自由度の高さでしょう。
建物の構造や間取りなど、予算に応じて要望通りの家が建てられます。
特に建物の構造などは、リノベーションであっても実現が難しいでしょう。
注意点としては、土地によっては要望が通らない場合もあることです。
建設会社との打ち合わせの際には、確認することが大切です。

また、将来リフォームすることを見据えて設計できる点もメリットでしょう。
子供が家を出た後のことなども考えて設計できるのは、注文住宅ならではのメリットです。

建売住宅のメリットは、設計などの手間がない分、家の設計の打ち合わせなどが少ない点です。
土地と住宅をセットで購入するため、契約の手続きも比較的簡単になります。
また、建売住宅は自由度が低いと思われがちですが、選択肢は豊富で、注文住宅ほどではないものの自由度は高いのです。

そして、注文住宅に比べて価格が安いことも魅力でしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅と建売住宅の違いや、それぞれのメリットについて解説しました。
注文住宅は自由度が高い分、オーダーメイドのためかかる費用が高くなることや、設計などの手間がかかること、土地と別々に購入することが多く、手続きが面倒な点に注意が必要ですね。
この記事がお役に立てますと幸いです。

 

http://sekidesign.com/

4932154_s

前回は、注文住宅を建てて後悔した事例について解説しました。
後悔しないためのポイントは様々ですが、最も気を付けなければならないのが生活動線です。
人生で一度の買い物であろうマイホームで、後悔したくありませんよね。
今回は、注文住宅を建てる際に、後悔しないためのポイントについて解説します。

□生活動線が特に大切!後悔しないためのポイントを解説します!

1つ目に、収納スペースの設計は慎重に行うことです。
注文住宅では自由度が高く、考えることも増えるため、収納など細かい部分の設計を怠りがちですが、収納スペースの過不足や、使いづらさで後悔している方は多いのです。

収納スペースを考える際のポイントは、どの部屋で何を使うか予測することでしょう。
収納の大きさだけでなく、どこに設置するかも非常に大切です。
そのため、生活動線を意識した配置を行い、利便性を高めましょう。

また、ウォークインクローゼットを取り入れるのも有効な手段でしょう。
ウォークインクローゼットとは、人が通れる広さを確保したクローゼットを指します。
着替えをクローゼット内で済ませられる点が便利です。
また、春夏用と秋冬用の衣類をそれぞれまとめて収納しておくと、衣替えの際に衣類を整理する必要がなく、便利でしょう。
気温に合わせたコーディネートも容易に行えます。

2つ目に、窓の位置や枚数、大きさを慎重に検討することです。
採光のために窓を増やした結果、家具を置ける面が減る、高さのある家具を置けなくなる等、レイアウトに制限が生じるケースがあります。
窓を配置するうえで大切なのは、数や大きさではなく、配置です。
周辺環境から、どの位置であれば光が入るのか、確認を怠らないようにしましょう。

また、光を取り込みづらい場合には、天窓をお勧めします。
天窓とは、天井に設ける窓を指します。
天井に設置するため、部屋の広範囲に光を取り込めるだけではなく、近隣住民の視線がないため、プライベートの確保も両立できます。

3つ目に、コンセントの位置を慎重に検討することです。
収納のケース同様に、細かい部分のため設計を怠りがちですが、コンセントの位置が適切でないと、必要な場所にコンセントがなく、不要なところにコンセントがある、という状態ン陥ります。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる際に後悔しないためのポイントについて紹介しました。
細かい部分まで時間をかけて設計することが、失敗しないためのポイントと言えるでしょう。
この記事がお役に立てますと幸いです。

http://sekidesign.com/