神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

4932154_s

注文住宅に対して、憧れを抱いている方も多いのではないでしょうか。
ごく少数ですが、注文住宅を建てて後悔している方もいることをご存じですか?
今回は、注文住宅を建てて後悔してしまった事例について、次回では失敗しないためのポイントについて解説します。

□注文住宅を建てて後悔しているのは少数!

後悔している人がいると聞くと、注文住宅を選びにくくなってしまいますよね。
確かに注文住宅を建てて失敗したと話す人はいますが、これはごく一部の事例です。
クラウドワークス、ランサーズの調べによると、注文住宅を建てて後悔したのは全体の約5パーセントとのことでした。
多くの人は、注文住宅を建てて満足しているようですね。

□なぜ後悔?失敗した事例を紹介します!

1つ目に、収納スペースの不足です。
注文住宅は、1から設計できる自由度の高さ故に、細かい部分まで注意できないケースがあります。
収納スペースが足りない場合も、これに該当します。
例えば、洗面台に収納がない、玄関に収納が少ないなど、細かい点ではありますが、生活するうえで不便に思うことでしょう。

2つ目に、イメージ通りの住宅にならなかったケースです。
建築会社など、担当者との話し合いで設備や間取りのイメージを具体的に伝えられないことが原因です。
イメージを伝えるだけでなく、イメージが相手に伝わっているか確認することも非常に大切でしょう。

3つ目に、生活動線を考慮しなかったケースです。
生活動線とは、日々の生活で行き来する経路のことです。
生活動線を考えないと、生活の中で移動するたびにストレスが生じるでしょう。
例えば、ベランダから洗濯機が遠く、洗濯物を干すのに不便、などの事例があります。

4つ目に、トイレを2階に設けなかった結果、不便になったケースです。
この方は、3階建ての家を建てる際、2階のリビングを広くするためにトイレを1階と3階のみに設けたそうです。
その結果、トイレに行く度に、階段の昇降にストレスを感じてしまいました。

先ほどのケースと同様、生活動線を考えずに間取りを考えた結果、実生活で不便が生じています。
実生活を想定して動線を考えることが大切でしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てて後悔した事例について解説しました。
生活動線を考えることの大切さがご理解いただけたでしょうか。
次回は注文住宅を建てて後悔しないためのポイントについて解説します。
この記事がお役に立てますと幸いです。

http://sekidesign.com/

23509071_s

前回の記事では、1000万円台、2000万円台の注文住宅のイメージについて解説しました。

今回はその後編として、3000万円台、4000万円台の注文住宅のイメージについて解説します。
この価格帯からは、コストを抑えることよりも、自分の要望を中心に考えることが大切になってきます。
価格帯ごとに設計のポイントも解説します。

□夢を実現しやすくなる!3000万台で建つ家のイメージについて解説します!

3000万円台となると、2000万円台に比べて叶えられる要望が増えます。
この価格帯から、鉄骨造住宅も選択できます。
全国の注文住宅の平均建設費用はおよそ3300万円のため、3000万円台後半では、設備や建材のグレードを平均より高いものに変更する、家の大きさを広くするなど、選択肢が大幅に増えるでしょう。

2000万円台では外装にこだわって設備にこだわれなかった場合も、3000万円台では外装にも設備にもこだわれるなど、選択肢が増えるだけでなく実現できることが増えるのも魅力です。

この価格帯でのポイントは、お金をかけるところを明確にすることでしょう。
予算に余裕があるとはいえ、あまり欲張りすぎるとコストオーバーになる場合があります。
設備にこだわる、吹き抜けを設けるなど、自分の要望や家族の要望を話し合い、優先順位をつけることも大切です。
選択肢が多い分、決定に時間がかかりますが、家族全員でじっくりと検討しましょう。

□幅広いプランが実現できる!4000万円台で建つ家のイメージについて解説します!

4000万円台の家では、幅広いプランが選択できるでしょう。
というのも、家のこだわりがある方が要望通りのプランで見積もった場合、建築費は4000万円以上になるケースが多いからです。

家の形も複雑にでき、中庭を設ける、コの字型の家を建てる等、施工に手間のかかる形も選べます。
さらに、3000万円台以下では一部にしか使えなかった漆喰や無垢材などの自然素材も存分に使用できます。
150万円以上するシステムバスの導入など、設備の面でも非常にグレードの高いものが使用できます。

この価格帯では、予算を気にしてコストを抑えることや、妥協することが減るでしょう。
コストを抑えることよりも、自分の要望を考えることが中心となるでしょう。

□まとめ

今回は、3000万円台、4000万円台の注文住宅のイメージについて解説しました。
できることが大幅に増える点が一番の魅力ですね。
自分や家族が叶えたい要望を明確にすることが大切です。
この記事がお役に立てますと幸いです。

http://sekidesign.com/

23046227_s

マイホームと言えば、注文住宅や、建売住宅、中古住宅のリノベーションなどの種類がありますよね。
注文住宅は、1から設計できるため自由度が高い反面、価格の幅が非常に広いのです。
今回は、注文住宅の費用相場を、1000万円台から4000万円台まで、その金額で建つ家のイメージを紹介します。

□シンプルな形が特徴!1000万円台で建つ家のイメージを紹介します!

注文住宅は、1000万円台から建てられます。
この価格帯は、若いうちに注文住宅を購入したい方や、ローンの返済期間を短くしたい方に人気があります。
自由度の高さが注文住宅のメリットですが、この価格帯での自由度は高くなく、ある程度仕様が決まっているものに設備のグレードなどの選択肢がある、いわゆるセミオーダーが主流です。

1000万円台の家の特徴は、形や外観、内装がシンプルなことでしょう。
家の形をシンプルにすることで施工の工程を減らし、費用を抑えています。
また、間取りも複雑にすると壁の材料費や施工の手間がかかるため、間取りもシンプルになりがちです。

予算が少ないため、漆喰や無垢材などの自然素材は使えません。
しかし、内装がシンプルなため、部屋に合う家具が多いことや、家具やカーテンなどを変えるだけで部屋の雰囲気が大きく変わります。
シンプルな家だからこそ、その特徴を生かした家づくりができると良いですね。

□できることが大きく増える!2000万円台で建つ家のイメージを紹介します!

2000万円台の家では、1000万円台の家に比べて選択肢が大幅に増えます。
家の外観にこだわる、水回りの設備を最新のものにするなど、様々な要望をかなえられるようになるでしょう。

しかし、要望をすべて叶えようとすると、コストオーバーの恐れがあります。
この価格帯のポイントは、コストを抑える部分とコストをかける部分をはっきり区別することでしょう。
例えばコストダウンの方法に、1階と2階の床面積を同じにする建築方法があります。
縦方向の構造がシンプルになる分、施工の手間が省けてコスト削減に繋がります。
こうした工夫で浮いたお金を、水回りの設備費用に回して最新のものにする、などの工夫が大切です。

□まとめ

今回は、注文住宅の価格帯別に建つ物件のイメージを紹介しました。
コストを抑えて、自分の要望を明確にしてプラン設計に臨むことが大切です。
次回は3000万円台、4000万円台の家のイメージ、それらの家を建てる際のポイントについて解説します。
この記事がお役に立てますと幸いです。

http://sekidesign.com/

 

23054862_s

マイホームには、新築注文住宅や建売住宅などの選択肢がありますが、近年では中古住宅のリノベーションが話題になっていることをご存じでしょうか。
今回は、新築注文住宅と中古住宅のメリット、デメリットを比較、解説します。

□自由度の高さが魅力!注文住宅のメリット、デメリットを解説します!

注文住宅の最大のメリットは、設計の自由度が非常に高いことでしょう。
建物の構造も1から設計するため、間取りや設備を自由に選べます。
費用があれば、コの字型の家や、中庭を設けた家など、複雑な形の家も建てられます。

他にも、誰も済んだことのない家に住める点も魅力でしょう。
他人が住んでいた家に住むのは嫌だ、という方は多くいます。

建売住宅にも共通することですが、新築に住んでいる気分を味わえる上に、設備の老朽化など、中古住宅ならではの心配もありません。
中古住宅では、リフォームしなければわからない欠陥がありますが、そういった心配もありません。

しかし、デメリットとして価格の高さや、住めるまでの期間の長さがあります。
国土交通省の調査によると、注文住宅の価格は土地の価格込みで平均4615万円とのことで、購入額が中古住宅の2倍近くなる場合もあるでしょう。
やはり価格面では中古住宅が有利です。

さらに、家に住めるまでの期間が長い点もデメリットです。
というのも、注文住宅は建物を1から作るため、建物を部分的にリノベーションする中古住宅リノベーションに比べて建設に時間がかかるためです。

□価格の安さが魅力!中古住宅リノベーションのメリット、デメリットを解説します!

国土交通省の調査によると、中古住宅の価格は平均1585万円とのことで、リノベーションに1000万円かけたとしても注文住宅の4615万円は下回ります。
リノベーションをどこまで行うかで費用は大きく異なるため、費用が注文住宅を上回るケースもありますが、基本的には注文住宅より安いと言えるでしょう。

部分的なリノベーションの場合、500万円以下で済むケースもあります。
リノベーションをどれくらい行うのか、その場合の費用を業者に見積もりを出してもらった上で中古住宅を選びましょう。

しかし、中古住宅の場合、家の構造の問題でリノベーションできない部分があります。
間取りの変更や、排水管などが該当します。
注文住宅を選ぶ上で、リノベーションがどの程度可能か調べることが大切です。

□まとめ

今回は、新築注文住宅と中古住宅リノベーションのメリット、デメリットを解説しました。この記事がお役に立てますと幸いです。

http://sekidesign.com/

リノベーションをお考えの方へ!リビングのリノベーションについて紹介します!

今回は戸建やマンションのリノベーションを検討中の方に向けて、特にリビングのリノベーションに絞って費用、事例を紹介していきます。
具体的なリノベーション事例をいくつか紹介するので、計画を立てる際に参考にしてみてください。

□リビングのリノベーションにかかる費用

リビングのリノベーションにかかる費用を紹介します。
リビングのリノベーションにかける費用は、20~40万円未満が20.3%で最多、続いて40~60万円未満が15.1%、80~100万円未満が13.8%でした。
リビングは浴室やトイレと比べてリノベーションの幅が広がるので、希望しているリノベーションがいくらで施工できるのか、予算内だとどのようなリノベーションが可能なのかを把握しておくと良いでしょう。
例えば、50万円未満でできるリノベーションとしては、壁・天井のクロスの張り替え、フローリングの張り替えなどが挙げられます。

□リビングのリノベーションの例

続いて、リノベーションの事例を紹介していきます。

*吹き抜けを作って解放感をアップ

もともと住まいの中央部分にあった階段を端に移動し、リビングに吹き抜けを作ったことにより、室内空間をより広く使え、縦方向の解放感が生まれました。

*小屋裏を吹き抜け&物干しスペースに

もともとは2階を自身の住宅、1階を賃貸住宅として貸し出していましたが、上下階をまとめて使うためにリノベーションしました。
光が入り明るい2階に浴室以外の生活スペースを集約し、小屋裏には吹き抜けと物干し用のロフトを設けました。
ロフトの床を半透明の素材にすることで小屋裏からの光がリビングまで届きます。

*子どもたちが楽器を練習できる音楽室を設置

床、天井、壁の全てを防音仕様に施工しながらもリビングから中の様子が分かるようにしてあります。
リビングにいる両親の存在を感じながら子どもたちが楽器を心置きなく練習できる空間になりました。

上記以外の事例としては、リビングの2階への移動というのが一戸建てのリノベーションで多い事例になります。
部屋が並んでいた2階の間切りをなくし、LDKとすることで広々とした開放的なLDKになります。

□まとめ

今回は、リビングのリノベーションについて紹介しました。
家族団らんの場であるリビングですから、大人も子どもも暮らしやすい場所であってほしいですよね。
階段やリビングの移動、間切りの解消など、大胆なリノベーションも選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

http://sekidesign.com/