神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

オシャレなモダンスタイルの家にする工夫をご紹介します!

シンプルですっきりとした家を建てたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
現代の住まいづくりでよく見られるこのモダンスタイルの家ですが、シンプルなデザインなので、オシャレに仕上げるのが難しいとお考えの方がいらっしゃると思います。
そこで今回はオシャレなモダンスタイルの家にする方法をご紹介していきます。

□外観はどのようにすればいいの

外壁としましては、なるべく凹凸を抑えるようにしましょう。
モダンスタイルというのはシンプルにするほどオシャレになるものです。
外壁をシンプルにし、窓の形や壁紙をアクセントにしてオシャレな家を目指しましょう。


窓も外観に大きな影響を与えます。
では、どんな窓を選べばいいのかというと、全て古くからよく見られる引き違い窓を使用するのではなく、シンプルな固定窓、または滑り出し窓を使用すると、見た目がすっきりするだけではなく大きな窓を作ることが可能になるので、家がぐっと明るいものになります。

モダンな家の屋根としてよく使われるのが片流れの屋根です。
両流れの屋根と比べ見た目がすっきりとし、また、材料や手間がかからないので、建築コストも抑えられて一石二鳥となります。


□内観はどうすればいいの

内観も外観と基本はシンプルを突き詰めるということで同じです。
リビングに階段を置くというデザインも現代風の間取りとしてあります。
リビングに階段を置くことで、廊下を作らなくてもよくなり、壁の量が少なくなり間取り全体がシンプルになります。
必ずリビングを通る構造はコミュニケーションが取りやすくなる点もメリットです。

壁を全て一色にするのではなく、一面だけ色や材質を変えるアクセントウォールというのも、モダンスタイルの家をオシャレにする方法です。
壁一面だけならくどい印象にならず、シンプルな雰囲気を残したままオシャレな内観に仕上がります。

間取りをシンプルな方がオシャレになります。
外観と同じく直線を基調とし、できるだけ凹凸を避けた構造にしましょう。
間取りをシンプルにすることで、壁の色や材質が際立ちよりオシャレに見えます。

オシャレなモダンスタイルの家にするために外観、内観両方に共通して言えることは、オシャレを目指ためには、シンプルを追い求めることが一番の近道だということです。

□まとめ

機能的で、オシャレな現代にマッチしたモダンスタイルの家を建てたくなったのではないのでしょうか。
この記事が、お客様のお気に入りのお家を建てるための手助けに少しでもなれば幸いです。

http://sekidesign.com/

注文住宅で失敗しやすいポイントと改善策についてご紹介します!

注文住宅とは設計をお客様と行ってから工事に取り掛かるシステム上、生活するイメージが模型上でしか膨らませることができないので、出来上がってから思った通りの家にならなかったという失敗があります。
しかし、失敗から学べばそんなデメリットも回避することができます。
一般的な失敗例とその対策をあげるので是非参考にしてください。

□収納の良くある失敗例

多くの方は収納が大事だということは理解しており、設計の段階である程度考えて設計するにもかかわらずんなこのような事例が一般的な例として上がっているのでしょうか。
その理由は作った収納が建物全体で何パーセントのスペースを確保しているというじょうほうだけで、それが本当に使える収納になっていないことがあるからです。

部屋ごとにキッチン用品を収納したいのか、おもちゃを収納したいのか、洋服を収納したいのかによって、収納の種類が変わってきます。
また、幅と奥行きが、収納が足りない大きな原因となってきます。
いくら幅があっても奥行きがないと収納できなかったり、反対に奥行きがありすぎてもスペースを有効に活用できなかったりします。

もちろん当社もこのような失敗例がないようにしっかりとお客様とミーティングを重ねていきますので、ご安心ください。

□生活動線における失敗例について

生活動線とは、キッチンやリビングなど各部屋での過ごし方をもとに、ご自身の行動パターンから見る動線のことです。
この生活動線とは、自分で設計する際にとても重要なポイントとなります。

生活動線においてよくある失敗例は、以下の2つです。
1つ目は、家事の動線を考えずに設計したことで、移動距離が長くなってしまうことです。
家事は毎日行うため、動線が悪いとどんどんストレスが溜まっていきます。

2つ目は、居住者と動線が重なってしまうことです。
動線が重なると道を譲る必要があるため、そのたびにストレスを感じるでしょう。

そこで、動線をよくレイアウトを作るために大切なのは、動線となる通り道をはっきりさせることです。
家族にとってのメインとなる通路を作り、そこからソファやダイニングテーブルなどの家具、または収納場所などの目的ゾーンにつながるように動線を整えていきます。
迂回しなければいけない複雑な動線ではなく、目的地と目的地がまっすぐ最短距離になるように考えてみましょう。

□まとめ

収納での失敗例と動線での失敗例を挙げてきましたがいかがだったでしょうか。
生活している姿を具体的に想像できるかが納得する家づくりをするカギになります。
注文住宅をご検討の方がいらっしゃれば、いつでも当社へご相談ください。

http://sekidesign.com/

注文住宅のメリットとデメリットを建売住宅と比較して徹底解説します!

新しい家が欲しいけど、注文住宅にしようか、建売住宅にしようか迷よっている方がいらっしゃると思います。
この記事では、注文住宅と建売住宅を比較して注文住宅のメリットとデメリットをご紹介していくので、家を買う前に是非参考にしてください。

□注文住宅のメリットとは

*自由度が高い家を作ることができる

建売住宅を購入するとなると、既に完成している、または、完成間近のものを購入することになるので、間取りやデザインなど自分の意見を入れるのは難しいです。
また、幅広い層のターゲットに購入してもらうために建てているので、独自性の低いものになります。

しかし注文住宅の場合は、土地を選ぶところから、設計まで自分の関われるところが建売住宅と異なり大きく存在します。

自由度が高くても選択肢がありすぎて困ってしまう方も安心してください。
注文住宅には2パターンありまして、家を一から注文する。
いわゆるフルオーダー制と、こだわりたいところは自分で決めて、こだわりがあまりないところは決められたテンプレートの中から選択する。
セミオーダー制というものがあります。

*建築プロセスを確認できる

家が建つプロセスを自分の目で確認できるのは、単純に自分たちの家ができあがっていく喜びを得ることができるほかに、工事を自分の目で点検できるという点があります。
施主がいるだけで工務店や職人は緊張感をもって作業ができますし、もし必要なら第三者の専門家に途中でチェックを依頼することができます。

自分たちの住む家なので、自分たちの目で安全を確認できるのはありがたいことですよね。

□注文住宅のデメリットとは

*完成するまで仕上がりが分からない

建売住宅では完成しているものを実際に見て、住み心地をイメージしてから購入を決断できるます。
しかし、注文住宅では、完成形は家が建つまで見ることができず、住み心地は模型上、設計図上から頭の中で想像することしかできません。
いざ出来上がってみたら思ったものではなかったという可能性があることも。
もちろんそうならないために当社ではお客様との綿密なミーティングを実施しておりますのでご安心ください。

□まとめ

自分のこだわるものにできる代わりに入居できるまでの期間が長くなってしまう。
そんな注文住宅のメリットとデメリットをご紹介させていただきました。
自分たちのこれからの生活の質を決める大事な決断にこの記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

http://sekidesign.com/

マンションの床をリフォームしたい方へ!神戸市の建築会社がポイントを解説します

「マンションの床をリフォームしたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
しかしマンションの床リフォームで使える素材や張り方の種類は幅広く、それぞれ特徴が異なります。
そこで今回は、神戸市の建築会社がマンションの床リフォームで使える床材と張り方の種類を徹底的に解説します。

□マンションの床リフォームで使える素材をご紹介

まず、マンションの床リフォームで使える素材をご紹介します。

*フローリング

マンションの床をリフォームする際には、多くの人がフローリングを選ぶでしょう。
そんなフローリングは、「複合」と「無垢」に分けられます。

まず複合フローリングは、木材を何層も重ねて張り付けることで厚みを出し、上から合成樹脂オーバーレイや塗装などの加工がされたものを指します。
複合フローリングは、水や汚れなどのダメージに強く、種類が豊富であり、無垢材よりも比較的安価です。

一方無垢フローリングは、木材を張り合わせず、天然木100パーセントの一枚板からできています。
そのため肌触りがよく、年ごとの変化が味わえます。
また湿気を吸収し放出する作用があるので、湿度を調節できるのも魅力的ですね。

なおマンションの床材にフローリングを選ぶ際には、リフォーム後の近隣トラブルを避けるためにも、防音対策をきちんとしておきましょう。

*クッションフロア

続いてご紹介するのは、塩化ビニル系の床材であるクッションフロアです。
これはとにかく水に強いのが特徴で、水回り工事の仕上げとして使われます。
また、他の床材に比べると安価でメンテナンスが簡単であるというメリットがあります。

ただし、ビニル系の素材でできているため破れやすくなっています。
クッションフロアを選ぶ際には、この点は事前に理解しておきましょう。

ここまでニ種類の床材をご紹介しましたが、他にも店舗用に使われるフロアタイルや畳、カーペットがあります。
自分の生活スタイルや好みに合わせて使い分けられると良いですね。

□マンションの床材の選び方をご紹介

先ほどマンションの床材に使われる素材をご紹介しました。
では、それらはどのように選べば良いのでしょうか。
ここでは、マンションの場所別に床材の選び方を解説します。

まず、リビングにおすすめの床材をご紹介します。
リビングは家族で過ごす時間が長く、時にはお友達や親戚を迎える場所ですよね。
そのため、色や柄が豊富で快適に過ごせるフローリングやカーペットを選ぶと良いでしょう。

特にホワイトカラーの床にすると、部屋全体を明るく広く見せてくれる効果があります。
フローリングではサクラなどの無垢材のものがおすすめです。
足が冷えて疲れるのが気がかりな方は、裸足でも快適に過ごせるウォールナットという素材を選択肢に入れてみてはいかかでしょうか。

続いて、キッチンにおすすめの床材を見てみましょう。
キッチンで一番重要視したいのは、水や汚れへの耐久性です。

また、油や調味料が飛び散ることもあるので、掃除がしやすいとさらに嬉しいですね。
そのため、キッチンにはクッションフロア、タイル、フローリングがおすすめです。
これらは比較的耐水性に優れており、汚れも水拭きで対処できるので、日々の手入れが楽に済ませられます。
ただし硬い床材を選ぶならば、食器などが割れてしまった時を想定してキッチンマットを敷くようにしましょう。

最後に、玄関に向く床材をご紹介します。
玄関は家の顔ともいえる場所で、家族だけでなく他の人にも見られる場所なのでデザイン性を重視したいですね。
靴を脱ぐまでの場所はタイルや石を用いると摩耗対策になり、玄関に上がってからはフローリングを用いると広がりを感じられるでしょう。
また、足音が心配な方は吸音性があるクッションフロアや玄関シートを活用してみてください。

□まとめ

今回は、マンションの床リフォームで使える素材をご紹介しました。
床の素材には多くの種類があり、それぞれ性質が異なるため自分で判断するのは難しいかもしれません。
当社では、お客様の理想に合わせた床リフォームをご提案させていただきます。
マンションのリフォームをお考えの方はお気軽にご相談ください。


http://sekidesign.com/

マンションの防音リフォームをしませんか?神戸市の建築会社が解説します

「マンションに住んでいるけど、騒音で近隣トラブルにならないか心配」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
そんな方におすすめなのが、リフォームで防音対策をすることです。
今回は、神戸市の建築会社がマンションの防音リフォームについて解説します。

□マンションから出る騒音の種類をご紹介

マンションから出る騒音は、空気音と固体音に分けられます。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

まずは空気音です。
空気音とは、外部にある音の発生源から外壁や窓を通して伝わる音です。
具体的には、人の話し声や犬の鳴き声が挙げられます。
この空気音の対策を講じる際には、いかに空気を遮断するかを考えるようにしましょう。

続いては固体音です。
固体音とは、マンションの床や壁が直接揺れることで伝わる音です。
具体的には、人の足音や床に物が落ちたときの床衝撃音、トイレを流すときの音が配管を伝わる給排水騒音があります。
マンションで固体音の対策をするには、振動を吸収して緩和する工夫をしましょう。

□防音リフォームの種類と費用をご紹介

*床への防音リフォーム

まず、床への防音リフォームです。
お子様やペットの足音が下の階に響かないか心配な方は、床の防音リフォームを検討してみてください。

床への防音対策は、床材を張り替える方法と、重ね張りする方法が代表的です。

床材を張り替える際には、元のフローリングを防音機能のある床材に張り替えます。
張り替える素材によって費用は変わりますが、6帖で14万円から20万円が目安です。

また、重ね張りとは、元の床の上にフローリングを張っていく方法です。
張り替えをするよりもゴミが少なく、施工時間が短くて済むため費用が安く済みます。
一般的に、6帖で約12万円から15万円と見積もっておきましょう。

床への防音リフォームはいずれも高額な費用を要します。
自分がどの程度防音したいか、どの方法がベストなのかを明確にして、建築会社としっかり相談しましょう。

*壁への防音リフォーム

自宅でホームシアターを使って映画を楽しみたい方は、壁への防音リフォームを考えてみましょう。
壁への防音対策は、壁の中に遮音シートと吸音材を入れることで高い効果が期待できます。
費用は一般的に6帖で約12万円から25万円と言われています。

*窓への防音対策

音楽を趣味としている方は、窓への防犯対策をして部屋の生活音が漏れるのを防げます。
窓を二重窓にすれば、防音効果はもちろん断熱や防犯効果も期待できます。
既存の窓につけるだけなので、費用も6帖で約4万円から12万円に抑えられ、工事も1時間程度しかかかりません。

もっと防音効果が高いものを希望される方は、防音性が高い窓ガラスもあるので参考にしてみてください。

ここまで用途別のリフォーム例を見てきました。
マンションで防音リフォームをする際は、マンションの管理規約をしっかりと確認し、近隣の方への挨拶を忘れないようにしましょう。

□まとめ

今回は、マンションの防音リフォームについてご紹介しました。
マンションで防音対策をする際には、どんな騒音に対策したいのか、予算に見合っているかを事前に確認しておきましょう。
当社では、マンションの床の遮音リフォームをお請けしています。
ご希望の方はお気軽にご相談ください。

 

http://sekidesign.com/