神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

「注文住宅で理想の家を建てたい」

このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
部屋、家の形、サイズなど、考える点はたくさんありますが、快適に過ごすには動線計画を忘れてはいけません。

特に、毎日行う家事に関する動線計画は必須と言えるでしょう。
そこで今回は、注文住宅で家を立てる際に押さえておきたい家事動線の計画についてご紹介します。


□動線とは

動線とは、家の中の移動を結んだ線のことを指し、家事動線、通勤動線、衛生動線、来客動線の4種類があります。

それぞれの動線を考えるのは、快適な家づくりのために必須で、動線が効率化されていないと余計な負担をかけてしまいます。


□家事動線のポイント

*短くなるように

家事は掃除、洗濯、料理の3つに分けられます。
つまり、これら3つを行うための移動が長いほど負担がかかり、短いほど効率的に行えるということです。
そのため、家事動線を短くし、移動が少なくなるよう間取りを決める必要があります。
例えば、洗濯の負担を減らすために洗濯機とベランダを結ぶ線を短くする、ベランダと洗濯物をたたむ部屋を短くする、などが有効です。

料理に関して言うと、玄関とキッチンが近くなるように配置したり、キッチンをコンパクトにしたりすると、負担を減らすことができます。
玄関とキッチンの距離が近いと、重たい買い物の荷物を運ぶ距離が短くなるためです。
「キッチンは大きくしたい」と考える方は多いですが、あまりに大きいキッチンだと、調味料を取る、シンクで洗い物をする、食材を切るといった簡単な作業でも大きく移動しなければならず、不便になる可能性があります。

そのため家事動線の面から考えると、コンパクトにまとまったキッチンの方が良いと言えます。

*回遊動線にする
回遊動線とは動線が1本道ではなく、円を描くように繋がっている動線のことです。
円形の動線だと、より近い道を選んで回り込むことができ、移動を短縮できます。
他にも、2本の道があるため家の中で渋滞が起こりにくい、といったメリットもあります。

朝早い時間だと、通勤と通学で大人も子どもも慌ただしく動きますが、移動ルートが複数あるとぶつからずに安心ですね。

*来客動線に注意

来客動線とは、お客様が家に上がり、部屋に案内するまでに通る動線のことです。
来客動線が家事動線と大きく被っていると、お客さんに家の様子を見られてしまいます。
2つの動線がなるべく被らないようにするのもポイントです。


□まとめ

注文住宅の間取り決めのときに考えたい、家事動線の計画についてご紹介しました。
家事のための移動距離を短くし、さらに回遊動線があると、とてもスムーズに家事を行なえます。

家事動線を効率化して、快適な生活を送ってみてはいかがでしょうか。

最近のできごと(Instagram)


最近のできごと(Instagram)
せみのこの羽化の観察に成功しました。小学校の時におばあちゃんちのカーテンで観察したのをよく覚えています。無事に飛び立ちました。間違えて早く出てきたのかなと心配しましたが、相楽園では、今日から蝉が本格的に鳴き始めています。昨日は一斉に出てくる日だったみたいです。#せみのこ #羽化 #子供達は大喜び #家に入れてもらって良かったね

「イヌ派ですか?ネコ派ですか?」
誰もが一度は耳にしたことがある質問ではないでしょうか。

それくらい猫は大人気のペットで、ひとり暮らしのお供としても、家族みんなの癒やしの存在としても重宝されます。
しかし、猫の習性を理解しないままインテリアを揃えると、爪で傷つけられたり、逆に猫を傷つけてしまったりします。
今回は、そんな猫と仲良く暮らせるインテリアについてご紹介します。


□猫の習性

猫と一緒に暮らすためには、猫の習性を知っておくことが大切です。
インテリアも、猫の習性を知った上で選びましょう。

*爪とぎ

猫の大切な習性として、爪とぎがあります。
これは本能ですので、止めさせるわけにはいきません。

*昼寝

猫は1日の半分以上を寝て過ごします。
そのため、猫にとって心地のいい場所を用意する必要があります。

*高い所が好き

高いところが好きな猫を満足させるために、高いところへ行ける仕掛けを準備しましょう。

*狭いところが好き

1人の空間が必要な猫は、隠れられるような狭いスペースが必要です。


□猫と暮らすインテリア

*キャットタワー

キャットタワーとは、猫が登るための仕組みがある高さを持つ物のことで、塔のように天井まで届く物もあれば、机の高さ程度のものもあります。

高いところが好きな猫を満足させたり、ジャンプを促すことで猫の運動不足を解消させたりするので、猫と一緒に暮らすのであればあったほうが良いです。

*キャットウォーク

壁にある猫用の階段や通路がキャットウォークです。
猫が通るために何かを置くことはできませんが、壁にアレンジが加わるためおしゃれな空間を演出できます。

*カーテンに注意

ひらひらと揺れるカーテンは猫が気になり、引っ掻いてしまうかもしれません。
下にロールがあり、それが重りとなって揺れないタイプのカーテンが最適です。

*猫専用の収納スペース

収納スペースの一部に穴を開けて猫が入れるようにするなど、猫専用の狭いスペースを作ってあげると喜んで使います。

穴を開けると見た目が悪くなってしまうのでは、と思われるかもしれませんが、図形になるように切り抜いたり、猫のシルエットとなるように切り抜いたりすることで、おしゃれにすることができます。

*猫専用ベッド・チェア

猫用のベッドは小型で可愛らしい物が多いうえ、寝室の横に置くなどすれば邪魔になりません。
代わりに、猫用のイスを用意するのもいいでしょう。

*照明器具に注意

キラキラとひかる豪華なシャンデリアに、猫が飛びついてしまった、といった事例があります。
照明器具は、猫が飛び移れない場所に吊り下げるか、そもそも飛び移れないシーリングライトにすると安心です。

*フローリングにする

フローリングにすると、猫の毛を簡単に掃除できます。
カーペットだと、爪とぎに使われたり、毛を掃除しにくかったりと、何かと不都合なことが多いです。


□まとめ

猫と暮らすのに知っておくべき習性や、インテリアをご紹介しました。
猫用のスペースを用意し、また十分に運動できるようなキャットタワー・ウォークがあると、猫も快適に暮らすことができます。

一戸建てを建てる際に注目すべきポイントの1つに、外壁があります。
外壁の素材にこだわることで、見た目の印象を変えることができたり、防水などの性能を追加できたりします。

そこで今回は、一戸建ての外壁に使う素材の選び方についてご紹介します。


□外壁の役割とは

外壁が持つ役割は大きく2つあり、1つはデザイン面で、もう1つは機能面です。
デザイン面は色、形、質感のことで、素材によって見た目に与える印象が異なります。
機能面では、雨風を防ぐこと、熱を遮断すること、音を防ぐことなどが挙げられます。

これらのどれを重視するかによって選ぶべき外壁の素材が変わるため、欲しい機能やデザインを明確にしておくことが大切です。


□外壁の種類と特徴

*窯業系サイディング

外壁として最も多く使われている素材で、全体の3分の2の割合を占めています。

防火性に優れており、デザインやカラーが豊富なのが強みです。
レンガのような見た目、木目のような見た目の外壁を作ることができるため、おしゃれな外壁を作りたい方にはぴったりです。

ただし、塗膜には注意が必要です。
本来窯業系サイディングには吸水性があり、表面に塗膜を塗ることによって防水性を出しています。
この塗膜の耐用年数は5~7年で、それ以上放置すると防水性が失われ漏水し、内部の建物にダメージを与えてしまいます。

また、本物のレンガのような質や味は出せないことも念頭に置いておきましょう。

*金属サイディング

防水と防音の2つの耐性を持っている素材です。
また、シンプルながらカラーバリエーションも豊富なので、こちらも見た目が良い外壁になります。

ただ、薄い金属でできているため、強い衝撃が加わると凹んでしまう可能性があります。
また耐用年数は10~15年で、それを超えると錆びやすくなるためメンテナンスが必要です。

*モルタル

火に強く、また温度が上がりにくい性質を持つので、遮熱効果のある塗料を使うと暑い日が多い日本で重宝します。
つなぎ目がなく、見た目が美しいのもポイントです。

しかしひび割れには注意が必要です。
また、モルタル自体は水に弱いため、防水の塗装が剥がれないようにメンテナンスが必要です。

*ALC

内部に小さな気泡があり、そのおかげで熱を伝えにくくなっています。
そのため、断熱性能と耐衝撃性能が高い素材です。

ただし、他の素材より少しコストがかかる、デザインが少ないといった特徴もあります。


□まとめ

一戸建ての外壁の素材の選び方をご紹介しました。
どのような性能がほしいのかによって素材を選ぶことが大切です。

今では4分の1から3分の1の世帯がペットを飼っていると言われており、中でも犬、猫は特に人気のペットです。
そのため、将来ペットを飼うことを見越してペットを意識した間取りの注文住宅をお考えの方も増えています。
しかしながら、一体どのような点に注意すればよいのでしょうか。

今回は、ペットと暮らす家づくりについてご紹介します。


□ペットのことを考えた家の間取り

*ペット専用スペースを作る

なついた犬や猫は、いつも人間に甘えている様子を想像しがちですが、同時に自分の時間・空間も必要です。
専用のスペースは最も安心できる場所となり、ストレスを溜め込ませません。

そのため、ペット用の小さな空間を間取りに組み込むとペットは快適に過ごせます。
もしペットを飼わなかったとしても、小さな収納スペースとして使うことができるため、無駄にはなりません。

*移動しやすい仕組みを作る

犬も猫も家の中を動き回ります。
そのため、移動しやすい環境を整えてあげるとペットは喜びます。

例えば、負担がかからない緩やかな階段を作る、滑りにくい床材にする、といった工夫です。
実は、滑りやすい床だと余計な力が加わり、ペットに大きな負担がかかってしまいます。
また硬すぎる床材も、走り回ったりジャンプで着地したりする際に肉球が傷ついてしまうことがあります。
無垢材やクッションフロアなど、柔らかい材質の床を準備できると良いです。

他にも、気兼ねなく走り回れるドッグランを犬のために作ることや、ジャンプして移動できるように壁にキャットウォークを設けることもできますね。

*安全が確保されている

ペットに悪い影響が出ないよう、安全が確保されている間取りが好ましいです。
例えば、階段はしっかりと壁・柵があって落ちないようになっている、入ってほしくない場所にはドアがある、などです。

特に浴室は、ペットが自由に入って浴槽に落ち、そのまま溺死してしまったという事故がよく起こるため、簡単に入れないようにしなければなりません。

*通気性をよくする

空調が機能することには2つのメリットがあります。
1つめは、ペットが持つニオイに悩まなくて良いという点です。
もう1つは、ペットが熱射病になる可能性を下げられる、ということです。

ペットは暑さに弱く、夏の気温には注意が必要です。
そのため通気性が良いと換気で涼しい風を入れられます。


□まとめ

ペットと暮らす家づくりについてご紹介しました。
専用スペースや移動しやすさ、安全性に重点を置き、ペットにとって快適な間取りの注文住宅を建ててみてはいかがでしょうか。