神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

和風モダンの家にしてみませんか?和風モダンのご紹介!

「和風モダンな家にしたい」
「どのような和風モダンの家にしようか」

このような考えにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
現代建築との融合は難しいとされてきました。
しかし、和風モダンな家にリフォームすることが注目されています。
そこで今回は、和風モダンな家の例とする場合の注意点をご紹介します。

□和風モダンな家でのポイント!

和風モダンな家にしたくてもどのようなものができるのか気になりますよね。
そこで、和風モダンの家のポイントをご紹介します。

1つ目は、低い家具を設置することです。

低い家具を設置するだけでも和風に近づきます。
昔の家はちゃぶ台で地べたに座ることが多いことあり、低い家具が多いイメージです。
そこで、掘りこたつや低めのソファーをと入れるだけでも大きく変わります。

2つ目は、木を全面に出しているものを取り入れることです。

今は、梁や柱となるものは、壁紙などに覆われ見えない状態になっている場合が多いです。
昔の家は、壁紙などはなく、土壁や障子などがありました。
そこで、カーテンを障子にしてみることで大幅に印象が変わり、趣深いものになります。

□和風モダンな家にするための注意点とは?

和風モダンにするための注意点を3つご紹介します。

1つ目は、メンテナンスが必要なインテリアがあることです。

具体的にあげると、土壁です。
土壁は、定期的に塗り直す必要があります。
土壁は、乾燥しひび割れが頻繁に起きます。
ひび割れはメンテナンスすることで防ぐことができます。
土壁をお考えの方は注意しましょう。

2つ目は、派手な色の家具や物をおかない方が良いことです。

赤など色にインパクトがある色のものを置くと和風モダンな雰囲気が崩れる場合があります。
そこで、落ち着いた色の茶色などの家具を選ぶと良いでしょう。
より和風モダンな雰囲気を出すためには、家具もこだわることが大事です。

3つ目は、防音に気をつけることです。

障子などにすると防音性能が下がる場合があります。
そこで壁を厚くすることをおすすめします。
和風モダンの家にすることを考えて、防音を忘れることが多いです。
後から後悔しないように頭の片隅置いておきましょう。

□まとめ

今回は、和風モダンな家の例とする場合の注意点をご紹介しました。
和風モダンの家のポイントは、家具の高さを低くすることや木を主張することでより和風になります。
また、色は落ち着いた感じの色が和風を際立たせます。
注意点としては、防音を忘れないように気をつけましょう。

http://sekidesign.com/

鳥と暮らす部屋のインテリアに必要なものは?ポイントをご紹介!

「鳥が住みやすいようにしたい」

「鳥のためにインテリアを変えたい」

このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。
何が必要で、どのようにすればいいか悩みますよね。
そこで今回は、どのような環境にすれば良いのかと注意点をご紹介します。

□鳥と暮らすためにどのような環境にすればいいの?

鳥と暮らす家にする上で、家で話せるような環境にしたですよね。
そこでどのような設備を整えればいいのかを4つご紹介します。

1つ目は、天井を高くすることです。
天井が高いと鳥は活動範囲が広がります。
また、高いところに止まり木を設置すると、そこがお気に入りになります。
複数止まり木を用意することで、定位置を作ってあげましょう。

2つ目は、床材に木を配ることです。
鳥は、大型の鳥であっても犬や猫と違って、フンのしつけができません。
そのため、どこにふんがあっても、掃除しやすい床材にしましょう。
鳥を放す部屋の床は、汚れが落ちやすい床材にすることをおすすめします。

3つ目は、温度調整です。
鳥は温度の差に敏感です。
そのため、冷房が効きすぎているなどの環境は適していません。
鳥がずっといる部屋の温度や湿度などの環境を整えましょう。

具体的には、その鳥に適した温度や空気です。
鳥に適した温度は、その鳥がいる地域の温度を調べましょう。
また、アロマなどが苦手なため、空気の入れ替えができる環境も必要です。

4つ目は、防音対策です。
フクロウや小型の鳥には必要ありませんが、オウムや大型のインコなどは鳴き声が大きいため隣人の迷惑になる場合があります。
その場合は、防音対策をする必要があります。
オウムなどの鳴き声が大きい鳥を買うときは意識しましょう。

□鳥と暮らすための家の注意点

鳥を飼うための環境を整えるための注意点をご紹介します。

1つ目は、部屋を綺麗にすることです。
鳥は、小さなものを間違って食べてしまう場合があります。
小さなものは置かないか鳥が入らない部屋に置きましょう。

2つ目は、危険なものの場所にいけないようにすることです。
包丁やアイロンがあると間違って触ってしまい、怪我する場合があります。
部屋を分けるか、分けられない場合は部屋に放す前に片付けることを心がけましょう。

□まとめ

今回は、どのような環境にすれば良いのかと注意点をご紹介しました。
鳥にとって過ごしやすい環境を整えることも大事ですが、掃除しやすくする衛生環境を維持することも大事になってきます。
また、鳥が触ってはいけないものは、なるべく隠すか置かないようにする環境を整えることも大事です。

http://sekidesign.com/

北側の窓はくらい?そんなデメリットを解消する方法!

北側の窓は、寒くて悪いイメージをもっていませんか。
実は、北側の窓も光は入ってきます。

北側の窓をうまく活用して、快適に過ごしませんか。
しかし、北側の窓はリフォームをすることで大きなメリットを得られます。
そこで今回は、北側のリフォーム方法とその注意点についてご紹介します。

□北側のリフォーム方法はどのようにする?

北側の部屋は小さな窓しかない、隣の家がすぐ近くにあり、窓をつけられないなど様々な理由があることでしょう。
うまくリフォームをして、快適にする方法を3つ紹介します。

1つ目は、北側に天窓をつけることです。
隣人の目が気になり、北側の窓がつけられない方にぜひおすすめです。
天窓は、南側につけるイメージがありますが、夏になると暑くなりがちです。

そこで、北側につけることにより、夏場にも光が入り、風も通りやすいため涼しいというメリットがあります。
冬場も光が入り、居心地のいい部屋となるでしょう。

2つ目は、内窓をつけることです。
北側の部屋は寒さが身に染みますよね。
内窓をつけることにより、寒さを防げるだけでなく、防音効果も得られます。

また、結露を防ぐ効果もあり、それによってカビもおさえられます。
内窓をつけることで様々な効果が得られるのでおすすめです。

3つ目は、断熱性の窓をつけることです。
断熱性の窓を設置したら余計に寒くなると思われがちですが、逆です。
断熱性の高い窓は、外気の影響を受けづらく、冬の寒い外気の気温を遮断できます。
また、遮断することによって、室温が低下するのを防ぎ、結露も防いでくれます。

アルミ製のサッシを樹脂製に変えることで断熱性をさらに向上が見込めるでしょう。

□リフォームする上での注意点とは?

無理に北側の窓をつける必要はありません。
北側の窓を付けても効果が得られない場合があります。
そこで気をつけてほしいのは、3つです。

明るくなるか、隣人の目線、断熱性の良いものの3つです。
光が入らない状況で無理に作っても効果が得られない場合があります。
また、隣人の目が気になると、後悔してしまうかもしれません。
断熱性の良いものでないと、結露が出てしまう可能性もあります。

この3つに気をつけて、北側の窓をつけましょう。

□まとめ

今回は、北側のリフォーム方法とその注意点についてご紹介しました。
リフォーム方法は、天窓をつけること、内窓をつけること、断熱性の高い窓をつけることです。サッシをアルミ製から樹脂製にすることでさらに断熱性が向上します。
リフォームする上での注意点は、明るくなるか、隣人の目線、断熱性です。

http://sekidesign.com/

ペットと暮らす家のリフォームの具体的な案をご紹介!

「ペットと暮らす家を作りたい」
「ペットに快適に過ごしてもらいたい」
こんなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。
ペットと暮らす家にリフォームしたいけど、同様な工夫を凝らせばいいかわからないいる方はずです。
そこで今回は、ペットと暮らす上での工夫と注意点をご紹介します。

□ペットと暮らす上での具体的な工夫とは?

ペットと暮らすなかで、具体的な工夫を3つ紹介します。

まず1つ目は、階段を緩やかにすることです。
築年数が立っている家は、階段が急であることが多いです。
階段が急だと、人の腰や膝が痛むのと同じように、ペットの腰にも負担になります。

ペットが階段から降りるときに衝撃を減らすことにつながるでしょう。
また、人にもメリットがあるのでおすすめです。

次に2つ目は、ペットにもプライベート空間を作ることです。
ペットは、基本的には大好きな家族と一緒にいたい生き物ですが、人と同様自分だけで過ごしたい時間があります。
睡眠の時間や、排泄の時間、食事の時間はプライデートに過ごさせるのが良いでしょう。

特にお子様がいる家族のアクシデントとして、ペットの食事中に子供が手を出し、怪我を追う場合があります。
そういった事故をなくすためにも、ペットがプライベートを持てる空間は必要でしょう。

最後に3つ目は、ペットの足を傷つけない床にすることです。
ペットは走り回り、ジャンプすることもあるでしょう。
そこで、滑って怪我でもしたら大変です。

例えば、コルク素材の床やタイルカーペットにすることで怪我を防げます。
タイルカーペットは夏の暑い時でも、ひんやりとするのでおすすめです。


□工夫する上での注意点とは?

ペットと暮らす家とはいえ、人とペットが一緒に暮らせる家にする必要があります。
ペットばかりに頭を働かせると自分たちのことを忘れてしまいます。
そこで注意してほしい点を紹介します。

キッチンや寝室などの入ってほしくないところには入れないように柵を作ることです。
キッチンには、包丁や火があり、ペットが料理中にきたら危ないですよね。

また、他には、浴室には入れないようにしたほうがいいです。
理由としては、湯をはったままにしてペットが溺死したケースがあったからです。
事故防止のためにもおすすめします。


□まとめ

今回は、ペットと暮らす上での工夫と注意点をご紹介しました。
工夫としては、ペットの体を考えて、階段に緩やかにすることや床をコルクタイルなどにすることです。
また、人にもペットにもプライベートは重要であることをお伝えしました。
注意することは、危険な場所に入らせないようにすることです。

http://sekidesign.com/

マンションの遮音性はどこを見ればいい?詳しく説明します!

マンションのご購入の際、下の階への騒音問題が気になりますよね。
そもそも遮音性は、どのように見分ければいいのか気になりませんか。
また、マンションのご購入を検討の方でLLやLHといった文字を見たことありませんか。
そこで今回は、どのように遮音性を見分けるのか、LL、LHとは何かご紹介します。

□どのように遮音性を見分けるの?

遮音性を見る方法はL値を見ることでしょう。
L値が低いほど、静かである証拠です。
L値はあくまで推定値であり、保証値ではないので気をつけてください。

床を通して伝わる音は、2種類あります。
軽量床衝撃音(LL)と重量床衝撃音(LH)の2種類あります。
LLとはレベルライト、LHはレベルハードの略語です。
これに関しては、後ほど説明します。

L値の基準は、コンクリートの下地の厚さで決まります。
コンクリートの厚さが150ミリメートルでL50と決められています。
つまり、コンクリートの厚さが120ミリメートルでL55になるでしょう。

より静かなところを選びたいときは、厚さ200ミリメートルのところを選ぶことをお勧めします。

□軽量床衝撃音と重量床衝撃音の違いとは?

さきほどはL値について説明してきました。
軽量床衝撃音は椅子の音であり、重量床衝撃音は人が走り回る音になります。
では、具体的に軽量床衝撃音と重量床衝撃音とはどの程度の音なのでしょうか。

まずは、軽量床衝撃音(LL)について説明します。
1番小さい値は40となります。LL40は特級になり、ほとんど聞こえません。
LL45は一級になり、LL50~55は2級にあたり、椅子の引きずる音やスリッパの音が聞こえるレベルです。
LL60以降になると、かなり聴こえるレベルになるので、生活音が気になる方は気をつけましょう。

次に、重量床衝撃音(LH)について説明します。
同じく、1番小さい値は40になります。
LH40~45は、特級となり微かに聴こえるレベルです。
LH50は1級、LH55は2級になります。
小さく聞こえるか、聞こえるレベルです。
LH60になると、大抵の音は聞こえるので、気をつけましょう。


軽量床衝撃音と重量床衝撃音では多少、違いがありますが、大抵のマンションがL45ぐらいです。


□まとめ

今回は、どのように遮音性を見分けるのか、LL、LHとは何かご紹介しました。
遮音性を見分けるためには、L値を見ることが重要になってきます。
しかし、あくまで推定値であるので気をつけましょう。
また、L値には40から値があり、大抵のマンションは45程度が多いです。

http://sekidesign.com/