神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

中古分譲マンションリフォームと注文住宅、どちらがいいか徹底比較!
「自分好みの部屋に住みたい」
「中古分譲マンションをリフォームすれば、自分好みの家にできるのでは?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
自分の理想に合った家に住むのは誰しもの夢ですよね?
注文住宅という選択肢もありますが、デザインや立地などをこだわれば、高くなってしまうのは間違いありません。
そこで今回は中古分譲マンションリフォームと注文住宅を比較し、項目別で優れている点をご紹介します。

□優先順位を決める
まず初めに、自分が何を一番重視するかを確かめておきましょう。
自分好みのデザインを重視する人、デザインと立地、両方を大切にする人など、個人で別れるところになります。
この基準をもとに、自分にはどちらがあっているか検討してください。

□費用
注文住宅には土地代と建築費用が必要で、ある程度家の造りにこだわりがある場合は3000万円、首都圏といった立地も考慮に入れる場合は5000万円ほど予算がかかります。
一方首都圏の中古分譲マンションの平均費用は3200万円ほどで、これにプラスしてリフォーム代が加わります。
築年数にもよりますが、リフォーム費用は100万円~500万円ほどになります。
費用を見ると中古分譲マンションに分があるでしょう。
しかし、一つ大きな違いとして、土地を所有しているかどうかの差があります。
その資産を売るとするならば、将来的にはほとんど同じ費用になります。

□自由度
注文住宅は外観のデザインはもちろん、間取りや壁の材質、窓の種類といったすべての項目を指定できます。
中古分譲マンションリフォームでは室内の壁や床を張り替えられます。
しかし、そこには様々な制約があります。
マンションには「管理規約」があり、遮音性能やリフォーム内容などに条件があり、マンションによってはリフォーム自体禁止しているところもあるので気を付けましょう。
この点は注文住宅に軍配が上がります。

□周辺環境
マンションに住むことになると周囲への配慮がポイントになります。
騒音によるトラブルといった問題や、近隣との付き合いなども必要になります。
このあたりを苦手に感じる人にはデメリットになるかもしれません。
注文住宅だと一戸建てなのもあり、周囲への配慮はそれほど必要ではありません。
しかし、ゴミの処理なども自分で行わないといけないので、その分負担になります。

□まとめ
中古分譲マンションと注文住宅を比較し、項目別で優れている点をご紹介しました。
費用面で優れている中古分譲マンションと、自由度があり、自分の理想の家にできる注文住宅にはそれぞれに良さがあります。
もしマイホームをどれにしようかお悩みでしたら、無料でご相談・ご質問にお答えします。
中古分譲マンションのリフォームや注文住宅についてお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

http://sekidesign.com/
注文住宅でネックになる費用面を解決!安く抑えるポイントをご紹介!

「注文住宅で費用を抑えるにはどうすればいいの?」
「そもそも、注文住宅ってどれくらいお金がいるの?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
家をリフォームする際に気になるのが「費用」ですよね?
そこで今回は注文住宅にかかる費用と、安くする方法をご紹介します。


□費用の相場
注文住宅を依頼する場合の費用は主に3つあります。
・土地代
・建築費用
・登記などの手続き代
これらを合計して、予算を出しましょう。
この予算はピンキリで、1000万円~5000万円ほどが相場になります。
立地や家の造りを全くこだわらない場合は1000万で足りますが、ある程度家の造りにこだわりがある場合は3000万円、首都圏といった立地も考慮に入れる場合は5000万円ほど予算がかかります。
希望通りの注文住宅にするために重要なのは、予算をどこに割り振るかです。
自分の家を作るのに何を一番求めているか、もう一度確認してみることをおすすめします。


□予算を抑えるポイント

では、どのようにすれば費用を抑えられるでしょうか?
ポイントがいくつかあります。

*延床面積を小さくする

これは家の床面積の合計を意味します。
1階が30坪、2階が20坪なら、延床面積は50坪になります。
この延床面積が5坪変わるだけで約250万円費用に差が出ます。
必要がなければ、無理に大きくしない方がいいでしょう。

*建物の形をシンプルにする

シンプルな形の造りだと下地や仕上げの資材の量を少なくできます。
さらに工数も減る分、人件費も安くなります。
また角の数を少なくできるのも、シンプルにする理由です。
「役物」と呼ばれる角に使う資材は、平面に使うものに比べて費用が高くなります。

*部屋の数を少なくしてシンプルにする

部屋の仕切りを取っ払うことでコストダウンできます。
部屋の仕切りを多くしてしまうと、仕切り壁を作るための費用が必要になります。
仕切りがなくなることで、部屋自体が広くなるので、一石二鳥な方法だと言えます。
また壁だけでなく扉も減らせば、より費用が安くなります。

*トイレは一つに
2階建てにする場合、各階にトイレをつけたくなりますよね?
しかし、トイレを1箇所つけるだけでおよそ30万円必要になります。
2階への階段の近くにトイレを設置する、各階から行きやすい場所にするなど工夫するのも一つの手段です。

*水回りは一つの場所にまとめる
キッチンやお風呂といった水回りは近くにまとめることで必要な設備に使う費用もまとめられます。
メンテナンスもしやすくなり、家を建てた後の費用も安くできます。
また1,2階で別れる場合でも、位置を重ねるといいでしょう。
それによって、工事にかかる費用が安く済みます。

*仕上げ材をこだわる部分を決める
内装にこだわって、オシャレにしたいですよね?
しかし家全体にこだわってしまうと、とても高額になってしまいます。
そこで安くするところとこだわる部分を分けることで、安くしつつメリハリのある内装にできます。


□まとめ
今回は注文住宅の費用を安くする方法をご紹介しました。
安くできるところを抑えておけば、自分がこだわりたい部分にお金を使えるだけでなく、後々問題になりがちなコストオーバーの対策にもなります。
当社では、お客様の理想をかなえるための最適なプランをご用意しております。
注文住宅についてお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

 

http://sekidesign.com/

すまいのさがしものVol.2

建築家さがしの杜9/21イベント第二段@キッチンハウス神戸に向けて議論がヒートアップ!料理家の先生、めっちゃ面白い(笑)今回も家時間をもっと楽しもう!をコンセプトにしたイベントです!#建築家さがしの杜 #キッチンハウス神戸 #住まいのさがしもの #家時間をもっと楽しもう!
1e27d212-5247-4759-83ec-416e40d7e249.jpg

注文住宅にお住まいの方で、モダンインテリアを取り込もうとしている方はいませんか?
この記事では、そもそもモダンインテリアは何かということを解説します。
さらに、モダンインテリアの実例もご紹介します。
普通の注文住宅に、モダンインテリアを取り入れるだけで一気におしゃれになります。
まずは、モダンインテリアとは何かということから押さえていきましょう。

□モダンインテリアとは

そもそもモダンとは、英語の「modern」からきています。
日本語に訳すと、「現代の」「現代式の」「最新の」という意味です。
そのためモダンインテリアは、時代によってイメージが異なり、はっきりと定義することは難しいです。
発祥は、20世紀以降に起こったモダンアートだとされています。
合理的かつ機能的な芸術を追求するモダニズムの発想がインテリアにも取り込まれ、モダンインテリアが生まれました。
直線や美しい曲線をベースに、細かい手作業が入らず、装飾の少ないフォルムや幾何的なデザインが特徴です。

□モダンインテリアの実例
*カラー
モダンインテリアのベースカラーは白、黒、グレーです。
モノトーンを基調とすることで、モダンスタイルならではのシンプルな美しさが生まれます。
黒をメインカラーにすると、部屋が全体的に引き締まった印象になります。
また白がメインカラーの場合は、部屋が全体的に清潔感のある印象になります。
部屋にインパクトを与えたい方は、アクセントカラーを取り入れると良いでしょう。
アクセントカラーの例としては、赤色、青色、黄色が挙げられます。
ここで注意すべきことは、アクセントカラーを使いすぎることです。
アクセントカラーを多用してしまうと、モダンインテリアのシンプルな美しさが損なわれてしまいます。
アクセントカラーを使用する際は、部屋の約10%以下を目安にしましょう。

*インテリアの素材、フォルム
モダンインテリアの素材は「ステンレス」「メタル」「ガラス」をおすすめします。
これらの素材は無機質で光沢を感じさせないため、シンプルなモダンスタイルによく合っています。
モダンインテリアのフォルムは、無駄な装飾のないシャープなラインがあるものが良いでしょう。

□まとめ
モダンインテリアは何かということと、モダンインテリアの実例をご紹介しました。
当社は、注文住宅をはじめ、店舗インテリア、マンションといった建築物の設計監理を主な業務とする一級建築士事務所です。
皆様と共に作り上げていく建築が、周辺地域に対しても良い影響を与えることができるような設計を行なっています。
注文住宅の建築をご検討の方はぜひ当社をご利用ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。
http://sekidesign.com/