神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

cfe79facf154197984fd8c9b7ad73308_s

「リフォームの契約ではどのようなことに注意すれば良いのかを知りたい。」
リフォームは滅多に経験しませんから、わからないことも多く不安かもしれません。
契約での注意もしっかりと把握して臨みたいですよね。
今回は、リフォームの契約ではどのようなことに注意すれば良いのかをご紹介します。


□リフォームの契約ではどのようなことに注意すれば良いのか

押さえておきたいのは、工事の時間や内容、支払いのタイミングと方法などです。

*どのくらいの時間を要するのかと内容が何であるか

普段と違う動きが、暮らしている場所で起こるのは心穏やかではないかもしれません。
特に事前に知らされていないと、我慢するのが難しいものです。
近所からの苦情として特に多いのは、音や臭いの発生です。
化学薬品の臭いが嫌な方もいらっしゃるかもしれません。

また、場合によっては頭痛やめまいなどの健康被害を及ぼす恐れがあります。
そして、作業の際には足場を歩くあるいは打ち付けるなどで大きな音がしますよね。
このように、周囲にとって迷惑な要因が工事には含まれています。
今後も付き合っていく間柄ですから、迷惑をかけるとお互いが気まずいものです。
そのため、どのくらいの時間を要するのかと内容が何であるかを、近所に伝えておくのが大切です。

近隣の方も、予め知っているだけでも、万一のことがあっても感じ方が変わってきます。
そのため、どのくらいの時間を要するのかと内容が何であるかはしっかりと理解しておきましょう。

*支払いのタイミングと方法について

支払いのタイミングと方法は業者によって大きく異なるため、しっかりと押さえておきたいものです。
支払いの方法は、クレジットカードに対応しているところもあれば、現金のみの業者も多いです。
特に現金のみの場合は、一括で用意できないことが寸前でわかると大変ですよね。
見積もりを受けた上で、契約の段階までに把握しておくことが重要です。

また、支払いのタイミングも、業者によって様々です。
前払いと後払いでは随分とタイミングが異なり、準備できる時間も違います。
資金不足にならないように、契約の段階で問い合わせておきましょう。


□まとめ

今回は、リフォームの契約ではどのようなことに注意すれば良いのかをご紹介しました。
工事の時間や内容、支払いのタイミングと方法などはしっかりと見ておきたい項目です。
特に支払いに関しては業者によって方式が異なりますから、選ぶ際の材料に利用するのも良いでしょう。

http://sekidesign.com/

最近のできごと(Instagram)


最近のできごと(Instagram)
Houzz記事に取り上げられました。 【オープンとクローズド。収納はライフスタイルに合わせて計画しよう】家づくりやリフォームをする際にぜひ考えたいのが、生活スタイルとインテリアに合わせた収納計画です。オープン、クローズド、それぞれのメリット・デメリットをご説明します。カジュアルでなインテリアがお好みの方であればオープン収納を多めに、すっきりシンプルなインテリアがお好みであればクローズド収納を多めにすると、インテリアとマッチします。どちらにしても、計画の段階から、どこに何を入れるか、入れるものはどのくらいあるのかを考えておくことが大切です。適切な場所に適切な収納を設けることで、毎日の生活がスムーズで快適になります。https://www.houzz.jp/ideabooks/133878114/list#一級建築士事務所 #sekidesign #その場所にしかない建築 #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #kobe #houzz #双子壁の家 #オープンな収納
Houzz記事に取り上げられました。 【オープンとクローズド。収納はライフスタイルに合わせて計画しよう】 家づくりやリフォームをする際にぜひ考えたいのが、生活スタイルとインテリアに合わせた収納計画です。オープン、クローズド、それぞれのメリット・デメリットをご説明します。 カジュアルでなインテリアがお好みの方であればオープン収納を多めに、すっきりシンプルなインテリアがお好みであればクローズド収納を多めにすると、インテリアとマッチします。どちらにしても、計画の段階から、どこに何を入れるか、入れるものはどのくらいあるのかを考えておくことが大切です。適切な場所に適切な収納を設けることで、毎日の生活がスムーズで快適になります。 https://www.houzz.jp/ideabooks/133878114/list #一級建築士事務所 #sekidesign #その場所にしかない建築 #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #kobe #houzz #双子壁の家 #オープンな収納
329c62a184cc471a5cb0f3a75b19ca80_s

「注文住宅を建てる際の資金計画について知りたい。」
注文住宅を建てる際には、ローンを検討されているかもしれません。
お金のことは気になるからこそ、しっかりと進めておきたいですよね。
今回は、注文住宅を建てる際の資金計画についてご紹介します。


□ローンを組む際に知っておきたい、資金計画の流れ

ご存じの通り、新築には多額の費用がかかります。
ローンを組む必要があるほどの金額ですから、当然ながら返済も気にすることが大切です。
その後の生活でお金に困ると、せっかく家を建てても快適には過ごせませんよね。
そこで、事前に自己資金や使う流れを把握して、資金繰りを考えておくことが必要です。
一連の作業は資金計画とも呼ばれています。
ここでは、その流れをご紹介しましょう。

*自己資金を把握し、そこから注文住宅に使う金額を計算する

最初に行うのは、ご自身の現在の資金を把握することです。
手元にあるお金がどのくらいなのかを調べましょう。
新築では、贈与での税金が免除される基準も引き上がります。
そのため、親族の方からいただいて利用されるのも良いでしょう。
それらから、どの程度であれば新築に使えるかを算出します。
その後の生活に影響すると困りますので、ある程度は残しておきましょう。

*見積もりなどで支出の目安を把握する

次に行うのは、どの程度の支出があるかの把握です。
住宅の工事費用は業者への見積もりから判断すると良いでしょう。
また、手続きや家具などの新調にもお金は必要ですよね。
もちろん正確な計算は難しいですが、おおよそでも価格を確かめておくと見通しが立てやすいです。

*工事内容を再検討し、ローンで必要な金額を算出する

新築に使える資金と支出の目安を比較して、不足する分を計算します。
ある程度であれば、工事内容の再検討で削減できるかもしれません。
しかし、間取りやこだわった設備などを変えたくない場合もありますよね。
その場合には、差額をそのまま必要な金額としてローンで補います。

*融資の種類を決めて、返済の計画を立てる

契約時・建築中・完了時のそれぞれの段階で、どのように支払うのかを決めましょう。
契約時・建築中は自己資金が望ましいですが、難しい場合には先程紹介した融資を利用します。
また、借り入れたローンをどのように返済するかも計画しましょう。


□まとめ

今回は、注文住宅を建てる際の資金計画についてご紹介しました。
順番に流れに沿って進めていくことが大切です。

http://sekidesign.com/

自然素材の家の魅力について建築業者がご紹介

「自然素材の家はどのような点が魅力なのだろう?」
自然素材の家を考える際には、見た目も気になるかもしれません。
自然素材の強みは機能面では多いですが、外側の部分も知りたいですよね。
今回は、自然素材の家の魅力について建築業者がご紹介します。

◻︎自然素材の家の魅力について

*木目が美しい

自然素材の魅力の一つは、何と言っても見た目の美しさです。
均一ではなくそれぞれ異なる顔を持つ素材は、一つ一つに個性があっておしゃれな空間に彩りを与えます。
木目それぞれに、色合いの違いや模様などに特性が見受けられるのです。
その違いを楽しむのは、無機質な人工の素材では味わえないことでしょう。
素材によっても木目は異なります。
そのため、ご自身の好きな模様で種類を選択されても良いかもしれませんね。

*あたたかい空間を演出できる

素材ならではのあたたかさもあります。
実際に鉄やコンクリートなどの他の素材と比べても、熱伝導性が低いのです。
また、見た感じも天然のものならではのあたたかみがあります。
そして、直接触れるとその柔らかさに気づくでしょう。
思わず床に寝そべりたくなるような心地良さを味わえます。
自然素材は温かな空間を演出するのに、適した素材と言えるでしょう。

*身体に優しい

アレルギーが起こる原因の一つとして室内環境があるのをご存知でしょうか。
要因に挙げられているのは、建材に含まれている化学物質です。
これらを、長く屋内に留めないようにする工夫が求められています。
しかし、そもそも自然素材には有害物質を含まないため、心配無用なのは嬉しいですよね。
また、一部には有害な物質を取り込んで分解し繁殖を抑える性能も備えているものもあります。

*樹木の質感や香りを楽しめる

木材などの自然素材は、独特な香りがあります。
素材それぞれが異なるため、気に入ったものを取り入れると良いでしょう。

*風合いを楽しめる

自然素材は建材となって、なお生きています。
年月を経る中で風合いの変化を味わえるのは、大きな魅力でしょう。
色合いや模様も少しずつ変わっているものです。
時間が経つことでさらに深みを増していきます。
時間の経過に伴って変化した状態も決して劣化したとは言えない美しさが感じられるものです。

◻︎まとめ

今回は、自然素材の家の魅力について建築業者がご紹介しました。
木目が美しく、温かな空間を演出するのに向いています。
また、独特な香りや風合いを楽しむのにも良いでしょう。
魅力を把握した上で、取り入れるかを検討されるのがおすすめです。

http://sekidesign.com/