神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

北欧テイストの特徴とポイントをご紹介!

皆さん、「北欧テイスト」という言葉を聞いたことはありますか。

白っぽくて、木のぬくもりを感じられて、おしゃれなど、何となくのイメージはできるけど、詳しくはわからない人が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、「北欧テイスト』とは何か、また取り入れるときのポイントをご紹介します。

 

□北欧テイストの特長をご紹介!

 

ここでは、北欧テイストの特長をご紹介します。

北欧とは、ヨーロッパの北にあるフィンランド、デンマーク、ノルウェーの4か国を指します。
北欧の冬は、とても寒く、さらに日照時間が短いです。
このような環境で、長時間自宅にいても快適に過ごせるように作り上げられたのが、「北欧テイスト」の基盤となっており、デザイン性の高い家具やインテリア、雑貨などを組み合わせて、「ぬくもり」と「居心地の良さ」を最大限まで追求しましょう。

 

□北欧テイストを取り入れるときのポイントをご紹介!

 

ここからは、北欧テイストを取り入れるときのポイントをご紹介していきます。

1つ目は、ホワイトベースのナチュラルでシンプルな色を使う点です。
長くて暗い夜でも部屋の中を明るくするためにこのような色が使われます。
また、家具では木を使うことが多いため、ベージュやブラウンを取り入れることもおすすめでしょう。
また、黒や青、オレンジを使用してアクセントをつけるのもいいでしょう。
基本的にはぬくもりを感じる雰囲気を壊さない色を取り入れることが重要です。

2つ目は、北欧家具やウッドテイストの家具を取り入れる点です。
スタイリッシュで無機質なものよりも、ぬくもりを感じる木製や布製を取り入れましょう。

3つ目は、北欧ファブリックを取り入れる点です。
ファブリックとは、クッションやテーブルクロス、カーテンやベッドシーツなどの布製品のことです。
北欧テイストには、シンプルなイメージがありますが、北欧を感じるイラストが描かれた布製品を取り入れるのもいいでしょう。

4つ目は、部屋に「緑」を加えることです。
しかし、いくつも観葉植物を飾ると、さわやかさが失われるため、少し取り入れることを意識しましょう。
ハート形の葉が特徴のウンベラータや、小さな葉がたくさんついているオリーブなどの、かわいらしい雰囲気の観葉植物を飾ることをおすすめします。

 

□まとめ

 

今回は、北欧テイストの特長と、北欧テイストを自宅に取り入れる時のポイントをご紹介しました。

ぜひ、ナチュラルでぬくもりを感じる北欧テイストを取り入れてみてください。

 

http://sekidesign.com/

注文住宅のメリットとデメリットを紹介!

一戸建て購入をお考えの方はいませんか。
戸建住宅の中にも注文住宅と建売住宅の2種類があります。
その中でも今回は、間取りやデザイン、設備などを自由に決められる注文住宅に注目し、メリットとデメリットをご紹介します。

 

□注文住宅のメリットを3つ紹介!

 

ここでは、注文住宅のメリットをご紹介します。

1つ目は、なんと言っても自由度が高く唯一無二の住宅を作れる点です。
部屋の間取りや広さ、設備や内装もすべて好み通りに注文できます。
さらに、高い耐久性や耐震性を備え付けることも可能なので、自然災害に対しての安心感が生まれるでしょう。

2つ目は、建築の過程を確認ができる点です。
完成済みの物件を見て購入する建売住宅では建築の過程を見ることができませんが、注文住宅であれば設計段階はもちろんのこと、建物が出来上がっていく途中段階も見ることができます。
いつでも見に行けるため、欠陥住宅や手抜き工事などへの不安を軽減できるでしょう。

3つ目は、予算に応じてこだわるポイントを調整できる点です。
住宅を建てる計画をしていくうえで、予算を超えてしまうことがあると思います。
その場合は、こだわりの優先順位を決めると良いでしょう。

 

□注文住宅のデメリットを3つ紹介!

 

ここからは、注文住宅のデメリットをご紹介します。

1つ目は、最大のデメリットである建築費が高くなりがちなことです。
材料をこだわったり独自の設計を依頼したりすると、さらに費用がかかるでしょう。

2つ目は、入居までの期間が長い点です。
初期面談から契約まで1~2ヶ月かかることが多く、土地探しから始める場合はさらに期間を要します。
また、要望が多ければ多いほど、そして規格外であるほど工事の期間は長くなります。
さらに、特殊な工事で職人の技術が必要な場合はさらに期間が長くなるでしょう。

3つ目は、既製品ではないため設計段階では実物を見れない点です。
建売住宅であれば、完成している住宅を見てそこでの生活をイメージができ、住み始めてから出てくる問題点が最小限で済むでしょう。
しかし、注文住宅であれば、完成予想図でイメージしなければならないため、完成後にイメージと違ったり、問題点が生じたりすることがあります。

 

□まとめ

 

今回は、注文住宅のメリットとデメリットを紹介させていただきました。

注文住宅に興味を持っていただけましたか。
戸建住宅を建てることを検討中の方は、この記事を参考にしていただければ幸いです。
そして、住宅に対してこだわりの強い方は、ぜひ注文住宅を検討してみてください。

http://sekidesign.com/

中古分譲マンションリフォームの利点と注意点をご紹介!

中古分譲マンションを購入し、リフォームすることを検討中ではありませんか。
中古分譲マンションのリフォームには魅力を感じる良い所が多くありますが、注意すべき点もあります。
今回は、中古分譲マンションリフォームを検討中の方が失敗をしないために利点と注意点を解説していきます。

 

□中古分譲マンションリフォームの利点を4つご紹介!

 

中古分譲マンションリフォームの利点をご紹介します。

1つ目は、築年数や面積、周辺相場によって変わるが、新築に比べてコストが抑えられる点でしょう。
築15年くらいまでは価格の下がり幅が大きく、その後は緩やかになることが多いです。
しかし、家主と交渉することが可能なことがあるため、不動産会社に相談することをおすすめします。

2つ目は、数多くの物件の中で比較できる点です。
みんなそれぞれに住みたい街があるでしょう。
中古分譲マンションであれば、様々なエリアに売り出されているため物件数が豊富で選択肢が多いです。

3つ目は、リフォームをすることで好みの空間をデザインできる点です。
間取りを変えたり新しい設備を導入したりするなどアレンジを楽しめるでしょう。

4つ目は、事前に物件と周辺の環境を確認できる点です。
物件の状態や日当たりの良さは重要な確認事項でしょう。

 

□中古分譲マンションリフォームの注意点を3つご紹介!

 

中古分譲マンションリフォームには良い所だけでなく、もちろん注意すべき点もあります。

ここからは、中古分譲マンションリフォームの注意すべき点をご紹介していきます。

1つ目は、築年数によって基本性能が大きく違う点です。
1981年に耐震基準が改正され、1999年に断熱化率の基準が上がり、2003年には24時間換気システム設置が義務化されました。
このような新しい基準に沿ったリフォームをすることになるとコストの増加に繋がるでしょう。

2つ目は、フローリングの状態です。
部屋の防音性は床材によって大きく変わるため、リフォーム前にどのような素材が使用され、どのような施工がされているのか確認するべきでしょう。

3つ目は、給水管の状態です。
入居を決めた後に水回りの問題が生じないために確認をしておくべきです。

ここまでで3つの注意事項を紹介しましたが、自分で確かめるのは不安でしょう。
そんな時は、専門家による住宅診断や不動産の仲介業者に確かめてもらうことをおすすめします。

 

□まとめ

 

今回は、中古分譲マンションリフォームの利点と注意点をご紹介しました。

中古分譲マンションを購入してリフォームをすることを検討中の人は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

 

http://sekidesign.com/

マンションオーナー向け!賃貸マンションリフォームのポイントと費用相場をご紹介!

マンションオーナーの方、空室対策をするためにリフォームを検討中ではないでしょうか。
今回の記事では、マンションリフォームを検討中のオーナーの方に向けて、リフォームする時のポイントと費用相場をご紹介します。

 

□賃貸マンションリフォームのポイントをご紹介!

 

賃貸マンションのリフォームは、内容によって空室対策への効果が大きく変わります。

ここでは、賃貸マンションリフォームのポイントをご紹介します。

メンテナンスのためのリフォームや、近隣の住宅との競争力を強化するための部分的なリフォーム、または部屋全体をリフォームするということを、地域の特色や時代背景を考慮して、適したリフォームを行う必要があるしょう。
例えば、環境問題や少子高齢化が進む社会であるため、太陽光パネルの導入やバリアフリー化することもアイディアに加わるでしょう。

もし、費用的に余裕があればいくらでも改善することができますが、費用対効果を高めるためにしっかりと優先順位と戦略を立ててリフォームをするようにしましょう。
特に、水回りの設備は、多くの人が住居を探すときに注目しているため、なるべく最新設備を取り入れるようにするべきです。
また、最小限のコストでリフォームするために、複数業者から見積もりを取ることをおすすめします。

 

□賃貸マンションリフォームの費用相場をご紹介!

 

リフォームを検討中で費用はどのくらいかかるのか疑問を持っているオーナーさんは多いのではないでしょうか。

これからリフォームの内容別に費用相場をご紹介します。

内装のリフォームは、施工する面積と素材によって費用が決まります。
床の張り替は、1畳あたり2~6万円が一般的でしょう。
また、壁の張り替えは、1平方メートルあたり約750~1,500円が一般的です。

システムキッチンへの改修であれば1室あたり約50~100万円、和式トイレから洋式トイレへの改修は1室あたり約10~40万円です。
また、ユニットバスの交換やユニットバスに変更する場合は、1室あたり約40~80万円であることが多いでしょう。

外観のリフォームは、マンションの形や大きさにより費用の差が激しく数百から数千万円かかります。
外壁部分は、高い耐久性を持つ素材を使用することが理想的でしょう。

 

□まとめ

 

今回の記事では、マンションリフォームのポイントと費用相場をご紹介しました。

マンションリフォームの戦略次第で集客力は大幅に変わります。
ぜひ、この記事を参考にマンションリフォームを検討してみてください。

 

http://sekidesign.com/

デザイナーズマンションとは?メリットとデメリットをご紹介!

デザイナーズマンションに住んでみたいとお考えの人は、多いのではないでしょうか。
デザイナーズマンションは、おしゃれでスタイリッシュでかっこいいですよね。
今回は、デザイナーズマンションとは何か、そしてメリットとデメリットをご紹介します。

 

□デザイナーズマンションとは?

 

「そもそもデザイナーズマンションって何」と感じている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、デザイナーズマンションとは何か解説していきます。

デザイナーズマンションとは、建築家の観念が前面に現れた住宅のことです。
個性的な外観や間取り、おしゃれな間接照明、大きな窓、打ちっぱなしのコンクリートなどが特徴として挙げられるでしょう。
このほかは、お風呂やトイレがガラス張りであったり、まったく仕切りのないワンルーム、インテリアや家具などすべてがレイアウトされていることもあります。

 

□デザイナーズマンションのメリットとデメリットをご紹介!

 

デザイナーズマンションとは何か知っていただけたところで、ここからはデザイナーズマンションのメリットとデメリットをご紹介していきます。

 

*メリットを3つご紹介!

 

1つ目は、おしゃれでかっこいい点です。

何もしないでも、「おしゃれ」な状態であることが多いため、人を招き入れることが多い人にはおすすめの住宅です。
天井が高かったり、窓が大きかったりするためとても解放感を感じられるでしょう。

2つ目は、遮音性が高い点です。
壁が打ちっぱなしのコンクリートであれば、遮音性が高いことが多いです。
しかし、窓の施工が甘い場合は、そこから音が入ってくるので注意が必要でしょう。

3つ目は、通常はありえないような珍しい間取りの住宅がある点です。
壁がなく広いワンルームであったり、天井が高かったり、独特な間取りであることがあります。
周りの人とは違う部屋に住みたい人にはもってこいでしょう。

 

*デメリット

 

1つ目は、壁がコンクリートである場合、夏は暑く、冬は寒い点です。

壁がコンクリートであれば遮音性が高いメリットがありますが、このようにデメリットでもあります。

2つ目は、階段が危険である点です。
階段がむき出しでかっこいいですが、危ないですよね。
夜暗かったり、酔っ払ったりしている場合は特に危険でしょう。

3つ目は、ベランダがない場合があることです。
デザイナーズマンションでは、ベランダがないことやベランダに洗濯も尾を干すことを禁止されていることがあります。

 

□まとめ

 

今回の記事では、デザイナーズマンションとは何か、またメリットとデメリットをご紹介しました。

デザイナーズマンションに住むことを憧れている人は多いですが、独特なデザインであるがゆえ、デメリットも多くあります。
デザイナーズマンションへの移住を考えている人には、ぜひ参考にしていただきたいです。

 

http://sekidesign.com/