神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅とはメーカー製の建売住宅とは異なり、細部の仕様などを自分の好みに応じてオーダーできる自由住宅のことになります。

外壁の色や内装などはもちろんですが、間取りについてもオーダーが可能であることが一般的となっていますので、家族でじっくりと考えてみることをおすすめします。

 

注文住宅における間取りの考え方や注意点としては、まずは家族の部屋の必要の有無があげられます。

多くの場合お子様には子供部屋を与えたいと考える方が多いのではないでしょうか。

賃貸住宅や既成の住宅を購入すると部屋の数が足りず、兄弟で1つの子供部屋を共有することになるかもしれません。

せっかくの注文住宅ですからお子様の数に合わせて、子供部屋を設定することをおすすめしたいと思います。

またご主人の部屋や奥様の部屋についても、必要があれば検討しましょう。

ただし家族それぞれの部屋を設定するためには家全体がある程度大きいことが必要になりますし、無理をするとリビングなど肝心な場所に影響する恐れがありますので、あまり必要性を感じないようであれば省略するのも一つの考え方になります。

 

一方で近年ではあえて個室を設定せず、リビングを広くしたりワンルームに設定するご家族も多いようです。

広いリビングは家族の居間や応接間、さらに奥様の作業スペースやお子様の勉強スペースなど様々に活用することができます。

個室を作ると家族それぞれが孤立して、家族の交流が減少するという考え方もあるようです。

広いリビングに家族全員が集まるようにすれば、家族同士が自然に仲良くなるというメリットがあります。

 

その他の間取りの考え方や注意点としては、動線を意識した配置が重要になります。

例えばトイレや風呂を利用する際に客間の前を通る配置では、お客様が来た際に不都合を感じることが多くなるでしょう。

またキッチンと食事をする場所は近くにあった方が便利になりますし、タンスを置く寝室と洗濯物を干すベランダなども近い方が使いやすいのではないでしょうか。

比較的多いのは玄関から直接子供部屋に行ける間取りですが、そのような間取りでは子供の様子が把握しづらくなり、コミュニケーションに問題が生じる可能性などもあります。

外から帰ってきたお子様がリビングやキッチンの前を通って子供部屋に戻るような配置にすれば、親御さんとお子様の自然なコミュニケーションが生まれるはずです。

部屋の配置を一度決めてしまうとその後のリフォームなどによる変更は難しくなりますので、後で問題が生じることがないように慎重に検討してください。

 

http://sekidesign.com/

キセラ丸完成お披露目会!!

【パークオフィスキセラ丸】本日、完成お披露目会でした。今までワークショップに参加していただいた市民の方々の意見交換会があったり、大阪府立大の武田先生の講義や内覧会があり、今後のキセラ丸のあり方について多くの意見を聞くことができました。これから市民の皆様と川西市が管理運営を含め、キセラ丸を完成に近づけていってくれます。今はまだ色々な可能性を秘めたシンプルな、未完成な空間ですが、使いこなされる内に完成に近づいていくことと思います。seki.designとしての業務はここまでですが、今後の発展を見守っていきたいと思います。とても楽しい仕事ができて感謝です!#キセラ川西せせらぎ公園 #一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #設計事務所 #新築 #モダンインテリア #design #architect #architecture #newbuild #moderninterior #japan #ランドブレイン木村工務店とJV #設計ワークショップ #施工ワークショップ #公園管理棟 #パークオフィスキセラ丸
注文住宅のローンにもいろいろある、金利は固定か変動か
注文住宅は、自由に設定出来るオーダー住宅として人気を集めています。
家の間取りをはじめ住宅設備から外観のデザインまで細かい仕様を決めて家づくりが出来る点が大きな魅力です。
マイホームを建てる方の殆どは、住宅ローンを組むます。
住宅ローンを組むにあたり金利はとても重要な要素となってきます。

2018年現在は、低金利時代となっており非常に低い利率で住宅ローンを組む事が出来ます。
種類が主に固定、当初固定、変動の3つに分かれており選択が必要です。
いずれもメリット、デメリットが存在するため自身でよく考えて決める必要があります。

固定の場合は、全期間の利率を固定する事が出来る点がメリットです。
景気の変動に左右される事が無く返済完了まで一定に固定される事から安心感があります。
しかし、他の種類と比べると変動しない分、利息が高くなってしまう点がデメリットです。
返済が終わるまでの期間、変動する事が無いため安心感は高いですが、トータル的に見ると利息が多くなる点を頭に入れておく必要があります。

当初固定は、返済開始から3年、5年、10年のいずれかの年数は、金利が固定されるタイプです。返済残高が多い当初は、一定となるため景気に変化があっても大丈夫です。
当初固定の期間を過ぎると再度、固定か変動を選択する事が出来ます。
近年では、当初固定タイプを選ばれる方も多くなっています。
固定期間が終わった後に再び固定か変動を選び直せる点も自由度がありメリットとなっているのです。

変動は名前の通り景気に合わせて利率が左右されます。
現在の低金利時代では、利率の設定が最も低くなっており年0.45%や0.5%といったローンも登場している程です。
利率が上がっていかなければトータル的に最も利息が少なく済むメリットがあります。
しかし、景気はいつ変化するか分からないため急に利率が上がってしまうリスクも伴います。
利率が一定では無いという事で不安定な状態にはなりますが利率が低い事が最大の魅力です。
利息の支払いを最小限に抑えたいと考える場合には、変動を選ぶ方が多くなっています。

注文住宅をはじめマイホームを購入する際には、住宅ローンを組みますが金利のタイプについては、返済計画をしっかりと立案して後悔の無いように選ぶ事が大切です。
誰もがトータルで支払う利息を少なくしたいと考えますが、利率の上昇というリスクを避けるために安定する固定や当初固定を選択する方も多くなっています。

返済完了まで無理の無い返済計画を立ててリスクを取り過ぎない選び方をする事が最も大切です。
注文住宅業者が解説、予算の見積もりは複数会社の比較で
戸建て住宅には最初から住宅が建てられた状態で販売される分譲住宅と、土地を購入して設計者と共にプランを計画して家づくりをする注文住宅があります。
注文住宅は、建築面積や延べ床面積、使う資材や住宅設備によって予算が異なってきます。
それは、ハウスメーカーによって価格は異なり、ハウスメーカーによっては木造を主として住宅を建築しているのか、それとも鉄骨や鉄筋コンクリートを主として住宅を建築しているかによって、価格が異なってくるのです。

同じ構造であっても、価格が異なる場合があります。
それは、設計費や建築資材の調達費用、下請業者への支払い費用などによって異なってくるのです。
ハウスメーカーによってその価格は異なります。
大手のハウスメーカーとなりますと、工場で建築資材を大量に生産するため、建築資材のコストを安価に抑えることができますし、小規模のハウスメーカーや工務店となりますと、資材をその都度発注ということになりますので、建築資材のコストは高くなる傾向にあります。

それならば、大手のハウスメーカーで注文住宅を建築してもらうのが安価な予算で建築できるのかと言えば、一概に言い切ることはできません。
大手のハウスメーカーは、建築資材を大量に生産してコスト削減を実現していますが、最新の免震ダンパーなどを設置したりすることが標準仕様となっていたり、大手のハウスメーカーになると、それだけ多くの人が関わる分だけ人件費も発生します。
よって、大手のハウスメーカーが必ずしも安価で戸建て住宅を建築できるとは限らないのです。

そこで必要となってくるのが、予算の見積もりを複数の会社に出してもらうことです。
同じ間取りで同じ構造体の住宅プランで、複数の会社から見積もりを出してもらうことで、その住宅プランのおおよその相場を把握することができます。
高値を提示してきた会社はどのような部分でコストが発生しているのか、安値を提示してきた会社はどの部分でコストカットをしているのかを把握しやすくなるのです。
また、価格の相場を知ることができます。
予算を組むにあたり、相場を知るというのは大切なことです。
その相場を把握した上で、どの会社が総合的に適しているかを判断します。

注文住宅は、プランや構造などで大きく価格が変動します。
予定している予算内に収めるためには、複数の会社から見積もりを取得し、相場を把握することが大切です。
それは各会社を競合させることが出来るというメリットにもなります。
このような理由から、見積もりは複数の会社に出して比較することが大切です。
注文住宅実現の味方、補助金の種類やもらえる条件について
住まいを新築する場合には、間取りや設備にこだわることができる理由から注文住宅の人気が高まっています。
しかし坪当たりの建築コストが70万円を超える施工内容もあるために、総工費が3000万円以上になる事例も少なくありません。
しかし、補助金制度を上手に活用するとハイグレードな住まいも今まで以上に割安に建築することができます。

補助金にはさまざまな種類がありますが、とりわけ人気があるのは省エネ住宅に関連するものです。
補助を受けて断熱性が高い住まいを建築すると、真夏や真冬などの気候条件が厳しい時期も快適に暮らせるようになります。
しかも住まいを建てるときにハイグレードな断熱材を使うことによって、電気代やガス代も節約できます。
したがって補助金を利用して高断熱のマイホームを建てることには、建築費用と将来的に必要なエネルギーコストを節約できるメリットがあります。

また、大地震が多いために、マイホームの新築では耐久性にこだわる傾向が今まで以上に強まっています。
そのために注文住宅の建築コストも更に高まっており、施主の創意工夫でコストを減らすことが大きな課題です。
耐震性アップに関する補助の中心は中古住宅に対するものですが、自治体によっては新築時のサポートも行っている場合もあります。
したがって住まいを建築する予定の地域の独自情報を集めて、賢く制度を利用する地道な努力も必要です。

一方で人口が減少している市町村は新規移住者を増やす目的で、住宅の購入に関する多種多様な制度を設けています。
とりわけ定住を希望している世帯への支援は手厚く、低予算でハイグレードな家を建てたいときにも役立ちます。
その中には子育てに最適な住宅への補助もあり、4LDKの大型のマイホームをより一層建てやすくなります。

更に消費税が増税された場合の負担増加に備えたいときには、住まいの新築時の給付金制度を上手に活用する方法もあります。
給付金の申請のハードルはそこまで高くないため、収入や建物面積などの条件を満たせば比較的簡単に利用することが可能です。
住まいを建てることが確定した場合には、まず最初に利用を検討したい制度です。

補助金の種類が多くて申請条件も複雑なので、制度を利用するためには早めの情報収集が不可欠です。
制度の一覧表とわかりやすい解説が掲載されている総合サイトを利用すると、初めてでも最適な補助金について知ることができます。
また補助を受ける場合には所定の地域に住んでいたりきちんと納税をしているなど、必要な基準について調べることも大切です。