神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

快適な暮らしを実現!適切な注文住宅の動線計画と家具の配置とは?

 

「寝る部屋からトイレまでが遠い」
「快適な造りにするにはどうすればいい?」
「いざ住んでみたけど、家具が邪魔でコンセントが届かない」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
家づくりの大事な要素として、日々の生活でストレスが溜まらない造りであることが挙げられます。
動線をきちんとすることで、この問題を解決しましょう!
例えば、寝起きでトイレに行きたい時にトイレが遠いと不便ですし、洗濯機からベランダが遠いと何回も廊下を往復する必要があります。
このように家を建てる際、「動線」という人が通る経路を便利にすることが、快適な生活を送る重要な要素になります。
そこで今回は注文住宅における動線計画と、それに合った家具の配置をご紹介します。

□基本的な考え方
動線計画を考える時重要なのが、「動線の種類が被らないこと」です。
動線には、ご飯や洗濯、掃除を行う「家事動線」、リビングからトイレやお風呂など部屋を移動する「生活動線」、家族以外が家に来た時に通る「来客動線」、この3種類があります。
これらが交差しないようにすれば、快適に生活できます。
例えば来客動線が生活スペースに被っていなければ、そこを通らずにお客さんを案内できます。
このように注文住宅で家を作る際は、これらができる限り交わらないように動線計画を立てましょう。

□ポイント

*人の動く幅を考え、動線に余裕を持たせよう!
人が通る移動スペースを十分に確保すれば、ストレスフリーで家の中を過ごせます。
一般的に正面を向いて移動する時に必要なスペースは55~60cm、横向きで通る時は45cmほどになります。
少し広めに取ることで、圧迫感もなくなるでしょう。

*動線の邪魔になる場所に家具を置かない
もちろん移動スペースの途中に家具があればそれを避けて通る必要があります。
これでは一回ずつ移動するたびにストレスになります。
例えば洗濯物を干す時にリビングに置いているソファが廊下にはみ出ていたらどうでしょう?
横を向いて通ったり、洗濯籠を持ち上げたりすることになるかもしれません。
これは少し大げさな例かもしれないですが、家具の置き場所には注意しましょう。

*家具を置く場所はコンセントを考えて
注文住宅で失敗したと感じる人の多くが、コンセントと家具の位置関係を問題に挙げています。
コンセントが家具で隠れてしまったり、動線を気にしすぎて家電の位置とコンセントの位置が離れてしまったりすることがあります。
現代の生活に電気は必要不可欠です。
家具の配置を考える時は十分注意しましょう。

□まとめ
今回は家を建てる際の動線計画と、それに合った家具の配置をご紹介しました。
家具の配置を頭にいれながら、動線を考えるのは難しいと感じる方もいらっしゃると思います。
当社では、お客様の理想をかなえるための最適なプランをご用意しております。
注文住宅についてお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

 

http://sekidesign.com/

注文住宅の醍醐味!理想の和風モダンなインテリアデザインにしよう!

 

「注文住宅で、和風モダンな造りにしたい!」
「和風モダンな家にするにはどうすればいいの?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
和風モダンな家にするには、それがどのような造りであるかを知る必要があります。
そこで今回は和風モダンの特徴と和風モダンにデザインするポイントをご紹介します。


□和風モダンとは
もともと日本にあった古き良き和風のデザインに洋風の現代感を取り入れた、いいところ取りをしたオシャレなインテリアデザインになっています。
和のデザインには、日本の気候やライフスタイルのために長期間練られたアイデアが盛り込まれています。
またリビングなどを広く取って西洋感を取り入れることで、室内を開放的な空間にできます。
これによって和の落ち着きと広々と余裕のある洋風のデザインの両方を実現しています。


□和風モダンにするためのポイント

*素材は無垢材を使う
無垢材とは山や森で育った木を丸太にして、希望の形にした素材のことを言います。
天然の木が持つ風合いは他の材質には表現できない魅力があります。
また、木の肌触りや暖かみは人の心に安らぎを与え、快適な空間を作り出せます。

*和を基調としたアクセントを付ける
和風モダンにするにはどこにその要素を取り入れればいいか悩みどころですよね?
そんな方は部屋の空間の一部分に和のテイストを加えましょう。
そうすることで洋風の造りでありながら、和の落ち着いた雰囲気を醸し出せます。
現在では、繊維で作られた畳なども作られ、アクセントの入れ方は多種多様になっており、手軽に和を取り入れられるようになりました。

一方和風モダンにするデメリットは、定期的なメンテナンスが必要なことです。
その分長持ちする素材を使用した造りですので、人生とともにずっと向き合っていける素敵な家になることは間違いないでしょう。
このように和と洋をうまく融合すれば、今までになかったデザインの家を実現できます。
最近とても人気な和風モダンですが、まだまだ取り入れている家庭は少ないです。
和風モダンなデザインを取り入れ、他とは違うオシャレな家にリフォームしてみてください。

□まとめ
今回は和風モダンの特徴とどのようにすれば和風モダンなデザインにできるかのポイントをご紹介しました。
注文住宅で難しいところは自分の理想のイメージをどのようにすれば形にできるかを考えることです。
当社では、お客様の理想をかなえるための最適なプランをご用意しております。
注文住宅についてお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

 

http://sekidesign.com/

注文住宅で理想の家づくり!インテリアデザインのポイントをご紹介!

 

「オシャレなインテリアにしたい!」
「自分好みのデザインの家に住みたい!」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
しかし、注文住宅で理想的な住まいを作るのは簡単ではありません。
なぜなら、理想的な家を作ろうとすると、かなりの建築の知識を要求されるからです。
では、どうすれば理想的な家にできるでしょうか?
そこで今回は理想のインテリアにするためのポイントや注意点をご紹介します。


□失敗例から見る理想のデザイン
注文住宅で失敗したと感じる人はどこをそのように感じるのでしょうか?
それが分かれば、よいデザインにできると思いませんか?

*デザインを重視しすぎた
失敗したと感じる人の多くがこのパターンです。
自分の理想のデザインの中に、収納スペースや家具の配置を考慮していないことが原因です。
自分の生活様式にデザインをどう溶け込ませるかが、とても重要になります。

*コンセントの位置
家電製品をどこに置くかを考えていないと自分の置きたいところにコンセントの差込口が届かないといったことが起こります。
「リビングのここにテレビを置きたいからコンセントはここにいるかな?」
「コンセントをここに付けるから家電はこの配置にしよう」
このように自分がどう生活するかをイメージしてからデザインを考えましょう。
このように生活スタイルをおろそかにしてデザインを優先してしまうと、後から失敗だったと感じるようです。
これを踏まえてインテリアデザインのポイントを見ていきましょう。


□オシャレに見えるポイントとは

*バランスを大切に
人がオシャレと感じるには統一感が必要です。
左側と右側の高さが違う、床は木目なのに壁はタイル、といったデザインにしてしまうと、バランスが取れていない、ちぐはぐな印象になります。
このちぐはぐ感を無くすだけで、「なんか格好悪い」という印象はなくなります。

*インテリアデザインと家具は同時に決める
これを実践している人は少ないのではないでしょうか?
一般的にはインテリアを決めてから、それに合う家具を探し始めると思います。
しかし、それでは置きたかった場所のサイズに家具が合わなかったり、理想のデザインの家具が見つからなかったりといったことが起きます。
家具とインテリアデザインを一緒に頭に描き、イメージとの食い違いが起きないようにしましょう。


□まとめ
今回は注文住宅の依頼者が失敗と感じた事例とインテリアをデザインする際のポイントをご紹介しました。
インテリアを考える際、家具のスペースや利便性も考慮することでより快適で、理想的な家を作りましょう。
当社では、お客様の理想をかなえるための最適なプランをご用意しております。
注文住宅についてお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

 

http://sekidesign.com/