posted from instagram

posted from instagram
【露地のある家Re:】地下車庫の配筋状況とコンクリート強度を破壊、非破壊検査で確認します。電磁波で鉄筋位置を確認し、鉄筋を切らないようにコアを抜きます。この電磁波の探査機、300万円️#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #リノベーション #マンションリフォーム #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #renovation #moderninterior #japan #kobe #露地のある家 #破壊検査 #非破壊検査 #構造検査

posted from instagram

posted from instagram
【クレバスハウス】ストリップ階段であり、力桁階段であり、ガラス張りの階段。#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #kobe #力桁階段 #ガラス張り階段 #ストリップ階段 #クレバスハウス

posted from instagram

posted from instagram
【Branch haus】階段ホールVivoナラの白太が効いてる効いてる。#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #kobe #vivoナラ #branchhaus #階段ホール

posted from instagram

posted from instagram
【アウトドアリビングの家】homifyで紹介頂いてます。《1LDKのインテリア、どうカスタマイズしよう?》『1LDKは、広いダイニングキッチンがあり、リビングともつながっているため、友人を招いたり、目が離せない家族がいたりするお宅ではとても便利な間取りです。複数の用途の空間がひとつになっているため、インテリアづくりには気を配りたいもの。今回は、1LDKのインテリアカスタマイズについて考えていきます。いろんなお宅の実例を見ながら、アイデアやスタイルについて学んでいきましょう。『外とつながる』都会に暮らしていると、自然を身近に感じられる機会は少なくなるもの。大きな木がそばに生えているような立地であれば、その風景を上手に住空間に取り込んで作っていきたいもの。こちらのお宅のLDK空間は、大胆なアウトドアリビングというスタイル。外と中との境界を曖昧にした空間は、ウッディテイストがそこここに感じられて心地よさそうですね。家の中で暮らしていながらも、自然と一体になったかのような心地が味わえるデザインです。』 https://www.homify.jp/ideabooks/5293660/1LDKのインテリア、どうカスタマイズしよう?#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #kobe #homify #アウトドアリビングの家

老後のために、今始めたいバリアフリー住宅へのリフォーム!

老後のために。今始めたいバリアフリー住宅へのリフォーム!

 

「老後のためにリフォームしたい。」
「バリアフリー住宅のリフォームのポイントを知りたい。」

上記のように、老後のためのリフォームについてお悩みではないでしょうか。
バリアフリーとは、高齢の方や、介護が必要な方にとって、障害(バリア)となるモノを、住宅から取り除く(フリー)ことです。そのバリアフリーの考えを取り入れた住宅を、バリアフリー住宅と言います。また近年、高齢化社会を迎える中、バリアフリー住宅にするための、リフォームを検討する方が増えています。

今回は、バリアフリーリフォームの、具体的な3つのポイントをご紹介します。

●細かな段差を解消する
バリアフリー住宅の第一のポイントは、段差を解消することです。高齢の方や、介護が必要な方にとって、住宅の中で最も危険な場所は、段差です。注力が低下し、視野の狭くなるにつれて、段差に気付けず、つまずいてしまうようになります。

また、つまずいた際に、運動能力の低下によって、バランスを保てず、転倒する可能性が高まります。特に高齢者にとって、つまずいて転んでしまうと、骨折などのけがにつながる危険性があります。

高齢の方が、一度骨折やけがを負ってしまうと、寝たきり生活を余儀なくされる場合もあるため、段差を減らす工夫をしなければなりません。。
また、なくせない階段には、手すりを設置して、上り下りの際の補助として使用しましょう。

●滑りにくい床材にする
高齢の方や、介護が必要な方にとって、転倒は非常に危険と述べました。滑りやすいフローリングは、転倒の危険性を大きく高めます。部屋や廊下の床を見直すことをお勧めします。滑りにくい床材にリフォームするか、タイルやカーペットを敷いて、安全な環境を整えましょう。

●水周りのスペースを広げる
生活をするうえで、必要不可欠になる、トイレや浴槽、洗面台などの水周りは、比較的狭く設計されています。しかし、高齢になると、動ける範囲が狭くなり、余分なスペースが必要になるものです。また、介護が必要な方や、必要になった場合には、車いすを使用することが多くなります。水周りにも、車いすを移動できるスペースが、必要になるのです。

〇最後に
今回は、バリアフリー住宅にリフォームする際のポイントを、3つご紹介しました。リフォームは、高齢になってからでは遅いといわれています。なぜなら、高齢の方にとって、リフォームを行うことは、精神的にも身体的にも大変であるからです。早めのうちから、老後の生活を想定し、バリアフリーリフォームをご検討くださいね。
http://sekidesign.com/

注文住宅を購入する方必見!挨拶回りの必要性とは?

注文住宅を購入する際に!行いたい挨拶回りの必要性とは!?

 

注文住宅など、新築を購入する際には、新しい土地を見つけて、移り住む方が多くいらっしゃるでしょう。しかし、皆さんの中には、全く知らない土地で家を建てるときに、少し心配になることがあるのではないでしょうか。

「全く新しい土地で、近隣の住民との関係性をうまく築くためには、どうすればいいのかわからない。」

これから何十年と同じ家で、同じ土地で暮らしていくためにも、近隣住民との関係性をうまく保つことが大切です。一番身近に生活している近隣住民に、悪い印象を持たれることは、トラブルを招く可能性があります。そこで、新しい場所で注文住宅を建てる際に、行いたい大切なことは「挨拶回り」です。

今回は、近隣住民との関係性をうまく築くために、挨拶回りの必要性をご説明します。

●挨拶回りの必要性とは
少し前の日本では、近所の住民に、足りなくなった調味料をもらいに行ったり、野菜をおすそ分けしたり、互いの生活に近い関係性がありました。しかし現代では、近隣の住民との関りが薄れています。場合によっては、隣に誰が暮らしているのかわからない、という方もいるのではないでしょうか。

しかし、近隣住民との関係性を築かないと、トラブル招くことや、いざ助けが必要となった際などに、悩ましい問題となります。トラブルを未然に防ぐためにも、新築を購入する際には、挨拶回りをしっかり行いましょう。

●挨拶回りの具体的な方法
挨拶回りは、基本的には、工事前と引っ越し後に、2回行う必要があります。

・工事前の挨拶回り
家を建てる近隣住民の家に、粗品を持って、施工人とともに挨拶を行いましょう。この時、工事の日程や、騒音の出る日がわかっていれば、事前に知らせることが大切です。また、近隣住民だけでなく、周りの環境状況によって、工事中迷惑をかける住民がいないか確認しましょう。

・引っ越し後の挨拶回り
住宅が完成し、引っ越しを行う際には、必ずもう一度挨拶回りを行いましょう。この時、夫婦であるならば、2人で出向く必要性があります。また、工事で迷惑をかけた方や、お世話になった方には、謝罪とお礼を伝えましょう。引っ越し後の挨拶回りは、当日か翌日に行うことがベストです。

〇最後に
今回は、注文住宅を購入する方に、行うべき挨拶回りについてご説明しました。挨拶回りは、これから生活していくうえで、近隣住民との関係性を築くための大切なことです。第一印象が悪ければ、今後の関係性をうまく築くことが難しくなります。
こだわりがいっぱい詰まった注文住宅での暮らしを、ずっと楽しく安心できるものにするためにも
、ぜひ丁寧な挨拶回りを行ってください。
http://sekidesign.com/

posted from instagram

posted from instagram
【ピアノステージのある家Re:】開口がALCで埋められていきます。ごろっと変わります!#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #リノベーション #リフォーム #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #renovation #moderninterior #japan #kobe #ピアノステージのある家

注文住宅またはリフォーム時には壁紙にこだわろう!~色がもたらす様々な効果~

注文住宅またはリフォーム時には、壁紙にこだわろう!~色がもたらす様々な効果~

 

「注文住宅を購入する際は、壁紙にもこだわりたい。」
「壁紙を新しくリフォームしたい。」

と、お考えではありませんか?
壁紙は、お部屋の内装や、雰囲気だけでなく、人間にも大きな影響を与えます。壁紙の色によっては、部屋で生活をする上で、様々な心理的効果がもたらされるのです。

今回は、壁紙の色によって、人間や空間にもたらされる、様々な効果をご説明します。

●オレンジや黄色などの暖色系の壁紙
オレンジや黄色には、人の行動を元気に、活発にさせる効果があります。食欲を増進させる効果があるため、キッチンやダイニングに適しているといわれています。また暖色系の壁紙は、体感気温を高める作用があります。特に寒い冬や、日当たりの悪い部屋には、暖色系の壁紙を用いると、より暖かく過ごせます。

●青や水色などの寒色系の壁紙
青や水色は、清潔感を感じさせる効果があります。トイレや、浴槽などの水周りに、寒色系の壁紙を使用することは、清潔感を保つためにも効果的です。寒色系には、落ち着きや冷静を促す作用もあります。

集中したい勉強部屋や、作業部屋では、寒色系の壁紙を用いれば、効率よく落ち着いて、作業ができます。暖色系の壁紙とは逆に、寒色系の壁紙は、体感温度を下げる作用があります。暑い夏場には、寒色系の壁紙を使用した部屋で過ごすと、省エネにもなりますね。

●白など、明度が高い壁紙
白などの明度が高い壁紙は、部屋全体を明るくしてくれます。リビングなどに白い壁紙を用いると、毎日が明るく活発に過ごせます。また、寒色系同様に、清潔感を演出できるので、トイレや洗面台に用いられることがよくあります。

しかし、明度が高すぎると、目がチカチカさせ、圧迫感を与えてイライラを生じさせる危険性があるため、注意が必要です。

●黒など、明度が低い壁紙
黒や灰色などの、明度が低い壁紙には、重厚感や高級感を演出できます。高級感を演出したい部屋や、趣味のお部屋などには、明度が低い壁紙がお勧めです。また、空間を引き締める効果があります。

例えば、部屋の天井の壁紙を黒にすることで、その部屋全体が引き締まった、重厚感ある雰囲気が生み出されます。

〇最後に
今回は、壁紙の色彩が人間や空間に与える効果をご紹介しました。壁紙の色が変われば、毎日の生活がガラリと変化します。お部屋の用途に合わせて、壁紙の色を決定すれば、日々の生活が、より効果的に過ごせますね。お部屋の内装を決める際には、壁紙の色にもこだわってみて下さい。
http://sekidesign.com/

posted from instagram

posted from instagram
【スマホは都市環境デザインを変えか!?-インスタ映えという視点または価値-】2018都市環境デザインフォーラム関西にて講師でおしゃべりしてきました。普段から身近で活用しているSNSについてじっくり考え、どのように役立て、どのように都市に影響するのか、建築家の視点で発表してきました。こういった機会を与えていただき、久々にアカデミックな思考になり、大変刺激になりました。またやりたいー!#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #kobe #JUDI #都市環境デザインフォーラム #インスタ映え #都市環境デザイン