内装をおしゃれにするデザインの工夫は?

c00522994b8fd0756035501906622581_l

家づくりは内装のデザインにこだわるのも楽しみの一つです。

もちろん住む人が暮らしやすい家というのが大前提となりますが、そのうえでおしゃれなタイプの家に住みたいという施主は若い世帯を中心に増えており、家族が快適で安全に住むことができるおしゃれな家を希望する人は増加傾向にあります。

しゃれたデザインの家を建てたいと思ったとき、希望する家づくりに寄り添うことができる建築士との出会いも重要です。予算内で好みの住宅を建ててもらえる工務店や設計士との打ち合わせの中で特に施主の意見を大きく取り入れてもらえるのが内装です。

以前はクロスやフローリングなどを中心とした建材が使われることが多い傾向にありましたが、最近では天然素材や自然の材料などを上手に使って仕上げる造りが増えています。

例えば壁はクロス仕上げの場合、スタンダードなタイプ以外に最近では調湿効果のあるものや凹凸があって独特の風合いを持つもの、柄が個性的なタイプなどが人気です。

すべての部分に使うと個性が出すぎてしまう時には壁の一面やトイレ、洗面所などにポイント的に使うとおしゃれに仕上がります。

又、壁材をクロスでは無くて珪藻土や漆喰で仕上げると調湿効果も期待できますし自然の風合いでリラックスできるおしゃれな部屋になります。

漆喰も珪藻土も空気中の湿度を調整してくれる役割がありますし有害物質を発しませんのでアトピーやアレルギーがある人にも適しています。この素材の壁は天然目の床材とも好愛称ですので、リビングなどに使われるケースが多くなってきています。

センスを感じさせる内装にしたい時に便利なのがタイルです。これは床にポイント的に使ったりキッチンの壁の一部にとりいれたりするとセンスの良い仕上がりになります。

全部に使ってしまうと費用が大幅にアップしてしまいますが、ポイント的に使う分にはそれほど費用はかかりませんし仕上がりも施主のこだわりを感じる外観になります。

天井の梁をあえてそのままむき出しにした仕上がりも最近流行しています。これは天井の高い家を希望している人の間で選ばれる仕様ですが、天井が高いとその分広く見えてしゃれた仕上がりになりますし、梁の色にこだわるのも施主のセンスの見せどころです。

最近内装をおしゃれにしあげたい人の間で圧倒的人気の天然目の床は、冬は暖かく夏は涼しく過ごせますし自然素材独特の調湿効果もあります。

素材も様々な木材から選べますし塗料もナチュラルな見た目に仕上がるものが沢山ありますので、好みに合わせてお部屋をデザインすることが出来ます。

http://sekidesign.com/

注文住宅に関しての気になる疑問、費用の相場は?

8b21cd2ee8c449fb672f78d9b7b8d081_s

注文住宅を建築する場合には、限られた予算の範囲内で建築する必要があります。その時に気にしておいた方が良いのは、どの程度の相場になるかです。

最初にある程度費用の相場を理解しておけば、十分なお金の用意をすることができるだけでなく住宅ローンを組む時にも無理なく組むことができるでしょう。

注文住宅の予算として知っておきたいのは、まず土地の値段になります。土地は、場所によって大きく異なりますので、全国一律の相場があるわけではありません。

これを調べるためには、公示価格などを参考にしてどれぐらいの土地の値段になっているかを判断する必要があります。より細かく見たい場合には、路線価を参考にすると良いでしょう。

路線価とは、道路に面した土地の金額がいくらぐらいになるか表示されたものです。1平方メートルあたりの金額で書かれている場合と1坪で書かれている場合がありますので、間違えないようにしましょう。

建物を建築する場合は、ハウスメーカーや工務店によって相場が異なります。平均的には、1坪60万円位になると考えておいた方が良いでしょう。

安い業者の場合には、1坪当たり50万円位になることもあり、逆に高級志向の業者の場合は1坪およそ70万円になることも珍しくありません。計算の仕方は、建物の坪数と坪単価をかければ求めることができます。

駐車場や庭がある場合には、外構費用も頭に入れておかなければなりません。土の状態で放置しておけばほとんどお金はかかりませんが、タイルを敷き詰める場合には1坪あたりおよそ10万円位かかると考えておけば間違いありません。

もう少し安くしたい場合には、インターロッキングなどを敷き詰めることもできます。この場合にはタイルを敷き詰める予算の半分程度でできるでしょう。

建物や土地にかかる相場としては、諸費用と呼ばれるものがあります。これは、登記するときにかかる登記費用や不動産会社に支払う仲介手数料等です。

この中で1番負担が大きくなるのは、仲介手数料になるでしょう。仲介手数料は、その不動産の価値の3%に6万円を加えた金額です。

例えば3,000万円の注文住宅を建築した場合には、180万円に6万円のお金がかかると考えておけば間違いありません。実際には、そこに消費税がかかりおよそ200万円位になります。登記費用は、司法書士によって若干異なるものの25万円から30万円位になると予想できます。

それ以外にも、印紙代や火災保険料がかかります。火災保険料は10年単位の契約になりますが、およそ10万円から15万位になるのが普通です。これに地震保険を加える場合には、5年間でおよそ6万円位になります。

http://sekidesign.com/

posted from instagram

posted from instagram
【ピアノステージのある家:Re】ピアノステージとセカンドリビングをつなぐ鉄骨階段がつきました。ここから化粧をしていきます!#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #リノベーション #マンションリフォーム #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #renovation #moderninterior #japan #kobe #ピアノステージのある家 #鉄骨階段

注文住宅の失敗を避けるための第一歩、何が原因だった?

53246727eca5f287d30f2ac6c4312b28_s

家づくりは一生に一度の大きな買い物とも言われています。 実際には数回購入する人も中にはいますが、多くの人はじゅうたくを購入する回数はそれほど多くはありませんし、それが注文住宅であるとすればなおさらです。

多くの人が憧れる注文住宅ですが、実は失敗する例が少なくないことはあまり知られていないかもしれません。せっかく注文でオリジナルの住宅を作ることができるのに、なぜうまくいかないのでしょうか。

原因としてはいくつか考えられますが、個性を出しすぎるあまり使いづかい家になってしまうという点が考えられます。注文住宅は一から作り上げる自分の家族専用の家です。

そのため固定観念を壊すことも時には必要ですが、あまりに個性的な間取りや外観にしてしまうと住む側が使いにくくなってしまったりメンテナンスをしづらいといったデメリットも生じますので実際に住み始めてからの事を考慮して家づくりを進めるのが重要なポイントです。

家族構成は年月を経るとともに変化しますが、そのことも考えて住宅づくりを進めるのも大切です。たとえば子供がいないうちに建てる場合、ゆくゆくは子育てをする予定なのかによって子供部屋の必要性の有無も異なってきます。

子育てしやすい住宅と大人が中心の家では必要な収納やデザインなども全く変わってきますので人生設計やライフスタイルに合わせたデザインが必要となってきます。

流行に流されすぎてデザインや間取りを決めて失敗する、という例もあります。たとえば外観を奇抜なデザインにしすぎて飽きてしまうことや内装を一時の流行で決めたことで数年後お手入れがしにくくなったり好みと合わなくなるという事もあります。

家は一生の大きな買い物ですので、長いスパンで考えてじっくりと検討する期間を設けることをおすすめします。

ライフスタイルに合わせて住宅をつくることは家づくりをする上で最も重要な要素と言っても過言ではありません。建ててから実際に住んでみたときのイメージをするのはそれほど簡単ではないかもしれませんし、家族が増えたり自立して逆に少なくなる時のことを考えるとこれがベスト、と一つに絞るのも難しくなります。

しかし、できるだけ家族が安全で快適に過ごすことができる家をイメージして、その時で着る最善のデザインを適正な価格で作ることは考慮したいことと言えるでしょう。

洗面所やトイレの広さや数、コンセントの場所や数なども住んでから意外と気になる点です。特に使う家電をイメージしたコンセントの位置と数の計画は住みやすい住宅の大きなポイントですので、少し多めに用意するくらいでちょうどよくなります。

http://sekidesign.com/

リフォームでおすすめの収納の間取りは?2つ例を紹介

1188d54172d212448b28ac2b6bc427cf_s

リフォームによって収納スペースを広く確保したいと思う方は多くいらっしゃいます。しかしそのスペースは無闇に広くすれば良いというものではありません。収納スペースを多く確保することで居住用のスペースが狭くなってしまっては意味がありません。

また普段使うスペースが高いところにあって届かないという事もあります。その為にわざわざ脚立や踏み台を持ってきて、危ない思いをして物を取らなくてはいけなくなってしまいます。

そうなってしまわない為にもリフォームをする際間取りは慎重に考えなくてはいけません。おすすめな間取りの例は、キッチンの横もしくは近くにパントリーを作ることです。

パントリーは食品や調理器具などを貯蔵しておくためのスペースのことで、デザイン性などを考えてパントリー内に冷蔵庫をおく家庭も多くあります。パントリー内に冷蔵庫が置けるとキッチンのスペースがかなり広くなります。

キッチン内には食品以外にもフライパンや鍋、電子レンジや炊飯器などの家電製品まで置かなくてはいけません。パントリーを設置しておけばキッチン内がごちゃごちゃしてしまうことを防ぐ事が出来ます。

棚を取り付ける際奥行きがあり過ぎると、奥の方に置いている保存食の賞味期限が切れてしまうという事が起こってしまったり、奥まで手が届かなくて脚立や踏み台を使わないといけなくなってしまって不便な間取りになってしまいます。そうならない為にも奥行きは狭くしておくのもポイントです。

敷地面積で思うような規模を確保できなかった場合、リビング間仕切りを付けて収納スペースを作ることも良い方法です。リビングは家の中でも広いスペースを確保している場所になるので、仕切りをつける事で収納スペースを確保することができます。

そのスペースを子供のおもちゃなどを置いて、遊ぶ場所にしてしまえば子供も喜びますし、片付けもすぐ出来ます。急な来客があった時などに焦って片付けをしなくても、仕切りのある部屋に一旦荷物を避けておくことも出来ます。ちょっとした工夫で便利なスペースを作り出す事が出来るので、日々の生活がより快適になります。

これら以外にも屋根裏を有効に活用して、季節毎に使う物をしまうことも出来ます。シーズン物の荷物は大きくて場所を取るものが多いので、屋根裏で見えないところにしまえるのは便利です。

床下を利用する事で、冷蔵保存をしなくても良い食材や飲み物、調味料などのストックをする事も可能です。収納スペースを確保する為には色々な方法があります。自身の居住スペースに圧迫感を与えてしまわないように工夫してください。

http://sekidesign.com/

posted from instagram

posted from instagram
【クレバスハウス】Homifyで紹介していただいてます。『採光で明るい住まいをつくるには?』「採光を上手に取り入れて明るい家をつくるにはどのような工夫が必要でしょうか?特に陽あたりの悪い住宅密集地や変形敷地など、南側に大きく窓を取れない住まいでは、太陽光を上手に取り入れる工夫が大切です。今回は、そんな条件を乗り越えて、採光で明るい住まいをつくった住宅6軒をご紹介していきます。壁や扉で仕切らない変形敷地や住宅密集地など採光が取り入れにくい条件でも明るい住まいをつくるアイデアの一つに、スキップフロアがあります。例えばこちらのように、壁や扉で仕切らないスキップフロアは空間を緩やかに繋げ、中央の吹き抜けと階段に配置された大きな窓からの日光を効率よく活かします。陽あたりだけでなく通風にも有利な点が嬉しいですね。こちらではさらに「スキップフロアで生まれるダイナミック空間5軒!」を紹介しています。」https://www.homify.jp/ideabooks/5533554/採光で明るい住まいをつくるには?#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #kobe #クレバスハウス #homify #トップライト #採光明るい

キッチンリフォームの相場の費用について解説

36349daa337406661ad508b57dfd12b1_s

キッチンのリフォーム費用は業者によって違いがあります。どの程度の費用が必要になるのか、複数の業者に見積りを請求して相場を確認することが重要です。

キッチンのリフォームはそれほど高頻度で行なうものではありません。種類や業者によって価格や性能に違いが存在します。

コストパフォーマンスの優れた最適な料理環境を整えるには、事前に様々な種類のものを比較検討することが重要となります。安い場合には50万円くらいでも工事は可能ですが、良いものは150万円を超えます。予算や用途の考慮が必要です。

キッチンの種類やグレードによって価格は大きく異なります。種類は大きくI型とL型、対面型の3種類に分類できます。それぞれのグレードによって相場に違いが出てきます。

I型は冷蔵庫やシンク、コンロが一直線に並びます。L型はシンクとコンロがL字型に配置されます。対面型はI型と同様に一直線ですが、向かいに作業用テーブルが配置されます。

グレードにはシンプルとスタンダード、ハイスタンダードがあります。グレードは主に素材の違いによって決定されます。ハイグレードの多くは人工の大理石が使用されています。

キッチンにはキャビネットが木製のものやステンレス製のものがあります。また引き出しを静かに閉めるための機構が付いているものも存在します。便利なものほどグレードが上がり、費用相場は高くなります。

I型の相場はシンプルが50万円から80万円、スタンダードは60万円から90万円、ハイグレードは70万円から120万円です。L型の場合はシンプルが65万円から90万円、スタンダードが75万円から120万円、ハイグレードは85万円から130万円とされます。

作業用のテーブルが存在する対面型の場合はシンプルが70万円から100万円、スタンダードが80万円から130万円、ハイグレードは90万円から160万円です。それぞれのタイプとグレードによって価格差があります。

同じグレードで比較するとI型が最も安く、L型、対面型の順で高くなります。費用を安く抑えたい場合にはI型を選択するのが合理的です。価格が安くシンプルで場所を取りません。またレイアウトを変更しやすいというメリットもあります。

L型は導線が短いため、あまり動かずに作業できます。I型よりもキッチンを広く、効率的に使えるのがメリットです。またレイアウトの変更も簡単にできます。

対面型はダイニングからの見た目が良く、家族とコミュニケーションを取りやすいというメリットがあります。近年では対面型を選択する人が増えています。

http://sekidesign.com/

リフォームしたいけど‥良くあるリフォームのタイミングについて解説

59ff4b61a31829db4464ce8de780fa4b_s

リフォームをしようと考えるタイミングは現在の家の状況や費用によっても異なるが、一般的なタイミングとして考えるべきなのは中古住宅を購入した時や老朽化によって不便さを感じた時です。

そもそも老朽化には密接な関係があって、一般的な住宅は部材や工法の組み合わせによって作られているので、全体的に同じ劣化をするのではなく部分的に劣化していきます。その為、老朽化をしたとしても家全体の立て直しをするのではなく部分的なリフォームで対応可能です。

では、最初に建物全体の築年数から考えるメンテナンスとリフォームのタイミングだが、築5年から10年だと小型給湯器や浴室のドア、さらには天井や室内の壁や外壁にちょっとした破損や汚れが目立ってきます。

ただし、このぐらいであればまだ使えることが多いので工事の必要はなく、メンテナンスを行うぐらいで十分です。ちなみに防蟻処理も5年から10年のサイクルで行います。

続いて築10年から15年が経過すると浴室やトイレ・キッチン・洗面台といった水回りに不具合が現れ始めます。というのも水回りは使用頻度が多く湿気も多い場所なので劣化が早いです。

さらには屋根材や雨樋・外壁は雨風にされされているので劣化している恐れがあります。もしも亀裂などを確認したらすぐに補修しましょう。

築15年から20年が経過すると給排水管や建物の土台など、住んでいるだけでは目に見えない部分まで老朽化が進行します。特に木造建築の場合はシロアリにも注意が必要なので適切なタイミングに着たら大規模な修繕を行いましょう。

建物が建てられてから20年から30年以上が経過していると一般的な住宅の耐用年数と言われる30年を超えてくるので、構造によっても異なるが多くの住宅では増改築規模のリフォームが必要です。

このタイミングならライフスタイルにも大きな変化が起きている可能性があるので、それに合わせて住まいを検討して間取りの変更も検討すると良いです。

このように築年数が短くても子供が生まれたり、子供が独立することでライフスタイルに変化が起こることもありますが基本的なきっかけは2つです。住宅そのものの変化かもしくは住んでいる人の変化なので、そのどちらの動機で行うのかによって適切な時期は異なります。

ちなみに国土交通省が毎年発表している住宅市場動向調査のリフォームの動機について毎年上位に上がるのは家族の人数が変わった、もしくは家族や自分の老後に備える為です。なので、一般的な動機を見ると住宅そのものの変化よりも住んでいる人の変化によって行われる方が多いようです。

http://sekidesign.com/

リフォームでこだわるべきポイントについて3つご紹介

ca2e4a07f45bab8f0f1de5ed2efea4c1_s

建物のリフォームを行なう場合には、しっかりとこだわるべきポイントがいくつかあります。これらのことを考慮して施工を実施することで、より目的に合った改装をすることが可能です。ここではそうした重要なポイントについて3つほどご紹介します。

一つめの重要なポイントとしてまずあげられるのが、使用する目的にあった改装をするために本当に最適なリフォームがいったい何なのかということを、じっくりと検討することです。

費用が高い工事ほど目的に合ったものを作ることができるとは限らないので、改装する目的に本当に役立つ工事を選んで施工する必要があります。こうしたことを考慮する際に重要になるのが、施工を行なうことによって得ることができるメリットです。

現在の建物の不便な状態を解消するために工事をするのが一般的ですから、その不便をどのような形で解消することができるのかを、さまざまなプランを比較検討して決めるのが最適です。

二つめのポイントとしてあげることができるのが、予算と工事の効果の関係です。限られた予算の中でできる限り効果の高い改装をするためには、費用と比較して大きな効果をもたらすことができる方法を選択することが重要です。同じ目的のために行なうリフォームであっても、行なう施工の内容によっては費用が大きく異なることがあります。

工事によって得られる機能などもしっかり考慮して、どれが本当に必要となる機能で、どれが必要ではない機能かをしっかりと見極める必要があります。こうしたことを綿密に検討していくことで、限られた予算の中でも最大限の効果を実現できる施工をすることができます。

三つめのポイントとしてあげることができるのが、工事のためにかかる時間です。行なう施工の内容によっては仕事が完了するまでに長い時間を要する必要があります。

期限が限られていない場合には、時間が多少長くかかっても問題は少ないですが、特定の期限までに改装を完了しなければいけない場合などには、工事にかかる長さは非常に重要な要素になります。

簡単な工事のようでも比較的長い時間がかかるものもあるために、仕事を依頼する前には、どれくらいの期間が必要かをしっかりと確認しておく必要があります。

リフォームの中には比較的短期間で終了できるようなものもあり、その中には一日もかからずに終えることができるような簡単なものも存在します。こうしたタイプの施工ならば時間や手間をかけずに建物を快適な環境にすることができるメリットがあるために、使用している予算が限られている人でも利用しやすくなっています。

http://sekidesign.com/