神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

無添加住宅の特徴とは?建築業者がご紹介します

「無添加住宅とはどのようなものだろう?特徴を知りたい。」
新しい家を建てる際には、無添加住宅をお考えかもしれません。
取り入れるのであれば、その特徴を理解しておきたいですよね。
今回は、無添加住宅の特徴を建築業者がご紹介します。

◻︎無添加住宅とは?

最近の住宅の傾向では、より気密性などの機能性の高い空間づくりが目指されています。
夏は高温多湿に、逆に冬は低温乾燥に悩まされる地域の多いのが日本の特徴です。
そこで、外部の気温や湿度になるべく影響されない住空間になるように工夫されています。
具体的には、熱の移動を遮断したり、気密性を高めたりしたりしているのです。

しかしながら、疾患などの健康被害が頻発するようになりました。
原因には、その際によく利用されていた建材に含まれていた化学物質とも言われています。
さらに外部へと逃げにくい構造であり、人の身体に入ってしまいやすいのです。
それを受けて、一部の化学物質を含む建材は使用できないように定められました。
機密性で起こる空気の滞留は、頻繁に換気することでも解消できるかもしれません。

しかしながら、そもそも化学物質を含まなければ問題ありませんよね。
そこで生じたのが、無添加住宅の考え方です。
有害な物質を含まずに、健康リスクを低減すること目指しています。

◻︎無添加住宅のメリット

*人の身体に優しい素材

無添加住宅は、身体にとって有害な化学物質を含みません。
健康に配慮した空間で、穏やかに暮らせるでしょう。

*調湿効果がある

無添加住宅に使われている素材には、調湿効果を持つものもあります。
周囲の湿度に合わせて取り込みと放出を行い、一定に保とうとするのです。
屋内に快適な空間に維持できる点で効果が大きいでしょう。

*保温性も比較的に高い

無添加住宅に使われている素材は、他の建材と比較しても熱伝導性が低い特徴があります。
つまり、熱の流入流出が起こりにくいのです。
温度が急に変わることでは、アレルギーを含めて健康に悪影響の生じる可能性があります。
それを保温性の高さでカバーすることで、リスクを定義できるのです。

*化学物質を分解する性能がある

化学物質を含まないだけではなく、吸着して分解するという性能も持つものもあります。
これによって外部からの有害物質の流入にも対応できるでしょう。

◻︎まとめ

今回は、無添加住宅の特徴を建築業者がご紹介しました。
無添加住宅は、身体に有害な化学物質を放出しない建材を使って建てられたものです。
調湿性・保温性・吸着性などの嬉しい魅力も挙げられます。
新築の際には、無添加住宅をお考えになるのもおすすめです。

http://sekidesign.com/

自然素材の家に使われる断熱材について建築業者がご紹介

「自然素材の家に興味がある。断熱性はどうなのだろう?」
自然素材を住宅に利用する際には、その機能が気になるかもしれません。
断熱性も含めて、自然素材が持つ性能を理解しておきたいですよね。
今回は、自然素材の家に使われる断熱材について建築業者がご紹介します。

◻︎断熱性を高めるのが重要だと考えられているポイントは?自然素材の強み

住宅の断熱性は、気温差の激しい日本だからこそ避けては通れない課題です。
断熱性を高めることは、二つの点で重要と考えられています。

そのうち一つは、エネルギーの無駄を削減することです。
冬場に暖房やストーブをかけていても、しばらく止めているうちに家が冷えますよね。
換気や出入りはもちろんですが、何もしていなくても冷えるのは、熱が抜けているからです。
見えないものですが、床や壁のわずかな素材の隙間を通って、熱が移動しています。
そこで、住宅そのものの断熱性を高めることで改善することが大切です。
自然素材は、他の素材と比べると保温性が低く、熱の保持に定評があります。

もう一つの観点は、身体への悪影響を低減することです。
急激な気温の変化は、身体の各部に影響を与えます。
ヒートショックと呼ばれる言葉もありますが、転倒と同じくらい重大な事故なのです。
こういったリスクをなるべく回避するためにも、熱が逃げにくい構造が求められます。

◻︎自然素材の家で使用される断熱材の種類

*セルロースファイバー

紙の繊維を原料とするセルロースファイバーです。
断熱性はもちろんのこと、それ以外にも機能があると考えられています。

その一つが、湿度を放出したり吸収したりする性能です。
木材には、自らの周囲の環境を一定に保とうとする性質があります。
それは、セルロースファイバーとなっても維持されているのです。
夏は高温多湿に、冬は低温乾燥に悩まされているかもしれません。
断熱性能によって、その変化の激しい影響を避けることができるのです。
断熱性の高い住宅で生じやすい、結露も避けられるため嬉しいですよね。
さらに、密度が高い性質から防音効果にも期待ができます。

*羊毛

自然素材の断熱材でよく用いられているものの一つに羊毛があります。
羊の毛は見ただけで暖かそうであり、洋服などに使用されているのはなじみが深いですよね。
その性能を、住宅にも取り入れているのです。
しかしながら、羊毛は害虫の影響を受けやすい難点があります。
断熱材には、そういった食害を避ける単にホウ酸やピレスロイド系薬剤が用いられているのです。

◻︎まとめ

今回は、自然素材の家に使われる断熱材について建築業者がご紹介しました。
室温維持のコストや健康へのリスクを踏まえると、断熱性は大きな課題です。
その点で、自然素材は熱の保持に定評があります。
また、セルロースファイバーや羊毛がよく用いられていると押さえておきましょう。

http://sekidesign.com/

注文住宅を建てる際に知っておきたい外壁に使う素材でおすすめのもの

「注文住宅を建てようと考えている。外壁に使う素材でおすすめのものを知りたい。」
注文住宅を建てる際には、外壁の素材選びも悩ましいかもしれません。
特徴や性能を押さえて、導入を検討したいですよね。
今回は、注文住宅で使われる外壁の素材としておすすめの漆喰をご紹介します。

 

◻︎漆喰の特徴

漆喰は、日本では長い期間伝統的に使われてきた素材の一つです。
消石灰と呼ばれる焼いた石灰石に水を加えた水酸化カルシウムを原料としています。
この水酸化カルシウムには、年月を経るとともにもとの石灰石に戻ろうとする性質があるのです。
そこで、漆喰を使った壁はそのまま放置しておくことで、固く丈夫に変化する強みがあります。

◻︎漆喰の性能

ここからは、漆喰にどのような機能面での強みがあるのかをご紹介しましょう。
主に、調湿性に優れている・清浄作用がある点が挙げられます。

 

*調湿作用がある

漆喰をはじめとする自然素材には、周辺環境の湿度を一定に保とうとする機能があります。
湿度の高い状態であれば、湿気を取り込むのです。
反対に、乾燥しているときには湿気を放出して部屋の湿度を調節します。
湿度が高いと、疾患の原因になりうるカビなどの繁殖を引き起こしてしまいますよね。
逆に乾燥状態が続くと、肌荒れの恐れも高まるものです。

また、ウイルスの活動も高まってしまうかもしれません。
その課題を改善する上で、漆喰の性能は大きな役割を果たすと言えるでしょう。
調湿作用によってこういった極端な環境変動を抑えることにつながります。
結果的に、過ごしやすいだけではなく、健康にも良い家にできるのです。

*清浄作用がある

漆喰に清浄作用がある点は、あまり知られてはいないかもしれません。
漆喰そのものは原料の消石灰によって強アルカリ性を示しています。
外壁に塗っておくことで、塵や埃といった飛散物の流入を防げるのです。

また、漆喰には吸着性も備えています。
身体にとって良くないものを取り込んで、場合によっては分解することもあります。
住宅内に有害な物質が長く浮遊していると、悪影響が心配されますよね。
漆喰の機能によって、こういったリスクの低減にもつながるのです。

◻︎まとめ

今回は、注文住宅で使われる外壁の素材としておすすめの漆喰をご紹介しました。
漆喰は、長い期間伝統的に使われてきた素材の一つです。
性能には、調湿作用・清浄作用などがあります。
魅力的ですから、注文住宅に取り入れるのを検討されても良いでしょう。

http://sekidesign.com/

注文住宅を建てる際に知っておきたい、ローンの種類について
「注文住宅を建てる際に使う、ローンの種類について知りたい。」
注文住宅を建てる際には住宅ローンの申請をお考えの方も多いと思います。
借り入れる際には、どのような種類があるのかを事前に把握しておきたいですよね。
今回は、注文住宅を建てる際に知っておきたいローンの種類についてご紹介します。


◻︎注文住宅を建てる際に知っておきたい、ローンの種類について

ローンにはいくつかの種類があるのをご存知でしょうか?
適切なものを選ぶためにも、それぞれの特徴を理解するのが大切です。
ここでは、金利のタイプと返済方法に焦点を当ててご紹介しましょう。

*金利のタイプ

金利のタイプには主に、固定金利型・変動金利型・固定金利選択型などがあります。
固定金利型、融資を行った時点の金利が一定である方式です。
金利はその時々の情勢によって変化することが考えられます。
つまり、場合によっては支払う金額が上昇しうるのです。
そこで、最初の段階で変わらないようにすることで、返済計画を立てやすくできます。
一方で、変動金利型は、一年に一度金利の見直しが行われる方式です。
見通しが立たない点は不安かもしれません。
しかしながら、そのリスクも踏まえて平均的には低い金利に設定されています。
固定金利選択型は、一定期間経過段階で変更の有無を決められる形式です。
変動金利に興味があり様子を見たい場合には選ぶと良いでしょう。

*住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済方法には、元利均等返済と元金均等返済、の二種類があります。
元利均等返済(がんりきんとうへんさい)は、月々の金額が一定の方法です。
毎月の支払いが固定されている点で、資金計画が立てやすいのが特長でしょう。
ローンを行っている会社の多くはこちらの方法を採用しています。
一方で、元金均等返済(がんきんきんとうへんさい)は若干複雑です。
月々の返済額のうち元金を一定にして計算がされています。
つまり、最初は残りが多い分、多額の金利が上乗せられているのです。
しかしながら、支払いが進むと残りが減るために利息も減ってきます。
入居直後は大変かもしれませんが、徐々に改善していく点では嬉しいかもしれません。
また、支払いが終わる段階も短い点も押さえておくと良いでしょう。


◻︎まとめ

今回は、注文住宅を建てる際に知っておきたいローンの種類についてご紹介しました。
ご自身の状況によって最適なものは変わってきます。
新築後の生活が苦しくならないように、慎重に吟味して決めましょう。
注文住宅を建てる際の費用を減らすために知っておきたいこと

「注文住宅を建てる際の費用を減らすために何ができるだろう?」
注文住宅を建てる際には、費用のことが気になる方も多いと思います。
利用できるものがあれば、把握してなるべく負担を軽くしたいですよね。
今回は、注文住宅を建てる際の費用を減らすために知っておきたいことをご紹介します。


◻︎注文住宅を建てる際の費用を減らすために知っておきたいこと

注文住宅をはじめ、新築費用は人生の中でも大きな支出です。
その負担を少しでも減らすために知っておきたい三つのことをご紹介します。

*補助金を駆使する

住宅の新築に関しては、補助金の制度もいくつかあります。
たとえば、給付基礎額と持ち分の割合の掛け算で決まり、10~50万円程がもらえる給付金です。
新築した人が対象で、居住するのが条件ですから注文住宅であれば該当します。
他にも、地方自治体によって補助金を出しているところも多いです。
建築を予定している場所が決まっていれば、その自治体に問い合わせて確かめてみましょう。

*税金の控除を利用

税金の控除の利用によって、購入費用の負担を減らせるかもしれません。
そのうちのひとつで有効なのは、非課税の枠の範囲で贈与を行うことです。
贈与には様々な手段があってそこで生じる税金の課され方も変わってきます。
住宅の新築や取得が目的の場合である場合は、大きな控除が期待できるのです。
具体的には、直系尊属からの贈与に対しては、300万円~3000万円の範囲で控除がなされます。
将来的に相続も絡んできますから、早いうちに対策する意味でも有効でしょう。
条件が複雑なため、不動産会社や税理士の方に問い合わせて当てはまるかを確かめるのがおすすめです。

*生活に影響が出ないための資金計画

注文住宅の新築を住宅ローンも使って行うことをお考えの方も多いでしょう。
新築を実現する強力な支えである一方で、入居後の生活を脅かすリスクもあります。
自己資金で賄えないものを住宅ローンにする安直な考えだと、その後の暮らしも危ないものです。
また、借りるほど返済の利子も増えるため、総じて必要な費用も上がります。
工事内容の再検討も含めて、資金計画を進めましょう。


◻︎まとめ

今回は、注文住宅を建てる際の費用を減らすために知っておきたいことをご紹介します。
補助金や税金の控除は、新築で適用される事例も多いため、利用されると良いでしょう。
また、資金計画も慎重に進めて、なるべく借り入れる金額を減らすのも一つの方法です。

http://sekidesign.com/