神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

スケルトンリフォーム と制約

中古の分譲マンションのリフォームを検討中の方の中には、スケルトンリフォームを視野に入れている方がいらっしゃるかもしれません。
スケルトンリフォーム とは、簡単に言えば骨組みだけの状態からリフォームし直すことを指します。

実はこのスケルトンリフォームに制約がある場合が存在するとご存知でしょうか?
制約について知らないでリフォームの準備をしてしまうと、いざ着工するという時に、制約によって実現できない可能性があります。
そうしたトラブルを防ぐために、今回はスケルトンリフォームについて詳しく解説します。

□スケルトンリフォームとは
スケルトンリフォームがどのようなものであるか、詳しく知っている方は多くないと思います。
ここではスケルトンリフォームについての基礎をご紹介します。

*スケルトンリフォーム
「スケルトン」という言葉が表すのは「骨組み」です。
つまり、壁・床・天井を剥がし、お部屋の骨組みだけを残してコンクリートがむき出しになった状態です。
スケルトンリフォームで実現できることは、全面リフォームです。
ほぼ一からお部屋を完成させることになるので、例えば和風式だったお部屋を様式にガラリと変えられます。

□スケルトンリフォームの制約
マンションはリフォームに対して、いくつかの制約を設けている可能性があります。
一般的に分譲マンションには共有部分と専有部分があり、どちらのリフォームに対してもマンションの管理組合に対して工事の届け出と許可を受けなければなりません。
特に専有部分においての制約は細かく記されていることがあるので、詳しい内容は組合に聞くことをおすすめします。

*主な制約内容
・工事ができる曜日
・工事が禁止される期間
・工事車両の駐車
・工事で利用する資材の搬入

以上のような内容が主に制約内容に記載されています。
詳しい内容はマンションの組合によって違うので確認することをおすすめします。
管理人と組合の指示に従って、安全にリフォームの工事を準備することが大切です。

□スケルトンリフォームの注意点
スケルトンリフォームでは制約に加えて注意したいことがあります。
それは、補修・補強をすることになる可能性があることです。
骨組みだけを残してから再び部屋づくりをするスケルトンリフォームでは、細部に隠れていたお部屋の劣化や痛みが露わになります。

特に築年数がかなり経過している中古の分譲マンションでは、その劣化による損傷が多いかもしれません。
その場合には費用がさらに必要になるので、スケルトンリフォームを行う際には、ある程度資金に余裕があると安心して工事を行うことができます。

スケルトンリフォームを行って根本的にお部屋を変更することができますが、その際には制約の存在や費用に気をつけなくてはいけません。
特に制約についてはマンションごとで内容が変わるので、あらかじめ組合に問い合わせ、余裕のある準備を行いましょう。
中古の分譲マンションでリフォームをお考えの方は、ぜひご相談ください。

http://sekidesign.com/

最近のできごと(Instagram)


最近のできごと(Instagram)
【キセラ川西せせらぎ公園管理棟】今日は、施設名称を決める「名付け親ワークショップ」でした。一般公募では100件を超える応募があり、それを踏まえた上でワークショップに参加された住民から意見を出して吟味をしていきます。ユニークなもの、響きのよいものなど様々な案が出揃ったところでワークショップは終了。決定は次回に持ち越されます。このプロジェクトはランドブレイン株式会社を幹事会社として施工会社の木村工務店と設計監理(株)seki.designがJV(共同企業体)で取り組んでいます。ちょっと変わった設計手法です。市民参加のワークショップで使い方や管理の仕方、この公園に何が必要かのアイデアを出しあい、ランドブレインと川西市とseki.designが取りまとめとコンセプトメイクのお手伝いをするというものです。そのコンセプトに基づき、カタチづくりと設計図書のまとめを行ってきました。今年の1月をキックオフとし、設計ワークショップを重ねること4回、満を持していよいよ着工です。初めての住民参加ワークショップを通して設計を決めるという試みに、戸惑いながらも楽しくのびのびと設計ができたと思っています。seki.designの設計として誇りをもてる建物となりそうです。施工でも住民参加による施工ワークショップが盛りだくさんです。これからも楽しみがいっぱいです。#キセラ川西せせらぎ公園 #一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #設計事務所 #新築 #モダンインテリア #design #architect #architecture #newbuild #moderninterior #japan #ランドブレイン木村工務店とJV #設計ワークショップ #施工ワークショップ #公園管理棟

最近のできごと(Instagram)


最近のできごと(Instagram)
【キセラ川西せせらぎ公園管理棟】名前はこれから決まっていきます。上棟し、垂木が掛かりだしました。270x45の化粧垂木はまるで梁のようです。迫力満点!狙い通りです。明日は1回目の施工ワークショップ。上棟した現場のお披露目会も兼ねています。その時に名前についてもワークショップします。どんな名前になるのか楽しみでなりません。このプロジェクトはランドブレイン株式会社を幹事会社として施工会社の木村工務店と設計監理(株)seki.designがJV(共同企業体)で取り組んでいます。ちょっと変わった設計手法です。市民参加のワークショップで使い方や管理の仕方、この公園に何が必要かのアイデアを出しあい、ランドブレインと川西市とseki.designが取りまとめとコンセプトメイクのお手伝いをするというものです。そのコンセプトに基づき、カタチづくりと設計図書のまとめを行ってきました。今年の1月をキックオフとし、設計ワークショップを重ねること4回、満を持していよいよ着工です。初めての住民参加ワークショップを通して設計を決めるという試みに、戸惑いながらも楽しくのびのびと設計ができたと思っています。seki.designの設計として誇りをもてる建物となりそうです。施工でも住民参加による施工ワークショップが盛りだくさんです。これからも楽しみがいっぱいです。#キセラ川西せせらぎ公園 #一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #設計事務所 #新築 #モダンインテリア #design #architect #architecture #newbuild #moderninterior #japan #ランドブレイン木村工務店とJV #設計ワークショップ #施工ワークショップ #公園管理棟 #3mのキャンチレバー #どでかい垂木

最近のできごと(Instagram)


最近のできごと(Instagram)
【Cassina ixc】リニューアルオープンのレセプションにご招待頂きました。斬新なインテリアコーディネート、テーブルコーディネートが刺激的でした。インスピレーションがビビビビッ!円卓欲しーぃ!でも、80万て書いてた。。。#一級建築士事務所 #sekidesign #その場所にしかない建築 #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #kobe #cassina #レセプションパーティー

最近のできごと(Instagram)


最近のできごと(Instagram)
【露地のある家Re:】いよいよ解体も9割近く終わり、補強設計も終了!次から補強工事と外壁工事にかかります。解体後、この柱は抜くのが難しい!など、課題が上がりましたが、プランの変更に快く応じて頂き、迅速にまとまりました。改修工事は開けてみるまで何があるかわからない〜(´~`;)リクシルのショールームで住宅設備も決定で一安心です。#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #リノベーション #リフォーム #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #renovation #moderninterior #japan #kobe #露地のある家 #ギャラリア #まるでビフォーアフター #急なプラン変更