神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

Flare Haus

トップ写真

フレアのように広がっていく空間

セットバックをすると約25坪、しかもL字型という、狭小・変形敷地に建つ住まいの計画です。建蔽率いっぱいまで使い、総2階とすることで30坪の空間が実現しました。

計画の中心は、2階につくられたLDKです。敷地境界ぎりぎりまで建てる関係上、1階の光環境はどうしても悪くなってしまいます。また現在は畑となっている南東の空き地にも、そのうち高い建物が建つかもしれません。そのため家族の集うLDKは、2階の公園に面した位置がベストと考え、プランニングを進めました。

LDKのテーマは〈フレア〉。その南側の公園の緑に向かって、フレアスカートの裾のように空間が広がっていくイメージです。

子供たちの個室は、必要になったタイミングでつくる可変プランとしています。それまでの間はLDKと繋がった空間として、有効に利用できるように考えました。2階をワンフロアまるごとひとつの空間とすることで、広くはない敷地ながらも家族団欒を存分に楽しむことができる魅力的な住まいができあがりました。

  • 
									<p>
										北面の外観:
										路地に面した北側はプライバシー確保のため閉じた外観に
									</p>
  • 
									<p>
										南面の外観:
主寝室やLDKは、公園に面した南側に配置しました
									</p>
  • 
									<p>
										キッチンからリビングダイニングをみる:
公園の緑に向かって、床も天井もフレアスカートのように広がっていくデザイン
									</p>
  • 
									<p>
										キッチンからリビングダイニングをみる:
切妻の勾配天井が家具に仕込まれた間接照明によって優しく照らされ、温かみと安らぎのある空間に
									</p>
  • 
									<p>
										リビングダイニングからキッチンをみる
									</p>
  • 
									<p>
										リビングダイニングの壁面:
視覚的により広がりを感じられるよう、壁面の家具の形状も、広がっていく天井のラインに呼応してつくられています
									</p>
  • 
									<p>
										プレイルーム:
スタディカウンターは、家族が肩をならべて勉強や机仕事をするスペース。頭上には子供たちの寝床となるロフトがあります
									</p>
  • 
									<p>
										プレイルーム:
将来はこのスペースの真ん中に間仕切りをすることで、子供たちの個室ができあがる可変プランとしています
									</p>

photo: akiyoshi fukuzawa

ポイント

  • 変形、狭小敷地に建つ住宅です。敷地ぎりぎりまで使い切りました
  • 前面道路は車が進入できない厳しい施工環境でしたが、施工業者(コネクシオホーム)さんががんばってくれました
  • LDKはフレアスカートのように、敷地形状にあわせて奥に行くほど広がっていきます。高さ方向にも広がっていくようにすることで、実際の面積以上の広がりを感じることができます

空間構成

敷地環境

2階の空間構成
2階の中心にはキッチンを配置しました。L型の空間の中心にキッチンをもってくることで、そこで家事をしながらリビングはもちろん、プレイルームにいる子供たちの様子も常に見渡すことができます。またリビングダイニングとプレイルームも、L型のプランを活かし、窓越しに存在を感じあうことができるような関係としています。
リビングダイニング
リビングダイニングは、南側の公園に面したもっとも環境のよい場所に配置しました。敷地の形状にあわせ、ちょうどフレアスカートの裾が広がっていくように、公園に向かって空間が広がっていく空間です。また敷地の条件的に、このLDKは比較的高さをもたせることができる位置にあるので、それを活かして高さ方向へも広がっていくようにすることで、実際の面積以上の広がりを感じることができるようになりました。つくりつけの家具の形状も、公園に向かって広がるラインと呼応し、視覚的により広がりを感じられるように配慮しています。
プレイルーム
子供たちの個室は、必要になったタイミングでつくる可変プランとし、それまでの間はLDKと繋がった〈プレイルーム〉となります。上部にははしごで登ることができる2帖のロフトを、その下には長さ3.2メートルある〈スタディーカウンター〉を配置しました。10年後、ここに間仕切りとクローゼットをつくることで、ふたつの個室ができあがります。
玄関
ふだんの家族の出入りに関しては、玄関と繋がっているシューズクローゼットを通っておこないます。そうすることで玄関はいつもきれいな状態を保つことができます。収納も充分あり、コートや雨具の収納などにも役立ちます。
主寝室
主寝室のすぐ前には、高さ1.9メートルの公園の壁がそびえています。上部のバルコニーともあわせ、どうしても閉塞感のある暗い空間になってしまいます。それを解消するため、階高と天井高をできるだけとり、高い部分からの光をとりこむ工夫をしています。

平面図

フレア・ハウス

所在地 神戸市中央区
用途 専用住宅
家族構成 夫婦2人+子供2人
竣工年 2017d>
構造 木造/地上2階
敷地面積 26.2坪
延床面積 30.3坪
総工費 2450万円