神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

Roofcourtの家

作品写真

高低差をいかした、楽しみのある住まい

敷地は住宅地の奥まった一角にあります。周辺は昔ながらの露地を残した下町ですが、近年は徐々に新しい家々に建て変わりつつあり、今と昔が融合した雰囲気の町並みとなっています。

敷地環境

そんな敷地に、木造2階建て・建築面積18坪・延べ床面積32坪の家を提案しました。プランニングの過程でもっとも意識したのは、坂の町・神戸の特徴である高低差をいかに解決するかです。また、この敷地は、北と南が道路に面している珍しい敷地でもあります。この難しい問題を逆手にとり、楽しい空間構成としたいところです。

さらに周辺が建て詰まった住宅地では、いかにプライバシーを守りつつ、光を取り入れるかということも大きな課題となります。周囲には3階建てのアパートや戸建住宅があり、そこから見下ろされてしまうということも解決したいポイントでした。

これらのことを丁寧に読み解き、問題を一つ一つ素直に解決していくことで、クライアントのおふたりにぴったりなかたちを浮かび上がらせました。

作品写真

コンセプトは[Roofcourtの家]。周囲から見下ろされることなく、光がたくさんある場所を見つけ出し、そこにプライバシーの守られた中庭(court)を。日曜の朝に外の冷たい空気を感じながら朝食をしたり、夕涼みをしながらロウソクの明かりで夕食をしたり、友人たちとのBBQを楽しんだり──この8帖の白い壁で囲まれた[Roofcourt]が、敷地が抱える様々な問題を解決していきます。

空間構成

プライバシーの守られたLDK+Roofcourt

作品写真

19.1帖のLDKは、Roofcourt8帖をプラスすると27.1帖もの広がりをもつ空間となります。LDKとウッドデッキを繋ぐ開口部は幅2.2m・高さ2.4m。二枚の扉を壁に引き込んでフルオープンにすることができ、自然と外に出たくなるような繋がりがうまれます。

Roofcourtは四方を壁に囲まれたプライベートな空間で、そのためLDKについても完全にプライバシーが守られます。Roofcourtの近くにはあえてダイニングキッチンを配置しました。このキッチンを中心とした空間構成が、楽しい空間となる「しかけ」です。

夜にソファでくつろぐ〈静〉の空間であるリビングスペースに対し、食事やサービスの拠点として、またゲストなどと語らう場として、ダイニングキッチンスペースは〈動〉の空間となります。その〈動〉の空間に触発されて、隣接するRoofcourtも〈動〉の空間となるはずです。Roofcourtがダイニングの延長として使えるので、活躍する回数もおのずと増えていくでしょう。

高低差を活かした断面計画

作品写真

作品写真

敷地は、メインの北側アプローチとサブの南側アプローチで1.5mの高低差があります。この条件を逆手にとり、玄関から1.5階の高さにあるLDKを実現しました。将来のことを考えると2階リビングはすこし不安、でもこの敷地で1階リビングだと暗くなりそう──その2つの不安を一気に解消できる断面計画となりました。

玄関から1.4mあがるとLDK、さらに1.35mあがると、ロフトのような空間の趣味室があります。趣味室からLDKは見渡せますが、LDKから趣味室は見上げる位置ですから、多少物を散らかしていてもわからない空間構成になっています。また個室と浴室は玄関から1.4m下ったところにあります。

趣味室と繋がったテラス

ちょっとした大工作業も、わざわざ外へ出ていく必要はありません。屋根もあるので多少の雨でも作業はできます。午前中は日当たりも良いので、洗濯物を干してもいいかもしれません。メインのRoofcourtとの位置関係も近く、おもしろい使い方があるかもしれませんね。

平面図

写真

作品写真

作品写真

作品写真

作品写真

作品写真

作品写真

作品写真

作品写真

作品写真

作品写真

作品写真

作品写真

作品写真

作品写真

作品写真

作品写真

作品写真

作品写真

作品写真

photo: akiyoshi fukuzawa

Roofcourtの家

所在地 神戸市
用途 専用住宅
家族構成 夫婦+子供1人
施工 株式会社ギャラリア
竣工年 2019
構造 木造軸組在来工法/地上2階
敷地面積 35.6坪
延床面積 35.2坪
総工費 2850万円(税込)+450万円(宅地造成)