神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

押部谷の家

トップ写真

コンパクトに楽しく住まう

田園風景広がる市街化調整区域に建つ、30代夫婦+男児2人のための2階建て住宅です。クライアントはある日に路上で出会ったストリート・ミュージシャン。その後、偶然の再会から意気投合し、友人となりました。今回、彼ら夫婦が彼らの両親+祖父母と新生活を始めるということで、母屋の隣にあった農業用倉庫を解体し、住まいを新築することになりました。

設計にあたっては、敷地内の既存の建物の配置などから、外形が以前とほぼ同じボリュームの建物という制約があり、いかにコンパクトにまとめるかということがテーマとなりました。一方、将来は母屋へ移る予定であり、こちらは子育て時期に暮らす住まいとのことだったので、結果的に“nLDK”といった「間取り」にとらわれない、自由で楽しく心地よい空間をつくることができました。

  • 
									<p>
										敷地の周囲には田園風景がひろがっています
									</p>
  • 
									<p>
										北面の外観:
北面の玄関は、若夫婦専用のメインアプローチです
									</p>
  • 
									<p>
										東面の外観:
柱型の垂直のラインに差し込むように、水平の庇をデザインしました
									</p>
  • 
									<p>
										東面の玄関:
東面には母屋との行き来がしやすいように、もうひとつの玄関をつくりました。扉にはもとからあった蔵戸を再利用し、新しい住まいに記憶の連続性をもたせています
									</p>
  • 
									<p>
										玄関内部:
右手には母屋へ続く蔵戸、奥には若夫婦専用の扉と、人が行き交う場所であることから、「溜め」の空間としてデザインしました
									</p>
  • 
									<p>
										キッチンから吹き抜け/LDKを望む:
1階は敷地の勾配をいかし、700mmの高低差をつけています。キッチンに立つと、ダイニングルームやリビングルーム、吹き抜け越しの寝室と、空間のすべてを一望することができます
									</p>
  • 
									<p>
										リビングから吹き抜けを仰ぐ:
ブリッジの突き当たりには、「秘密」の小屋裏部屋が。扉を閉めると壁に貼られた桧が継ぎ目なく繋がり、隠し扉のようになります
									</p>
  • 
									<p>
										リビングからダイニングを望む:
700mmある高低差を大階段でつなぎ、大人も子供も楽しい家になりました。床材は300mmと幅広の米松。リビングから階段、ダイニングまで、目地を合わせて張ることで、視覚的にも空間が連続的に見えるようにと考えています
									</p>
  • 
									<p>
										ダイニングルームから階段を見る:
階段の手摺も米松の梁材をボルトでつなぎ合わせてつくり、無垢材の重量感と暖かみを感じられるようにしました
									</p>
  • 
									<p>
										外からLDKを見通す:
照明はすべてLEDですが、暖かみのある空間となるよう計画しました。リビングのダウンライトも光源のまぶしさを感じさせず、床面のみを明るくするグレアレスのものを選んでいます
									</p>

photo: akiyoshi fukuzawa

クライアントからの要望

クライアントは(多くの場合要望としてありがちな)部屋数や収納についてはあまりこだわらず、それよりも居心地の良い一体感のある空間を望んでおられました。インテリアに関しては、奥様の好きな雑誌やカフェを参考にイメージを広げ、「ナチュラル」「カフェライク」といったような単語がキーワードになっています。

空間構成

  • 敷地の南北の高低差をいかした空間構成をベースに設計をおこないました。
  • 玄関は、正面の道路側のほかに、隣接する母屋側へも扉を設けています。母屋から独立しつつも互いの行き来が容易となるように考えました。
  • 1階は、敷地の勾配に沿ってダイニングルームとリビングルームに高低差(700mm)を設け、その間を間口の幅いっぱいの階段でつなぐという、楽しい空間となっています。また床材には300mmと比較的幅広の米松を用い、階段の手摺も米松の梁材をボルトでつなぎ合わせてつくるなど、「暖かみ」や「安心感」のある、心地よい空間をこころがけました。
  • ダイニングルームの上は吹き抜けとなっており、そこに立つとリビングルームや2階のベッドルームなどが一望できるようになっています。そしてベッドルームから黒皮鉄の吊り橋を渡ると、屋根裏にある御主人の趣味のスペースへ……しかしここは近い将来、子供たちの「秘密基地」になるかもしれません。

平面図

押部谷の家

所在地 兵庫県神戸市西区
用途 専用住宅
家族構成 30代夫婦+子2人
竣工年 2011
構造 木造軸組み2階建て
敷地面積 1028.6平方メートル
延床面積 55.9平方メートル
総工費 約1800万円