神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

月別:
2019/05

念願の注文住宅を建てるにあたり、おしゃれな家にするためにはいくつかのポイントがあります。
その際のデザインの考え方や自分に合った選び方について説明します。

 

 

注文住宅を作ろうとする場合、よくありがちなのはまず最初に住宅展示場に行くという行為です。
これ自体は間違ってはいませんが、ここではその前に是非行ってほしいポイントがあります。
それはただ漠然と住宅展示場にいく前に、「自分の理想とする住宅とは、デザインとは何か」ということを自分自身で知っておく必要があります。
これがない状態で住宅展示場にいくことは、あくまで「もともとあるデザインを見にいく、受身的な行為」です。

 

 

具体的に「自分の理想とする住宅やデザイン」を知るにはいくつかの方法があります。
ひとつは、まず自分のライフスタイルを振り返ることです。
この「自分のライフスタイル」というものは、そうそう変えられるものではありません。
例えば、物を片付けるゆとりのない生活なのに、ただただ「真っ白で綺麗なリビング」をデザインとして取り入れた場合、数日もせずに、物で溢れたリビングになることが容易に想像できると思います。
そのため、ここでは「真っ白で綺麗なリビング」よりも、自分が暮らす上でどれだけ物を使っているか、それらを美しくしまえる収納とは何かを模索する方が、綺麗なリビングにより近づけます。
このようにまず自分のライフスタイルを受け止め、それをデザインに変えるイメージを持つことがポイントです。

 

 

自分のライフスタイルが明確になった後は、建築雑誌を見ることがおすすめです。
住宅展示場などでは、セールスマンのトークでそのもの以上の魅力を植え付けられてしまうことがありますが、建築雑誌においては冷静に自分の理想とする住宅のイメージを膨らませることが可能です。
さらに自分の好みの建築家を見つけることで、自分の好みや心地よい空間がどんなものか体感的に知ることができます。
建築雑誌のには仕上げ材料や建築コストなどが掲載されており、おしゃれなだけでなく建築コストのかけ方と、その効果がどのようなイメージになるかを具体的に知ることができます。

 

 

ここまで自分の好みが自分自身で理解できるようになれば、次はいよいよ注文住宅を設計する会社に相談するタイミングです。
自分の好みが分かっていれば担当の建築士の方にダイレクトにその価値観を伝えることができるはずです。
その方が建築士の方も提案のしがいがあります。
自分のイメージを明確に伝えることでよりデザイン的にレベルの高い住宅になると思います。

注文住宅は自由にプランニングができることが大きな魅力です。
トイレも好みに合わせて作り、リラックスできるように快適な空間を実現することができます。
そのためにもよく吟味したいのがトイレの素材です。
現在は大きく分けると陶器で作られているタイプと、有機ガラス系新素材を使用しているタイプの2つから選ぶこととなります。
どちらにもメリットがありますので、様々な観点から比較検討することをおすすめします。

 

従来からトイレの素材として採用されている陶器のメリットは、便器に使われるようになってから長い歴史があるために信頼性が高いという点が挙げられます。
日本国内で販売されているトイレではTOTOやLIXILなど、きわめて有名なメーカーの製品が該当します。
長年の研究により快適に使用できるような設計がされているだけでなく、最新の技術も採用が進んでいることも特徴です。
比較的リーズナブルな価格で設置できる普及価格帯のスタンダードな製品から、タンクレスタイプのスタイリッシュで高機能な製品まで、多くの機種が揃っていることも魅力です。

 

陶器製のトイレは、丈夫で耐久性があるということもメリットです。
メンテナンスをしっかりと行えば、長期間トラブルを引き起こすことなく安定的に使用できるということも評価されており、今なお注文住宅で採用されることの多いタイプとなっています。
住宅の雰囲気に合わせてデザインを選ぶこと、必要な機能を絞り込んでコストパフォーマンスを重点的に考えて選ぶということもできます。

 

一方で近年人気が上昇してきているのが有機ガラス系新素材を使用したトイレです。
総合家電メーカーのパナソニックが販売しているアラウーノシリーズが該当します。
これまでは、ほぼ陶器という素材しか選ぶことができなかったところに新素材を投入し、その性能の高さから着実な評価を得ている製品です。
汚れがつきにくく、落としやすいという特性があり、陶器と比較すると製造コストも低く抑えられることから充実している機能でありながら比較的低価格である点も魅力です。
汚れを泡で洗い流すという新発想の洗浄方法でトイレ掃除の手間が減るという点も好意的に受け止められています。

 

陶器製で水回り製品の老舗メーカーという安心感もあるTOTOやLIXILを選ぶか、総合家電メーカーの強みである高機能と従来にはない清掃性の良さが魅力のパナソニックの製品を選ぶかが悩みどころです。
もっとも、いずれの製品もそれぞれのメーカーが自信を持って開発しているものですから、性能や使い勝手には全く問題がありませんのでじっくりと比較検討しましょう。

A seat使ってみた☆

最近のできごと(Instagram) 初のA seat 大阪 → 三ノ宮ゴールデンウィークの記念乗車