神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

カテゴリー別:
情報ブログ

注文住宅新築の資金集めで知っておきたい贈与税の仕組み

建売住宅は土地および建物が組み合わさった形で販売が行われる新築住宅です。
土地価格と建物価格がそれぞれ計上されていますが、購入時には二つを合わせた金額を支払うため資金計画が比較的立てやすいメリットを持ちます。
これに対して注文住宅は家を建築することを意味しており、土地と建物はセパレートですから総額が把握しにくいデメリットを持ちます。
予算が5,000万円の時、土地の購入価格が3,600万円になった場合には1,400万円で家を作らなければなりません。
家の設計に応じて価格が変わるわけですから設計が終わるまではどれだけの費用が掛かるのかが分からないわけです。

土地を購入したけれども資金不足で理想の家を作れないのでは困りますが、こんな時に便利なのが生前贈与です。
生前贈与とは親が子に対して生きている内に自分達の資産の一部を提供することを意味しており、一定額であれば贈与税はかかりません。
ちなみに、不動産などを相続した時、相続税が課税され高額な税金を納めなければならないと考える人も多いと言えましょう。
しかし、相続税には3,000万円の特別控除と相続人1名当たり600万円までの控除を受けることができる仕組みがあります。
仮に相続人が3名の場合には合計4,800万円(600万円×3名+3,000万円)の非課税措置を利用することが可能です。

これに対して贈与税は年間110万円の基礎控除があり、110万円までの贈与については課税されない仕組みを持ちます。
相続税は3,000万円の特別控除があるけれど、贈与の場合はたった110万円までしか貰えない、仮に120万円の贈与の時には申告して税金を納めなければならない、何となく損をした気分だと考える人も多いのではないでしょうか。
相続の場合はまとまった財産一式であり、1度だけのものです。
これに対して贈与は年間で110万円までの基礎控除が使えるわけですから、毎年110万円ずつ現金を分割しながら受け取れば実質贈与税が課税されないことになります。
注文住宅で家を作る時には頭金だけでは賄いきれないので住宅ローンを利用される人は多いことでしょう。
年間110万円の贈与を両親から受け取り、そのお金を使ってローンの返済に充当するやり方をすれば、元金の減り方も早くなるなどのメリットもあるわけです。

尚、毎年110万円の贈与を受け取る時には、贈与契約書を作成する、110万円を超える金額を敢えて贈与して貰い、超過分を申告しておく、贈与のタイミングおよび金額・内訳を変えるなどの工夫を行うなどの留意点を抑えておくと上手に贈与税の節税にも繋がります。

http://sekidesign.com/
ペットと暮らす家に、リノベーションで行いたいことは?
「ペットを飼いやすい家にしたい」「ペットが快適に暮らせる家にしたい」といったようにお考えの方はいらっしゃいますでしょうか?
ペットを飼っている家庭では、ペットが住むことを考慮に入れた家にすることが好ましいですよね。

そこで、この記事では、ペットと暮らす家にするために、リノベーションで行いたいことについて、解説していきましょう。

□ペット対応の床材に張り替える
床材が滑りやすい素材である場合、ペットは滑って転んでしまったりし、ケガをしてしまう可能性があります。
ペット用のフローリングやタイルに張り替えを行うことで、ペットのケガの防止につながります。
また、ペットのひっかき傷に強く、床で用を足してしまった場合にもしみこみにくく、臭いが残りにくい床材にしておくことが大切です。

□脱臭・消臭に効果的な建材にする
ペットを飼っていると、人によっては不快に感じる臭いがしてしまうようになることは付き物です。
脱臭・消臭建材を使うことで、臭いを最小限にするようにしましょう。
また、上下の取り替えができるものにしておけば、掃除が一気に楽になります。

□ペットの活動エリアを制限する
キッチンにペットが行ってしまうと、包丁であったり、熱湯やペットにとって危険な食べ物などの被害に遭い、最悪の場合命取りになってしまうことがあります。
リノベーションの際には、ゲートを設置するなどして、ペットの活動できる範囲を制限することで、ペットの安全を守るようにしましょう。

□足洗い場
ペットは基本的に素足で散歩などで外に出かけると思います。
足洗い場があると、散歩から帰ってきた際にも、外で汚れを洗い流すことができるため、大変便利です。
冬場のことも考えて、ペットのためにお湯も出るものにしておくとよいでしょう。

□リードフック
マンションのエントランスや自宅の玄関口にリードフックを付けておくことも、非常に効果的です。
大きな荷物を運ばなければならない時には、リードフックにペットをつないでおくことができます。
安全でストレスをあまり感じずに、家に出入りすることが可能となります。

□最後に
ペットと暮らす家にするために、リノベーションで行いたいことについて、解説してきました。
ペットは家族の一部であり、ペットにとっても他の家族にとっても、家が快適な空間であることは大切です。
ペットを現在飼っている方やこれから飼う予定のある方には、ぜひこの記事を参考にして、一度ペットと暮らすためのリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか?
リノベーションにおいて費用をなるべく安くする方法って?
「リノベーションを考えているけれど、どうにかして費用を抑えたい」などとお考えの方はいらっしゃりますでしょうか?
リノベーションには、かなりのお金がかかるため、少しでも費用を抑えたいと考える方は少なくないことでしょう。

そこで、この記事では、リノベーションにおいて費用をできるだけ安くする方法について解説していきましょう。

□複数社から見積もりを行う
同じ仕様や設備であっても、依頼する会社によって価格が異なります。
複数社から見積もりを行って、比較をしてみて、納得できる価格の会社に工事を依頼するのがよいでしょう。
その際に、忘れてはならないことは、「費用の内訳が記載されている見積明細書が添えられているかどうかを確認すること」です。
費用に含まれる作業の内容が明確でないままに契約をしてしまうと。のちのちトラブルに発展してしまう可能性があるため、注意が必要です。
見積もりを行うには、大変な労力ご必要となり、また時間もかなり必要となるため、むやみに多数の業者に見積もりを依頼してしまうと、膨大に手間がかかってしまいます。
見積もりをする前には、会社の施工内容や事例を調べ、自分の好みに合致する工事を行ってくれそうな会社に絞って、依頼をするようにしましょう。

□リノベーションにおける要望を明確にする
依頼主が一番こだわっているものが何であるのかは相手の会社もとても知りたがっていることです。
可能な限り、顧客の期待に応えたいはずですし、知っておくことでトラブルの回避にもつながります。
だからこそ、こちらもリノベーションに対するイメージや希望を最大限伝え、優先順位や譲れないポイントを明確に伝えておきましょう。
そうすれば、譲れないポイント以外で費用を抑えられるポイントを教えてもらえる可能性があります。

□信頼関係を築く
相手の会社との信頼関係を築くことは、リノベーションの費用を抑える上で、非常に重要なことです。
自分がお客さんだからといって、無理難題を要求したり、計画変更に頑固に応じなかったりすると、せっかくのリノベーションを台無しになる恐れがあります。
費用を下げるために、相手にもリスペクトをし、信頼関係を築くことが非常に大切なのです。

□最後に
リノベーションにおいて費用をできるだけ安くする方法について解説してきました。
リノベーションの費用を安くするためには、相手の会社とどう向き合うかが非常に大切です。
これからのリノベーションの工事を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。
床の遮音性能を高めませんか?中古分譲マンションリフォーム
「マンションに住んでいるのだが、下の階への足音がうるさくないか気になる」というような悩みを抱えている方はおられますか?
床の遮音性能が低ければ、下の階の人が気分を害し、トラブルにつながるというようなことも考えられます。

そこで、この記事では、床の遮音性能を高める方法について中古分譲マンションリフォーム会社が解説していきましょう。

□そもそも床に関する騒音は?
床に関する騒音は、主に二つに分けられます。

*重量床衝撃音
一般的に子供が飛び跳ねたり、走り回ったりすることによって下の階の部屋で発生する床衝撃音のことを表します。

*軽量床衝撃音
一般的に、食器やおもちゃなど比較的に軽量なものが床に落下する時や、椅子を引きずるなどの時に下の階の部屋において発生する床衝撃音のことを指します。

□重量床衝撃音を抑える
重量床衝撃音を抑えるには、床スラブの厚さを厚くすることが効果的です。
また、重量床衝撃音については、床スラブの梁に囲まれた部分が小さいほど、遮音性は高くなります。

□軽量床衝撃音を抑える
現在最もよく見かけるのはフローリングで仕上げられた床です。
しかし、騒音という観点から考えると、このようなフローリングよりもカーペットや畳などのような柔らかい素材やクッション材が裏打ちされている仕上げ材を使う方が遮音性能は高くなります。
マンションにおいて、床材がフローリングであれば、遮音フローリングを使用しているかどうかを確認するようにしましょう。
また、子供が頻繁に使用する部屋に関しては、その上から最も遮音性能に優れたカーペットを敷くなどするのがよいでしょう。

□遮音フローリングのⅬ値は一つ上のランクのものを選ぶ
*Ⅼ値とは?
遮音性能を表す単位として、Ⅼ値があります。
この値は、振動音や実際に聞こえる音のレベルを表しています。
値が小さければ小さいほど、遮音性能が優れていることを表しています。

床の遮音性能は仕上げ材だけでは決まりません。
ですので、フローリングに記載されている遮音性能より1段階下がると考え、より遮音性の高い製品を選んでおくようにすることが大切です。

□最後に
床の遮音性能を高める方法について解説してきました。
「床の遮音性能が低いせいで、ご近所さんとのトラブルになってしまう」なんてことは絶対に避けたいことですよね。
「床の遮音性能がしっかりしているか心配」というような方は、ぜひこの記事を参考にして、しっかりとした騒音対策を取っていただきです。
中古分譲マンションリフォーム会社が解説、無垢フローリングの特徴
一般的なフローリングと言えば、コスパがよくて耐久性に優れた複合フローリングですよね。
みなさんは「無垢フローリング」というものをご存知でしょうか?
無垢フローリングは「体にとって健康的な生活をしたい」というような方にとっては、ぜひおすすめしたいものです。

この記事では、この無垢フローリングの特徴について、中古分譲マンションリフォーム会社が解説していきましょう。

□そもそも無垢フローリングとは?
無垢の木材で作られたフローリングのことを言います。
これの定義としては、集成や積層といったような木を継ぎ足す加工をしていない木そのものを指しますが、実際にはほとんど継ぎ足しのない、もしくは、大きなパーツを組み合わせた加工品も無垢と呼ばれています。
また、無垢フローリングとは、断面を見て単一の木材からできているものを言います。

□杉
杉を使ったフローリングも無垢フローリングの一種であり、日本を代表する木材であります。
肌触りが非常によく、温かみを感じられることから、非常に快適さを感じることができます。
柔らかい素材であるため、傷やへこみは多少できてしまいますが、無垢素材であれば、時間とともになじむようになり、むしろ良い味わいを感じられるようになります。
また、無垢フローリングの中では安価であることも大きな特徴です。

□ウォルナット 
最大の特徴として、「赤い木目」を持っています。
木本来が持つ無骨さやたくましさを表現することが可能です。
また、エレキギターなどの楽器にもよく使用されています。
ダークな質感を帯びており、モダンさを感じることも出来ます。

□ヒノキ
日本では昔からの伝統の木材である「ヒノキ」を使ったフローリングは日本人にとっては、非常に好感を持てるものですよね。
お風呂に使われるほどの耐水性も兼ね備えており、強度や弾性も十分にもっています。
和のイメージが強いヒノキですが、木肌は白く美しいことから、どのインテリアにも適応できることも長所の一つであります。

□タモ
タモとは、木の種類の一種です。
深くはっきりした木目の美しさを持ち、時間の流れと一緒に木材の変化を楽しむことができる素材であります。
また、品質にも優れていて、丈夫な素材です。
バットの素材としても使用していることから、その丈夫さが伺えます。

□最後に
無垢フローリングの特徴について解説してきました。
このように様々な長所があることが分かります。
興味を持たれた方はぜひ参考にしてみてください。
クリニックプロデュースを行う会社が解説、照明の工夫
「これからクリニックを始めることを検討中」というような方はいらっしゃりますでしょうか?
クリニックはできる限り、患者様にとって快適な空間であることが必要です。
快適な空間にするためには、照明にこだわることも重要です。

そこで、この記事では、クリニックプロデュースの際の照明の工夫について解説していきましょう。

□病院照明の考え方
人間の健康を支える医療現場において、治療行為を効率よく行うことがしやすい環境であることはもちろんのこと、人本来が持っている治癒力をサポートする環境作りは非常に重要なことです。
患者様にとって、クリニックが居心地の良い空間であることが、患者様の回復にもつながります。
また、クリニックの照明は患者の身体と心を健やかにし、クリニックを社会に復帰するための力をつけるための癒しの場とすることも非常に重要な役割であります。
また、24時間開いているクリニックであれば、電気代は大きな悩みの種となりがちであるため、節電を考えることも非常に大切です。
そのためには、省エネの照明を使うなどする必要があります。

□温かみのある照明を使う
廊下や待合場所には、温かみのある照明を使うことがおすすめです。
待合場所では特に、患者の方は少なからず診察前のストレスを抱えています。
そんなストレスを少しでも和らげるために、照明はできる限り温かめの色のものを使用するようにしましょう。
シンプルな白色灯では、少し冷たい無機質な印象の空間になってしまい、ストレスを抱えている状態の患者様にとってベストとは言えません。

□ダウンライト
ナースステーションや病室には、ダウンライトを使うことがおすすめです。
閉鎖的な空間にはダウンライトを使用することで、見た目にもすっきりした印象を与えることができるため、ナースステーションや病室には効果的です。

□LED照明
LED照明は消費電力が小さく、24時間開いているようなクリニックにはおすすめです。
また、蛍光灯に比べ、強い白の光を出すことができるため、より清潔感のある空間にすることができます。

□蛍光灯
蛍光灯はランプが安価で購入することができます。
また、温かみを持つ光を出すことができるため、患者様によっては、LED照明より蛍光灯の方を好む患者様もおられます。

□最後に
クリニックプロデュースの際の照明の工夫について解説してきました。
クリニックでは患者様のた目に、照明にこだわることも大切です。
これからのクリニック創業をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
クリニックプロデュースにおけるデザインの考え方
近年は、クリニックの数も多くなり、患者様に選ばれる時代になっています。
清潔感は当然のことながら、ストレスがあまりかからない機能的な設備から生まれる対応の良さや、待合室の居住性や美観などが大切なものとなっています。

そこで、この記事では、クリニックプロデュースにおけるデザインの考え方について解説していきましょう。

□3つの観点
クリニックプロデュースには、施工や設備の充実だけでは十分ではなく、「医師」「患者様」「スタッフ」の3つの観点から最適な計画を立てることが大切です。

*医師の観点から考えるデザイン
意思の医療に対する考え方や、どのようなクリニックを作りたいのか、といったようなイメージを理解するところから始まり、クリニックを建てる場所の土地柄やメインとして狙うターゲットとなる患者様をしっかり把握し、医師が満足できるようなクリニックの具現化を行うことが大切です。

*患者様の観点から考えるデザイン
患者様にとって、クリニックが快適でリラックスできる空間であることは、クリニックをデザインするにあたって、重要なポイントであります。
このような空間を作るためには、徹底的に顧客からの目線から考えるといった態度をとるところから始まります。
意思の患者様と対面してきた経験を踏まえながら、客観的な視点から考えることが大切です。

*医療スタッフの観点から考えるデザイン
忘れてはならないのが、「クリニックは医師と患者だけではない」ということです。
クリニックには、当然医療スタッフがたくさん必要です。
診療の流れにともなった医療スタッフの動きを想像し、スムーズに行動できる同線を作ることが大切です。
また、スタッフにとって快適な空間にしておくことで、求人での大きな訴求力にもつながります。

□患者様の不安を取り除くことができる空間であること
病院というのは、多くの方にとって、あまり訪れたくない場所です。
どんな方であっても、病院に行く際には、少なからずの不安があることでしょう。
そういった不安を取り除いてあげることが、クリニックをデザインする上で重要な役割であります。
外観やレイアウト、内装、雰囲気などを患者様の視点に立ち、不安を取り除くできるような空間にすることが大切です。

□最後に
クリニックプロデュースにおけるデザインの考え方について解説してきました。
これからクリニックを始めようとお考えの方は、ぜひこの記事を参考にして、素晴らしいクリニックを作っていただきたいです。
北欧風の家にしたいときにおすすめの家具って?
「家を北欧風にしたい」「北欧風の家にあこがれる」といったようにお考えの方はいらっしゃりますか?
北欧風の家にするには、どのような家具を選べばいいのかについてはご存知でしょうか?

この記事では、北欧風の家にしたいときにおすすめの家具について紹介していきましょう。

□無駄な装飾のない、シンプルかつ機能的なデザインの家具
タモ材を使用した家具はシンプルで上品な印象を与えます。
シンプルであれば、周りの家具やインテリアとの調和がとりやすく、部屋全体のまとまりがとれます。

□天然木を使用した素材の家具
無垢材を使った家具を選ぶと、時間による変化と豊かな味わいを楽しむことができます。
家具は長く使うものであるため、素材にこだわった家具選びをすることが大切です。

□カラフルな椅子
シンプルなダイニングテーブルに色合い豊かな椅子を使用すると、北欧スタイルを生み出すことができます。
インテリアグリーンを使用するなどしても、北欧風にすることができますし、部屋全体がまとまりを持てるような家具を選んでいくことが大切です。

□ソファ
足やフレーム部の構造に木材を使用し、ファブリック部分に鮮やかな色彩を使用したソファにすることで、北欧風を感じることができます。
フレームはちょっとだけしか見えませんが、ソファと床がつながりのあるものにすることで、すっきりとしたコーディネートをすることができます。

□センターテーブル
木材の木目を生かした明るい色で若干の丸みを帯びた形のテーブルをセンターテーブルとして使用することで、北欧風を表現することができ、またすっきりとした印象を与えることができます。
たとえば、単純んび楕円のテーブルを使うだけでは、ぱっと見では、北欧風に見えますが、しっかりとした北欧風は表現できず、少し安っぽくなってしまいます。

□ダイニングテーブル
木材の天板を使用することは、北欧風の家にするには必須のことです。
これをガラス素材のものにしてしまうと、かなり無機質なものとなってしまい、温かみを持つ北欧風を表現することはできません。
テーブルの脚をモノトーンにすることも非常に効果的です。
モノトーンを使うことで、空間自体が非常に引き締まります。

□最後に
北欧風の家にしたいときにおすすめの家具について紹介してきました。
北欧風の家にするには、部分的な色の使い方や印象に残りづらい細かい面に気を配ることが大切です。
北欧風の家に憧れがあるというような方は、ぜひ参考にしてみてください。
家具で使いたい素材って?種類や特徴などをご紹介
みなさんは家具を購入する際に、どのような素材を使っているかについて気を使いますか?
素材によっては、家具の肌触りや見た目など様々な点において変わってきます。
ですので、素材にこだわった家具選びは非常にポジティブな意味があります。

そこで、この記事では、家具でぜひ使いたい素材の種類や特徴などについてご紹介していきましょう。

□無垢材
無垢材とは、天然木をそのまま切りだしたものを言います。
同様な木目を持つ木は存在しないので、その家具にしかない独特の表情をそれぞれの家具おいて楽しむことができます。
また、木が本来持つ表情や肌触りも非常に魅力的で、こまめにお手入れや管理を行ってあげることで、時間が経っても、豊かな味わいを感じることができます。
長く利用することでしか出てこない味わいを家具から感じることが可能なのです。

□繊維版
材木チップを蒸煮・解繊したものを熱圧成型したものです。
高い加工性を持ち、材木特有の反りや乾燥割れなどの癖が比較的少ないのが特徴です。

□タモ
タモとは、木の種類の一種です。
深くはっきりした木目の美しさを持ち、時間の流れと一緒に木材の変化を楽しむことができる素材であります。
また、品質にも優れていて、丈夫な素材です。
バットの素材としても使用していることから、その丈夫さが伺えます。

□チーク
東南アジアが原産の木材であり、油分を置く含みます。
長く使っていくことで、深みを持ったきれいな色になることから、家具材として大事にされています。
水に強く、濡れてしまっても耐久性が強いため、家具には使いやすい素材です。
北欧の家具には、よく使われている素材です。

□オーク
木目とは別に走る筋を持っているのが大きな特徴です。
この特徴による美しい表情を表現することが可能で、高級木材として認知されており、ヨーロッパでは昔から家具としては当然のこと、家屋や船にも利用されてきました。

□ウォルナット 
最大の特徴として、「赤い木目」を持っています。
木本来が持つ無骨さやたくましさを表現することが可能です。
エレキギターなどの楽器にもよく使用されています。

□最後に
家具でぜひ使いたい素材の種類や特徴などについて解説してきました。
家具は家の中において、非常に重要な役割を持つものであります。
家の内装にこだわるには、家具にこだわることも不可欠であると言えます。
これからの家具選びをお考えの方には、ぜひこの記事を参考にして、素材にこだわった家具選びをしていただきたいです。

d6adc15fb080cb5955a73a1105f38092_s

 

「家を建てる際、トップライトをつけたい。」
「トップライトの特徴やメリット、デメリットが知りたい。」

そのような思いはお持ちではないでしょうか?
トップライトとは、屋根の上部についてる窓も事を指します。
天窓やルーフウィンドウと呼ばれる事もあります。
そして、様々な種類のトップライトが存在します。
そこで今回は、トップライトの特徴やメリット、デメリットをご紹介したいと思います。

□固定式と開閉式

大きく2種類あります。
固定式は光を入れ込むのみで、開閉式は風を取り込む事ができます。


□開閉式 手動と自動

手で回転させて開け閉めしたり、高い所でしたら長い棒なので開け閉めする事ができるのが手動式になります。
それともう一つ、自動式があります。
今ではリモコンで開け閉めできる他、気温などで自動で開け閉めしてくれる機能もあります。

□メリット

・採光が得られる
トップライトをつける最大のメリットは、気持ちの良い採光を得られることです。
天井に設置するだけあって同じ大きさの一般の窓と比べたら3倍近くの光を得れます。
そして上から来る光は部屋全体に広がるので隅々まで光の暖かさを感じれます。

・プライバシーも安全
横窓の様にカーテンをしなくても外の目線を意識する必要がないです。
特に住宅街など密集している地帯ですと横窓では光が入りにくい場合があります。
その様な時でも上からの光は確実に入ってきます。


・家の中に風の通り道ができる

2階建てやそれ以上でしたら2階と1階の風の通り道を作る事ができます。
そして家全体に綺麗な空気を取り込み汚れた空気を排出するメリットがあります。
トップライトを付けると家中に風の通り道ができることによって換気がスムーズに行う事ができ夏になると涼しい風を部屋全体にもたらしてくれるでしょう。


□デメリット
やはり、夏の日射しは危険な一面もあります。
まさに上から来る光なので、特に南向きのトップライトでしたら気おつけましょう。
しかし、これはブラインドのカーテンなど日差しから守る設備が用意されてる事が多いです。
他にも、紫外線を防ぐ事ができるガラスなど夏の対策もされている事もあります。


□最後に

今回は、トップライトの特徴やメリット、デメリットをご紹介してきました。
トップライトの良さや少しは参考になったでしょうか?
上記で紹介した通りデメリットが少なくメリットがたくさんあります。
付けて損はない物となってますので、この期にご検討してみてはいかがでしょうか?

 

http://sekidesign.com/