神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

カテゴリー別:
情報ブログ

2054519_s

デザイナーズ戸建てをご存じですか。
最近聞くようになった人も多いはずです。
では、デザイナー住宅にどのようなイメージをお持ちですか。
「高額」や「おしゃれ」なイメージを浮かべる人もいるでしょう。

今回は、そのデザイナーズ住宅について、メリットとデメリット、そして、建てる際の注意点をご紹介します。

□デザイナーズ戸建てのメリットとデメリットとは?

*デザイナーズ戸建てとは?

デザイナーズ戸建てとは、デザイナーと共に自分たちがデザインした、デザイン性が高い住宅を意味します。
デザイナーと共に、自分たちがデザインできるので、自分の理想の一戸建てを手に入れたい方におすすめです。

*デザイナーズ戸建てのメリット

まず、デザイナーズ戸建ては自分たちでデザインできるのですから、自分の理想のデザインに仕上げることが、なんと言っても一番のメリットです。
外見や、間取りだけでは無く、内装の素材や設備も自分好みに作れます。
他の家とは全く違った、自分だけの家を手に入れましょう。

また、一見家を建てるには不向きそうな狭小地や変形地にも家を建てられるのも特徴です。
土地に合ったデザインで家を建てることができるので、家を建てられない場所はなかなかありません。

そして、意外なことに、高額なイメージのあるデザイナーズ戸建てですが、費用を抑えて立てることもできます。
なぜと思った人もいるでしょう。
それは、デザイナーや建築士などと話し合ってデザインするからです。
プロの人に、予算を伝えたり、安く済ましたいという意思を伝えたりすれば、できる範囲で、コスト削減できます。

*デザイナーズ戸建てのデメリット

デザイナーズ住宅にはたくさんのメリットがありますが、デメリットも存在します。
あらかじめ知っておきましょう。

デザイナーズ戸建てのデメリットは、やはり、デザインを決める打ち合わせに時間がかかるので、完成までの時間が長いことです。
間取り、住宅設備、建築素材、インテリアなど、決めることが多く、時間がかかります。
また、何度もショールームに行かないといけない場合もあるので手間もかかります。

□デザイナーズ戸建てを建てるときの注意点について

デザイナーズ戸建てを作る際には注意するべきポイントがあります。
それは、予算についてです。
デザイナーズ戸建てを作っていく際には、あらかじめ予算を決めておきましょう。
そうすることで、あれもこれもこだわってしまい、非常に高額になってしまう事態を避けることができます。

また、こだわることで住みにくい住宅にしてもいけません。
で在院性を重視するばかりに、住みやすさを軽視してしまっては、意味がありません。
注意するべきことを確認してデザイナーズ戸建てを立てましょう。

□まとめ

デザイナーズ戸建ては、自分好みに家をカスタマイズできて自分だけの住宅を手に入れられる手段です。

しかし、あくまでも、自分が住む家なので、暮らしやすい家にしましょう。
家では、掃除、料理などの家事のしやすさも住みやすさの指標の一つです。

 

http://sekidesign.com

24993171_s

日当たりの良い部屋と言えば、やはり南からの光が入ってくる窓がある部屋ですよね。
採光を考慮して南に大きな窓を設けることは多々あります。
一方で、北側に窓を設けることを考える人はあまりいません。
日中は、南側に太陽があるので仕方が無いことです。

しかし、北側に窓を設けるメリットも存在します。
今回は北側に窓を設けるメリットと注意点について解説します。

□北側の窓のメリットとは?

北側に窓を設けることに、あまり魅力を感じない人が多いようです。
南側に窓を設ける人が多いのが現状です。

しかし、北側に窓を設けるメリットはあります。
北側に窓を設けるメリットを活かして、快適な生活を手に入れましょう。

まず、北側に窓を設ける大きなメリットとしては、一日中安定した明るさが確保できるということです。
北側には、太陽が無く、採光できないと思いがちですが、実際は、一日中明るすぎない光を取り入れることができます。

また、採光を考慮して窓を設ける際に、南に大きな窓を設けると、夏には、室内温度を上昇させやすくしてしまいます。
その点で、北側の窓は、直接日光が入ってくるわけでは無いので、室内温度上昇も抑えることができます。
これも北側の窓のメリットです。

さらに、ほとんどの家で南に窓があるので、その場合に、北側に窓を設けると、風通しの観点でメリットになります。
家の対角に窓を開けることで、効率よく換気を行えます。
夏の暑い季節の換気や、冬の空気入れ替えのための換気に一役買ってくれるでしょう。

□北側に窓を作る場合の注意点について!

北側に窓を設ける際には、少しだけ注意するべきポイントも存在します。
注意点知り、より良い生活を手に入れましょう。

北側に窓を設ける際の注意点とは、お隣さんがいた場合に、曇りガラスにするといった配慮をすることです。
南北に隣り合っている、住宅であると、一つの家の南側の窓と、もう一つの北側の窓が向かい合うことがあります。
そんなときに、住宅間が近いと、相手の家の中が見えてしまいます。
南側に窓を曇りガラスにしてしまうと、南側の窓の採光の機能を殺してしまうことになるので、北側の窓を曇りガラスにして、配慮しましょう。

□まとめ

北側に窓を設けることのメリットはさまざまありましたよね。
北側の窓には、南側の窓には無い、魅力があります。
特に、北側の窓の採光、風通しの効果は、生活をよりよいものにしてくれます。
北側に窓をもう来ることを、検討してみてはいかがですか。

24958937_s

モダンという言葉を聞いたことがありますか。
英語でmodernと表記し、「現代の」という意味があります。

今日では、住宅のデザインにモダンという言葉が使われるようになりました。
では、モダンなデザインとはどのようなデザインなのでしょうか。
モダンデザインについて、また、モダンな家の作り方について紹介していきます。

□モダンデザインの種類と特徴について

モダンとひとくくりにしても、少しずつ違っています。
他の要素と融合して、少しずつテイストが違ってきます。

最も基本的なものに、「シンプルモダン」があります。

無駄が省かれ、直線的で無機質なシンプルなデザインです。
インテリアは、装飾がほとんど無く、無機質な素材のガラスやアルミなどを使うことによって清潔感があります。
非日常的ですっきりした雰囲気がでるでしょう。

次に、最近よく聞くことが多くなった『和モダン』があります。
直線的なデザインのモダンと、日本の和のテイストを融合させたスタイルです。
特徴として、畳を使用したり、部屋の中に竹や木で作られた家具を置いたりして、和を残しつつ、現代的なデザインに仕上げられています。

他にも、自然な気の雰囲気を出していて、リラックスしやすく万人受けする「ナチュラルモダン」や、高級感を出し、豪華でおしゃれな雰囲気の「ラグジュアリーモダン」が存在します。

しかし、これらはモダンが基準ですから、モダン以外のテイストを主張しすぎずにシンプルさは残しておきましょう。

□モダンな注文住宅にするためには?

モダンは清潔感があり、すっきりとした印象がありますが、インテリアをモダンにするにはいくつかのポイントがあります。

まず、基本は色でモダンな印象を創り上げましょう。
モノトーンで部屋全体をまとめると、シンプルでモダンな雰囲気ができあがります。
白と黒をベースにまとめると、清潔感も出てきます。

部屋の中は、大きな吹き抜けを創ることでダイナミックに見せることができます。
空間を広く見せることで、ごちゃごちゃしない印象を与えることができます。
リビングやダイニングなどの空間も、ものを置きすぎずに、スッキリとさせることで清潔感、そしてシンプルさを演出しましょう。

□まとめ

最近ではモダンなデザインが増えてきましたが、モダンの中でもさまざまなアレンジを加えて、他の人と少し違った、自分だけのモダンスタイルを楽しむことができます。
毎日を過ごす住宅では、快適な生活を送るために自分だけのモダンスタイルを見つけましょう。

 

http://sekidesign.com

25346227_s

マンションに住むというときに、心配になるのが騒音の問題ですよね。
マンションは一戸建てよりも騒音問題が起きやすい場所です。
問題を起こさないために、遮音の必要性や防音について知っておきましょう。
今回は騒音問題を起こさないために遮音の必要性と遮音性能についてご紹介します。

□マンションの床の遮音性能を高める必要性とは?

上や下、隣の部屋から騒音がすると、日々の生活に非常に影響があります。
反対に、自分が騒音を立ててしまって、周りの部屋の住民に迷惑をかけていることもあるかもしれません。

特に休日ゆっくりしたいという日や寝ているときに、上からドタバタと走り回る音や話し声が聞こえてくると、腹を立ててしまうかもしれません。
生活リズムが違うと、生活音が発生するタイミングも違ってきます。
そんなときに、遮音性能が高ければあまり気にすること無く、生活することができます。

□床材の遮音性能を表すLL40とLL45とは?

「LL~」とは遮音性能を表す数値で、2,008年4月まで使われていました。
現在では、遮音性能を表す数値は「D値」と「L値」が存在します。
D値は、空気を伝わる音をどれだけ遮断するかどうか、L値は、スラブなどの個体を伝わる音をどれだけ遮断できるかを表しています。
ですから、床の衝撃音を遮断できるかどうかは床材のL値次第となります。

L値の中には、さらに細分化されていて、「LL~」と「LH~」という値があります。
LLとLHは、軽いか重いかの違いです。
LLは、軽いものが落ちたときの音や椅子を引きずるときの音などの遮音効果を表します。
一方で、LHは人のジャンプや走り回ることによる音の遮音効果を表します。

そして、「LL~」と「LH~」の数値があることによって、どの程度聞こえてくるかがおおよそ分かります。
「LL~」も「LH~」も、数が小さければ小さいほど、遮音性能は優れています。
60であれば音がよく聞こえ、40であればかすかに聞こえてくる程度かほとんど聞こえない程度です。

しかし、この数値は、限定条件かにおける想定の数値であるので、床材自体に「これだけの性能がある」と断言するものではありませんので、注意が必要です。

□まとめ

今回は遮音についてお話ししました。
遮音は、日々の暮らしを豊かにするためには、必ずと言って良いほど考慮しなければなりません。
騒音問題に発展するかもしれないため、遮音性能をよく考えて行動するようにしましょう。
邪魔な音の無い快適な暮らしを送っていきましょう。

 

http://sekidesign.com

25177935_s

和モダンなインテリアと聞いてどのようなイメージを持ちますか。
モダンだけど伝統的な日本の「和」の要素も入っている。
どのようなデザインなのでしょうか。
なかなかイメージしづらいかもしれません。

今回は最近耳にすることが増えた和モダンについてご紹介します。

□和モダンの特徴とは?

和モダンは、木や竹、さらには珪藻土などの日本で昔から使われていた天然の素材を多く使用しています。
天然素材を多く使用しているため、和モダンな空間は、日々の生活で自然を楽しむことができ、落ち着きを得ることができるという特徴を持っています。
また、天然素材は経年変化も楽しむことができ、飽きる心配もありません。

和モダンは使いやすさも特徴です。
機能的な家具の導入や、配置の工夫で暮らしを豊かにしていきましょう。

□和モダンインテリアを実現するポイントとは?

和モダンインテリアを実現するには、押さえておくべきポイントがあります。
ポイントを把握しおしゃれな空間にしてみましょう。

*和モダンな配色と家具の特徴

まず、最も重要になってくるのが配色です。
配色は、インテリアの雰囲気を大まかに決めるので、配色によって部屋の雰囲気は良くも悪くも大きく左右されます。

和モダンの配色の基本はアースカラーです。
アースカラーとは、自然をイメージした色です。
茶、白、ベージュ、グレー、深い緑などの、畳や竹、石などの自然を連想させる色をベースとしましょう。
この際、赤茶や濃茶の色味が強くなってしまうとアジアンスタイルの印象になってしまうので中いせてください。

ベースカラーが決まれば、その中にアクセントカラーも取り入れてみても良いでしょう。
この色も『和』を連想させるような、えんじ色や藍色の暗めがおすすめです。
金色といったきらびやかな色も取り入れることもあります。
アクセントカラーでベースカラーを邪魔しないようにしましょう。

日本古来の生活様式の低座の暮らしをイメージして、高さの低めな家具を選ぶと、『和』の雰囲気を出すことができます。
また、和モダンでは直線的なデザイン、細めのシルエットが多いのが特徴です。

*さまざまな現状から和モダンに

和モダンインテリアを作りたいが、その部屋が畳やフローリングなど元はさまざまです。
現状によって、和モダンインテリアの作り方は変わってきます。

元が畳のある和室なら、床や天井、壁など大きな場所を変えてみましょう。
壁紙クロスを張り替えたり、ラグを引いたりすると和モダンなものになっていきます。

逆に、元がフローリングであっても、家具や雑貨に『和』を取り入れれば、和モダンな雰囲気が楽しめます。
その際には、竹製や木製の自然素材のものを取り入れることがおすすめです。

□まとめ

今回は、和モダンインテリアについて紹介しました。
和モダンには他のデザインにはない良いところがありましたね。
『和』の自然と現代のデザインを融合させた空間を自分なりに作って、生活をおしゃれで快適なものにしていきましょう。

 

http://sekidesign.com

23823900_s

北欧風インテリアをご存じですか。
おしゃれなイメージがあったり、清潔感が出そう。
そのようなイメージを持つかもしれません。

世界でも最大級の家具量販店であるIKEAも北欧のスウェーデン発祥となっており、最近北欧風インテリアが注目され始めました。
今回は、北欧風インテリアの魅力と特徴についてご紹介します。

□北欧風インテリアについて

ヨーロッパの北にある4カ国、ノルウェー、デンマーク、フィンランド、スウェーデンのことをまとめて北欧と呼びます。
そして、北欧風インテリアとは、その北欧で使われ、愛されるインテリアスタイルを意味します。
世界でも最大級の家具量販店であるIKEAも北欧のスウェーデン発祥となっています。

北欧では気候の特性上、冬が長く気温が低い、さらには日照時間も短いため、外で過ごすことは少なく自宅での時間が長いという特徴があります。
そのため、自宅で過ごす時間を快適なものにするために暖かみのあるデザインのインテリアスタイルが北欧で広まりました。

そんな北欧風インテリアの魅力は、シンプルなデザインと高い実用性にあります。
デザインは、自然が感じられるようなデザインかつシンプルなので、部屋に統一感が生まれやすいのが特徴です。
自宅内で落ち着いた雰囲気を出したい方にはぴったりです。

□北欧風インテリアを作るポイントについて

北欧風インテリアを作る際には5つの特徴をつかんでおくことが重要です。

*北欧風インテリアの雰囲気

まず、北欧風インテリアの基本である、アースカラーの使用です。
暗く、冷たい色では無く、木や土といった自然を感じさせる色を使用することが大切です。
また、ファブリックにも、花や鳥などの自然を感じさせるデザインが多いです。
自然を連想させて落ち着いた雰囲気を出しましょう。

*家具や雑貨のこだわり

テーブルや椅子、ソファーなどの家具は、脚付きの物が北欧風で良いですよ。
北欧のインテリアは木製のものが多いが、床暖で家具を傷めることが無いように脚付きの物がほとんどです。

部屋に少し寂しい空間ができてしまったら、雑貨を活用しましょう。
時計やディスプレイなどを飾って空間をおしゃれにすることも可能です。
この際、自然を思い浮かばせるようなデザインのものを選ぶと、より北欧の雰囲気がでます。

□まとめ

今回は北欧風インテリアについてお話ししました。
北欧風インテリアは落ち着いた自然をイメージさせることができます。
ほぼ毎日過ごす家を自分の好きな雰囲気にしてみましょう。
北欧風の家具や雑貨などで、家を北欧風一色にしてみてはいかがですか。

 

http://sekidesign.com

23585960_s

動線計画という言葉をご存知でしょうか。
動線計画という考え方はペットと暮らす家づくりにおいてとても大切なものであります。
本記事では、動線計画についてとペットと暮らす家づくりで重要なことについてご紹介します。

□動線計画とは?

動線とは、人や物の動きを線で結んだものをいい、レイアウト設計において、動線を分析、検討することにより、合理的な動線を得ようとすることを動線計画といいます。

動線には「家事動線」、「衛生動線」、「来客動線」、「通勤動線」の4種類があります。

1つ目は家事動線です。
家事動線とは、調理や掃除、洗濯などの家事にかかわる動きの線を表しています。

2つ目は衛生動線です。
衛生動線とは、トイレや浴室などの衛生面にかかわる動きの線を表しています。

3つ目は来客動線です。
来客動線とは、来客時にお客さんの動きを表す線を表します。

最後に通勤動線です。
通勤動線とは、朝起きて通学、通勤するまでの家族の動きの線を表しています。

動線をタイプに分けて検討し、動線計画を進めることにより、より良い間取りに近づきます。

□ペットと暮らす家づくりで大切な事とは?

動線計画は普通の家づくりでも大切なことですが、ペットと暮らす家づくりでも重要な事です。
犬や猫は家の中を自由に動き回るため、自由に行き来できるスペースを作り出し、逆に制限するべきスペースも明確にしましょう。

ここでは、一般的なペットと暮らす家づくりにおいて重要なことを紹介します。
ペットと暮らすことにおいて重要なことはプライバシーを大切にすることです。
人にもプライベートな空間があるように、ペットにも休憩や食事の時に使うことができる自由な空間である「ペットコーナー」があるとよいです。

階段下のデッドスペースを用いたり、犬だったらリビングにベッドルームなど間取りやペットに応じて適切に配置しましょう。

一般的にリビングルームについては家族がくつろぐ場所であるため、十分な広さを用意し、家族と触れ合える機会を作りつつ、プライベートな空間を作るようにもしましょう。

□まとめ
本記事では、動線計画とペットと暮らす家づくりで重要なことに付いてご紹介しました。
ペットがどこを行き来するかや、プライベートな空間をどのようにして作るかを考えながら間取りを考えることが重要です。
当社は、お客様のニーズに合わせた家をご提供いたしますので、ご相談したい方はお気軽にお問い合わせください。

23625241_s

注文住宅を考えている方で、インテリアのデザインでお悩みの方はいらっしゃいますか。
内装のデザインは理想の住宅を建てるための重要な部分であり、力を入れたい部分です。
本記事では内装のデザインの種類や決め方、失敗例などをご紹介します。

□注文住宅の内装のデザインの決め方とは?

まずは最初に部屋のテイストを決めましょう。
部屋のテイストには主に北欧風、ナチュラルモダン、ヴィンテージ風、ロココ調などがあります。
テイストが決まらないと内装やインテリアの方向性も定まりません。

特に家族が集まる空間であるリビングやダイニングは、個人の意見だけで決めず、家族で話し合うようにしましょう。

部屋のテイストが決まったら配色を考えましょう。
同じ部屋に複数の色が多すぎると部屋がガチャガチャ印象になってしまうため、統一感のあるデザインでまとめるためにベースカラー、メインカラー、アクセントカラーの3色でまとめるのがおすすめです。

テイスト、配色の他にも照明やライトについても考えましょう。
照明やライト当たり方を工夫することにより、おしゃれな空間を作ることができます。
一般的な家の場合にはシーリングライトを導入するのがおすすめです。

□注文住宅の内装のデザインの決め方の注意点

内装のデザインを凝ることは大切ですが、注意するべき点も存在します。

1つ目は内装のデザインだけでなく部屋の機能性も重視することです。
失敗例としては以下のようなことが挙げられます。

洗面所前の道路が狭いため、朝の時間帯に込み合ってしまう。
デザインにこだわりすぎてキッチンの収納が少なくなってしまう。
コンセント配置が悪く、配線がじゃまになってしまう。

以上のようなことが挙げられます。

実際の暮らしを意識して考えましょう。

2つ目は実物を見て決めることです。
カタログだけで決めてしまうと実際の色合いと異なり、イメージ通りの仕上がりにならない可能性があります。
ハウスメーカーや建材メーカーではクロスなどのカットサンプルを置いている場合が多いため、実物を見てから判断しましょう。

3つ目はアクセントを増やしすぎないことです。
アクセントを増やしすぎると、おしゃれな空間がごちゃごちゃしてしまいます。
統一された空間ではワンポイント程のアクセントがおすすめです。

□まとめ

本記事では、註文住宅の内装の決め方や注意点についてご紹介しました。
註文住宅の内装のデザインはテイストや配色、照明が重要です。
また、内装はデザインだけでなく、機能性も考慮することが重要です。
内装や間取りでお困りの方は当社にお気軽にお問い合わせください。

4002599_s

リノベーションという言葉をご存知の方はいらっしゃいますか。
住宅関連でこの言葉はよく使われております。
似たような言葉にリフォームという言葉がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。
本記事では、リノベーションのメリットや費用相場についてご紹介します。

□リノベーションとは?

*リフォームとリノベーションの違いとは?

リノベーションとは、既存の建物に対して新たな機能や価値を付け加える改装工事などを指します。
例えば、増築工事のより間取りを変更するなどが挙げられます。

一方で、リフォームとは老朽化した住まいを改修し、新築当初の状態に戻す作業を指します。
例を挙げると、壁紙の張替え、外壁の塗り替え、キッチンやトイレなどの設備交換などがあります。

この2つの違いは、住まいの資産価値の考え方です。
リフォームは、マイナスの価値を新築時の状態に戻すことによりマイナスを打ち消すことを目指しますが、リノベーションは住まいを作り変え、新しい価値を生み出すことを目的としています。

*リノベーションを行うメリットとは?

リノベーションのメリットは、設計の自由度が高いことです。
大規模の工事を行うため、自分好みの居住空間を作ることができます。

また、新築よりもコストが安く済み、新築だけだと物件数が限られていても、中古物件をリノベーションすれば幅広い物件から選ぶことが可能となります。

□リノベーションの費用の相場とは?

*リノベーションの費用の相場は?
リノベーションの費用は、一般的に降るリノベーションだと1㎡あたり10~15万円とされています。
しかし、これはあくまで目安であり、住宅の種類やリノベーションの内容によって費用は変化します。

*リノベーションの費用の内訳

まず、物件を購入していない場合は物件を購入するための費用が必要です。
中古物件を購入するために必要な費用や、主に物件購入費と諸経費の二つが必要となります。

次に、リノベーションそのものにかかる費用が必要です。
リノベーションは内容や広さにかかる費用が変化します。
基本的に広さや規模でリノベーションにかかる費用が変化します。

最後に居住後にかかる費用が必要です。
リノベーション物件に引越しした時に管理費や固定資産税などの税金が費用としてかかります。

□まとめ

本記事ではリノベーションのメリットと費用の相場についてご紹介しました。
リノベーションは設計の自由度が高く、コストが安いなどのメリットがあります。
コストはリノベーションの内容によって変わります。
当社では、住宅の設計や改装を取り扱っているため、リフォーム、リノベーション等でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

22973302_s

注文住宅を建設する際に、設計料という間取りなどの設計で費用がかかります。
この費用を削りすぎてしまうと杜撰な設計となり、家を建てた後に問題が発生する可能性があります。
設計料はハウスメーカーや工務店によって異なるため、比較することが大切です。
本記事では、設計料の概要と実際にかかる費用の相場についてご紹介します。

□注文住宅における設計料について

「設計料」は設計作業の対価のことを言います。
設計料に「監理」という設計図面の通りに工事が行われているかを確認する費用が含まれている場合は設計管理料といいます。

設計料は、依頼する相手によって異なるため注意しましょう。
直接人件費、特別経費、技術料、諸経費の合計が設計料の目安です。

直接人件費とは、設計に関連する業務に関わる人の給与や手当のことです。
特別経費とは出張旅費や特許使用料のなどのことです。
技術料とは、携わる業務において発揮される技術力、業務経験などの対価のことです。
諸経費は会社の運営や業務に必要となる費用のことです。

□依頼先別の設計料の違いについて

設計を依頼する場所は、主にハウスメーカー、工務店、設計事務所の3種類あります。
それぞれの設計料について解説していきます。

*ハウスメーカーでの設計料

ハウスメーカーで家を購入する場合、間取りなどは規格化されていることが多く、その中から好みのものを選び、必要であれば変更を加えていきます。

よって、0から設計することはほとんどないため、ハウスメーカーでは設計料はかからないとされています。

しかし、間取りを規格化する際に設計関係者は携わっているため、工事費の中に設計料の分が入っています。

*工務店の設計料について

工務店で注文住宅を注文する場合は、ハウスメーカーに比べ設計の幅が自由です。
注文住宅の建築の際には、設計担当者が関わります。
よって設計費は発生します。

*設計事務所での設計料

建物の設計、設計監理、工事管理などを行う事務所を設計事務所と呼びます。依頼者の代理人となって家を具体化し、施工者も選んで実現していくところが特徴です。
3者の中で最も自由に家を作ることができます。
設計管理料の料率は、一戸建て住宅の場合、工事費の10~15%程度になります。

□まとめ
本記事では、注文住宅における設計費と依頼先別の設計費の違いについてご紹介しました。
依頼先によって設計費の扱いや相場が変わってくるので、それぞれの特徴を理解して、注文住宅の建設を考えましょう。
当社でも、注文住宅の設計に携わっているため、註文住宅にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。