神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

カテゴリー別:
情報ブログ

0e1c4e7740224e0c3fe6c84c5dd05e88_s

「注文住宅を建てようかなと思っている。」
「資金計画という言葉を聞くけれども、目的や流れを知りたいな。」
注文住宅の話をする中で、資金計画という言葉を聞いた方もいらっしゃるかもしれません。
なかなか聞かない言葉ですから、流れやそもそもの目的もよくわからないですよね。
今回は、資金計画の目的と流れについてご紹介します。

□資金計画の目的

資金計画を行う目的は、お金の面で後々に困るのを避けるためです。
注文住宅を建てる際には、多額の費用がかかります。
住宅そのものの費用はもちろんのこと、新しい家具や家電を購入するのにもお金が必要です。
住宅の購入は、人生の三大支出の一つと言われるほど大きな出費です。
お金の支払いに困ると、その後の生活が大変ですよね。
そのため、ある程度の目安を知って、不足する場合の対処法も考えるのが大切なのです。

□資金計画の流れ

*注文住宅の新築に使える資金を把握する

最初に行うのは、ご自身の資金を把握することです。
手元にあるお金を調べるとともに、贈与を受ける分も計算します。
その後の生活に余裕が出るように残して、どの程度であれば新築に使えるかを算出しましょう。

*見積もりによって支出の目安を知る

次に、見積もりによって支出の目安を知ります。
家を建てるための費用もそうですが、手続きや家具などの新調にもお金は必要ですよね。
正確な計算は難しいですが、おおよそでも価格を確かめておくのも大切です。

*使える資金と支出の目安を比較する

ここで、使える資金と支出の目安を比較してみましょう。
もちろん使える資金の方が多ければ問題ありませんが、そうとは限りませんよね。
足りない部分は、工事費用を下げる工夫ができないかを考えます。
間取りを再検討したくない場合には、ローンを申し込むことを検討しましょう。

*どのように支払うのかと返済の計画を立てる

注文住宅の新築では、何度も支払いのタイミングがあります。
手持ちのお金と住宅ローンのどちらで支払うのかを決めておきましょう。
特にローンは、すぐに用意できるわけではありませんので、注意が必要です。
また、返済の計画も、生活に影響が出ないように立てていくことが大切です。

□まとめ

今回は、資金計画の目的と流れについてご紹介しました。
資金計画を行うのは、具体的な金額で予算感を把握し、業者を比べる材料にする目的があります。
また、新築に使える資金と支出の目安を比較し、支払いと返済の計画を立てるのが大まかな流れです。
後々にお金で困ることのないように、それぞれの課程をしっかりと進めていきましょう。

 

http://sekidesign.com/

4fc4667d386067658ec9c3768e1106c0_s

注文住宅のインテリアを選ぶ際にはまずサイズを調べることが重要となります。どれほど素晴らしい家具でもサイズがあっていなければ、上手く使えない可能性があるからです。最近ではスマートフォンアプリなどを使用することによって簡単にサイズを計測できるようになったので、活用するのもお勧めです。

リビングによく設置されるのがソファであり、決して安価なものではないのでなるべく慎重に決める必要があります。ソファにはアームソファと3WAYソファという2種類のものが存在します。2人以上で座りたい場合には140㎝以上の幅があるソファを選択することが有効です。3WAYソファは高額なものが多いですが、その分使い道が多いというメリットもあります。リビングにスペースがあまりない場合には、大きなソファを選択してしまうことによって圧迫感が生まれてしまうこともあるので注意しておきましょう。そういった場合には脚がないローソファがうってつけです。

リビングにローボードを置く方も多いのではないでしょうか。ローボードはテレビ台としての機能と収納機能を併せ持つインテリアです。壁面ボードを選択することで、一層収納スペースを増やすことも出来ます。ボードのサイズはテレビのインチに合わせる必要があります。例えばテレビサイズが32インチほどであれば、ボードサイズの目安は幅80㎝ほどがマッチします。60インチを超えるようなテレビの場合には、幅170㎝以上のボードが必要となります。

インテリアを選ぶ際には来客時にどうするかということも重要です。来客時用の椅子を出しっぱなしにしていると、来客がないときに邪魔になる可能性があります。そこでいつでも片づけられるような構造の机や椅子を用意することが有効です。インテリアの中でも特に多くの方がこだわるのがベッドであり、100㎝ほどの幅のものをシングルと呼び、140㎝を超えるとダブルという呼び方をします。2人で使うからダブルということではなく、一人でも大きめのベッドを選択する方はいます。クイーンベッドには約170㎝の幅があるので、お子さんがいる家庭も安心して使いやすいです。ローベッドとマットレスを組み合わせて使う方も珍しくありません。マットレスにはボンネルコイルとポケットコイルの2つがあります。ボンネルコイルは連結されたコイルのことを指し、適度に硬いのが特徴です。ポケットコイルは独立したコイルを使っているので、身体へのフィット感が大きくなっているという特徴を持ちます。昨今ではノンコイルのマットレスも登場しています。

http://sekidesign.com/

273c9746ec110388d56fad2bd7d96681_s

リノベーションに失敗しないためいくつかポイントがあります。リノベーションは自由度が高いので、やりたいことが膨らんでしまったり収拾がつかなくなることもあります。予算ときちんと検討することで、理想の家を実現しましょう。暮らしやすい家にするため、できるだけ細部も具体的に思い描くことが大切です。譲れない条件などがあれば紙に書き出すなど、頭の中をよく整理することから始まります。例えば間取りや部屋の数、キッチンやバス・トイレなどの配置、そして全体的なデザインと設備なども重要なポイントです。住宅設備メーカーなどが開催しているショールームに足を運んでみると参考になり、イメージしやすくなるかもしれません。もしバリアフリーに使用とするなら、高齢者にとって暮らしやすい住宅を体感できる設備などもあるので便利です。

だいたいのイメージができたら、工務店やハウスメーカーなど家造りのプロに相談することをおすすめします。理想がどれくらい叶うのか、予算内に入るのかなど見積りを出してもらうと便利です。だいたいの予算感をつかむことができ、予算的に難しいなら現実的に可能なところをアドバイスを受けながら検討することができます。見積りは複数会社に依頼することが失敗しないポイントで、会社によって得意分野が異なります。

重要なのは利用者と業者がイメージを共有することです。そのため工事内容を固める打ち合わせを何度も重ねることが必要で、トラブルを抑えることができます。家造りにはいくつかトラブルが想定されますが、利用者と業者の確認不足によるものが多いです。積極的に業者とコミュニケーションを図ることが大事で、特に大きな不安として安全面があげられます。築年数が古いものを改修する場合、耐震性は大丈夫なのかなど不安がつきまとうものです。物件の状態はさまざまで一概に大丈夫とは言い切れないでしょう。工事する前に建物の構造や状態などをチェックすることが重要で、必要な箇所を洗い出したり適切な工事を行うことで構造的な不安を解消することが可能です。

リフォームローンの場合借入期間が最大10年と短くなっていて、審査もスピーディで利用しやすいですが住宅ローンと比較すると1~2.5%高く設定されています。住宅ローンに纏めて組み込めるリフォーム一体型ローンもありますが、数が少ないのでリフォーム分の資金が出なかったりするケースもあります。そのため自己資金を多く用意しておくと安心です。重要なのは早い段階において信頼できるパートナーに出会うことで、業者を比較検討しながら理想をかなえてくれるところを見つけましょう。

http://sekidesign.com/

317a6c325389238f90595ce617c32947_s

注文住宅というのは、自分たちの希望通りのデザインや間取りで家を設計できるため、ついつい外観や内装をどのようにするかばかりに気を取られてしまいがちですが、家づくりを考えるうえで最も重要なのは「快適に住むことができるかどうか」です。デザインなど見た目はいつか飽きてしまいますが、快適さがいつまでも感じられる家というのは常に住み心地の良さを感じるものです。

いかに快適な住まいにするかを考えるうえで避けて通ることができないものの1つに「生活動線」があります。動線とは家の中で私たちが移動する経路になりますが、これをいかに効率の良いものにしていくかがとても重要です。家の間取りを考える際には移動する経路について計画をしっかり立てておくようにしましょう。

導線を考えるうえでの基本方針は「なるべく短く」というのが基本になります。そして動線というのは1つだけではなく、複数の動線がありますが、すべての移動距離を最短にするような間取りを考えるのはたとえプロであっても難しいです。家族同士で話し合って、何をするときの移動の負担を軽減するのが最も良いのかを相談して決めておくようにしましょう。

お母さんにとって、炊事や掃除、洗濯といった毎日の家事はとても重労働です。特に優先したいものがない場合はこの家事に関する移動の手間を軽減するような間取りに設計するのが一番でしょう。家事の中でも特に重労働になるのが料理と洗濯ですから、これの移動を極力少なくするような間取りを計画するようにするだけで格段に快適な家へと変身します。

料理と洗濯の移動を考えるうえで重要なポイントとなるのが「外から中、中から外への出入りがある」という事です。洗濯をする際には選択した洗濯物を表のベランダへ干して、乾いた洗濯物を室内に取り込まなければいけません。そして料理をする際に表に出ることはありませんが、スーパーなどで買い物をした野菜などを中へ入れることがあります。またキッチンで出たごみを外へ出すという事もあるでしょう。

これらの事を踏まえると家の出入りと料理、洗濯の3つをすべてリンクさせるような間取りにすると自然と動線は短くなっていきます。

一例としてスーパーなどから買ってきた食料品をすぐにしまえるように玄関とは別に勝手口を設けます。そして勝手口の横に買ってきた食料品を保管するパントリーとキッチンを設置すると、買い物から買ってきて食料品をそのままパントリーに保管し、そこから一切移動せずにそのまま料理を作ることができます。

そしてキッチンの奥にランドリールームを設置すれば洗濯物を干すときも最短距離で済みます。

http://sekidesign.com/

b1fcbaf3ed9bbcbe9b30dbc8f60395f0_s

注文住宅を建てる際に選ぶ素材は外壁、床材、内壁など各パーツごとに分けて考えると選びやすいです。外壁は長く住む家なので、飽きがこないデザインにすることが大事です。一方、室内の床材や内壁の素材を決める際に注意したいのは、相互にバランスの取れたものを選定することです。

外壁は周りからも良く見え、家全体の印象を決めます。常に目につく部分なので、慎重に選ぶべきです。どのような外壁にすべきか迷っている人は、家にどういうテーマを置くかで決めやすくなります。その1つとして、どの家でも見られないようなタイプの外壁にするという選び方があります。例えばタイル張りなど特徴的な外壁があります。その他周りの景観と合い、街並みと調和が取れるような自然なデザインにすることに重きを置く人もいます。

外壁の素材としては、板状の外装材を貼り付けたサイディングという外壁が最も一般的です。多く使用されている理由は、デザインが豊富で工場で作ったものを現場で設置するだけの簡単な仕組みであり、完成が早く品質が安定しています。そのサイディングにはセメントや繊維、無機物などを混ぜて作った窯業サイディングや木質系、金属系、樹脂系など様々なタイプがあります。その他にはモルタル作りの外壁もあります。モルタルとは、砂と水、セメントを混ぜて練り上げたものです。昔はモルタルが主流でしたが、施工に時間がかかるため最近では少なくなりました。
室内の素材も毎日生活する空間なので重要になります。床材は室内のベースとなり存在感が大きいので、床材から決めていくべきです。床材で一般的なものはフローリングです。そのフローリングで最近人気の無垢材のものや、複合フローリング、シートフローリングがあります。無垢材は、素足に馴染み、年数が経つにつれて良い雰囲気を出します。しかし、湿気や傷に弱いため、シートフローリングを選ぶ人も多いです。その他、クッションフロアは安価でデザイン種類も豊富で手入れが簡単です。またオフィス等でよく使用されるタイルカーペットだと、汚れた部分の張替えが簡単です。

床材が決まれば、内壁を決めるべきです。内壁の種類で一般的なものはクロスがあります。クロスのメリットは、様々なデザインがあることと張り替えがしやすいことです。クロスにもビニル製のもの、紙製のもの、織物用のものなどありますが高級感を出したいなら織物クロスにすべきです。内壁の種類には、他に漆喰などの塗り壁があります。硬化性の土を使用するので、湿度を調整してくれるなどのメリットは多いものの、塗る手間がかかるため完成までに時間がかかります。

http://sekidesign.com/

かたつむりの家が選ばれました。 『2019年1月から2019年11月までに公開されたHouzzツアー(お宅訪問)記事から、特に人気のあった記事をご紹介します。』 「かたつむりのような渦巻き構造が特徴的な住宅。夫妻は、プライバシーがありつつも、心地よい開放感のある家を求めていました。「プランニングの過程で、プライバシーが完全に守られた屋外スペースを作ることをまず意識しました」と話すのはseki.designの石憲明さん。中庭とともにリビングのメガファニチャーにも注目です。」 https://www.houzz.jp/ideabooks/129931979/list #一級建築士事務所 #sekidesign #その場所にしかない建築 #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #kobe #かたつむりの家 #houzzでよく読まれた特集記事
e7c04a7c1dd4638c6fb4828864451c2c_s

古い住宅やマンションなどの構造を残して、壁や天井、設備などを新しく作り変えることができるリノベーションは、費用を抑えながら新しい間取りや内装などに作り替えることができるため、若い世代から退職世代、自分の暮らしを追求したいおしゃれな人たちなどの間で大変流行しており、話題にもなっています。

リノベーションは、内装や設備を新しくしたり、一部を改装したりするリフォームとは異なり、構造だけを残して新しい物に作り替えることができるため、新築の注文住宅に引けを取らない自由度があります。自由度がある分、自分の好みやこだわりを取り入れることができ、予算をかけるところとかけないところのめりはりをつけることも可能なので、低予算でもおしゃれにリノベーションをすることができるところが魅力です。

おしゃれなリノベーションをするためのポイントは、コンセプトにあります。自分の趣味やこだわりをしっかりと反映させることで、コンセプトがしっかりとしたこだわりのある部屋作りをすることができ、自分の希望が凝縮されているところがおしゃれという訳です。料理が趣味なら業務用の冷蔵庫やキッチン台を取り入れるなどキッチンを充実させると良いですし、自転車やバイクが趣味ならメンテナンスと展示を兼ねたオリジナルスペースを設計に入れる、南国のリゾートホテルをテーマにしてシンプルで開放感があり、トロピカルな雰囲気の間取りや内装にするなど同じ空間でも自分らしさをテーマにすることでおしゃれ度がアップします。

自分がこうしたいというテーマが決まっても、いざ設計しようとした段階で具体的にどうしたらよいのか分からないという人は多いので、雑誌やインターネットで好みの間取りや内装の情報を収集したり、リノベーションの建築事例を実際に見学に行ったりすることがおすすめです。好きなテイストや取り入れたいアイデア、空間の利用の仕方などお気に入りをたくさん集めることで、設計をしてくれる工務店やメーカーなどの担当者を選ぶときにも、理想を伝えるときにも役立ちます。気に入った建築事例を持っている専門店があれば、見積もりを取ってみることもおすすめです。ポイントをおさえて設計してくれるか、予算の範囲内でできるのかなどを知ることができるので、見積もりを取ってみることは大変有効です。見積もりの時に、プロの視点からアドバイスをしてもらうこともできるので、あれこれ考えている時間も楽しい物ですが早めに見積もりを依頼して、見積もりや設計を見ながら考えることが成功のポイントになります。

http://sekidesign.com/

年末最後に嬉しいお知らせ! 来年もがんばろって思います。 今年も皆様にはお世話になりました。 良いお年をお迎えください。 《2019年、日本のHouzzユーザーから最も支持を集めた事例写真。今回は「寝室・浴室・ダイニング」のベスト5をご紹介します。 この記事は、2018年1月〜2019年11月15日までにアップロードされた写真のうち、2019年1月〜11月15日までの間に日本のHouzzユーザーがアイデアブックに保存した写真のデータに基づいています。 近年キッチン・ダイニング・リビングは、それぞれで区切られているよりも、開放的な一体型空間であるほうが好まれています。ダイニングのランキングを見てみると、ほかのスペースとの導線や、ゆるやかなゾーニングのアイデアにユーザーが注目していることがわかりました。》 [2位にランクインしたのは、株式会社seki.designのダイニング。 こちらもLDK一体型の空間ですが、広々としたスペースに、小上がりと本棚からなる大きな造作家具を設置しています。 食事や団欒を楽しむ小上がりスペースの上は、子供たちのためのプレイロフトに。それぞれ別のことに打ち込んでいるときでも、同じ空間にいられるというのは、LDK一体型の魅力のひとつです。] https://www.houzz.jp/ideabooks/130001851/list #一級建築士事務所 #sekidesign #その場所にしかない建築 #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #kobe #houzz #bestofhouzzいけるかな
e7378d4c6009753b8bbd9a1bbff7f91b_s

古い家は30年以上も経つと、リフォームでは対応しきれず家の立て直しを余技なくしなければならないケースがあります。それは、シロアリに食われていたり、長年の湿気により床下がボロボロということもあるからです。しかし、立て直しは高額な経費がかかるので、新築に住んでいるような気分になれ、且つ安価で仕上げることができるリノベーションがおすすめです。

壁紙や床材などをリフォームする人もいますが、リフォームは単なる修繕です。リフォームは修復するのみなので、それよりも家の内装を全体的にリノベーションして家の価値を高めることが、雰囲気を大きく変えます。その中でも生活の基本となる、リビングを中心にリノベーションすることが、これまでとの環境を劇的に変えてくれます。リノベーションは新築の時と同様、住人に与える影響は大きいので、どのような部屋にしたいのかしっかりイメージすることが大切です。そして、テーマを持って大胆に変更することが大事です。

リビングが狭い場合に行うリノベーションとして、隣り合わせている部屋との仕切りをなくして、リビングダイニングにすることで部屋が開放的になります。部屋全体の広さは変わらないものの、仕切りをなくすことで気分が一変します。特にキッチンと居間の仕切りは改装もしやすく経費は抑えやすいです。対面式のキッチンをアイランド方式のキッチンにする方法も人気があります。アイランド方式にすることにより、成長した娘と一緒に夕食を作るなどキッチンも居間と同様、家族の団らんの場とすることができるようになりました。

解放感のある家を実現するには、床材をフローリング材にすることで、まったく違う空間を演出できます。さらに採光を意識し、なるべく光が入りやすい窓を増やすことで、フローリングと調和の取れた広々としたフロアになります。また、天井を白く塗装したり内装を白いクロスで統一するなど、明るい色を取り入れることでさらに効果は倍増です。

次に、家の無駄なスペースを活用してリビングの一部として活用する方法があります。その無駄なスペースの1つとして廊下があります。最近の新しい家では、不要な廊下のスペースはあまり作られない傾向がありますが、ひと昔前までは2階建ての家は必ずと言っていいほどありました。その無駄な廊下スペースを活用して、ドアをなくして広くすることで、これまでの廊下スペースがリビングの一部として、広く部屋を活用することができるようになります。部屋の仕切りとなる開き戸を引戸に変更することで、デッドスペースをなくすことも効果があります。

http://sekidesign.com/

ecacdc809023a4ed20b49f028cdee245_s

20年以上前に大流行した頃のロフトの構造は、窓がなくアパートの屋根の構造の関係で斜めに傾斜していることが多く、三角柱を横にしたような形状空間になっているものがほとんどで、リノベーションが必要なものがほとんどです。そんなロフトの夏は特に最悪で、熱がしっかり籠もってしまい、梅雨時のカビ臭さもしっかりと残っています。そんな場所で横になるとかなりの圧迫感と悪臭に襲われ、体調不良になりかねません。眠るだけならなんとか耐えられますが、そんな場所で昼間に何かやる気にはなれません。

リノベーションでまず最初に必要なのは、換気と冷風です。いつも同じ澱んだ空気が滞留しているので、窓を設置して外の空気が入るようにしなければなりません。ハイジの山小屋の天井部屋にも窓があったのと同じ理屈です。ロフトはかなり高い位置にあるので、エアコンの冷風が届かずそのスペースに行くと、もわっとした空気が体に纏わり付いてきます。したがって、エアコンの位置を変更するか、ロフトにも冷風機を置くなどの対策が必要です。ロフトがお洒落だと流行った20数年前の構造には、こうした配慮がなく、後々問題点が明らかになってきたので、リノベーションは絶対に必要です。そのままにしておくと、体にも悪影響を与え、熱中症や呼吸器系疾患に繋がる危険性があります。

あと、精神的にもあまりよくありません。最初は子どもが押入れの狭い空間を楽しむような感覚ですが、そのうち窮屈で惨めな感覚に襲われてしまう人もいます。つい、物置みたいになって、収納が面倒になった旅行カバンや布団類などをとりあえず置いておこうという空間になってしまうので、日ごろから注意が必要です。蛍光灯の明かりもほとんど届かないので、夜に作業をする場合は、別途電気スタンドを置く必要があります。入居して数ヵ月経過する頃には、その場所にいるだけで気分が滅入ってくるので、壁紙を変えてみたりすることも気分を変えるのに効果的です。斜めになっている部分に天窓をつけると、夜空を見ながら眠りにつくことができるので、気分的によいのではないかと考えます。

ハシゴのリノベーションも忘れてはいけません。既存のものは、小さくて脆弱なハシゴなので、たまに寝起きで寝ぼけて足を踏み外して転落して怪我をします。そうならないためにも、横幅を広くとってゆとりをもって昇降できるハシゴにする必要があります。凸凹した粗い形の材料を使うのではなく、すべすべの材質で角が丸くなっている形にしないと足の裏が痛くなってしまいます。ハシゴが下階の部屋スペースの邪魔にならないように、壁にくっつけて太い素材は使用しない方が賢明です。

http://sekidesign.com/