神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

カテゴリー別:
情報ブログ

間取りや外壁の色など、自分が思い描いていた理想の家を建てることができるのが注文住宅の魅力です。しかし家は飾りではなく、生活をするための場ですから見た目だけでなく機能性も重要な要素となります。

 

機能性を考えるとき、一般的にも認知されてきている断熱性はとても重要なものです。

なぜ断熱性が重要なのかというと、夏は気温が高く冬は寒くなりますが家の中まで同じような状態になってしまうからです。そのような家ではエネルギーのロスが大きく、健康も害する恐れがあります。

 

では断熱性の高い注文住宅にするためにはどうすればいいのかというと、まず外壁と屋根について見ていきます。

外壁と屋根の断熱では優れた性能を持つ断熱材を敷き詰める充填断熱工法か、建物全体を断熱材で覆う外張り断熱工法という方法があります。

 

充填断熱工法のほうが施工がしやすく費用も掛からないのですが、構造部分である木材のところで途切れるので業者の腕が良くないと隙間ができてしまいます。

一方で外張り断熱工法のほうは断熱材を貼り付ける形になりますから隙間ができることはなく高い断熱性を生み出すことができます。ただし費用がかかるし強い風や雨で破損することもあります。

 

どちらがいいのかというと、予算や建物の形状などによってケースバイケースです。

ただどちらにもメリットとデメリットがあるということで両方を採用するというやり方もあります。費用はかかりますが、極めて高い断熱性を得られることは間違いありません。

 

断熱材だけでなく屋根と外壁に使う塗料にもこだわっておくべきです。

赤外線を反射する塗料を使うことで夏場に建物の温度が上昇することを抑えることも出来ます。

 

あと外部の熱が入り込みやすく、室内の熱が逃げる場所である窓について考えてみましょう。

窓の断熱はガラスを断熱ガラスにしたり、二重窓にして空気の層を作り出すことで熱が伝わりにくくすることができます。

すべての窓を断熱ガラスや二重窓にすると、それだけ費用がかかりますが、外気温の影響を受けにくく結露も発生する心配がないので快適な生活を手に入れられます。

 

ただそのときに気をつけなければいけないのは、防火地域だと火事でガラスが飛散することを防ぐためにも網入りガラスにすることが義務付けられていることがあります。

これは建築基準法で定められていることですから、工事を請け負う業者とよく相談をして対策を考える必要があります。

 

サッシの部分は従来のアルミだと熱の伝導率が高くて問題なのですが、注文住宅であれば最初から熱の伝導率の低い樹脂や木材を使うことも出来ます。

 

http://sekidesign.com/

安全に暮らすことが出来る注文住宅にするためには色々な災害に前もって備えておく必要があります。

日本は頻繁に地震が発生する国として有名で、注文住宅が損壊する可能性があります。

ですので地震による損壊から守るために決められたのが耐震基準です。

これは、建築物の安全性を高めるために守る必要がある耐震強度のことを指し、建築に関する法律で決められています。

この法律には建築物の仕様や面積、高さにより別々な項目が設けられているのです。それらを守ることにより、建築物を一定以上の安全性に保つことが出来ます。

 

一定以上の耐震機能を満たしていない注文住宅に住むと、自分自身や家族を生命の危険に晒してしまうことになるのです。

そして集合住宅が一定以上の耐震機能を満たしていないことが発覚したときには、その建築物のオーナーが罰金刑に処される場合もあります。

 

建物の安全性を確保するために最初に日本で基準が定められたのは1920年です。]

市街地建築物法施行は、木造住宅における構造などについて決められました。

ところが最初に定めた市街地建築物法施行では地震に遭遇したときのことを想定していなかったのです。

地震に遭遇したときのことを想定した項目が付け加えられたのは、1924年に市街地建築物法が大幅に改正されたときでした。

そして、市街地建築物法施行を基準にして1950年に定められたのが建築基準法です。なお、この法律が制定されてからも大規模な地震が起こると改正がなされています。

 

1971年には、木造住宅の基礎を独立した基礎から布基礎に変更する項目が設けられました。

この変更は基礎を、より一層強固にして安定させる効果があります。

この法律が抜本的に改正されたのは1981年で、建築物の規模に合わせて必要となる筋交いや壁の量が改正されました。

また1981年の6月より前に建築された建物は古い耐震機能、それ以降に建築された建物は新しい耐震機能で建てられていることになります。

2000年には金物と壁の配置の項目も改正されました。

 

耐震性を客観的に把握するために設けられたのが住宅性能表示制度です。

この制度では建物の安定性を表現するために基準を示すように決められた制度で注文住宅の耐震性については耐震等級により表されます。

等級は3段階に分類されていて、等級が高いほど耐震性があることを意味します。

3種類の耐震等級の中でも等級3は最も耐震性が高く、等級1の建築物が何とか耐えられる規模です。

等級3は等級1の1.5倍の規模の地震が発生したとしても崩壊したり倒壊したりしないぐらいの耐震性ということを表しているのです。

 

http://sekidesign.com/

注文住宅で知っておきたい土地の探し方について、いくつかポイントがあります。

住宅の新築はおそらく人生で一番高い買い物になるでしょう。

建ててしまってからやり直すことはできないので事前に十分検討する必要があります。


注文住宅の一番のメリットは、自分の建てたい場所に住宅を建てることができることです。

しかし、都合よくそのような土地が見つかる可能性は、その探している場所によって大きく異なります。

自分が建てたい地域などが決まっている場合は、休日などにその周辺を歩いて回って探してみましょう。

近所の様子なども知ることができるのでおすすめです。

良いと思っていた場所でも少しイメージと違っていたという発見もあります。事前に自分の足で調査してみることが重要なポイントになります。


そのように歩いて探すことが出来ない場合は、インターネットで土地を販売している不動産屋さんのホームページを見ることです。不動産屋によって扱っている物件が異なることも多いので、複数の不動産屋のホームページで検索することをお勧めします。地域や市などを指定してその範囲にある物件を検索できたり、地図上で確認することができる場合もあります。事前にホームページで検索して場所を調べておいて、時間がある時に周辺を通ってみるのも良いでしょう。土地の場所だけでなく、価格や広さや他の条件等も記載されているところがほとんどです。気になった物件があったら直接店舗に出向いて話しを聞いてみると良いでしょう。


不動産屋によっては探している地域などを話しておくと探してくれる場合もあります。不動産屋の仕事として宅地として売り出せる土地を営業担当が探しているケースが多いです。

狙っている地域などを伝えておけば、そこを重点的に探してくれる可能性もあります。


田んぼや畑などが多い地域になるとそこの地主さんと直接交渉してみるという探し方もできます。

休日の昼間などに散歩しながら歩いて行って、その近所の人に話しを聞いてみるのも良いでしょう。

その地域に友人などがいる場合は、そこから話しが繋がるケースもあります。特にお年寄りなどの知り合いがいれば話は早いでしょう。

以前農家をやっていたけど高齢化によって田んぼや畑を売りに出そうと思っているというケースも多くあります。


探し方としては様々な方法がありますが、一番重要なのは実際に住んでみて後悔しないかということです。

見学してみたときは良かったが、実際に住んでみたら思っていたのと違っていたということもあり得ます。

高い買い物になるので時間をかけて、できれば季節や時間を変えてチェックしてみることをお勧めします。

 

http://sekidesign.com/

住宅は多くの人にとって、一生に一度の大きな買い物になります。

購入のためにはまとまった資金を準備することが必要になりますし、住宅ローンを利用するためには審査を受けてこれに通過することが必要になります。

購入資金のほとんどを住宅ローンで補う場合には、高額な利息を含めた借入金を長期間で返済することが必要とされるのです。

住宅の購入には大きな負担が伴うため、行政では家を持ちたいと考える人を支えるために様々な種類の補助金制度を設けています。

上手に活用すれば注文住宅購入の負担を軽減することができますし、ワンランク上の住宅を手に入れることができるかもしれませんので、積極的な活用を検討してみてください。

 

新築住宅を対象とする補助金としておすすめなのが、消費税導入に伴って設定された「住まい給付金」です。収入の金額が一定以下の人が住宅を購入した場合に、一定の金額が支給されることになります。

住まい給付金は消費税による生活への負担を軽減することが目的となっているため、給付額は消費税の税率に応じて変動することに注意をしてください。

現在の消費税率は8%ですが近い将来に10%への変更が予定されていますので、資金計画を考える際には確認が必要です。

住まい給付金の支給要件は、まずは購入者自身が居住する床面積50平方メートル以上の住宅であることが必要になります。

購入者が単身赴任などで不在でも家族が住むのであれば問題ありませんが、賃貸住宅として利用する場合には適用の対象外となります。

さらに制度を利用する人の年収が510万円以下で、検査により一定以上の品質を備えた住宅であることが確認されることが必要です。

条件を満たす場合に給付される資金は、年収が425万円以下の人の場合には30万円、425万円を超え475万円以下の場合には20万円、475万円を超え510万円以下の場合には10万円となります。

 

その他にも様々な補助制度を設定されていますので、一度市役所や役場などに足を運んで相談をしてみることをおすすめします。

近年では地球環境への負担を軽減するエコロジーへの取り組みが注目されており、太陽光発電やスマートハウスなど環境に優しい住宅設備への補助を行う自治体が増えているようです。

また住宅を購入した際には確定申告の際に、各種の控除が受けられる場合などもあります。

こちらは補助金とは異なり直接の収入にはなりませんが、支払う税金を軽減することによりトータルで費用の節約ができますので、補助金と同様に積極的な活用がおすすめだといえるでしょう。

 

http://sekidesign.com/

家を持ちたいと考える人が直面する問題は様々にありますが、まず注文住宅を建てるほうが良いのか建売を選んだほうが良いのかという疑問にぶつかります。

注文住宅は一般的に高額というイメージがあることから、予算の都合で最初から建売を選ぶ人も少なくありませんが、双方のメリット・デメリットを知っておくことで、家族の誰もが納得できる住宅を手に入れることにつなげられます。

注文住宅は施主がハウスメーカーや建築家などに依頼して、設計の段階から自身や家族の要望を入れながら家をつくり上げて行くものです。

間取りはもちろん外観デザインや内装、バスルームやトイレ、キッチンの仕様などを自在に選びながら夢に描いた通りの住宅に仕上げられるのが、注文によって住宅を建築する何よりの魅力です。


予算にゆとりがある場合には、すべての要望を反映させた家づくりも可能ですが、依頼したハウスメーカー等によってはある程度決まった建材や設備の中から選んで建てることになったり、こだわりのデザイン住宅の場合は建築家との打ち合わせに時間がかかるなど、費用はもちろん建築にかける期間にもゆとりがないと、思い通りの住宅を建てにくい面もあります。

さらにあらかじめ土地と建物がセットで売られている状態の建売住宅と違って、注文住宅の場合は元々土地を所有していない限り、土地を探すことから始めなくてはならない面もあります。

土地探しから始めてメーカー側との細やかな打ち合わせを行いながらの家づくりには、相当の時間がかかることを覚悟しておかなければなりません。


一方の建売住宅はすでに建てられている状態もしくは建築中に販売されていることから、土地と建物をセットで購入する形式となり、家が完成している場合にはすぐに住み始めることができる点が大きなメリットです。できるだけ早く家を持ちたい人の場合、ある程度希望に適っている仕様であれば注文で建てるよりも割安ということもあって、申し分のない住宅になります。

建売では、販売側のほうが住宅地にするための土地を入手して、何棟かを建てるための区分けをしてから、外観の雰囲気に統一感のある住宅を建築するケースが目立ちます。

そのため自分自身の家はもとより居住エリア全体の外観にこだわりたい人にとっては、むしろ建売で販売されている住宅の中から好みの家を探すほうが、理想の住宅地に住み始めることができます。

注文住宅と建売住宅では、時間とお金をかけて注文で建てる住宅のほうが良いといった単純な比較はできず、自分や家族が持ちたいと願っている家へのこだわりを明確にしてこそ、最終的にどちらが良いのかが決まってくる面があります。

 

http://sekidesign.com/

注文住宅を購入する際にはその購入資金計画が非常に重要です。

その理由としては住宅ローンを組んで購入したとしても、もしその住宅ローンの返済に行き詰まれば購入した住宅や土地が差し押さえられ、最悪の場合は競売にかけられてしまいます。

しかも売れたとしてもローン額の方が多ければ返済が続く可能性もあるわけです。

しっかりと返済が出来るかどうかを見極めて購入の是非を判断する必要があります。


注文住宅は大手デベロッパーなどからも販売される他、その地域に昔から開業しているような販売業者なども手掛けているため、それぞれの特長をつかむことから考えていきます。このときその住宅を建築する土地が分譲地なのかあるいは元々あった住宅地を購入などして建築するのかなどで、色々と条件が変わるものです。近隣に金融機関や医療機関、調剤薬局などの存在を確認することがスタートです。
近隣にスーパーマーケットなどがあるからといって未来永劫存在するとは限りません。住宅を購入してもその後商店類が廃業する可能性も大いにあります。近隣の便利さ特に役所の窓口などがあるかどうかによって考慮することも大事です。このように情報収集をしっかりと行った上で住宅の購入を考えていく流れです。


土地を元々保有していない場合には、その土地の購入あるいは期限付きで借りるなどの方法を検討していきます。

未来永劫その土地に住まない可能性がある場合、たとえば50年後に更地にして土地を持ち主に返却する対応も考えられます。

購入か賃貸かによって、賃貸料の発生や固定資産税などの税金関係の問題が起こり得るわけです。

購入するにせよ賃貸にするにせよその上に注文住宅を建築していくわけですが、資金計画をよく考えなければならない点があります。

土地の確保から住宅の購入に先走りしがちですが、購入するときの資金確保をどう考えていくのか、また借りる場合にはその返済計画及び頭金の設定を綿密に考えることが重要です。

頭金を多くしすぎてその後の生活やら税金やらの支払いが厳しくなると、折角の新居での生活もぎすぎすしていきます。


資金計画はその借り入れと返済をよく考えていくことと金利も考えることが大事です。

借りる金額が一般的に高額ですので、利率が少し上昇しただけでも返済額が大きく変わり得ます。

返済に行き詰まる危険性を考慮し、無理のない計画で対応をしていくことが非常に重要です。

なお、資金計画に無理が生じた場合、返済に行き詰まる前に早めに借入先の金融機関に相談を行うことも大事であり、勤務先の経営状態なども加味して考えることが求められます。

 

http://sekidesign.com/

 

注文住宅とはメーカー製の建売住宅とは異なり、細部の仕様などを自分の好みに応じてオーダーできる自由住宅のことになります。

外壁の色や内装などはもちろんですが、間取りについてもオーダーが可能であることが一般的となっていますので、家族でじっくりと考えてみることをおすすめします。

 

注文住宅における間取りの考え方や注意点としては、まずは家族の部屋の必要の有無があげられます。

多くの場合お子様には子供部屋を与えたいと考える方が多いのではないでしょうか。

賃貸住宅や既成の住宅を購入すると部屋の数が足りず、兄弟で1つの子供部屋を共有することになるかもしれません。

せっかくの注文住宅ですからお子様の数に合わせて、子供部屋を設定することをおすすめしたいと思います。

またご主人の部屋や奥様の部屋についても、必要があれば検討しましょう。

ただし家族それぞれの部屋を設定するためには家全体がある程度大きいことが必要になりますし、無理をするとリビングなど肝心な場所に影響する恐れがありますので、あまり必要性を感じないようであれば省略するのも一つの考え方になります。

 

一方で近年ではあえて個室を設定せず、リビングを広くしたりワンルームに設定するご家族も多いようです。

広いリビングは家族の居間や応接間、さらに奥様の作業スペースやお子様の勉強スペースなど様々に活用することができます。

個室を作ると家族それぞれが孤立して、家族の交流が減少するという考え方もあるようです。

広いリビングに家族全員が集まるようにすれば、家族同士が自然に仲良くなるというメリットがあります。

 

その他の間取りの考え方や注意点としては、動線を意識した配置が重要になります。

例えばトイレや風呂を利用する際に客間の前を通る配置では、お客様が来た際に不都合を感じることが多くなるでしょう。

またキッチンと食事をする場所は近くにあった方が便利になりますし、タンスを置く寝室と洗濯物を干すベランダなども近い方が使いやすいのではないでしょうか。

比較的多いのは玄関から直接子供部屋に行ける間取りですが、そのような間取りでは子供の様子が把握しづらくなり、コミュニケーションに問題が生じる可能性などもあります。

外から帰ってきたお子様がリビングやキッチンの前を通って子供部屋に戻るような配置にすれば、親御さんとお子様の自然なコミュニケーションが生まれるはずです。

部屋の配置を一度決めてしまうとその後のリフォームなどによる変更は難しくなりますので、後で問題が生じることがないように慎重に検討してください。

 

http://sekidesign.com/
注文住宅のローンにもいろいろある、金利は固定か変動か
注文住宅は、自由に設定出来るオーダー住宅として人気を集めています。
家の間取りをはじめ住宅設備から外観のデザインまで細かい仕様を決めて家づくりが出来る点が大きな魅力です。
マイホームを建てる方の殆どは、住宅ローンを組むます。
住宅ローンを組むにあたり金利はとても重要な要素となってきます。

2018年現在は、低金利時代となっており非常に低い利率で住宅ローンを組む事が出来ます。
種類が主に固定、当初固定、変動の3つに分かれており選択が必要です。
いずれもメリット、デメリットが存在するため自身でよく考えて決める必要があります。

固定の場合は、全期間の利率を固定する事が出来る点がメリットです。
景気の変動に左右される事が無く返済完了まで一定に固定される事から安心感があります。
しかし、他の種類と比べると変動しない分、利息が高くなってしまう点がデメリットです。
返済が終わるまでの期間、変動する事が無いため安心感は高いですが、トータル的に見ると利息が多くなる点を頭に入れておく必要があります。

当初固定は、返済開始から3年、5年、10年のいずれかの年数は、金利が固定されるタイプです。返済残高が多い当初は、一定となるため景気に変化があっても大丈夫です。
当初固定の期間を過ぎると再度、固定か変動を選択する事が出来ます。
近年では、当初固定タイプを選ばれる方も多くなっています。
固定期間が終わった後に再び固定か変動を選び直せる点も自由度がありメリットとなっているのです。

変動は名前の通り景気に合わせて利率が左右されます。
現在の低金利時代では、利率の設定が最も低くなっており年0.45%や0.5%といったローンも登場している程です。
利率が上がっていかなければトータル的に最も利息が少なく済むメリットがあります。
しかし、景気はいつ変化するか分からないため急に利率が上がってしまうリスクも伴います。
利率が一定では無いという事で不安定な状態にはなりますが利率が低い事が最大の魅力です。
利息の支払いを最小限に抑えたいと考える場合には、変動を選ぶ方が多くなっています。

注文住宅をはじめマイホームを購入する際には、住宅ローンを組みますが金利のタイプについては、返済計画をしっかりと立案して後悔の無いように選ぶ事が大切です。
誰もがトータルで支払う利息を少なくしたいと考えますが、利率の上昇というリスクを避けるために安定する固定や当初固定を選択する方も多くなっています。

返済完了まで無理の無い返済計画を立ててリスクを取り過ぎない選び方をする事が最も大切です。
注文住宅業者が解説、予算の見積もりは複数会社の比較で
戸建て住宅には最初から住宅が建てられた状態で販売される分譲住宅と、土地を購入して設計者と共にプランを計画して家づくりをする注文住宅があります。
注文住宅は、建築面積や延べ床面積、使う資材や住宅設備によって予算が異なってきます。
それは、ハウスメーカーによって価格は異なり、ハウスメーカーによっては木造を主として住宅を建築しているのか、それとも鉄骨や鉄筋コンクリートを主として住宅を建築しているかによって、価格が異なってくるのです。

同じ構造であっても、価格が異なる場合があります。
それは、設計費や建築資材の調達費用、下請業者への支払い費用などによって異なってくるのです。
ハウスメーカーによってその価格は異なります。
大手のハウスメーカーとなりますと、工場で建築資材を大量に生産するため、建築資材のコストを安価に抑えることができますし、小規模のハウスメーカーや工務店となりますと、資材をその都度発注ということになりますので、建築資材のコストは高くなる傾向にあります。

それならば、大手のハウスメーカーで注文住宅を建築してもらうのが安価な予算で建築できるのかと言えば、一概に言い切ることはできません。
大手のハウスメーカーは、建築資材を大量に生産してコスト削減を実現していますが、最新の免震ダンパーなどを設置したりすることが標準仕様となっていたり、大手のハウスメーカーになると、それだけ多くの人が関わる分だけ人件費も発生します。
よって、大手のハウスメーカーが必ずしも安価で戸建て住宅を建築できるとは限らないのです。

そこで必要となってくるのが、予算の見積もりを複数の会社に出してもらうことです。
同じ間取りで同じ構造体の住宅プランで、複数の会社から見積もりを出してもらうことで、その住宅プランのおおよその相場を把握することができます。
高値を提示してきた会社はどのような部分でコストが発生しているのか、安値を提示してきた会社はどの部分でコストカットをしているのかを把握しやすくなるのです。
また、価格の相場を知ることができます。
予算を組むにあたり、相場を知るというのは大切なことです。
その相場を把握した上で、どの会社が総合的に適しているかを判断します。

注文住宅は、プランや構造などで大きく価格が変動します。
予定している予算内に収めるためには、複数の会社から見積もりを取得し、相場を把握することが大切です。
それは各会社を競合させることが出来るというメリットにもなります。
このような理由から、見積もりは複数の会社に出して比較することが大切です。
注文住宅実現の味方、補助金の種類やもらえる条件について
住まいを新築する場合には、間取りや設備にこだわることができる理由から注文住宅の人気が高まっています。
しかし坪当たりの建築コストが70万円を超える施工内容もあるために、総工費が3000万円以上になる事例も少なくありません。
しかし、補助金制度を上手に活用するとハイグレードな住まいも今まで以上に割安に建築することができます。

補助金にはさまざまな種類がありますが、とりわけ人気があるのは省エネ住宅に関連するものです。
補助を受けて断熱性が高い住まいを建築すると、真夏や真冬などの気候条件が厳しい時期も快適に暮らせるようになります。
しかも住まいを建てるときにハイグレードな断熱材を使うことによって、電気代やガス代も節約できます。
したがって補助金を利用して高断熱のマイホームを建てることには、建築費用と将来的に必要なエネルギーコストを節約できるメリットがあります。

また、大地震が多いために、マイホームの新築では耐久性にこだわる傾向が今まで以上に強まっています。
そのために注文住宅の建築コストも更に高まっており、施主の創意工夫でコストを減らすことが大きな課題です。
耐震性アップに関する補助の中心は中古住宅に対するものですが、自治体によっては新築時のサポートも行っている場合もあります。
したがって住まいを建築する予定の地域の独自情報を集めて、賢く制度を利用する地道な努力も必要です。

一方で人口が減少している市町村は新規移住者を増やす目的で、住宅の購入に関する多種多様な制度を設けています。
とりわけ定住を希望している世帯への支援は手厚く、低予算でハイグレードな家を建てたいときにも役立ちます。
その中には子育てに最適な住宅への補助もあり、4LDKの大型のマイホームをより一層建てやすくなります。

更に消費税が増税された場合の負担増加に備えたいときには、住まいの新築時の給付金制度を上手に活用する方法もあります。
給付金の申請のハードルはそこまで高くないため、収入や建物面積などの条件を満たせば比較的簡単に利用することが可能です。
住まいを建てることが確定した場合には、まず最初に利用を検討したい制度です。

補助金の種類が多くて申請条件も複雑なので、制度を利用するためには早めの情報収集が不可欠です。
制度の一覧表とわかりやすい解説が掲載されている総合サイトを利用すると、初めてでも最適な補助金について知ることができます。
また補助を受ける場合には所定の地域に住んでいたりきちんと納税をしているなど、必要な基準について調べることも大切です。