カテゴリー別アーカイブ: 情報ブログ

ペットと暮らせる家づくりのコツについて注文住宅業者が解説

ペットと暮らせる家づくりのコツについて注文住宅業者が解説

「ポチにとっても住みやすい家がいいよね。」

ペットとの間に固い絆があり、ペットを家族の一員と考えている方も多いのではないでしょうか。同じ家族である以上、彼/彼女のことを考えた家作りをすることになると思います。

では、ペットにとっても住みやすい家とはどんな家なのでしょうか。今回は、ペットと暮らせる、ペットも住みやすい家づくりのコツについてご紹介いたします。ペットを飼っている方は必見です。

■ペットと暮らせる家づくりのコツ3選

⒈ ゾーニングと動線を意識する
まず、設計の段階のコツとしてこの点が挙げられます。どこまで自由に犬や猫が行き来できるようにするのか、どこには入れないようにするか、ということをしっかりと決めた上で、ペットがどこで暮らしているかを想像しておくということです。

ここは、飼い主がしっかりとこだわるべきポイントだといえます。例えば、ペットが猫なら高いところに休憩場所を用意しようという発想になります。このように、ペットについて知っていることを存分に反映させるべきです。

⒉ 汚れ対策をする
どんなに気を遣っても、生き物である以上、部屋が汚れてしまう可能性はゼロとは言えません。そのため、汚れてもすぐに汚れを落とせるような設備を導入しておく必要があります。

例えば、ゾーニングした場所の床はタイルにしたり、タイルカーペットにしたりするのがおすすめです。なぜなら、タイルにしておけば、洗浄できるため、汚れを落としやすいからです。

また、木材やウエストパネルにするのも手です。木材で作れば補修が容易ですし、ウエストパネルにすれば汚れても大丈夫です。

⒊ 音対策をする
汚れの次に、問題になりやすいのが音です。鳴き声はもちろん、歩く際に、爪が床に当たることで鳴る音も意外と響きます。もっとも、音に関しても、十分に対策することが可能です。

例えば、開口部にシャッターを設置する、騒音をカットする外壁にするといったような方法が挙げられます。音を外に出さない工夫はもちろん、カーペットを敷くことで歩く音が鳴らないようにする工夫有効です。

■まとめ
今回は、ペットと暮らせる家づくりのコツを3つご紹介いたしました。ペットにとって住みやすい家は、人間にとっても住みやすい家だといえます。

上記の点に関して気を遣った家作りをしてみてはいかがでしょうか。弊社では、ペットの存在を意識した家づくりの実績も数多くあります。

ペットを飼っていて、新しく家を建てることを考えている方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://sekidesign.com/

注文住宅を使いやすくする動線計画の考え方

c98911c1880663d238cd42f25bfdab7e_s

住宅の中を家族や来客者が移動する際の経路が動線であり、注文住宅を建築する際にはあらかじめ動線計画をしっかりと考えておくことが重要なポイントになります。

動線をできるだけ短くシンプルにするのが、住宅を使いやすくするための基本的な考え方です。さらに家事動線・通勤動線・衛生動線・来客動線のそれぞれが、お互いに干渉しないことを考える必要があります。

家事動線は洗濯・炊事・掃除など家事をする際の移動経路であり、特に家庭を預かる主婦にとっては重要だといえるでしょう。特に重要なのは洗濯と炊事です。洗濯の際には洗い終わった衣類をベランダやバルコニーへと運んで干したり、乾いた衣類を取り込んで室内で畳んだりすることが必要になります。

炊事は料理そのものは台所で行いますが、外に買い物に出かけることや調理時のゴミ出しなどが必要になります。家事動線については出入り口の配置をしっかりと考えてください。玄関だけではなく勝手口やバルコニーなどへの動線についても、じっくりと検討しましょう。

通勤動線は家族それぞれの部屋とリビングや玄関などを結ぶ移動経路であり、朝早く会社や学校へ行くお父さんや子供にとっては重要なものになります。特に家族が増えるとそれぞれの動線がぶつかってしまうことが多くなりますので、お互いがすれ違うことができるように通路は広めに設定するのがおすすめです。

洗面所は2人が同時に使えるように、横方向に大きめに作っておくのが安心かもしれません。さらにお世話をするお母さんが動きやすいように、洗面所とリビングとキッチンの間を自由に動けるような回遊動線の設定を検討してみてください。

衛生動線はトイレや浴室に行くための移動経路です。家を建てる際には水回りは1箇所にまとめるのが効率的なのですが、この時にトイレの設置で迷うことになります。トイレがリビングの近くだとトイレに行くところが丸見えになりますし、キッチンの隣に設置するのは抵抗があるかもしれません。

洗面所とトイレが一緒だと朝の忙しい時間帯に渋滞してしまう原因になります。トイレは廊下の突き当りや玄関脇などに設置するのが無難な選択になりますが、衛生動線をしっかりと考えて使いやすい場所を選ぶようにしましょう。

来客動線は家にやってきたお客さんの移動経路です。室内をいつもきれいに保つことができれば良いのですが、なかなかそうはいかないことが多くなります。玄関から上がってもらいリビングや客間にお通しする際に、プライベートな生活空間がお客様の目に入らないような配置を考えてください。

http://sekidesign.com/

新築をご検討中の方必見、土地の探し方

33cf43a355640b9127b15805d596924c_s

新築住宅を建てるにあたり、まずしなければならないことが土地探しです。土地を探す場合には、まずは売買を仲介する業者を探す必要があります。

もしもハウスメーカーで家を建てようと考えている場合には、ハウスメーカーが土地探しにも協力してくれることがほとんどですが、もしも工務店や建築設計事務所に依頼するのであれば、自分で不動産屋を訪ねて探すことになるでしょう。

土地の探し方として、重要なことの一つに地盤のチェックが挙げられます。過去に地盤沈下があった軟弱な地盤ではないか、そして形状や地勢なども調べる必要があるでしょう。

これらを調べる際に便利なのが自治体が提供している防災マップです。防災マップには台風や大雨、津波や高潮などが発生することにより被害が想定される地域が記載されています。

しかしこれだけで判断するのは不十分であるため、自分である程度チェックした後には、建築士や工務店などのプロに同行してもらい判断すると良いでしょう。

気に入った土地が見つかったとしても、隣の家の影響によって日当たりが悪くなっていたり、風通しが良くないこともあります。例えば南側にベランダが欲しいなどの希望がある場合には、新築した際にその希望がかなえられるかどうかなどを、周囲の家や道路状況などを見てチェックしておきましょう。

また境界線はトラブルが起きやすいため、購入した場合にはすぐに隣人立会いのもと境界の確認をする必要があります。

また地域の環境もチェックすることが大切です。買い物が不便でも閑静な住宅街がよいのか、多少にぎやかでも駅やスーパーなどの利便性を重視するのかをあらかじめ決めておく必要があります。

これから長く住み続けていくため、自分たちが住みやすい環境にあるのかもチェックしておきましょう。また周りに騒音や悪臭のする工場などがないかも併せて確認しておきたいところです。

そして周辺環境のチェックとともに交通条件についても十分に把握しておく必要があります。もしも駅に近いことだけを考慮して選んだ場合には、家族の通学やショッピングなどに不便が生じることもあります。

特に子供がいる家庭では、通学路も確認し安全であるかの確認も必要なので、実際に歩いてチェックしておきたいものです。

最後にトラブルを回避するためにも、建築基準法や都市計画法などの法規制に関することをチェックしておきましょう。これらは素人ではなかなか判断することができないので業者によく確認し、本当に自分の希望する家が建てられるのかどうかをしっかり確認するようにしましょう。

http://sekidesign.com/

【ピアノステージのある家:Re】

posted from instagram
【ピアノステージのある家:Re】5m巾のハイサイドが効いてる♪一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #リノベーション #リフォーム #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #renovation #moderninterior #japan #kobe #ピアノステージのある家 #ハイサイドライト #ビームスコンストラクション

見た目を決める外観をおしゃれにするデザインとは

e70b630c96f63c4c6f84d4f99b351662_s

注文住宅を建てる時に住み心地や機能性はもちろん、外観がおしゃれなデザインであるというのも大切なポイントです。建売との違いとして、設計から自分の好みで作ることができるので、細かな部分までこだわることができます。

いくつかポイントを知っておくと役立つので、これから建てるという方は参考にしてください。

外観のデザインを大きく左右するのが屋根の形状となり、輪郭や外壁の形、軒の有り無しに関わってきますので、屋根をどのような形にするのかが重要です。

切妻屋根や寄棟屋根、片流れ屋根や陸屋根などさまざまな種類がありますので、好みや雰囲気で考えると選びやすくなります。性能も異なってきますので、設計士の意見を聞きながら理想に近づけていくことが必要です。

次に窓やサッシも気を付けたく、大きさだけではなく形を意識することが大切になります。あまり注意が向けられませんがサッシも細く見せるようにしたり完全に隠したりするなど、最近はこだわりを持っている人が多いです。

一般的なスチールではなく木製にするなど、素材を変えることによって受ける印象が変わってきます。家の雰囲気づくりはもちろん、採光や空気の入れ替えにも重要となってくるので、総合的に考えていくことが必要です。

全体的なプロポーションを意識するのも大切なポイントで、建物の形状やファサード、窓の大きさや形など全体的に見て納得できるものであることも重要になります。おしゃれ感を出したいからといって、あまりにもアンバランスになってしまうのはおすすめできません。

全体的にまとまっている、黄金比を意識した方が素敵な家になります。また安全性にも関わってくるので、住まいであるという基本を失念しないことも大切です。

家のイメージを決定する場所は玄関で、顔と言っても過言ではありません。外観デザインにおいて重要性を持ち、玄関扉の形状はもちろん、素材や色にこだわるだけではなく、庇などもイメージを左右するポイントになるので、全体面で考える必要が出てきます。

雨降りの日を考えると庇があるのは利便性が高く、おしゃれ感だけではなく機能性を考えるのも大切です。

外観デザインを考えるうえで、エクステリアも含めると理想の家づくりが可能となります。建物だけではなく、アプローチや庭、駐車スペースなどすべてを考えて設計していきます。

建物は周囲の景色があってこそ引き立つので、全体像を考えながら行うとイメージしやすくなるはずです。見た目を決めるおしゃれにするデザインとは、個々にこだわりつつ全体を見て、まとまりを出していくのがポイントになります。

http://sekidesign.com/

注文住宅の依頼から建築までの流れのまとめ

890a560b7699c38e6622deba60b334ff_s

マイホームの購入は大半の人にとって、一生に一度あるかないかの大きな買い物です。なので購入して後悔しない様に、出来るだけ理想に近い家を手に入れたいと望む人が多かったりします。

家に対する理想を実現するために建売住宅ではなく、注文住宅を選択する人は少なくありません。ただし購入を決意しても、どの様な流れで建築すれば良いのか分からないという人も多いです。

まずは購入者自身や家族にとって、どういった家に住むべきかをしっかりと検討する事だったりします。通勤時間が増えても駅や商業施設が近くにある場所を優先するか、子供の学校はどうか等といった具合に諸々の条件を考慮した上で購入すべき土地を選ぶ事です。

同時にどの程度の広さの家にして、その家を建てるには大体どの程度の土地の広さが必要かも検討します。こうしてどのエリアでどの程度の広さにすべきかを決めてから、実際にその条件に合う土地を探し出す事です。

土地を選び出したなら、いよいよ注文住宅を建築する流れとなります。実際に家を建てる施工会社を探す事になりますが、施工会社は大きく分けて3つのタイプに分ける事が可能です。

ハウスメーカーと工務店に設計事務所であり、住宅展示場や実際の施工物件をチェックしながら信頼出来そうな施工会社を選び出します。信頼出来そうな施工会社が見付かった場合には、購入候補としている土地に自分達が建てたいと考えている家を造る事が可能かを聞いておく事です。

土地によっては建築基準法に引っ掛かってしまい、希望の家を建てられないケースもあります。

希望に見合う土地と信頼出来る施工会社が見付かったら、調査を開始すべきです。敷地調査や地盤調査であり、実際にその土地に希望する様な一戸建てを建てる事が可能かどうかを施工会社に調査して貰います。

敷地調査では道路との位置関係や高低差に形状といった諸々の条件を調査し、希望通りの家を建てる事が可能かどうかを検討する事です。地盤調査は希望する家に耐え得る地盤かどうかの調査を行い、問題がある場合には地盤改良工事を行う事になる可能性もあります。

家を建てるのに問題がなくなったら、その土地を購入していよいよ注文住宅を実際に建築する流れです。これまで大まかに決めていた家に対する希望を、より具体的に決めて行きます。その際、依頼する施工会社をきちんと交えながら住宅の設計を行って行くべきです。

自身や家族の希望を盛り込んだ結果、住み心地が悪いだけでなく欠陥住宅になる恐れがあります。なので施工会社に希望と住み易さのバランスを取った注文住宅の設計を行って貰う事です。その上で建築を開始するという流れとなります。

http://sekidesign.com/

posted from instagram

posted from instagram
【roofcourtの家】いよいよ掘方スタート。年内完成を目指して、急ピッチで進めていきます。#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #kobe #roofcourtの家 #掘方

注文住宅の成功の命運を握る、業者の選び方

f96e82079e968b014c51959fd549e4bf_s

注文住宅を依頼する業者の選び方としては、まず、利用できる予算を設定し、そのうえで、自分がどのような家を建てたいのかということをあらかじめ決めておく必要があります。

そうすれば、業者が取り扱っている工法や構造から、依頼する候補を絞り込むことができますし、交渉もやりやすくなるため、値引きなども見込めるためです。これらの情報については、インターネットを利用すれば、簡単に確認することができます。

情報そのものは、業者のウェブサイトで確認するのが基本ですが、今日では、必要な情報を入力することにより、一括で条件に合った業者を表示してくれる査定サイトなども存在しています。このようなサイトを活用すれば、選択肢も広がるというものです。

次に、業者の信頼性を確認しておきたいところです。これについては、口コミサイトなどを利用することが推奨されます。さらに複数の口コミサイトで情報を収集した方が、情報の信頼性も高まることでしょう。

悪質な詐欺に騙されないためにも、事前の情報収集は非常に重要となります。

このようにして選択肢を絞り込んだら、まずは資料を請求します。これについても、インターネットから申し込むことができます。場合によっては、そのままウェブサイト上からパンフレットなどを確認したり、ダウンロードしたりすることもできます。

もちろん、近くに店舗がある場合は、そこでもらってくることもできますが、営業マンに話しかけられたりすることもあるため、注意が必要となります。

見学会などに参加するのは、このようにインターネットで確認できる情報を収集し終えてからの方が良いでしょう。なぜならば、見学会は非常に時間がかかり、場合によってはそれだけで1日を消化してしまうこともあるためです。

さらに、見学会の場で営業マンなどと話をすることもあるため、事前に希望に応じた質問などをまとめておけば、より効率的に見学会などを利用できるというメリットもあります。

ただし、見学会などで展示されている住宅は、オプションなどを全て備えた状態で建てられていることが多いということも忘れてはいけません。

そのため、いざ建築という時になって、欲しい設備がオプション扱いであることを知り、余分な出費を強いられるということもあります。これについても、営業マンから事前に情報を聞き出しておきたいところです。

ここまでの条件をクリアし、実際に営業マンと打ち合わせの段階に入っても、営業マンとの相性があまり良くないという場合もあります。

その場合は、別の営業マンに後退してもらうこともできますので、できる限り、知識が豊富で誠実な営業マンと交渉を行いたいところです。

http://sekidesign.com/

内装をおしゃれにするデザインの工夫は?

c00522994b8fd0756035501906622581_l

家づくりは内装のデザインにこだわるのも楽しみの一つです。

もちろん住む人が暮らしやすい家というのが大前提となりますが、そのうえでおしゃれなタイプの家に住みたいという施主は若い世帯を中心に増えており、家族が快適で安全に住むことができるおしゃれな家を希望する人は増加傾向にあります。

しゃれたデザインの家を建てたいと思ったとき、希望する家づくりに寄り添うことができる建築士との出会いも重要です。予算内で好みの住宅を建ててもらえる工務店や設計士との打ち合わせの中で特に施主の意見を大きく取り入れてもらえるのが内装です。

以前はクロスやフローリングなどを中心とした建材が使われることが多い傾向にありましたが、最近では天然素材や自然の材料などを上手に使って仕上げる造りが増えています。

例えば壁はクロス仕上げの場合、スタンダードなタイプ以外に最近では調湿効果のあるものや凹凸があって独特の風合いを持つもの、柄が個性的なタイプなどが人気です。

すべての部分に使うと個性が出すぎてしまう時には壁の一面やトイレ、洗面所などにポイント的に使うとおしゃれに仕上がります。

又、壁材をクロスでは無くて珪藻土や漆喰で仕上げると調湿効果も期待できますし自然の風合いでリラックスできるおしゃれな部屋になります。

漆喰も珪藻土も空気中の湿度を調整してくれる役割がありますし有害物質を発しませんのでアトピーやアレルギーがある人にも適しています。この素材の壁は天然目の床材とも好愛称ですので、リビングなどに使われるケースが多くなってきています。

センスを感じさせる内装にしたい時に便利なのがタイルです。これは床にポイント的に使ったりキッチンの壁の一部にとりいれたりするとセンスの良い仕上がりになります。

全部に使ってしまうと費用が大幅にアップしてしまいますが、ポイント的に使う分にはそれほど費用はかかりませんし仕上がりも施主のこだわりを感じる外観になります。

天井の梁をあえてそのままむき出しにした仕上がりも最近流行しています。これは天井の高い家を希望している人の間で選ばれる仕様ですが、天井が高いとその分広く見えてしゃれた仕上がりになりますし、梁の色にこだわるのも施主のセンスの見せどころです。

最近内装をおしゃれにしあげたい人の間で圧倒的人気の天然目の床は、冬は暖かく夏は涼しく過ごせますし自然素材独特の調湿効果もあります。

素材も様々な木材から選べますし塗料もナチュラルな見た目に仕上がるものが沢山ありますので、好みに合わせてお部屋をデザインすることが出来ます。

http://sekidesign.com/

注文住宅に関しての気になる疑問、費用の相場は?

8b21cd2ee8c449fb672f78d9b7b8d081_s

注文住宅を建築する場合には、限られた予算の範囲内で建築する必要があります。その時に気にしておいた方が良いのは、どの程度の相場になるかです。

最初にある程度費用の相場を理解しておけば、十分なお金の用意をすることができるだけでなく住宅ローンを組む時にも無理なく組むことができるでしょう。

注文住宅の予算として知っておきたいのは、まず土地の値段になります。土地は、場所によって大きく異なりますので、全国一律の相場があるわけではありません。

これを調べるためには、公示価格などを参考にしてどれぐらいの土地の値段になっているかを判断する必要があります。より細かく見たい場合には、路線価を参考にすると良いでしょう。

路線価とは、道路に面した土地の金額がいくらぐらいになるか表示されたものです。1平方メートルあたりの金額で書かれている場合と1坪で書かれている場合がありますので、間違えないようにしましょう。

建物を建築する場合は、ハウスメーカーや工務店によって相場が異なります。平均的には、1坪60万円位になると考えておいた方が良いでしょう。

安い業者の場合には、1坪当たり50万円位になることもあり、逆に高級志向の業者の場合は1坪およそ70万円になることも珍しくありません。計算の仕方は、建物の坪数と坪単価をかければ求めることができます。

駐車場や庭がある場合には、外構費用も頭に入れておかなければなりません。土の状態で放置しておけばほとんどお金はかかりませんが、タイルを敷き詰める場合には1坪あたりおよそ10万円位かかると考えておけば間違いありません。

もう少し安くしたい場合には、インターロッキングなどを敷き詰めることもできます。この場合にはタイルを敷き詰める予算の半分程度でできるでしょう。

建物や土地にかかる相場としては、諸費用と呼ばれるものがあります。これは、登記するときにかかる登記費用や不動産会社に支払う仲介手数料等です。

この中で1番負担が大きくなるのは、仲介手数料になるでしょう。仲介手数料は、その不動産の価値の3%に6万円を加えた金額です。

例えば3,000万円の注文住宅を建築した場合には、180万円に6万円のお金がかかると考えておけば間違いありません。実際には、そこに消費税がかかりおよそ200万円位になります。登記費用は、司法書士によって若干異なるものの25万円から30万円位になると予想できます。

それ以外にも、印紙代や火災保険料がかかります。火災保険料は10年単位の契約になりますが、およそ10万円から15万位になるのが普通です。これに地震保険を加える場合には、5年間でおよそ6万円位になります。

http://sekidesign.com/