sekidesign_post のすべての投稿

posted from instagram

posted from instagram
【かたつむりの家】見学会終了!設計関係者を含めると20組以上の方に見ていただけました。風邪気味で声ガラガラの中、しゃべり倒しました。ご協力頂いた皆さま、本当にありがとうございました。m(__)m#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #完成見学会 #かたつむりの家 #ビームスコンストラクション #大盛況でありがたい

posted from instagram

posted from instagram
【かたつむりの家】見学会1日目、大盛況のうちに終わりました。写真はこたつの小部屋。施工はビームスコンストラクションプロデュースはエムトラス#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #かたつむりの家 #完成見学会 #ビームスコンストラクション

わがまま猫もこれで満足!猫と暮らす家づくり

わがまま猫もこれで満足!猫と暮らす家づくり

 

猫といえば、気ままで自由奔放なところが愛おしい大人気のペットです。犬と違い散歩にも行かないし、外で飼われることもないため、屋内で過ごす時間がほとんど。

わたしたち飼い主よりも家にいる時間が長いのです。ということは家が猫にとって、快適で楽しい場所でないと可哀そうですよね。

飼い主も猫もリラックスして生活できる家づくりをするために、まず猫の性質とそれに対応する家づくりにおいての工夫を見ていきましょう。

 猫は高いところが大好き
猫にとって天敵がおらず、かつ獲物をみつけやすい高いところはお気に入りのリラックス場所です。
→そんな猫のために設置するのがキャットウォークやキャットステップ。

高いところを猫が歩けるための通路をつくり、そこを自由に行き来できるための階段を作ってあげます。

一階と二階を行き来できることで飼い主と一緒に生活している感も増すことでしょう。猫の運動量も増えるので一石二鳥です

 日向が大好き
太陽に当たることで、運動をしなくても体温をキープできると同時に、ダニの駆除や除菌ができます。
→窓際に猫が日向ぼっこできるスペースや台をつくることで、猫が外の様子の確認やお昼寝をするためのテリトリーとなります。

 隙間があったら入りたい
狭く暗いところは身を守る場所に最適で、安心できます。また、獲物が隠れている可能性もあるのでチェックは怠りません。
→自分の身を守るために警戒心が強い猫が落ち着いて生活できるように、猫のための食事スペースや排泄スペースをつくることをおすすめします。

そのスペースを猫が気に入れば、毎回同じところで食事や排泄をしてくれるようになり、しつけにも役に立つでしょう。もちろん、きれい好きの猫のために、部屋間を自由に移動できるように通路口をつくるのも猫を飽きさせないひとつの手です。

すべてに共通して言えることは、猫と暮らす家づくりには猫の目線にたって、猫の動線を考えることが大切だということです。家の中に行き止まりがあったり、自分のテリトリーがなかったりすると、猫にとってストレスになりますし、のびのびとした生活が送れません。また、家の中では危険もたくさんあります。

キッチンや玄関など、猫が自由に出入りすることで危険が生じると思うところには、柵やぼかしガラス戸などをつけてあげましょう。お互いに存在を感じながらも安全な生活をおくれます。

一日を家の中で過ごす猫にとってなにが快適なのか、一度自分の家を見直してみてはいかがですか。

http://sekidesign.com/

posted from instagram

posted from instagram
【クレバスハウス】この度、Best of Houzz 2018を受賞しました!栄誉ある賞を頂けて嬉しい限りです。全世界4,000万人以上のユーザーが住まいづくりの専門家を選出 世界最大級の家づくりとインテリアデザインのプラットフォームを提供する Houzz Japan 株式会社は、この度「Best of Houzz 2018 (ベスト·オブ·ハウズ 2018)」を発表しました。Houzzでは毎年、世界中に広がる月間4,000万人以上ものユニークユーザーが集うHouzzコミュニティのなかで最も多くのユーザーから支持を集めた、建築家·インテリアデザイナー·施工会社などの専門家を選出し、「Best of Houzz」を授与しています。https:/www.houzz.jp/ideabooks/102618657list#houzz #bestofhouzz2018#award #受賞 #一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan

注文住宅で手に入れるオシャレな玄関デザイン3選

注文住宅で手に入れるオシャレな玄関デザイン

玄関は、毎日わたしたちを迎え入れてくれます。また、お客さんが訪ねてくるときには、真っ先に目に入るのが玄関でしょう。つまり玄関は家の中で一番人の出入りが多い場所なのです。

そんな玄関が皆さんに明るい気持ちを提供でき、かつオシャレだと気分が上がりますよね。ではどんなデザインが一般的に好まれ、快適な空間をつくってくれるのでしょうか。

今回は開放的・個性的・機能的の3つのデザインに注目していきたいと思います。

・開放的デザイン
まず、玄関を開放的にするデザインがあります。例えば、玄関の横に中庭を併設します。そうすると自然光が入ってきますし、開放的で自然も感じられ、エネルギーを与えてくれます。

他には玄関に階段を設置するというのも開放感を演出する方法の一つです。奥行きが感じられ、デザインにメリハリが出るからです。さらには天井を吹きぬけにしたり、奥行きのある廊下と隣接させたりすることで圧迫感のない玄関づくりができます。

つまり、玄関とほかの空間を合体させ、うまく活用することで開放的なデザインとなるのです。

・個性的デザイン
次に、自分らしさのある個性的な玄関のデザインを紹介します。自分の趣味や好みに合わせて玄関にディスプレイを施すことにより、一気に自分らしい玄関づくりができます。

例えば、お気に入りの車やバイクを玄関に飾ってみたり、好きな絵をディスプレイしてアートギャラリーのようにしたりといった方法で個性的な玄関になります。

・機能性デザイン
最後にご紹介するのが、機能性を重視した玄関デザインです。収納性抜群のシューズクローゼットは、ファミリーや女性に重宝されること間違いなしでしょう。

また、インテリアやかばんなどをつりさげられるデザインも便利ですね。さらには、玄関ホールのスペースを活用して書斎や応接間にする、プライベートとパブリックの共有デザインも最近人気が出てきています。

 

いかがでしたでしょうか。自分が求める玄関デザインはありましたか。

これらすべてのデザインに言えることは、空間をうまく活用することで空きスペースがうまれ、収納や展示、開放感へとつながっていくということです。

ただ、このような空間活用術は建築デザインの初心者が一人で考えていてもなかなか思い浮かばないものです。

だからこそ注文住宅を利用して専門家に相談しながらデザインを練っていくことをおすすめします。玄関は住宅の顔であるからこそ住んでいる人も、お客さんも快適で明るくなるようなデザインにしたいですね。
http://sekidesign.com/

洗練された和モダンインテリア!選び方のコツをご紹介!

洗練された和モダンインテリア!選び方のコツをご紹介!

住宅のスタイルといえば和風や洋風が定番でしたが、最近人気が上がってきているのがその両方の良さを足し合わせた和モダン。

言葉のとおり和風スタイルを現代的にしたものです。和モダンスタイルのカフェや本屋さんもよく見かけるようになり、なじみがある方も多いのではないでしょうか。

木材本来が持つ落ち着いた色合いを基調とした和モダンは、日本の古き良き伝統美とスタイリッシュな現代建築のコラボレーションによってスッキリした印象を与えます。

今すぐにでも和モダンを家に取り入れるために、インテリア選びのコツを紹介していきましょう。

1. 照明を和テイストにする
和要素が少しもない家を和モダンにシフトさせていくには、部屋の中心にある照明を和テイストのものに交換するのが手軽でしょう。インテリア性の高い照明は一気に部屋をオシャレにしてくれます。

また、和テイストの照明は洋風家具との相性もいいため、和モダンインテリアへの第一歩としてはおすすめです。

ポイントはメインの照明だけでなく、サブ照明や間接照明まですべてを和テイストにすることです。そうすることで部屋全体の統一感を崩さずに調和のとれたリビングをつくれます。

2. カーテンをブラインドにする
カーテンは大きいものなので、これをウッドブラインドに変えるだけで一気に和モダンになります。

部屋がシックな印象にもなるため、洗練された美しさが表現できます。また、ウッドブラインドの代わりに障子を取り付けるのもオシャレですね。

3. 家具は低めなものをチョイス
ソファやテーブルを低めのものにしたり、カバーやクッションをシックなものにしたりすることで、リビングは和の雰囲気になります。

ソファ意外にも座椅子を置くことで、和室を作らなくても和モダンな空間づくりができます。また、ベッドも低めのものを選ぶことで、布団に変更しなくても十分和テイストを味わえます。

4. 壁紙を取り入れる
DIYが流行っている今、自分でも簡単に壁紙を張り替えられるアイテムが販売されています。壁の一部や玄関などに和風壁紙を導入することで部屋の雰囲気はガラリと変わります。昔ながらの塗調の壁紙や和紙風の壁紙をチョイスするのがポイントです。

 

このようにひとつずつ和テイストのインテリアに交換していくことで、和モダンスタイルの快適な空間づくりができるでしょう。

和風のおうちに住んでいる人は畳がもともとあるため、より簡単に和モダンを取り入れられると思います。みなさんも、今大人気の和モダンインテリアに挑戦してみてはいかがですか。
http://sekidesign.com/

posted from instagram

posted from instagram
この度、明石市太寺町にseki.design設計監理、(有)ビームスコンストラクション施工の住宅が完成しました。完成見学会をさせていただける運びとなりましたのでご案内します。見学会日時(完全予約制ですのでメールにてお問合せお願いします。)1月20日(土)10時〜17時1月21日(日)10時〜17時場所:明石市太寺町詳細はご予約時にお伝えします。お車3台分の駐車場はご利用可能です。明石駅よりバス乗車 上ノ丸郵便局前にて下車徒歩二分。コインパーキングも近くにございます。ポイント!!・屋根が渦巻いているのでかたつむりの家と銘打ちました。・贅沢な平屋建て。広い敷地を目一杯使い、中庭から光を取り込みます。中庭の廻りはぐるぐると回遊できます。・複雑な形の天井となったLDK。最大の天井高は5mを超えます!・天井の高いLDKには巨大な家具があり、「こたつの小部屋」と「本のロフト」をカタチ作っています。巨大なうねるカタチとなったその理由とは!?・「こたつで生活をしたい!」そんなご要望を「こたつの小部屋」としてカタチにしました。小さく集まるこたつスペースを大きなLDKのなかで、自然と中心となるようにデザインをしています。とっても贅沢です!・いつも通り、細部のデザインまでこだわった設計です!建物概要 木造平屋建て敷地面積309.6㎡(93.6坪)建築面積172.3㎡(52.1坪)延べ床面積156.1㎡(47.2坪)コンセプト 敷地は、空が広いのどかな住宅地の一角にあります。バス道から一本裏に入った静かで広々とした空間です。この町は昔から大きなお屋敷が立ち並ぶところです。近年、敷地が細分化され一般的な大きさの家が増えてきましたが、今でも大きな家がぽつぽつとあります。 そんな敷地に木造平屋建て、建築面積49坪、延べ床面積49坪の大きなお屋敷をご提案します。 プランニングの過程でまず意識したのは周囲から完全にプライバシーの守られた屋外スペースをつくること。周囲の建物から見下ろされることのない、LDKと連続した屋外スペースです。そこで、広い敷地ならではの、建物に囲まれた中庭を敷地の真ん中にレイアウトしました。 また、建物を平屋とすることで冬場でも光が入りやすい、より環境の良い中庭とすることができます。建物のカタチは、周辺環境、敷地条件、内部空間、町並みへの配慮、中庭のプライバシー、これらを総合的に考え、屋根のカタチを決定しました。屋根が中庭を囲むようにカタツムリのように渦巻いたカタチになったため、カタツムリの家と名付けました。 ご提案のプランでは中庭の外部空間を積極的に活用します。 外部と内部の境界を曖昧にし、自然と外に出てしまうようなデザイン。夏の強い日差しを遮る工夫。雨をしのげる屋根やパラソル。常設されたソファやテーブルといった素敵な家具。庭でもテラスでもなく、あくまでもリビングを目指しました。 LDK29帖+アウトドアリビング20帖、合計50帖の広がりを感じることができる家族団欒のスペースのご提案です。#完成見学会 #かたつむりの家 #一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan

posted from instagram

posted from instagram
【双子壁の家】大阪ガス季刊誌『住まう』の取材でした。特集記事で8ページも掲載してくれる予定だそうです。テーマは個性的な収納のある家楽しみです♪#双子壁の家 #住まう #取材 #建築家紹介のポートレート撮影は顔が固い #一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan