神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

2053238_s

北欧風と聞くと、明るくおしゃれなイメージを浮かべる方は多いのではないでしょうか。

しかし、実際におうちを北欧風にしたいと思ってもどこをどのようにすれば良いのか悩みますよね。
そこで今回はマンションを北欧風の部屋にリノベーションする際のポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

□北欧風のデザインとリノベーションのポイントをご紹介!

北欧風とは文字通りフィンランドやスウェーデン、ノルウェーなどの北欧地域にみられる特徴的な内装やインテリアを取り入れたデザインのことを指します。

北欧地域は太陽が昇らない「極夜」と呼ばれる暗く長い冬の期間が存在します。
そのため、北欧のインテリアはホワイトを基調とする明るい色使いや光の使い方が特徴的です。

では、実際に北欧風の部屋へリノベーションする際に使えるポイントを紹介します。

*開けた間取り

北欧では、先ほどお話した長い冬は家族と過ごす機関として大切にされています。
そのためダイニングは家族団らんで過ごす場所として間取りの中心になることが多いです。
ドアや壁などの仕切りは最小限にして家全体がゆるやかにつながるようにすると、より北欧風に仕上がります。

*リズム感のある光

光にこだわりを持つ北欧のインテリアは全体をシーリングライトで照らすのではなく、ペンダントライトやフロアライトなどのさまざまな小さい明かりを複数配置することで意識的に光と影のコントラストを演出します。
このコントラストでは、空間的な広がりを感じることもできます。

*シンプルかつはっきりとした色使い

北欧らしい雰囲気を出すのなら、柄ありの壁紙は向きません。
グレーや白など明るいモノトーンにするのがおすすめです。

フローリングの床材を選ぶなら、モルタルやタイル、パイン材などを部屋の用途や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

□北欧リノベーションに合うインテリアをご紹介!

北欧風リノベーションは、内装だけでなくインテリアにもこだわることでより一層北欧の雰囲気に近づけられます。
北欧インテリアで最も重要なポイントは自然素材が使用された家具を取り入れることです。
オークやチークなどの無垢材が特におすすめです。

二つ目のポイントは機能的で洗練された家具を取り入れることです。

北欧の家具は曲線美が特徴的で、かつ機能面においても優れたものが多いです。
インテリアにアクセントをつけるために、ファブリックや北欧特有の柄、鮮やかな色のものを一部取り入れてみてもいいでしょう。

□まとめ

今回はマンションを北欧風にリノベーションする際のコツと、インテリアの揃え方を紹介しました。
北欧風のおしゃれかつ機能的で、温かみも感じられます。

当社では、みなさまと一緒に理想を「カタチ」にすることに力を入れています。
ぜひみなさまの素敵な住まいをつくるお手伝いをさせてください。