神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

23739348_s

注文住宅と言えば、1から設計できる自由度の高さや、誰も済んだことのない家に住めるのが魅力ですよね。
しかし、建売住宅や中古住宅のリノベーションに比べて、入居までにかかる期間が長いなど、様々な相違点があります。
今回は、注文住宅と建売住宅の違いや、それぞれのメリットについて解説します。

□注文住宅とは?建売住宅との違いを解説します!

注文住宅とは、土地を選び、建築士に設計を依頼し、自分の建てたい家や、要望などを伝えてプランを立てたうえで建設する住宅です。
1から自分たちで設計するフルオーダーと、ある程度プランが決まっていて、設備など細かい部分のみ選択するセミオーダーがあります。
予算が1000万円程度の場合、セミオーダーのケースが多いのです。

建売住宅とは、端的に言えば土地と建物をセットで購入する住宅です。
建物は竣工済みのケースもあれば、後から建てるケースもあります。
竣工済みの建売住宅の場合、注文住宅に比べて自由度が低い点がデメリットですが、契約後すぐに入居できる点がメリットです。

□注文住宅、建売住宅のメリットを解説します!

特にフルオーダーの場合、注文住宅の最大のメリットは、自由度の高さでしょう。
建物の構造や間取りなど、予算に応じて要望通りの家が建てられます。
特に建物の構造などは、リノベーションであっても実現が難しいでしょう。
注意点としては、土地によっては要望が通らない場合もあることです。
建設会社との打ち合わせの際には、確認することが大切です。

また、将来リフォームすることを見据えて設計できる点もメリットでしょう。
子供が家を出た後のことなども考えて設計できるのは、注文住宅ならではのメリットです。

建売住宅のメリットは、設計などの手間がない分、家の設計の打ち合わせなどが少ない点です。
土地と住宅をセットで購入するため、契約の手続きも比較的簡単になります。
また、建売住宅は自由度が低いと思われがちですが、選択肢は豊富で、注文住宅ほどではないものの自由度は高いのです。

そして、注文住宅に比べて価格が安いことも魅力でしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅と建売住宅の違いや、それぞれのメリットについて解説しました。
注文住宅は自由度が高い分、オーダーメイドのためかかる費用が高くなることや、設計などの手間がかかること、土地と別々に購入することが多く、手続きが面倒な点に注意が必要ですね。
この記事がお役に立てますと幸いです。

 

http://sekidesign.com/