神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

家事の時短短縮につながる動線プランとは!

注文住宅で、動線計画に悩んでいる方はいらっしゃいませんか。
動線は、家事の時間を減らしたり、住む人が無駄な動きをしなくて済むような住宅づくりには欠かせない要素です。
逆に、動線がしっかりしていると、家事や準備の時短につながります。
今回は、時短につながる動線プランをご紹介します。

□時短動線プラン

ここでは、時短につながる動線プランを3つご紹介します。

1つ目は、水回り動線です。
面倒な家事は、水回りに集中しています。
キッチンや浴室、洗面所、トイレがバラバラだと、家の中をぐるぐる動き回ることになってしまいます。
なるべく、浴室やキッチンなどの水回りを、一直線になるように配置しましょう。
時短になるだけでなく、配管をまとめられるというメリットもあります。

脱衣所、洗面台、洗濯機置き場、浴室を同じ場所にまとめれば、移動の手間がグッと減ります。
カウンターを設置すれば、そこで洗濯物を畳んでしまうことさえできます。

2つ目は、動線上に家事スペースを設けることです。
動線上に、家事スペースとしてカウンターや棚を設置すれば、洗濯物や書類整理などの家事を済ます場所として利用できます。

収納スペースも確保すれば、動線上で家事を完結させてしまうことも可能です。
洗濯物をすぐに収納できるだけでなく、一時的に置いておく場所としても利用できるので、いつでも整理された空間を保てます。

3つ目は、キッチンカウンターの設置です。
ダイニングとキッチンの一体感を演出できるキッチンカウンターは今人気の間取りです。
洗い物や食事の配膳を、カウンター越しにできてしまうことや、キッチンカウンターそのもので食事を済ませてしまえる点で、時短が見込めます。

□回遊動線のススメ

ここまで時短につながる動線プランをご紹介しましたが、回遊動線で家事に必要な場所を、ぐるっと網羅してしまうというのも一つの手です。
キッチンから、浴室、脱衣所、洗面台、トイレ、物干し場、そしてリビングを一続きの円上に設置することで、移動の無駄を大幅に削減できます。
家事の時短だけでなく、朝の忙しい時間に家の中をあっち行ったりこっち行ったりする手間が省けるのです。

□まとめ

今回は、時間短縮を意識した動線プランをご紹介しました。
動線がスムーズだと、家事の時短になるだけでなく、家の限られた空間をより有効に使えます。

家族全員のライフスタイルから動線計画を考えることで、理想の住宅を作りましょう。

http://sekidesign.com/