神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

山本通の家

トップ写真

素材の質感にこだわった、ここちよい暮らし

私たち(夫婦+子供2人)が住む、自宅マンションのリフォームです。テーマは「素材の質感」。一般的な3LDKの中で(大きく間取りを変えることなく)ここちよく生活する方法を考えた結果、素材感のあるもの、触って気持ちの良いものに囲まれた暮らしをめざすことになりました。まだ小さいふたりの子供たちにとっても、木、タイル、ステンレス、左官壁、ファブリックといったさまざまな「質感」に日々触れることで、感性を育むきっかけになればと思っています。

また、良い既製品をうまく使うことも、もうひとつのテーマでした。建築家の住宅はオーダーメイドばかりになりがちですが、よりよい工業製品を探すことに時間をかけ、使い方を工夫することで、機能性とデザイン性を両立しつつ、コストダウンも可能となりました。

《2015年 朝日ウッドテック・COOL JAPAN 施工例写真 with 言葉の力 コンテスト/金賞受賞作品》

seki.design
show room

この〈山本通の家〉を、seki.designのショールームとしてごらんいただくことができます。ぜひお気軽におこしください。

  • お子さま連れでも歓迎です(おもちゃ部屋があります)
  • 実際に生活している場所ですので、予約制とさせていただきます
  • コンタクトのページからお申し込みください

住所: 650-0003 神戸市中央区山本通 5-3-15 パークスクエア神戸山本通805号室

  • 
									<p>
										リビングよりキッチンを見る:
タモのナチュラルな色合いをベースに、様々な素材で空間を構成しています。カーテンは美しい柄のレースを内側にかけるレースインスタイル。ドレープの色の組合せや高さは特注です
									</p>
  • 
									<p>
										キッチンカウンター:
ステンレス製キッチンカウンターも特注品です。ステンレス板の継ぎ目がないつくりで、立体的な造形がひきたちます
									</p>
  • 
									<p>
										キッチンカウンター:
エッジをシャープにし、金属の塊のように見えるデザインをこころがけました
									</p>
  • 
									<p>
										キッチンよりリビング─子供たちの遊び部屋を見る:
子供たちの遊び部屋はリビングと繋がっていて、キッチンから常に見渡すことができます
									</p>
  • 
									<p>
										キッチンよりリビング─子供たちの遊び部屋を見る:
子供たちの遊び部屋は、壁のようになる大型の建具を閉じることで将来は寝室に
									</p>
  • 
									<p>
										子供たちの遊び部屋からリビングを見る:
ランダムに削り出したテクスチャーをもつ杉板の壁を、間接照明で演出しています。この杉板は既製品ですが、肉厚で、また木が呼吸するよう背面に通気層も設られているもの。木の香りと優しい肌触りを、子供たちに
									</p>
  • 
									<p>
										リビングの壁:
タイルながら、折り曲げた紙のテクスチャーが堅さのない自然で優しい風合いを空間に与えてくれます。ダウンライトを壁際に配置し、その素材感を強調しています
									</p>
  • 
									<p>
										リビングからバルコニーを見る:
バルコニーには、神戸の夜景を見ながら晩酌できるよう、カウンターを設けました。余った床材を置いただけの簡易なものですが、外部空間は積極的に使いたいと思っています
									</p>
  • 
									<p>
										寝室:
壁面にはフランス製紙クロス。お気に入りに囲まれた心地よい空間
									</p>
  • 
									<p>
										将来の子供部屋:
思いきった色のカーテンを使い、遊び心のある空間にしました
									</p>

photo: akiyoshi fukuzawa

デザインメモ

  • 今回は「既製品をうまく使う」ことをこころがけています。とくにキッチンはその象徴とも言えるところで、キャビネット部分は考え抜かれた機能性と耐久性を兼ね備えた大手メーカーの既製品を使い、天板とカウンター部分はデザインを重視したオーダーメイドのものを用いています。見せたい部分のデザイン性をアップしつつ機能性も実現し、またコストも抑えることができました。
  • LDKではソファを置かず、広々と感じることを優先しています。一方、子供が宿題をしたり、ノートパソコンを開いて仕事をしたりできるようにと、ダイニングテーブルは200cm×90cmと大きめのものを置きました。また、ソファがない代わりにこのダイニングテーブルの高さを60cmと低く設定し、片側をベンチシートにすることで、ソファリビングのようなくつろぎも。
  • 照明は、明る過ぎて均一な空間になってしまわぬよう、強弱をつけ、素材感を引き立てるような位置に配しています。また、シーンに合わせて明るさを調整できるようにしており、暖かで落ち着く空間づくりをめざしました。

平面図

山本通の家

所在地 兵庫県神戸市中央区
用途 専用住宅
家族構成 30代夫婦+子2人
竣工年 2013
構造 RC造マンション
敷地面積 ──
延床面積 85.5平方メートル
総工費 約840万円