神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

多治米の家

トップ写真

塀のない家

南側と東側が道に面した50坪の角地に建つ、30代夫婦+2人の子供のための2階建て住宅です。

  • 
									<p>
										中庭の見上げ:切り取られた青空
									</p>
  • 
									<p>
										外観:中庭に面して開かれた正方形の開口が印象的
									</p>
  • 
									<p>
										外観:街路に沿って外壁があります。プライバシーを確保するため、1階の街路に面した部分は開口を最小限としました
									</p>
  • 
									<p>
										外観
									</p>
  • 
									<p>
										外観夕景:エントランス部分は外壁を斜めにカットした印象的な形状
									</p>
  • 
									<p>
										外観夕景
									</p>
  • 
									<p>
										外観夕景:白い壁にリズミカル明けられた開口部からもれる、内部の光
									</p>
  • 
									<p>
										リビングからキッチン・ダイニングを見る:タモの床や壁面収納と、キッチンを囲む石貼りの対比が印象的
									</p>
  • 
									<p>
										リビングから中庭・階段を見る:中庭とリビングと階段とキッチン、それぞれの関係性を意識しながら空間を構成しました
									</p>
  • 
									<p>
										リビング:吹き抜けと階段上部から降り注ぐ光が室内を充たします
									</p>
  • 
									<p>
										中庭:中庭を囲む白い壁に、ゆれる樹の影がうつしだされます
									</p>
  • 
									<p>
										キッチン:キッチンは手元が隠れる石の壁に囲まれています。階段越しに中庭と青い空が見えます。奥の扉はパントリーです
									</p>
  • 
									<p>
										キッチン
									</p>
  • 
									<p>
										階段:中庭と空をみながら上下する階段
									</p>
  • 
									<p>
										階段:大開口からの光を室内にとりこみます
									</p>
  • 
									<p>
										リビング:造りつけのテレビボード。街路に面した開口にはさまざまな色のロールカーテンを配しています
									</p>

photo: takahiro shimokawa

クライアントからの要望

中庭を見ながらキッチンに立てる家にしたい、とのことでした。また、直階段は怖さを感じるので廻り階段に、キッチンの手元はあまり見えないようにしたい、とのご要望も。

空間構成

  • 駐車スペースと中庭を最大化するために、外壁を道路境界すれすれのところにつくることにしました。結果として、塀や門扉が不要となり、コストカットにつながりました。建物のかたちも、街区の形状を意識したものとなっています。
  • 塀などがないぶん、プライバシーを確保するため、1階部分では外向きの窓は極力すくなくしています。一方、内側の中庭に対して窓をたくさんつくり、建物に光をとりこんでいます。
  • 中庭に立つと、正方形に切り取られた空を仰ぎみることができます。キッチンからも、2階部分の四角い開口ごしの青空を背景に、中庭の樹木が揺れているのがみえます。
  • 廻り階段は中庭に面して配されており、大きな窓ごしに中庭を見ながら階段を上り下りすることができます。また2階からの光は階段の吹き抜けをとおして1階に落ち、内部空間全体を柔らかく充たします。

平面図

多治米の家

所在地 広島県福山市
用途 専用住宅
家族構成 夫婦+子2人
竣工年 2015
構造 木造/地上2階
敷地面積 50.0坪
延床面積 40.13坪
総工費 2600万円