神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

月別:
2021/11

注文住宅の土地はどう探せばいい?土地探しの流れやポイントをご紹介します

注文住宅をご検討中の方の中に、初めの土地選びの時点からやり方がわからずに困っているという方は多いと思います。
今回は、土地探しの流れや失敗しないためのポイントをいくつかご紹介するので是非参考にしてください。

□注文住宅用の土地探しの流れとは?

注文住宅を建てようとした際に、多くの方は土地探しから始めますよね。
家の暮らしやすさにも大きく影響するので、ぜひこの章でご紹介する土地探しの正しい順番を参考にしてみてください。

1つ目のステップは住みたいエリアを決めることです。

はじめは大まかでも大丈夫なので、通勤通学などのことも考えて自分の住みたいエリアを絞っていきましょう。
エリアさえ決まれば、ご自身が土地探しを依頼する会社を選べます。
この依頼会社が決まらない限りは、次のフェーズにはなかなか進められないのでエリアはできる限り早く絞ることをおすすすめします。

2つ目のステップは資金計画を組むことです。

実際に会社に依頼して土地探しを始める前に、注文住宅を建てる上でどんなことにどれほどお金をかけるのか資金計画を組むことが大切です。
そうでなければ、土地の値段を決められません。
大まかな計画しか立てられていないままだと、後から土地購入費が他の費用を圧迫するといった事態になりかねないので丁寧に抜けもれなく計画を立てておくと良いでしょう。

3つ目のステップではいよいよ依頼会社と一緒に土地探しを行います。

ここで、2つ目のステップで決めた資金計画が役立ってきます。
あとは、資金計画を守って予算内で良い土地を探せるように根気強く土地探しを続けるのみです。
ご自身の資金計画や理想の注文住宅の姿を説明して依頼会社と探していきましょう。

□土地探しのポイントとは?

この章では、土地探しを失敗しないためのポイントについていくつかご紹介します。

1つ目は土地代を決めることです。

前章でもご紹介しましたが、土地代を決める上で重要なのは全体予算から土地にかけられる分のお金を決めることです
なぜなら、土地探しを始める前に予算を決めておくことで土地探しをスムーズに進められるからです。
複雑な税金関係のお金や、諸費用もありますが丁寧に資金計画を組んで土地の予算をあらかじめ決めておきましょう。

2つ目は土地の大きさを決めることです。

土地の大きさもあらかじめ決めておくと、土地探しがスムーズに進みます。
しかし、土地の大きさはご自身が注文住宅に盛り込みたい設備や間取りを選んで初めて決まることです。
駐車場や庭の有無なども初めに考えておくと良いでしょう。

3つ目はご自身が求める土地の形状や環境を決めることです。

周りの環境というのは、その家の住みやすさを大きく左右します。
完璧な土地は見つからないかもしれませんが、複数の希望条件を上げて優先順位を決めておくと良いでしょう。

以上、この章では土地探しを失敗しいためのポイントについてご紹介しました。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる土地選びの流れや失敗しないためのポイントをご紹介しました。
入居後の住みやすさや、注文住宅のデザインの幅に影響する部分なのでぜひ土地選びの際の参考にしてください。
この記事がお役に建てましたら、幸いです。

http://sekidesign.com/

注文住宅にはどんな失敗がある?先輩の失敗例から成功の秘訣を解説

せっかく注文住宅を建てるのなら、もちろん失敗なんてしたくないですよね。
では、どうすれば失敗せずに注文住宅を建てる準備ができるのでしょうか。
それは先輩の失敗例から学ぶことです。
今回は、実際に合った失敗例と成功の秘訣についてご紹介するので是非参考してください。

□注文住宅で起こる失敗例は?

この章では、注文住宅で実際に起こった失敗例についていくつかご紹介します。
失敗例をあらかじめ知っておくことは、理想の注文住宅を建てるために非常に重要です。
ぜひ参考にしてください。

1つ目にご紹介するのはお風呂場の失敗例です。

まず、ペットや小さいお子様がいらっしゃる場合は玄関とお風呂場の距離が遠いという失敗例があります。
玄関からお風呂場の間が遠すぎてしまうと、汚れた足で家を歩くことになるので後から掃除が大変途中の廊下が泥だらけになってしまいます。

また、お風呂場の設備に関する失敗もあります。
例えば、テレビをつけても使わないなどの事例が挙げられます。
特に家族が多いとお風呂場でゆっくりとテレビを見るということはないと思うので、よく考えましょう。

2つ目はキッチンの失敗例です。

キッチンでの失敗例としては、スペース確保に関するミスが多いです。

例えば、対面式キッチンにすると通路が狭くて収納スペースが上手く確保出来ないという場合が多いです。
また、収納スペースを確保しても奥行きがありすぎて使いづらいといったサイズのミスもあります。

収納に関してはアイテムを使って色んな工夫ができるので、実践してみてください。
それでも解決できないようなこともあるので、その場合は間取り上の工夫を考えましょう。

3つ目は玄関の失敗例です。

玄関で大切なのは、狭い空間をうまく使えるように工夫することです。

例えば、収納を増やしておけば良かったという失敗は多いです。
しかし、玄関はそれほど広い面積を確保できるところでもないと思うので何を玄関に片づけたいのか考えて収納を絞っておきましょう。

以上、注文住宅を建てる際に多い失敗例をご紹介しました。

□注文住宅の失敗を防ぐ秘訣とは?

この章では、注文住宅での失敗を防ぐ方法についてご紹介します。
いくつかご紹介するので、ぜひ実践してみてください。

1つ目はライフスタイルに合わせて間取りを考えることです。

暮らしやすい家作りを行うためには、まず自分のライフスタイルを知ることが大切です。
ライフスタイルを知ると、それを基に部屋数、収納量、などが決められるようになります。

2つ目は余裕を持って資金計画を立てることです。

注文住宅を建てるには、色んな所でお金がかかってきます。
税金や諸費用などは非常に複雑ですよね。
そこで重要なのが、余裕をもって資金計画を立てることです。

家を建てている期間でも、普段の生活費はもちろんかかってくるので後からお金が足りずに家計を圧迫しないように余裕をもって資金計画を立てることが大切です。

3つ目は設計プランの打ち合わせを丁寧に行う事です。

家を建てる際、依頼会社と色んな話し合いを行いますが、特に時間をかけて丁寧に行うべきなのは設計プランの打ち合わせです。
ここでは時間をかけて自分の要望を伝え、納得できるまでプランを作り直すことが大切です。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てた先輩の失敗例をいくつかご紹介してから成功の秘訣をご紹介しました。
何か参考になることがありましたら幸いです。
当社は、実績を活かしてお客様のマイホーム作りを全力でサポートいたします。
何か疑問やお困りのことがございましたら、お気軽にご連絡ください。

http://sekidesign.com/