神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

月別:
2017/10

posted from instagram


posted from instagram
【クレバスハウス】homify ポルトガル語圏で紹介されています。Que privilégio nos dias de hoje poder aceder a sua casa através de uma zona acompanhada por vegetação. O que acha desta?! Não é preciso tanto como imagina para criar um ambiente deste tipo. Veja o jogo de sol e sombra, é impressionante não é?!https://www.homify.pt/livros_de_ideias/4243102/o-paisagismo-aplicado-na-entrada-de-sua-casa-10-exemplos#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #homify #クレバスハウス

posted from instagram


posted from instagram
【カタツムリの家】現場定例会議こたつの小部屋が姿を現してきました。

60e6e719ee991d98afec621a43a058f6_m

前回は、注文住宅でトップライトを設置するメリットについて、お話ししました!

それでは、トップライトのデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?
今回は、デメリットの側面を紹介したいと思います!

■直射日光が強すぎる場合がある

前回もお話しした通り、建物の北側にトップライトを設置すると、時間帯に関わらず一定の光を室内に取り入れることができます。

しかし、裏を返せば、トップライトを設置する方角によっては、時間帯によって強い直射日光が差し込んでくる場合があるということです。

例えば、東側の寝室にトップライトを設置すると、朝寝ている間に直射日光が差し込んできて、睡眠がとりにくかったり、知らない間に顔が日焼けしてしまうという可能性もあります。

また、西側のリビングにトップライトを設置すると、夕方キッチンで夕飯を作っている時に、西日が入り込み過ぎて、眩しいということも起こるかもしれません。
トップライトを設置する方角には、注意が必要です。

■日光による劣化が激しい

トップライトを設置した場合、窓の周りはシーリングと呼ばれるゴムで舗装されます。
シーリングは、他の屋根の素材と比べて、紫外線による劣化の速度が速いという特徴があります。

トップライトは天井にされるという特性上、紫外線を大量に受けてしまうため、シーリングが劣化し、雨漏りなどが起こる可能性が高くなります。そのため、定期的なメンテナンスが必要不可欠となってしまいます。

■掃除がしにくい

トップライトは、他の外壁と同様、外気に晒されているため、自然とゴミが溜まってきます。

トップライトにゴミが溜まると、せっかくのオシャレな窓が台無しになってしまうため、定期的に掃除をする必要があります。

このとき、トップライトは部屋の天井に設置されているため、非常に掃除がしにくいという欠点があります。掃除の際は、脚立等を使用する必要がありますし、場合によっては、脚立を使用しても手が届かないトップライトもあります。

その場合は、屋根に登って掃除を行うか、業者に掃除を依頼する必要がでてきます。
このように、非常に掃除がしにくいというのが、トップライトのデメリットの一つです。

■まとめ

今回、ご紹介したように、トップライトの設置にはいくつかのデメリットがあります。

しかし、前回お話しした通り、トップライトには大きな魅力もあります。トップライトを設置する際は、このメリットとデメリットを考慮に入れた上で、慎重に判断してください!

posted from instagram


posted from instagram
【料和大道】本日撮影photographer A.Fukuzawa#料和大道 #撮影 #格子がきれい

a91eedf0635fde97f8ed9b78b88ab903_m

「注文住宅で、トップライトを設置したい!」

注文住宅の間取りを考えている方の中には、トップライトの設置を検討している方もいらっしゃるかと思います。
トップライトは、天窓とも呼ばれ、オシャレな印象から多くの方に人気です。
では、トップライトをつけることで、どんなメリットがあるのでしょうか?
また、どんなデメリットがあるのでしょうか?

今回は、トップライトの設置でお悩みの方に向けて、トップライトのメリット・デメリットをご紹介したいと思います!
まずは、メリットからお話ししていきます!

■開放感のある部屋になる

トップライトのメリットとして、最初に考えられるのが、開放感の溢れる部屋になるということでしょう!

日中には青空、夜間には夜空を感じながらの生活は、すばらしい開放感を感じることができるでしょう。
トップライトの設置場所は、リビングだけに止まらず、お風呂や寝室等への設置も検討してみてもいいでしょう!

■採光性・通風性の高い家になる

トップライトを設置することで、日光が差し込み、明るい雰囲気の家を作り出すことができます。また、直射日光が気になる場合は、北側にトップライトを設置することで、直射日光を避けながらも、時間帯に関わらず安定した光を取り入れることが可能です。

風通しの観点で見ると、トップライトを開けておくことで、通風性が高くなります。暖かい空気というのは、建物の上の方に溜まる性質があるので、天井のトップライトを開けておくことで、暖かい空気が外に逃げ、風通しが良くなります。

また、採光性と通風性が高くなることで、夏には風通しが良くなるため冷房費が抑えられ、冬には日光を取り込めることで、暖房費を抑えることができます。このように、採光性・通風性の結果として、省エネが実現できることも、トップライトの魅力の一つです。

■プライバシーが守られ、防犯性も高い

トップライトは天井に設置されているという特性上、お風呂や寝室に設置しても隣の家から室内が見えにくく、プライバシーが守られます。
また、天井からは空き巣も侵入しにくいため、就寝中開けたままにしておいても安心できるという防犯性の高さも魅力です。

■まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、トップライトを設置するメリットについてお話ししました。
では、逆にトップライトを設置する時のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?
次回は、このデメリットについてご紹介します!

posted from instagram


posted from instagram
【土地購入のアドバイス】雨の逆瀬川土地購入のアドバイスをするための現況確認と周辺環境の調査にきています。土地の購入決定は家づくりの最初の難関の一つです。不動産屋さんの言う事だけを参考に決定するのはリスクを伴います。建築家としてその土地をどういう見方をするのか、無料でアドバイスいたします。家づくりに関するトータル予算もこの時点で把握しておかないと、家づくりに掛けるお金が無くなってしまうなんてことも。。。お気軽にご相談ください。#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #土地探し #無料アドバイス

4fc4667d386067658ec9c3768e1106c0_m

「注文住宅の間取りを考えている」
「どこに窓を設置するか迷う」

注文住宅を建てる時の一番の醍醐味と言えば、もちろん間取りを自分で考えているときですよね!

自分で設計した家で生活しているところを想像すると、ワクワクします!
そんな注文住宅ですが、完成した家の雰囲気を大きく左右するのが、窓の位置です。

一言で窓の位置といっても、窓の個数や高さなど、決めるべきことはたくさんあります。
その中で、今回は窓を設置する方角、特に北側の窓の魅力について、3つご紹介したいと思います!

■常に安定した日差しが入ってくる

東西南北それぞれの窓には、日差しがたくさん入って来る時間帯があります。
東向きの窓ですと、太陽が昇ってくるタイミングから10時ごろまでの間は、日差しが多く差し込みます。同様に、南向きの窓は、真昼の時間帯、西向きの窓ですと、夕方の時間帯にたくさんの日差しが入ってきます。

ここで、北側の窓の特徴として、直射日光ではないため、強い光ではないものの、1日を通して安定して日差しが入ってきます。

そのため、時間帯によってカーテンを開けたり閉めたりするという手間を省くことができます。
この北側の窓特有のメリットを活かして、北側に仕事部屋や書斎を持ってくると、日中にストレス無く生活することが可能です。

■南側の窓を活用することで風通しの良い家に

日中に多くの日差しが差し込んでくることから、南側に大きな窓を設置する方は多いのではないかと思います。
しかし、風通しという観点でみると、南側の窓だけでは、風通しの良い家と言うことはできません。

窓は1つだけ開ければ良いというものではなく、2つの窓を開けて、風の通り道を作ることで初めて、風通しが良くなります。また、その2つの窓が一直線上にあると、より効果的です。

そこで、南側の窓と同時に、北側の窓を設置することで、風通しの良い家を実現することができます。その意味でも、北側の窓を設置することにはメリットがあります。

■天窓も設置しやすい

注文住宅では、開放感のある家にするため、天窓を設置するという方もいらっしゃいます。

しかし、先ほどお話しした通り、東西南は太陽の通り道であるため、強い直射日光が差し込む時間帯があります。

それに比べて、北側は、直射日光が差し込むことがないため、日差しによるストレスを感じることなく、天窓を設置することが可能です。

■まとめ

様々な魅力を持つ、北側の窓!
注文住宅の間取りをお考えの際は、是非北側の窓をご検討ください!

posted from instagram


posted from instagram
【双子壁の家】Homifyで紹介されています。『曲線のあるインテリア5選 – ソフトな印象を加えるポイント!』"三角形の敷地と急斜面にあり、前面道路も坂道であるという珍しい敷地にある住まい。一見難しい条件が整ったこちらの場所に、株式会社SEKI.DESIGNの手がけた家があります。敷地の特性を考慮し、家が建つという敷地以外にも、隣地からの視線があるという視点も考えられてデザインされました。敷地的な条件をクリアしつつ、住まい手に心地よく感じる「好きなものに囲まれて暮らす」という点がプラスされ、シェルフや開口の形に個性を持たせてオリジナル感の溢れる住まいに仕上がっています。本住宅については「2枚の壁がサンドウィッチみたいな家」で詳細をご紹介しています。" https://www.homify.jp/ideabooks/3826226/曲線のあるインテリア5選-ソフトな印象を加えるポイント!#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #双子壁の家 #オーダー家具 #曲線美 #homify

8b21cd2ee8c449fb672f78d9b7b8d081_s

 

他の国や地域に比べて、地震が多い日本において、いつ何時、どこで地震が起こっても不思議ではありません。地震などの自然災害は防ぐことは出来ませんが、対策をこうじることにより被害を最小限に抑えることが出来る可能性はあります。

住宅を守るための対策として、考えられるのが、耐震工事と呼ばれるものです。耐震基準は何度か見直しがされており、新築住宅であれば最新の耐震基準に基づいた住宅となっていますが、基準が見直される前に建てられた住宅の場合には、基準を満たしていない可能性があります。

ある調査によると、築年数が30年を経過した住宅の多くが耐震基準を満たしていないという結果になったともされています。そこで、そのような住宅に対しては、耐震工事を行うことにより、万が一地震があった場合の被害を抑えることが出来るでしょう。

耐震工事の費用は方法や希望によっても異なりますが、平均は約180万円で、半数以上は150万円以内とされています。最も行われている件数が多いのが、内壁側から壁を補強するというものであり、その次は住宅の基礎部分を補強するというものです。

耐震工事をしたいと思っても、費用を捻出することが出来ないという理由で、工事を断念してしまう人も少なくはありませんが、住宅と命、財産を守るために大切な工事であるということを考えると、先延ばしにすることは出来ないのかもしれません。

耐震工事と一口に言っても、様々な工事内容があります。中には50万円からでも可能な工事もあります。そこで、一度に多額のお金を用意することが出来ないという場合には、優先順位を考え、費用対効果の高い工事から順を追って進めていくことをおすすめします。

自身の住宅の耐震性がどれほどあるのかを見た目で判断することは出来ません。自治体によっては住宅の耐震診断を無料で行っているところもありますし、工事費用の一部を補助してくれるところもありますので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

住宅の耐震工事を行うメリットとしては、地震による被害を抑えるということだけではありません。実は保険会社にもよりますが、耐震性を高めると、地震保険料が安くなることもあるのです。

保険料の割引を受けるためには、必要書類を提出する必要がある場合もありますので、書類に不備がないように、提出する書類を確認し、間違いなく提出をするようにしましょう。また、割引制度ついて分からないことがあれば、申し込み前に確認をしましょう。

 

http://sekidesign.com/

posted from instagram


posted from instagram
【山本通の家】Homifyで紹介されています。『LEDダウンライトでつくる広々モダンなインテリア』"LEDダウンライトは、従来のシーリングライトに比べてメリットが豊富です。リフォームや新築の早期に住まい照明プランを立てておくと、より自由度の高い演出照明が可能になり、部屋の雰囲気をイメージ通りに引き立ててくれます。後で後悔しないようそのメリットを知っておきましょう!今回は、LEDダウンライトのインテリア効果とメリットをご紹介していきます。LEDダウンライトは、本来一方方向に配光が狭いものが多く天井や壁に反射して眼に入射してくる光が少なくなり、一般的に部屋全体を暗く感じます。しかし、一方では、本を読んでいるときは、本から反射して眼に入射する光が多いため明るく感じます。また、照明器具の存在感を抑えながら光が得られるので、調理場などの視野にあかりが入り易く、また華やかさも強調されます。こちら株式会社SEKI.DESIGNが手がけるダイニングキッチンにはダウンライトが配置され、調理場での作業効率と共に、明るい雰囲気のダイニングが照明で演出され家族団欒の時間を優しく照らします。このように雰囲気と作業効率が大切なダイニングキッチンなどには最適な照明器具です。"https://www.homify.jp/ideabooks/4032706/LED%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%81%A7%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B%E5%BA%83%E3%80%85%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%B3%E3%81%AA%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #リノベーション #マンションリフォーム #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #renovation #moderninterior #japan #山本通の家 #homify #ダウンライト #ライティング