神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

23746830_s

マンションにお住みの方の中には、防音対策をしながら無垢のフローリングを使いたいとお考えの方がいらっしゃるでしょう。
騒音問題が発生しやすいマンションでは、防音対策をしながら自分好みのインテリアを取り入れる必要があります。
今回は、LL-45マンションで無垢のフローリングを使うにはどうすれば良いか解説します。

□LL-45マンションとは

上の階で発生した音が下の階にどの程度聞こえるかの基準にL値というものがあります。
そのL値の中でも、軽量物が床に落ちた際に下の階に聞こえる音に関してはLLで表します。
LL-45は具体的には、上の階でスプーンを落とした場合に下の階でかすかに聞こえる程度と表現されます。
そのため、LL-45マンションでは一般的には居住者からの苦情はほとんど出ず、遮音性能上望ましいとされています。

□LL-45マンションで無垢のフローリングを使うには

*無垢のフローリングを使う際の注意点

無垢のフローリングをLL-45マンションで使う場合には、その防音規定を守りましょう。
LL-45を満たない場合は工事しても居住できないといった問題が起きる可能性があるので、注意が必要です。

また、上下左右の階に工事の音が響く可能性があるため、トラブルを避けるためにも工事の際は事前に挨拶しておくことがおすすめです。

*無垢のフローリングを使う際の防音対策

1つ目の対策は、フローリングの下に防音マットを敷くことです。
防音マットをコンクリートの構造の上に敷いて、その上から無垢のフローリングを使うことで防音効果が期待できます。
防音マットは遮音性と吸音性があるため非常に効果的です。

2つ目の対策は、二重床にすることです。
床を二重にすることで衝撃音を和らげられます。
また、二重床は保温性が優れていたり、床下にガス管や電気配線を通したりできるというメリットもあります。
デメリットとしては、工期が長くなったり、床を上げるため天井高が低くなったりすることがあげられます。

3つ目の対策は、遮音性能のある無垢のフローリングを使用することです。
遮音性能がある無垢のフローリングを使うことで、防音マットや二重床を用いる必要がなくなります。
この方法を使うと工期が長期間に及ぶことがないため、すぐに無垢のフローリングを使用したい方におすすめです。

□まとめ

LL-45マンションで無垢のフローリングを使うにはどうすれば良いか解説しました。
無垢のフローリングを使う場合は、LL-45というマンションの防音基準をきちんと満たして使うようにしましょう。
何かわからないことや気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

http://sekidesign.com/