神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅の動線計画についてお悩みの方へ!動線計画についてご紹介します!

「注文住宅の動線作りのポイントを知りたい」
「女性に優しい動線作りにしたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅の動線計画を考えるときに動線のポイントを知っておきたいですよね。
今回は上記の疑問を解消するための情報をお伝えします。
ぜひ参考にしてくださいね。

□動線作りのポイントについて

皆さんは動線作りのポイントは何だとお考えですか。
イメージが湧かない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこでここでは動線作りのポイントについてご紹介します。
動線計画のポイントはなるべく短くすることです。
毎日の生活を快適に送るために、効率的に様々なことをこなすために、動線を短くすることを意識しましょう。
動線には「家事動線」「生活動線」「来客動線」の3つあります。
これらの動線がなるべく交わらないようにすると暮らしやすい間取りの実現が可能になります。
特に注意しなければならないのは来客動線が他の動線と交わらないようにすることです。
他の動線と来客動線と交わらないようにすると来客中でも浴室や洗面所を使いづらくなる心配がありません。

以上動線作りのポイントについてでした。

□女性に優しい動線作りについて

ここまで動線作りのポイントについてご紹介してきました。
動線作りについてイメージが湧いてきたと思います。
動線作りについて知った次に女性の優しい動線作りについても知っておきましょう。
まずは、キッチンの動線についてです。
調理道具や食材のストックの位置のレイアウトの配慮が必要です。
配膳のしやすさ、キッチンにいない家族も参加しやすさに焦点を当てて動線計画しましょう。
次に、洗濯動線についてです。
洗濯して干して畳んで収納するこの一連の流れを洗濯同線と言い、この一連の中で負担を減らす動線を心がけましょう。
例えば、洗濯機にかけられた後の重い洗濯物を干すまでの動線を工夫したり乾いた洗濯物をどこで畳むのが良いかを考えたりしましょう。
手伝ってもらったり働いている姿を見てもらったりすると良いでしょう。
また、掃除動線については、帰宅後に着替えたり手を洗ったりするために通る動線を意識すると掃除を必要とする場所を限定して意識して掃除するので家中が汚れることを避けられます。

以上女性に優しい動線作りについてでした。

□まとめ

今回は注文住宅の動線計画について興味のある方やお考えの方に向けてご紹介しました。
当初の疑問は解消されたでしょうか。
今回の情報を活用して注文住宅の動線計画を成功させてくださいね。
ご不明点がございましたらいつでもご連絡ください。

http://sekidesign.com/