神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

e3633f7e65c8bbbef5adae64be4e3386_s

「リフォームではどのようなトラブルがあるのだろう?」
依頼する際には、揉め事が起こらないか心配かもしれません。
余計なストレスにならないように、しっかいと対策を講じておきたいですよね。
今回は、リフォームでよくあるトラブルの事例と対策をご紹介します。


□リフォームにおけるトラブルでよくある事例と対策

*「見積もりよりも費用がかかって揉めている」

リフォーム工事では、業者との間にお金に関する揉め事がよく起こります。
たとえば、「見積もりよりも費用がかかって困っている」などの事例です。
作業を進める中で、当初の予定通りにはいかないことも多いです。
一部分だけを変えるつもりが、想像以上に損傷していて、追加の材料費が嵩むこともあります。
契約よりも高い金額を請求されると騙された感覚かもしれませんが、見積もりはあくまでも予想です。
高くなるかもしれないことを把握して、余裕のある資金の確保をおすすめします。

また、業者を選ぶ際にも、価格を見ただけで飛びつかずに、安い理由を把握するのが大切です。
気になる場合には、なぜ安いのかを質問してみましょう。
真摯に向き合う業者であれば、丁寧に答えてもらえます。
逆に何かを企んでいる場合には、曖昧な答え方しかしないでしょう。
そういった態度からも業者を見極めるとうまくいく可能性が高いです。

*「改修したのにすぐに不具合が起こってしまった」

改修したのにすぐに不具合が起こってしまう事例も挙げられます。
これは、リフォームならではの悩ましいところで、変えない部分もあることが原因です。
そのままの場所には湿気やゴミが溜まりやすく、新たに劣化が進行することもあります。
特に小規模な改修は、元々の間取りはそのままですから、隙間が生じやすいのです。
予め寸法をしっかりと計測しておくのが重要でしょう。

また、機器のみだけではなく、その空間全体もまとめて行うことで、余計な不具合を防げます。
そして、保証の有無についても調べておきましょう。
早期の不具合は、業者側の過失である可能性も考えられます
それを無償で引き受けてもらえるのであれば、費用の点でも安心ですよね。
保証の内容や料金に関しては、比べる際にも有効な判断材料です。


□まとめ

今回は、リフォームでよくあるトラブルの事例と対策をご紹介しました。
見積もりに関しては、費用が嵩むことも考慮し、安さには納得して選びましょう。
また、保証の内容に関してもしっかりと見ておくのが大切です。

http://sekidesign.com/