神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅を建てる際に知っておきたい、ローンの種類について
「注文住宅を建てる際に使う、ローンの種類について知りたい。」
注文住宅を建てる際には住宅ローンの申請をお考えの方も多いと思います。
借り入れる際には、どのような種類があるのかを事前に把握しておきたいですよね。
今回は、注文住宅を建てる際に知っておきたいローンの種類についてご紹介します。


◻︎注文住宅を建てる際に知っておきたい、ローンの種類について

ローンにはいくつかの種類があるのをご存知でしょうか?
適切なものを選ぶためにも、それぞれの特徴を理解するのが大切です。
ここでは、金利のタイプと返済方法に焦点を当ててご紹介しましょう。

*金利のタイプ

金利のタイプには主に、固定金利型・変動金利型・固定金利選択型などがあります。
固定金利型、融資を行った時点の金利が一定である方式です。
金利はその時々の情勢によって変化することが考えられます。
つまり、場合によっては支払う金額が上昇しうるのです。
そこで、最初の段階で変わらないようにすることで、返済計画を立てやすくできます。
一方で、変動金利型は、一年に一度金利の見直しが行われる方式です。
見通しが立たない点は不安かもしれません。
しかしながら、そのリスクも踏まえて平均的には低い金利に設定されています。
固定金利選択型は、一定期間経過段階で変更の有無を決められる形式です。
変動金利に興味があり様子を見たい場合には選ぶと良いでしょう。

*住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済方法には、元利均等返済と元金均等返済、の二種類があります。
元利均等返済(がんりきんとうへんさい)は、月々の金額が一定の方法です。
毎月の支払いが固定されている点で、資金計画が立てやすいのが特長でしょう。
ローンを行っている会社の多くはこちらの方法を採用しています。
一方で、元金均等返済(がんきんきんとうへんさい)は若干複雑です。
月々の返済額のうち元金を一定にして計算がされています。
つまり、最初は残りが多い分、多額の金利が上乗せられているのです。
しかしながら、支払いが進むと残りが減るために利息も減ってきます。
入居直後は大変かもしれませんが、徐々に改善していく点では嬉しいかもしれません。
また、支払いが終わる段階も短い点も押さえておくと良いでしょう。


◻︎まとめ

今回は、注文住宅を建てる際に知っておきたいローンの種類についてご紹介しました。
ご自身の状況によって最適なものは変わってきます。
新築後の生活が苦しくならないように、慎重に吟味して決めましょう。