神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅を建てる際の費用を減らすために知っておきたいこと

「注文住宅を建てる際の費用を減らすために何ができるだろう?」
注文住宅を建てる際には、費用のことが気になる方も多いと思います。
利用できるものがあれば、把握してなるべく負担を軽くしたいですよね。
今回は、注文住宅を建てる際の費用を減らすために知っておきたいことをご紹介します。


◻︎注文住宅を建てる際の費用を減らすために知っておきたいこと

注文住宅をはじめ、新築費用は人生の中でも大きな支出です。
その負担を少しでも減らすために知っておきたい三つのことをご紹介します。

*補助金を駆使する

住宅の新築に関しては、補助金の制度もいくつかあります。
たとえば、給付基礎額と持ち分の割合の掛け算で決まり、10~50万円程がもらえる給付金です。
新築した人が対象で、居住するのが条件ですから注文住宅であれば該当します。
他にも、地方自治体によって補助金を出しているところも多いです。
建築を予定している場所が決まっていれば、その自治体に問い合わせて確かめてみましょう。

*税金の控除を利用

税金の控除の利用によって、購入費用の負担を減らせるかもしれません。
そのうちのひとつで有効なのは、非課税の枠の範囲で贈与を行うことです。
贈与には様々な手段があってそこで生じる税金の課され方も変わってきます。
住宅の新築や取得が目的の場合である場合は、大きな控除が期待できるのです。
具体的には、直系尊属からの贈与に対しては、300万円~3000万円の範囲で控除がなされます。
将来的に相続も絡んできますから、早いうちに対策する意味でも有効でしょう。
条件が複雑なため、不動産会社や税理士の方に問い合わせて当てはまるかを確かめるのがおすすめです。

*生活に影響が出ないための資金計画

注文住宅の新築を住宅ローンも使って行うことをお考えの方も多いでしょう。
新築を実現する強力な支えである一方で、入居後の生活を脅かすリスクもあります。
自己資金で賄えないものを住宅ローンにする安直な考えだと、その後の暮らしも危ないものです。
また、借りるほど返済の利子も増えるため、総じて必要な費用も上がります。
工事内容の再検討も含めて、資金計画を進めましょう。


◻︎まとめ

今回は、注文住宅を建てる際の費用を減らすために知っておきたいことをご紹介します。
補助金や税金の控除は、新築で適用される事例も多いため、利用されると良いでしょう。
また、資金計画も慎重に進めて、なるべく借り入れる金額を減らすのも一つの方法です。

http://sekidesign.com/