神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅を考える際に知っておきたい、自然素材の特徴について
「注文住宅を建てようと思っている。自然素材の特徴を知りたい。」
注文住宅を建てる際には、自然素材のことが気になるかもしれません。
もし使う場合には、その特徴について理解してから検討したいですよね。
今回は、注文住宅を考える際に知っておきたい自然素材の特徴についてご紹介します。


◻︎注文住宅を考える際に知っておきたい、自然素材の特徴について

*室内の湿度を保つ効果

屋内にいても、夏のジメジメが耐えられないこともあるかもしれません。
一方で、冬の乾燥も健康面も踏まえると悩ましいものですよね。
この気候の大きな変動にどう対応できるかが住宅の課題です。
最近は加湿器や除湿器もあるほか、空調設備の発達によって湿度の調節ができるようになりつつあります。
しかしながら、今度は電気代の心配が出てくるでしょう。
そこで有効なのが、自然に由来するものを住宅の材料として使うことです。
特に、木は周りの環境の湿度を一定に保とうとする性質があります。
つまり、湿度の高い時には湿気を取り込み、逆に湿度の低い時には湿気を放出するのです。
この機能によって、住宅内部の湿度の変化を抑えることが期待できます。
多湿の時に心配なカビの発生や、乾燥による感染症の心配も減らせるでしょう。

*有害な物質を空気中にとどめない

ご自身またはご家族がアレルギー悩まれているかもしれません。
住宅環境での疾患が話題ですが、原因は気密性の増大や冷暖房設備の普及とも言われています。
特に、最近住宅によく使われている素材や接着剤や塗料には化学物質が含まれていることも多いです。
気密性があるために屋内にとどまりやすく、人体に入る確率も高まります。
自然素材はそもそも化学物質を含んでいません。
その点だけでも、身体に優しい素材と言えるでしょう。
また、空気に漂っている有害物質を取り込んで分解するものもあります。

*熱を伝えにくい

自然素材には、鉄筋やコンクリートといった他の素材よりも熱伝導性が低い性質を持っています。
つまり、温度の変化が起こりにくいのです。
通常の住宅は、外気に影響される面が大きく、冷暖房を稼働させ続ける必要があります。
室内の熱をなるべく維持することで、余計な電気代を削減できるでしょう。
また、部屋による温度の変化を減らせるため、ヒートショックなどの事故のリスクも下げられます。


◻︎まとめ

今回は、注文住宅を考える際に知っておきたい自然素材の特徴についてご紹介しました。
室内の温度や湿度を保つ効果が期待できます。
また、有害物質を使っていないため、健康にもやさしいでしょう。
こういった点を踏まえて、検討されるのがおすすめです。