神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

準備が大切、リフォーム前にしておきたいおすすめなことについて解説[1]

「リフォームをしようと思っているのだけれども、どんな準備をすれば良いのだろう?」
リフォームはなかなか経験しませんので、不安なことも多いですよね。
準備としても大切なことはいくつかありますが、その中でも近隣への挨拶回りは重要です。
今回は、近隣への挨拶回りがなぜ重要なのかということと、押さえておきたいことをご紹介します。

 


□リフォームの準備として近隣への挨拶が大切な理由は?

近隣への挨拶が大切な理由は、事前に工事のことを知ってもらって、気持ちなどの準備をしてもらうためです。
リフォームに関しては様々なトラブルが報告されますが、近隣からのクレームも多いです。
というのも、気付かないところで迷惑になっているためです。
たとえば、多くの担当者や車両が通ると音が気になります。
外出する際に見知らぬ人や車が行き来していると不安になるかもしれません。
そして、使っている素材や塗料には化学薬品が含まれていることもあり、臭いが発生してしまいます。
こういったことを事前に知っておくだけでも感じ方は異なります。
近隣の方とは、リフォームが終わった後も長い期間お付き合いをしていく間柄となる可能性が高いでしょう。
余計なトラブルで気まずくなるのを避けるためにも、予め伝えておくのが大切なのです。

 


□近隣への挨拶回りのコツ

近隣への挨拶回りのコツとしては三つほどあります。
まず、範囲としては両隣と向かい3棟に加え、裏側の3棟を回ると良いでしょう。
次に、手土産としてはあまり高すぎない、1000円程度のものを渡すのがポイントです。
あまりにも値がはる物を持っていくと、相手も困ってしまいますからね。
そして、実際に訪問した際には、工事の内容に加えてどのくらいの期間がかかる見込みなのかを伝えましょう。
工事担当者の人数や会社の電話番号なども教えておくと、相手側としても安心できます。
そしてもし、塗料が飛散するといった起こりうる事態が分かるようであれば、対策も含めて伝えておくのがおすすめです。

 


□まとめ

今回は、リフォームの準備としておすすめの挨拶回りについて、その重要性と押さえておきたいことをご紹介しました。
近隣への挨拶回りは、その後のトラブルを避け、お互いが気持ちよく過ごすために必要なことです。
周囲8棟を回るということ・手土産は1000円程度にとどめておくといったことがポイントです。
工事の概要や準備できることなども伝えて、揉め事が起こらないように対処していきましょう。

http://sekidesign.com/