神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

建築業者が解説、和風モダンの住宅にする際のポイント

「和風モダンの家にリフォームしたい」
「和風モダンの家にするときのポイントを知りたいな」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。

和風モダンの住宅は、おしゃれと機能性を備えており、幅広い世代に親しまれています。
しかし、どのような点を意識すればよいかわからないですよね。
そこで今回は、和風モダン住宅にする際のポイントについてご紹介します。

 

 

□自然素材

和風モダンの住宅には、自然素材が多く使用されています。
自然素材は環境にやさしいだけでなく、健康にもやさしいという特徴があります。
たとえば、自然素材は空気中のごみを吸着するという特性があります。
そのため、シックハウス症候群や化学物質過敏症といった症状の予防になるのです。

一方で、水分に弱い、反りや割れが生じるという特有のデメリットも持っています。
工事をしてもらう際は、自然素材の材質を事前によく理解したうえで資材を選びましょう。

 

 

□外観

和風モダンの住宅は、自然素材を生かした、伝統的、温かみのある外観が特徴です。
ただし、住宅の外観は、周囲の住宅の外観や景観条例に合わせて外観を考える必要があります。
和風モダンの住宅なら、和風な外観でも洋風な外観でも対応しているので、外観も柔軟に選ぶことができます。

 

 

□内装

*内装の特徴
和風モダンの住宅と聞くと、大がかりなリフォームが必要だと思った方もいらっしゃるでしょう。
しかし、もともと洋風な住宅を和風モダンにリフォームする場合、和風モダンな住宅は簡単に実現できます。
たとえば、一部に和風のクロスやタイルを張る、一部に珪藻土を塗るなどの工夫をするだけでも、洋風の家のアクセントになります。
和風と洋風の建築はとても相性が良いため、費用をかけずに簡単に和風の家にできるのです。

*和風と相性のいい家具を選ぶ
和モダン住宅にあったインテリアを選ぶことが大切です。
なかでも、北欧風のインテリアは和モダンな内装と相性が良く、シンプルで落ち着いた印象を与えます。

□費用

住宅を建てるとき、費用を心配する方は多いでしょう。
自然素材の住宅を考えるとき、材質によっては2倍以上の費用がかかる場合があります。
そのため、自分の希望や優先順位をよく考えて、事前に予算設定を考えておくと安心です。

 

 

□まとめ

以上、和風モダンの家にするときのポイントについてご紹介しました。
当社は、住まいや建築に関するご相談も受け付けております。
和風モダンの住宅に興味がある方は、当社までぜひお問い合わせください。
この記事が、皆さんの住宅選びの参考になれば幸いです。