神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

憧れのマイホームを手に入れたいという人の多くが、自分の理想やこだわりを取り入れた注文住宅を建てたいと思うものです。
しかし、コストのことを考えずに好みを詰め込んでいくと値段が高くなってしまうことが普通です。
見積もりを取ってみたけれども、コスト面で注文住宅は無理ということになってしまう場合があります。
ですが、コストダウンをする工夫をすることで手が届く範囲内で注文住宅を建てることができる場合も多いので、あきらめずにポイントをおさえて計画することをおすすめします。

 

注文住宅はコストが高くなるという理由にはいくつかの種類があります。
家は手間や建材がかかればかかるほど人件費や材料費が積み重なっていくため、部屋や仕切りがたくさんある、装飾が多いなどの場合にはコストが高くなってしまいます。
逆に壁や仕切り、装飾などが少なく、広くて開放的なつくりなら、広いリビングと仕切りのない開放的なキッチンにフリースペースなど、できるだけ大きな空間を活かしていくように設計をすることでコストダウンを図ることが可能です。

 

また、収納も各部屋や開いているスペースなどに細かく作りたくなるかもしれませんが、空間を活かしながら大型の収納を一か所にまとめる、手持ちの家具を利用するなど手間と建材を少なくすることで、収納力もありながら費用を節約することが可能です。

 

キッチンやトイレ、バスルームや洗面所などの水回りや冷暖房など、設備面でもコストダウンする工夫ができます。
最新式の設備は、多機能で高性能なので魅力的ですが、使うかもしれない機能や使わないと思われる機能がついているために値段が高い場合があります。
現在の生活と照らし合わせて必要な機能が必要な分だけついているシンプルな設備で、最新式ではなく値段が下がってきているものの中から選ぶことがおすすめです。
キッチンにこだわりがある人は大変多く、機能性が欲しくなる人も多いのですが、実際に毎日使いこなすことができる機能は意外と少ないものなので、冷静に考えることがポイントです。

 

こだわるものとこだわらないものをはっきりと分けて、こだわらないものは低価格のものを選んでコストダウンすることができるところが、注文住宅のメリットでもあります。

 

注文住宅でコストダウンをする工夫をするときには、価格が安い物を選びがちですが、こだわりがあり譲れないものや主要な建材などにはお金をかけて、こだわりがない部分は安いものを利用したり、思い切って省いてしまったりするなどのめりはりをつけて設計することで、コストダウンがしやすくなります。
注文住宅に詳しく実績がある建築士に相談することもおすすめです。