神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅とはメーカー製の建売住宅とは異なり、細部の仕様などを自分の好みに応じてオーダーできる自由住宅のことになります。

外壁の色や内装などはもちろんですが、間取りについてもオーダーが可能であることが一般的となっていますので、家族でじっくりと考えてみることをおすすめします。

 

注文住宅における間取りの考え方や注意点としては、まずは家族の部屋の必要の有無があげられます。

多くの場合お子様には子供部屋を与えたいと考える方が多いのではないでしょうか。

賃貸住宅や既成の住宅を購入すると部屋の数が足りず、兄弟で1つの子供部屋を共有することになるかもしれません。

せっかくの注文住宅ですからお子様の数に合わせて、子供部屋を設定することをおすすめしたいと思います。

またご主人の部屋や奥様の部屋についても、必要があれば検討しましょう。

ただし家族それぞれの部屋を設定するためには家全体がある程度大きいことが必要になりますし、無理をするとリビングなど肝心な場所に影響する恐れがありますので、あまり必要性を感じないようであれば省略するのも一つの考え方になります。

 

一方で近年ではあえて個室を設定せず、リビングを広くしたりワンルームに設定するご家族も多いようです。

広いリビングは家族の居間や応接間、さらに奥様の作業スペースやお子様の勉強スペースなど様々に活用することができます。

個室を作ると家族それぞれが孤立して、家族の交流が減少するという考え方もあるようです。

広いリビングに家族全員が集まるようにすれば、家族同士が自然に仲良くなるというメリットがあります。

 

その他の間取りの考え方や注意点としては、動線を意識した配置が重要になります。

例えばトイレや風呂を利用する際に客間の前を通る配置では、お客様が来た際に不都合を感じることが多くなるでしょう。

またキッチンと食事をする場所は近くにあった方が便利になりますし、タンスを置く寝室と洗濯物を干すベランダなども近い方が使いやすいのではないでしょうか。

比較的多いのは玄関から直接子供部屋に行ける間取りですが、そのような間取りでは子供の様子が把握しづらくなり、コミュニケーションに問題が生じる可能性などもあります。

外から帰ってきたお子様がリビングやキッチンの前を通って子供部屋に戻るような配置にすれば、親御さんとお子様の自然なコミュニケーションが生まれるはずです。

部屋の配置を一度決めてしまうとその後のリフォームなどによる変更は難しくなりますので、後で問題が生じることがないように慎重に検討してください。

 

http://sekidesign.com/