神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

土地購入でローンを申請するする際に注意しておきたいこと

普通、土地を購入する費用も新築を建てる費用も莫大なお金がかかるため、どちらも両方一気に購入することは難しいです。
そのため、土地を買うときもローンを組む必要になる場合があります。
土地購入をローンで済ませる場合にはいくつか注意点がございますので、今回はその注意点をご紹介していきます。

□ローンで土地を購入する際の注意点
*住宅ローン控除は適用される?
住宅ローン控除とは、住宅ローンを利用して自宅を購入する際に、ローンにかかる税金を減らすことができるという、住宅購入促進のための政策です。
土地を購入する際も住宅を建てるためであれば住宅ローン控除が適用される場合はあります。
しかし、ただ単に土地購入をローンで済ませると住宅ローン控除は適用されません。
土地を購入するだけでは家を建てるという保証がないためです。
土地購入に住宅ローン控除を適用する場合は、土地のローンと住宅ローンを一体化させなせればなりません。

*二つの融資のやり方について
土地先行融資やつなぎ融資というローンは家を建てるという建前であれば土地購入の際、借りることができます。
土地先行融資とは、先に土地代を融資してもらい、住宅分の融資を住宅が完成した時にもらう方法です。
金融機関によって家を建てるまでの期間が異なってくるため、複数に金融機関から資料を得るとよいでしょう。
また、つなぎ融資とは、住宅ローンを組む際に実際に融資が出るまで、土地や物件の支払いをするために組むことができるローンのことを言います。
こちらも利息や手数料は別でかかります。
 
*土地購入のローンはもったいない
土地だけのローンは金利が住宅ローンよりも高くついているため、土地購入だけのローンは少しもったいない方法です。
資金がある場合、住宅の方に費用をかけがちですが、金利の面からみると土地の方に多く費用をかけてしまって、住宅ローンで一気にその分を取り返す方が最終的には安く済みます。
資金に余裕がある場合は土地購入に回してしまいましょう。

□さいごに
土地購入の際にローンを組むことはそんなに良い方法ではありません。
本当に負担が大きく、払うことができないというときの最終手段です。
土地を購入して家を建てる際は、十分に資金をため込んでから土地のローンを組まずに済ませてしまうというのが一番良い方法です。
土地を購入して注文中住宅で家を作る際は、専門家に相談して計画を練ってから動くようにしましょう。

http://sekidesign.com/