神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

f96e82079e968b014c51959fd549e4bf_s

注文住宅を依頼する業者の選び方としては、まず、利用できる予算を設定し、そのうえで、自分がどのような家を建てたいのかということをあらかじめ決めておく必要があります。

そうすれば、業者が取り扱っている工法や構造から、依頼する候補を絞り込むことができますし、交渉もやりやすくなるため、値引きなども見込めるためです。これらの情報については、インターネットを利用すれば、簡単に確認することができます。

情報そのものは、業者のウェブサイトで確認するのが基本ですが、今日では、必要な情報を入力することにより、一括で条件に合った業者を表示してくれる査定サイトなども存在しています。このようなサイトを活用すれば、選択肢も広がるというものです。

次に、業者の信頼性を確認しておきたいところです。これについては、口コミサイトなどを利用することが推奨されます。さらに複数の口コミサイトで情報を収集した方が、情報の信頼性も高まることでしょう。

悪質な詐欺に騙されないためにも、事前の情報収集は非常に重要となります。

このようにして選択肢を絞り込んだら、まずは資料を請求します。これについても、インターネットから申し込むことができます。場合によっては、そのままウェブサイト上からパンフレットなどを確認したり、ダウンロードしたりすることもできます。

もちろん、近くに店舗がある場合は、そこでもらってくることもできますが、営業マンに話しかけられたりすることもあるため、注意が必要となります。

見学会などに参加するのは、このようにインターネットで確認できる情報を収集し終えてからの方が良いでしょう。なぜならば、見学会は非常に時間がかかり、場合によってはそれだけで1日を消化してしまうこともあるためです。

さらに、見学会の場で営業マンなどと話をすることもあるため、事前に希望に応じた質問などをまとめておけば、より効率的に見学会などを利用できるというメリットもあります。

ただし、見学会などで展示されている住宅は、オプションなどを全て備えた状態で建てられていることが多いということも忘れてはいけません。

そのため、いざ建築という時になって、欲しい設備がオプション扱いであることを知り、余分な出費を強いられるということもあります。これについても、営業マンから事前に情報を聞き出しておきたいところです。

ここまでの条件をクリアし、実際に営業マンと打ち合わせの段階に入っても、営業マンとの相性があまり良くないという場合もあります。

その場合は、別の営業マンに後退してもらうこともできますので、できる限り、知識が豊富で誠実な営業マンと交渉を行いたいところです。

http://sekidesign.com/