神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

自宅を事務所にしてしまいませんか? リノベーション編

 

前回に引き続き、今回も自宅でも職場でも最適な環境づくりをご紹介します。

前回は、自宅を事務所にするメリット・デメリットをお話しました。
今回は、自宅を自宅兼事務所にするためのリノベーションについてご紹介します!

・メリハリをつけるために
自宅で仕事をするデメリットとして、緊張感をもってメリハリをつけることが難しいということを前回の記事で紹介しました。
そんなときは、しっかり集中力を発揮できる環境をリノベーションで作ってしまいましょう!
ポイントとしては、一階と二階を事務所と自宅に分けることです。
同じ階にプライベートと仕事の空間を並列させてしまうと、プライベートと仕事がごちゃごちゃになってしまいがちです。
ですので、思い切って2つに分けてしまいましょう。
おすすめとしては、一階を事務所にして二階をプライベートな空間にすることです。
そうすることで、それぞれに合った部屋の雰囲気を作ることができます。
1階は比較的シンプルでスタイリッシュな雰囲気に仕上げ、インテリアもオフィスを意識したものを置き、2階は家族みんなで楽しく過ごせる暖かい空間にするなど分けて考えやすくなりますね。
また、1階に少し休憩できるスペースがあれば仕事で疲れた時にちょっとだけ休憩することもできますし、取引先の人が来た時にくつろいでもらうこともできます。


・ビルをリノベーションしてみる
自宅にあまりこだわりのない方は、思い切ってビルを自宅兼事務所にすることをおすすめします。
まずメリットとして挙げられるのは、普通の一軒家よりオフィスらしさを醸し出せます。
ビルだと取引先の方も違和感を感じることはないでしょう。
そしてビルの多くは駅の近くに立っていることが多いです。
もし駅から事務所まで近かったら、取引先の人も楽に来ることができます。
立地がよければ、家族全員にもメリットがあります。
仕事の関係で人が多く出入りされる方はビルを自宅兼事務所にするほうが便利です。


いかがでしたでしょうか。
自宅兼事務所に最適なリノベーションをすることで、よりよい生活を送ることができます。
エンジニアやウェブライターなどのクリエイティブな仕事をするならそのままのご自宅をリノベーションして、高いクリエイティビティを発揮できる環境づくりを。
コンサルティングや会計士といった信用が重要になる仕事をするなら駅に近いビルをリノベーションして自宅兼事務所にすることをおすすめします。
自宅に事務所を作ろうとお考えの方は、ぜひリノベーションをご検討ください!

http://sekidesign.com/