神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%83%e3%83%88

 

皆さんはペットと暮らせる家と聞いてどのような家を思い浮かべますか?
「ペット用の窓や扉がある家。」
「ソファがある家。」
などなどこのような意見を考えた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回はペットと暮らせる家というテーマでどのような点に注意するべきなのか、その方法についてお話していこうと思います。
 
まずペットと暮らせる家を作っていくにあたって、動物たちの目線がとても大切になってきます。リビングや寝室などを行き来する一員として心地よいスペースが必要になってきます。

どうしても犬たちが怒られたりした時に一人になって落ち着ける部屋が必要です。トイレなどとは異なり、不安を解消できる部屋をつくてあげましょう。
 
そして、もう一つ重要なのは動物たちの習慣を意識してあげるということです。ペットは人と同じようにストレスを感じやすくなっています。

これはどうしても動物のペースを守ってあげないからです。犬にとってのテリトリーなどを意識して世話してやることでペットもストレスのない生活を送ることができます。
 
そしてもう一つは好奇心の対象などを置いておかないことです。犬などの動物たちはなんでも関心を持っています。

これは人間の子供でも同じことが言えます。仮に動物たちがすぐに手に取りやすい場所にアクセサリなどを放置しておくと誤って動物たちが食べてしまったり壊してしまったりします。

このようなことを防ぐためにも飼い主として、ものの管理は徹底しなくてはいけません。
 
最後に、一緒に使う部屋を明確にしておきましょう。これは人間も一緒ですがペットと共有スペースを決めておくことでメリハリのある生活を送ることができます。

メリハリのある生活はそれぞれのストレスを軽減することができるようになります。また、一種の空間作りとしてある程度のルールを作っておくことが非常に大切になってきます。

このメリハリのあるのとないのでは居心地や住みやすさがかなり変わってきます。一緒に共同生活していくためにもこのような工夫を忘れないでくださいね。
 
いかがでしたでしょうか?
ペットと暮らせる家を運営して行くためには様々なことに注意して行く必要があることがわかりました。このような工夫はあまり知られていません。

しかし、飼い主としてのしっかりした義務を守って生活していきましょう。今日も読んでいただきありがとうございました。次回は遮音についてお話していこうと思います。
 

http://sekidesign.com/