神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

24159953_s

太陽の直射光が入らない北側の窓に暗いイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。
しかし、あまり知られていないけれど実はそのイメージが当てはまらないケースが存在します。
今回は、知っておくと便利な北側の窓のメリットを紹介します。
ぜひ家づくりの参考にしてください。

□採光に不向き?北側の窓の真実

東から昇って西に沈む太陽の直射光は、たしかに北側の窓から入りづらいです。
晴れた日は特に明るさに差が出てしまうので自然と暗いイメージを持ってしまいますね。

ですが、例外として北側が道路に面していて他の三方向を建物でふさがれている場合には北側の窓が一番明るく感じられます。
隣家やビルなどによって太陽の直射光が遮られ北側の窓と同じように直射光を取り込めず、さらには空の明るさや反射光などの直射光以外の光も入りにくくなるのです。

窓の明るさを考えるときには、方位だけでなく周辺環境によっても左右されることを念頭に置くべきですね。

室内により多く明かりを得るためには、方位よりも窓の大きさが重要です。
窓の大きさをしっかりと確保して周辺環境にも考慮することで、北側の窓しかない部屋でも十分に明るくなるようにできます。

□北側に窓をつくるメリットをご紹介!

*一日を通してムラのない明るさ

特定の時間に集中して光が差し込む他の方位とは違い、一日を通してムラなく安定した明るさを長い時間保てることが北側の利点として挙げられるでしょう。
日没まで強すぎないやわらかな明るさを確保できます。

*大きな窓を設けるのにちょうど良い

先ほども述べたように東や南など特定の時間に多くの光が差し込むような方位に大きな窓を設けると、日差しが強すぎてしまう可能性があります。
また、室温が上昇する原因にもなるのであまり大きな窓を設置するのには適さないでしょう。

一方、北側の窓は基本的に直射日光が差し込まないので大きな窓を設けても日中カーテンを引かずとも快適に過ごせます。

*住まいの風通しを確保できる

新築を建てるとき、南側の窓をメインとして設計する場合が特に多いです。
そのため反対の北側にも窓を設置することで風通しの良い住まいを作ることが出来ます。

□まとめ

今回は北側の窓からの採光の特徴と設けるメリットを紹介しました。
今まで持っていた暗い北側の窓のイメージが一変したのではないでしょうか。
当社ではお客様の理想に周辺環境も考慮した住まいづくりを心掛けています。

ぜひ当社にお客様の素敵な住まいづくりのお手伝いをさせてください、お待ちしております。

 

http://sekidesign.com