神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

御影の家

トップ写真

こどもが巣立った夫婦の住まい

神戸市の御影にあるマンションの1室のリフォームです。クライアントは、60代の夫婦。子供たちが巣立ち、いくつかの個室も不要になりました。

もとの住まいは、8帖と6帖のつづき間があり、そこに床の間と仏間、窓際には広縁があるという、よくみかける「日本の間取り」。多くの場合その〈つづき間〉は、もっとも日当たりのよい家の中心にあって、法事やお葬式がそこで行われ、お盆とお正月には親戚一同が集まる場所となります。

しかしいまでは、お葬式はセレモニーホールで、法事は家族だけでこぢんまりと行われるようになりました。盆と正月に集まるのは親戚ではなく、立派に成長した子供たちと大勢の孫たちです。家の中心は〈つづき間〉からLDKへと移り変わっていきました。

子供が巣立ったあとの、夫婦の住まいを考えました。

  • 
									<p>
										LDK:
床、造作家具、壁にはオークを用い、部屋全体を明るく、優しい印象に。壁に貼ったフローリング材をL型の間接照明で印象的に演出しています
									</p>
  • 
									<p>
										LDK:
同じオークでも、木目の出方の異なる板目と柾目を場所によって使い分けることで天然木の味わいを引きだしています
									</p>
  • 
									<p>
										LDK:
広縁に面していたころの庭は、普段あまり顧みられることがなかったようです。LDKになってからは毎日鑑賞でき、手入れにも一層力がはいって庭が生き生きとしてきました
									</p>
  • 
									<p>
										LDK:
右手奥は書斎コーナーです。個人の時間を大事にしながらも、同じ空間で一緒に過ごす。大勢が集まった時に、異なる場所に座っていても、楽しい会話がうまれます
									</p>
  • 
									<p>
										LDK:
照明のペンダントは伊東豊雄デザインのMAYUHANA
									</p>
  • 
									<p>
										主寝室:
白を基調としたデザイン。収納の扉も白にして、壁のようにみせています
									</p>
  • 
									<p>
										和室:
天井は桐の板張り。畳は縁無し、襖も襖縁を設けない「坊主襖」にして、余分なラインをなくしたシンプルでモダンな印象。床框はリフォーム前の床柱を加工して再利用しています
									</p>

photo: akiyoshi fukuzawa

空間構成

  • ご夫婦が最も長い時間を過ごすLDKを、日当たりのよい〈つづき間〉があったところへ移動。中心となるLDKを広くとることで、全体に風が抜けるようになりました。また天井・壁・フローリングを明るい色にして、その「明るさ」が空間に行き渡るよう配慮しています
  • 老後のため、LDKと寝室、寝室とトイレは直接アクセスできるように。通路の幅やトイレの大きさについても介護のしやすさを考慮しました。
  • プライベートな場所を見せずにお客の応接ができるよう、玄関から和室へ直接アクセスできるようにしました。子供たちが帰ってきた時には客間と和室が泊まる部屋になります

平面図

御影の家

所在地 神戸市
用途 専用住宅
家族構成 夫婦2人
竣工年 2015
構造 RC造マンション
敷地面積 ──
延床面積 131.1平方メートル
総工費 2200万円