神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

トップ写真

仏像カフェ

photo: seki.design

仏像が浮遊する、非日常の空間

大阪のど真ん中、船場本町のビルの地下で営まれるカフェのリフォームです(team@HAUS:岩田尚樹建築研究所と共同設計)。

SEMBA223cafe
大阪府大阪市中央区南本町2-5-9 ユーマンビルB1F

デザインメモ

  • 仏像を眺めながら一息つく、というコンセプトをもとにデザインした空間です。
  • 仏像の非日常性や象徴性を表現するために、雲の上に乗って浮遊しているようなディスプレイを考えました。
  • 仏像がディスプレイされているのは厚さ1mmの黒いパンチングメタルを折り曲げた棚です。ランダムに設えられた棚は、黒い壁に溶け込み、遠目にうっすらと雲のようにみえます。さらにライティングを絞り込むことで、暗闇に仏像が浮遊します。
  • 仏像はレプリカなのですが、イSムが質感・量感、そしてディテールにもてる限りの技を注ぎ込んだという職人の逸品です。気に入った仏像はここで購入することもできます。

In Preparation.