神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

Slit wallの家 Re:

トップ写真

壁の隙間がつくりだす〈広さ〉

マンションのリノベーションです。めざしたのはLDKを最大化すること。廊下を減らして部屋に取り込み、また部屋から部屋へ直接移動する導線を取り入れることでスペースを有効利用しました。空間の見え方としても、〈Slit〉のある壁を配することにより、「広く見える」工夫をおこなっています。

空間の構成

平面図

間取りの構成


広く見せる壁の仕掛け

プライバシーを確保するための壁は、〈視線や音〉を遮ることをめざすものですが、かといってそれを完全にしてしまうと、空間が狭くなってしまいます。今回、LDKを少しでも広くみせるため、最低限のプライバシーを確保しつつ、〈Slit〉によって抜け感のある壁をデザインすることにしました。

Slit wallの家 Re:・写真

Slit panel

ひとつめはこのスリットパネルです。天然木突板で構成された木目に合わせ、スリットをダイナミックにデザインすることで、ある方向からは透けて見える壁となっています。これにより、(洗面脱衣室内部が丸見えにならないようにしつつ)その前の廊下をLDKに取り込み、空間が広く見えるようになりました。一方、スリットパネルの前はゲストが宿泊する際に布団を敷くスペースとなっているのですが、たとえば夜間にキッチンや脱衣室を使っても、寝ているゲストのプライバシーが守られるような構造になっています。

Slit wallの家 Re:・写真

Glass slit

もうひとつは書斎とLDKを仕切る壁です。高さ1.9mの低い壁によって天井がつながって見え、LDKの〈広さ〉は損なわれません。書斎としても最低限の広さしかありませんから、天井の繋がりはホッとすることと思います。一方、機能的に音は遮りたいので、ガラスを嵌めています。また壁の上には間接照明を仕込んでいます。

TECTA M21

Slit wallの家 Re:・写真

ダイニングテーブルにはTECTAのM21を選びました。1979年にドイツのTECTA社によってつくられたこのテーブルは、アシンメトリーで独特の形をしています。デザインは高名なフランス人建築家のジャン・プルーヴェ。特徴は、一緒にいるのにプライベートも保たれるという、その天板の絶妙な形状です。どこに座っても全員の顔が見え、自然と目線が交わり会話が弾みます。しかし席が固定されないので、ゆっくりしゃべりたいときは隣に座り、作業をする時は少し離れてナナメに座るなど、気分に合わせて自然に距離を保てるようになっているのです。またその丸いデザインは、空間に優しく柔らかい雰囲気を付加してくれる効果もあります。

Photographs

Slit wallの家 Re:・写真

Slit wallの家 Re:・写真

Slit wallの家 Re:・写真

Slit wallの家 Re:・写真

Slit wallの家 Re:・写真

Slit wallの家 Re:・写真

Slit wallの家 Re:・写真

photo: akiyoshi fukuzawa

Slit wallの家 Re:

施工: 株式会社須々木工務店

所在地 神戸市
用途 専用住宅
家族構成 夫婦+子供1人
竣工年 2021
構造 RC造マンション(改装)
敷地面積 ──
延床面積 26坪
施工費 710万(税込)