神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

双子壁の家

トップ写真

好きなものに囲まれて暮らす

形状が三角形、前面道路は急な坂道で、周囲の敷地との高低差もある──という珍しい敷地に建つ家です。計画は、その敷地環境や諸条件を読み解きながら進められました。西側は道路に接し、東側にも隣家が迫っています。高低差のせいで、見下ろしたり見下ろされたりといった視線も考慮にいれておかなければなりません。

浮かびあがってきたのは、同じかたちの二枚の壁、すなわち〈双子の壁〉に挟まれたボリュームです。西側の壁は道路からの視線や騒音を遮り、法面の土留めをする役割、東側の壁は室内から見える景色をコントロールし、また周囲からの視線も遮る役割を果たします。一方、内部空間は、景色の広がる南北方向を軸としてプランニングを展開させました。

インテリアのコンセプトは「好きなものに囲まれて暮らす」。壁面のオープンな棚にお気に入りのものを飾ったりして、それが個性的な空間へと繋がっていくことをめざしました。

敷地環境を読み解く

  • 
									<p>
										西面外観:
急な坂道の途中に建つ住まいです。平行四辺形の壁が印象的
									</p>
  • 
									<p>
										南西より:
高低差が激しい環境です。壁面や開口部は、道路側からの視線をコントロールするデザイン
									</p>
  • 
									<p>
										主寝室:
将来は間を仕切ってふたつの部屋にわけることができるよう、あらかじめ扉や収納、配線などに配慮しています
									</p>
  • 
									<p>
										玄関ホール
									</p>
  • 
									<p>
										玄関ホール:
吹き抜けで2階LDKまでつながっているため、開放感のある空間です。階段横には、お気に入りのものを飾る棚が。ここへ「オープンに」収納することで、空間に個性がうまれていきます
									</p>
  • 
									<p>
										階段:軽快でモダンなデザインに仕上げました
									</p>
  • 
									<p>
										2階から玄関をみる:
右手奥の開口部は、和室の窓となっています
									</p>
  • 
									<p>
										2階全景:
すこしでも広くLDKが感じれるよう、書斎とリビングをひとつにしています。書斎コーナーの向こうが吹き抜けにつながっているのも、広く感じる工夫のひとつ。左手奥が和室です
									</p>
  • 
									<p>
										キッチンから書斎・吹き抜け方面をみる:
LDKや階下まで、つねに家族の気配を感じながら家事をすることができるキッチンの配置です
									</p>
  • 
									<p>
										ダイニングキッチン
									</p>
  • 
									<p>
										キッチンの収納と飾り棚:
天然木の表情を大切にしました
									</p>
  • 
									<p>
										LDK
									</p>
  • 
									<p>
										収納が空間の個性をつくっていきます
									</p>
  • 
									<p>
										2帖の和室
									</p>
  • 
									<p>
										和室の床の間:黒皮鉄でつくり、すこしモダンな雰囲気に。季節の花などを飾ってアクセントに
									</p>
  • 
									<p>
										ここにも〈好きなもの〉が
									</p>
  • 
									<p>
										正面夕景:2枚の壁に挟まれたボリュームとなっています
									</p>
  • 
									<p>
										LDK夕景:眺めのよい北側にむけて開口部を広くとっています
									</p>

photo: Daisuke Morimoto

空間構成

広い玄関

個室の広さを最小限に抑え、広い玄関を確保しました。オープンな収納に並べられた〈お気に入り〉が空間を彩り、帰宅時に迎えてくれます。吹抜けを介して2階LDKとつながっています。

オープンな収納

玄関やリビングにはオープンな棚をしつらえています。「隠す収納」とは反対に、お気に入りの小物を飾り、おしゃれに収納することで空間をつくっていこうという提案です。

書斎コーナー+リビングルーム

LDKをすこしでも広く感じれるよう、書斎とリビングをひとつにしています。

2帖の三角の和室

延べ床面積27.6坪と決して広くない家で、LDKをなるべく大きくしようという一方、どうしても和室が欲しいというご要望のなかでうまれた三角形の空間です。敷地の形状と同じかたちをした和室は、季節のものを飾ったり、ちょっと寝転がったり、お正月に夫婦でお節料理を食べたりと、暮らしの彩りとなる場所となるでしょう。床の間は黒皮鉄でつくり、すこしモダンな雰囲気に。障子の向こうは、玄関上部の吹抜けです。

生活の変化に対応できる間取り

将来子供が増えてもうひとつ個室が必要になったときに、主寝室を仕切って3LDKにできるような工夫をしています。ライフステージにしたがって生活は変化し、必要な空間も変わっていくもので、それを当初から見越した設計も大切です。

平面図

双子壁の家

所在地 神戸市垂水区
用途 専用住宅
家族構成 夫婦2人
竣工年 2017
構造 木造/地上2階
敷地面積 41.45坪
延床面積 27.65坪
総工費 ーー