神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

東平野の家

トップ写真

それぞれの庭の家

大阪の町中に建つ、夫婦とふたりの子供の家族のための住宅です。低く抑えられた深い軒と、それが水平に広がっていくたたずまいは日本建築の美しさのひとつ。今回はそれを表現することができる「平屋の住まい」がテーマです。たとえば壁に囲まれた小さな庭でも、高さのない平屋ならそこからの光と風を十分に建物のなかへ取り入れることができます。そこで建物へ差し込むように複数の庭を配置することにより、ダイニングや居間だけでなく、玄関、台所、浴室、各個室といったすべての生活空間が光と風に充たされる住まいをめざしました。黒竹と苔むす岩/格子とヤマボウシ/紅葉と灯籠/そして陸ガメの暮らす大岩──表情の異なる4つの庭は、家族ひとりひとりのものとして設計。「それぞれの庭」の家です。もちろん、全部屋がバリアフリーとなるのも平屋の魅力です。

《2015年 朝日ウッドテック・COOL JAPAN 施工例写真 with 言葉の力 コンテスト/銀賞受賞作品》

  • 
									<p>
										北西からのぞむ:
低い屋根と木製の縦格子が特徴的なデザイン
									</p>
  • 
									<p>
										西面ファサード:
デザインのアクセントとなっている縦格子の塀は光と風を通しながら適度にプライバシーを保ってくれます。街路からの視線があることで高い防犯効果も期待できます
									</p>
  • 
									<p>
										エントランス
									</p>
  • 
									<p>
										玄関口からエントランス方面をのぞむ:
内と外の間にある空間。差しこむ光がうつくしい陰影をつくりだします。その奥には[格子とヤマボウシの庭]が
									</p>
  • 
									<p>
										玄関:
突き当たりには[黒竹と苔むす岩の庭]がみえます
									</p>
  • 
									<p>
										廊下から[陸ガメの暮らす大岩]:
雪見障子によって視線を低くおさえ、個室への視線をコントロールしています
									</p>
  • 
									<p>
										ダイニングと居間:
[黒竹と苔むす岩の庭]に面した家族の集うリビング・ダイニング。一体の空間となっている居間は、引き戸を締めれば客間として機能します
									</p>
  • 
									<p>
										紅葉と灯籠の庭:
街路から室内は見えず、庭だけがかいま見えるように縦格子の角度を工夫しています
									</p>
  • 
									<p>
										リビング夕景:
間接照明の演出で落ち着いた雰囲気に
									</p>
  • 
									<p>
										西面夕景:
玄関の扉を開けると、街路から縦格子ごしに[黒竹と苔むす岩]まで見通すことができます
									</p>

photo: akiyoshi fukuzawa

空間構成

  • 建物に光と風を取り込む4つの庭は、それぞれご家族ひとりひとりのものとなっています。
  • 格子とヤマボウシの庭:木の竪格子を背景にヤマボウシと黒竹がある奥様の庭です。黒竹は外部からの目隠しに一役買っています。
  • 黒竹と苔むす岩:玄関を入って突き当たりに見えます。二階建ての隣家がすぐ横にあるので少し暗めになりますが、それを逆手にとり、苔のむすしっとりとした庭としました。和庭のお好きなご主人のために。
  • 陸ガメの暮らす大岩の庭:既存の大岩をいかした、娘さんのための庭です。隣地も庭になっているので明るく、大岩のうえは亀が甲羅干しするのに最適。廊下に面したところは雪見障子を、浴室には高窓を用いて視線をコントロールしています。あらたに植えた株立ちの姫沙羅に玉石を敷き詰めて和風モダンにしつらえました。
  • 紅葉と灯籠の庭:外部へせり出すほどの大きな楓を植え、既存の石橋、灯籠などを利用して和風の庭をデザインしました。ルーバーを通して街路へもアピール。和庭がお好きな息子さんの庭です。

平面図

東平野の家

所在地 大阪市
用途 専用住宅
家族構成 夫婦+子2人
竣工年 2014
構造 木造軸組み平屋建て
敷地面積 257.46平方メートル
延床面積 140.34平方メートル
総工費 ──