神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

露地のある家Re:

トップ写真

ただの廊下を、魅力的な〈露地〉に

一軒家の改修です。

露地のある家Re:・写真

広い家をプランニングする際に悩みどころなのが、どうしても暗くて長い廊下ができてしまいがちなことです。今回はその欠点を克服するべく、廊下を〈魅力的な露地〉に変えてしまうことをコンセプトとしました。

露地が持つ魅力はさまざまありますが、設計の際に気をつけたのは次の4点です。

  • 視線の先を見通せないドキドキ感があること
  • その先になにか素敵なものがありそうだと期待をもたせること
  • 露地から家族の活動が垣間見えること
  • 日本の伝統的なデザインを踏襲すること

玄関とLDKを繋ぐ退屈で窮屈なはずの廊下が、このような〈露地〉となることで、楽しく移動できる空間と変わりました。露地に面した土間のアトリエは、さながら京都の露地に面した御見世のイメージです。格子越しにちらちらとアトリエのようすが垣間見え、その先にあるLDKとも視覚的に繋がっています。

この露地が住まいなかで象徴的な空間となり、それが全体に波及することで、素敵なくらしができる家となりました。

平面図

Photographs

露地のある家Re:・写真

露地のある家Re:・写真

露地のある家Re:・写真

露地のある家Re:・写真

露地のある家Re:・写真

露地のある家Re:・写真

露地のある家Re:・写真

露地のある家Re:・写真

露地のある家Re:・写真

露地のある家Re:・写真

露地のある家Re:・写真

露地のある家Re:・写真

露地のある家Re:・写真

露地のある家Re:・写真

露地のある家Re:・写真

露地のある家Re:・写真

露地のある家Re:・写真

photo: akiyoshi fukuzawa

露地のある家Re:

所在地 大阪府堺市
用途 専用住宅
家族構成 4人
竣工年 2019
構造 木造2階建
敷地面積 115.8坪
延床面積 56坪
総工費 4200万円(耐震改修・断熱改修含む)