神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

トップ写真

神戸フレンチ

バーをリフォームした、カジュアル×クラッシック

神戸三ノ宮駅前の飲食店ビル内にあったバーを、もともとのクラシックな雰囲気のインテリアを最大限に活かしつつ、コストを抑えながらカジュアルなフレンチ・レストランへとリフォームしました。

クラッシックな品の良い空間のなかへ、軽快なデザインのカーペットやカーテン、さらには横長のガラスが嵌めこまれた白壁のモダンなエントランスを挿し込むことで、既存のデザインの形式を崩していきました。結果として、上品でありながらも堅苦しさがなく、明るいランチにも、ムーディなディナーにも合わすことができる空間づくりができたのではないかと考えています。

オープンキッチンとエントランス:
エレベータを降りると、目の前に白い壁とオープンキッチンが。調理中のシェフが一番にお客様をお迎えします

オープンキッチンとエントランス:
クラシックな家具と白いモダンな壁が調和しています

ウェイティングバーカウンター

客席ホール:
カーテンは外部にアピールするため、デザイン性の高いものを選びました

客席ホール:
壁の曲面に沿ってレイアウトされたソファからは、窓越しに三ノ宮の繁華街を見下ろすことができます

客席ホール見返り

客席ホール:
壁に掛かった額には、昔の神戸の街並みの写真が飾られています

photo: seki.design