神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

豊洲の家

トップ写真

猫と暮らす家

東京都江東区のとあるマンションの1室をリフォーム。夫婦ふたりと美しい猫が暮らすための家を提案しました。

  • 
									<p>
										猫の家とリビング・ダイニングルーム:
左手手前の格子の家具が〈猫の家〉。1階トイレ、2階リビングダイニング、3階寝室という3階建て。さらに屋上テラスからキャットウォークへとアクセスできるようになっています
									</p>
  • 
									<p>
										リビング・ダイニングルーム:
キャットウォークの下面には照明が仕込まれていて、カウンターデスクを照らします
									</p>
  • 
									<p>
										夕景
間接照明を工夫して、レースインのカーテンを美しく照らすように。猫の家の格子へも斜めからライティングして、カタチを強調しています
									</p>
  • 
									<p>
										カウンターデスク:
カウンターデスクは無垢のタモ材。テレビ台家具とともにデザインしました
									</p>
  • 
									<p>
										主寝室
									</p>

photo: akiyoshi fukuzawa

空間構成

  • 猫と人が快適に暮らすための空間です。
  • ルーフテラスつき3階建ての〈猫の家〉と、そのルーフテラスから続くキャットウォークをデザインしました。
  • マンションによくある直貼りフローリングの、独特のふわふわ感とツヤツヤとコーティングされた質感から脱却したいというクライアントのご要望でした。そこでマンションの管理規約に定められた遮音性能をクリアしつつ、〈質感〉を確保するため、表面に4mmの無垢材が用いられている三層フローリングへ張り替えました。
  • フローリングの張り替えで従来より床の高さがあがるため、既存の建具の下部をそのぶんカット、段がつく部分には緩やかなスロープをつくり、バリアフリーの性能を保持しながらの改修工事となりました。

平面図