一級建築士事務所 seki.design / セキデザイン

House in Oshibe-dani

トップ写真

Compactible life with joy

Ran into a street musician one day and we hit it off well together afterward…He shared with me his & his wife’s plan for a new life with their extended families, then decided to take down the storage building next to the main house and build there a brand-new house for his own family with 2 sons.

北面の外観:
北面の玄関は、若夫婦専用のメインアプローチです

The challenge in designing was how compactible their living space could be since the existing building allowed only as much land space as for the storage building available for a new house. However, as they planned to move in the main house eventually, it was okay to be designed, without tenacity of future functionality, to be free, fun and comfortable.

2階への階段からLDKを見下ろす

homify idea books

Desires from the client

  • Overall design – Creating a comfortable space to feel connected wherever they are in the house
  • Interior design – “Be natural” and “like a café” as keywords, based on his wife’s preference

Space configurations

  • Took advantage of the land elevation
  • 2 entrances: Other than the main entrance, there is another door to the main house for easier access.
  • On the 1st floor, the 700mm gap between the dining room and living room is filled with room-wide stairs; the 300mm-wide steps as well as handrails are made of Douglas fir, which gives “warmth” and “ease”.
  • From the open-ceiling dining room, the living room and the bedroom on 2F are viewable. From the bedroom, a black isle leads to the husband’s hobby sanctuary, which, in the near future, may turn into his kids’ secret base camp.

平面図

敷地の周囲には田園風景がひろがっています

東面の外観:
柱型の垂直のラインに差し込むように、水平の庇をデザインしました

東面の玄関:
東面には母屋との行き来がしやすいように、もうひとつの玄関をつくりました。扉にはもとからあった蔵戸を再利用し、新しい住まいに記憶の連続性をもたせています

南東面の外観

玄関内部:
右手には母屋へ続く蔵戸、奥には若夫婦専用の扉と、人が行き交う場所であることから、「溜め」の空間としてデザインしました

キッチンから吹き抜け/LDKを望む:
1階は敷地の勾配をいかし、700mmの高低差をつけています。キッチンに立つと、ダイニングルームやリビングルーム、吹き抜け越しの寝室と、空間のすべてを一望することができます

キッチンから吹き抜け/LDKを望む

リビングから吹き抜けを仰ぐ:
ブリッジの突き当たりには、「秘密」の小屋裏部屋が。扉を閉めると壁に貼られた桧が継ぎ目なく繋がり、隠し扉のようになります

リビングからダイニングを望む:
700mmある高低差を大階段でつなぎ、大人も子供も楽しい家になりました。床材は300mmと幅広の米松。リビングから階段、ダイニングまで、目地を合わせて張ることで、視覚的にも空間が連続的に見えるようにと考えています

ダイニングルームから階段を見る:
階段の手摺も米松の梁材をボルトでつなぎ合わせてつくり、無垢材の重量感と暖かみを感じられるようにしました

2F寝室

LDKからリビングを望む(夕景)

外からLDKを見通す:
照明はすべてLEDですが、暖かみのある空間となるよう計画しました。リビングのダウンライトも光源のまぶしさを感じさせず、床面のみを明るくするグレアレスのものを選んでいます

photo: akiyoshi fukuzawa