神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

Concept
私たちの建築に対する考え方

私たち[株式会社seki.design]は、住宅をはじめ、クリニック、店舗インテリア、マンションといった建築物の設計監理を主な業務とする一級建築士事務所です。みなさまと一緒につくりあげていく建築が、周辺地域に対しても良い影響を与えることができるよう、常に心がけながら設計をおこなっています。

住まいについてお考えの方へ

住まいの設計において、私たちがとくに力をいれているのは、クライアントであるみなさんとの対話です。

私たちは、その対話のなかから設計のヒントを見つけ出し、それを機能と結びつけながら「カタチ」にしていきます。他愛のないエピソードでも、そこから得られたヒントが「カタチ」となって設計にいかされ、専門家である私たちでも初めはイメージできなかったような、素敵な住まいが生まれることもあります。

「個室が3つでLDKは20帖欲しい」──そんないわゆる[nLDK]的な要望をプランニングすることは、パズルを解くのと同じでそう難しいことではありません。しかし私たちは、それだけでは語ることのできない、「住まいのカタチ」をご提案したいと考えています。

たとえば、設計/デザインに〈優しさ〉を込めること。思いやり、愛情、安らぎ、真夏の木陰に吹き抜ける風のような、あるいは春のひだまりのような心地よさ。言葉にならない思いをくみ取り、それを実際のカタチにする。なぜなら、その「カタチ」がこれからみなさんとそのご家族の未来を育んでいくのですから。

それは、子供が大きくなるにつれて間取りが変化する住まいや、たった3帖だけど借景を楽しめる豊かな畳間、田舎が懐かしくなるような大きな土間、といったようなものなのかもしれません。いずれにせよ、そうやって、〈優しさ〉や〈思い〉をカタチにしていくことで、暮らしは変わっていくと考えます。

便利な設備や、LDKの広さばかりが優先されてしまいがちですが、少し見方を変えてみませんか? みなさんとそのご家族が、いちばん心地よいと感じられる「住まいのカタチ」。それを見つけ出すお手伝いができたなら、私たちも幸せに思います。

商業施設についてお考えの事業主様へ

建築にとって大切なのは、もちろん芸術性・文化性だけではありません。そこに経済性というベースがきちんと築かれた上で、初めて建築というものが成立するのだと私たちは考えています。商業施設の設計では、まず事業コンセプトやターゲットとするお客様像を明確化し、それらをイメージしながらデザインを進めていくことが重要です。そのため、私たちは事業の計画段階からの総合的なサポートも業務として行っております。どのような段階であっても、ぜひ一度ご相談ください。

また、私たちは特殊建築物の定期点検、収益マンションの大規模修繕についても業務実績があります。無駄を省くためのアドバイスや、競争入札、見積り査定など、事業主様のメリットを最大化するためのお手伝いをいたします。