神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

iphone11pro ハンズオン

iPhone11pro3つのカメラ撮り比べ超広角.標準.望遠#撮り比べ#3つのカメラ#iphone11pro

iphone11pro 当日入手

iphone11pro 256 スペースグレーゲット!二年ぶり、Xホワイトからの機種変です。スペースグレーこんな質感だっけ?実際はずーっとケースしてるので質感忘れてますが。。久々に、静かにi phone祭りでした。まだカメラの実力は試せてません。#iphone11pro #スペースグレー #祭りだ祭りだ♫
土地と不動産を決める手順は?注文住宅の悩みを一挙解説!

「土地と住宅ってどちらを先に決めるの?」
「注文住宅はどういう手順で進めればいいの?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
注文住宅とは所有、もしくは購入している土地に、自分の理想の家を建ててもらう住宅のことを指します。
土地と家両方を一から決めるとなると、どうしようか悩みますよね。
そこで今回は土地と住宅を決める手順と適切なタイミングをご紹介します。

□土地と住宅を決めるタイミング
結論を言うと「土地と施工会社は同時並行で探す」です。
多くの方はローンを組んで住宅を購入されると思います。
しかし、住宅ローンを借りるためには、住むための家を建てる目的が必要です
そのため施工会社が決まっていない状態では、土地代に対して融資してもらえないのです。
「つなぎ融資」と言って土地を決めてから住宅ローンが借りられる、完成までの間の融資をもらう方法もあります。
しかし、金利が高めに設定されていたり、借りられる金融機関が限られていたりするので、基本的には土地と施工会社は並行して探すことをおすすめします。

□注文住宅を進める手順

*理想の暮らしをイメージ
まずはどのような家がいいかを考えます。
家の間取りや立地、建物のデザインなど、いろいろある条件から自分のいいと思う優先順位をきちんと明確にしておきましょう。
これによって完成時に理想とのズレを無くします。

*資金計画を立てる
自分の出せる資金がいくらかを考え、余裕をもって返済できる金額を予算としましょう。
大まかには土地代+建物代になりますが、他にも建物を建てた時の費用や、購入した時に必要な「登記」というものにかかる費用などの諸経費も計算に入れましょう。

*土地を探す
予算と住む場所のイメージが決まれば、不動産会社に自分の希望条件をもとに探してもらいましょう。

*施工会社を決める
大手や地域密着型の会社などから選ぶことになります。
複数の会社と相談し、自分の希望通りの家を作ってくれる会社に絞りましょう。
具体的な家の造りについての条件を提示すれば、スムーズな取引ができるでしょう。

*敷地調査を行う
希望通りの家がきちんと建てられるかの調査を行います。
土地の条件、方位、大きさ、形状、高低差、道路の位置など、周辺をすべて調べます。

*契約を交わす
不動産会社から購入する土地に関する説明を受け、問題がなければ契約となります。
この時手付金が必要なので、注意しましょう。

*工事請負契約を結ぶ
施工を代わりに行うための契約を交わします。
とても資料が多いので、事前に準備してもらい目を通しておくことをおすすめします。
その後、引き渡しを受けて新居生活になります。
このように手順は多めですが、きちんと段階をわけて対処することがポイントです。

□まとめ
今回は土地と住宅を決める手順とタイミング、それを行うに当たっての注意点をご紹介しました。
当社では注文住宅に関することは随時無料で受け付けております。
是非お気軽にお問い合わせ下さい。

 

http://sekidesign.com/

快適な暮らしを実現!適切な注文住宅の動線計画と家具の配置とは?

 

「寝る部屋からトイレまでが遠い」
「快適な造りにするにはどうすればいい?」
「いざ住んでみたけど、家具が邪魔でコンセントが届かない」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
家づくりの大事な要素として、日々の生活でストレスが溜まらない造りであることが挙げられます。
動線をきちんとすることで、この問題を解決しましょう!
例えば、寝起きでトイレに行きたい時にトイレが遠いと不便ですし、洗濯機からベランダが遠いと何回も廊下を往復する必要があります。
このように家を建てる際、「動線」という人が通る経路を便利にすることが、快適な生活を送る重要な要素になります。
そこで今回は注文住宅における動線計画と、それに合った家具の配置をご紹介します。

□基本的な考え方
動線計画を考える時重要なのが、「動線の種類が被らないこと」です。
動線には、ご飯や洗濯、掃除を行う「家事動線」、リビングからトイレやお風呂など部屋を移動する「生活動線」、家族以外が家に来た時に通る「来客動線」、この3種類があります。
これらが交差しないようにすれば、快適に生活できます。
例えば来客動線が生活スペースに被っていなければ、そこを通らずにお客さんを案内できます。
このように注文住宅で家を作る際は、これらができる限り交わらないように動線計画を立てましょう。

□ポイント

*人の動く幅を考え、動線に余裕を持たせよう!
人が通る移動スペースを十分に確保すれば、ストレスフリーで家の中を過ごせます。
一般的に正面を向いて移動する時に必要なスペースは55~60cm、横向きで通る時は45cmほどになります。
少し広めに取ることで、圧迫感もなくなるでしょう。

*動線の邪魔になる場所に家具を置かない
もちろん移動スペースの途中に家具があればそれを避けて通る必要があります。
これでは一回ずつ移動するたびにストレスになります。
例えば洗濯物を干す時にリビングに置いているソファが廊下にはみ出ていたらどうでしょう?
横を向いて通ったり、洗濯籠を持ち上げたりすることになるかもしれません。
これは少し大げさな例かもしれないですが、家具の置き場所には注意しましょう。

*家具を置く場所はコンセントを考えて
注文住宅で失敗したと感じる人の多くが、コンセントと家具の位置関係を問題に挙げています。
コンセントが家具で隠れてしまったり、動線を気にしすぎて家電の位置とコンセントの位置が離れてしまったりすることがあります。
現代の生活に電気は必要不可欠です。
家具の配置を考える時は十分注意しましょう。

□まとめ
今回は家を建てる際の動線計画と、それに合った家具の配置をご紹介しました。
家具の配置を頭にいれながら、動線を考えるのは難しいと感じる方もいらっしゃると思います。
当社では、お客様の理想をかなえるための最適なプランをご用意しております。
注文住宅についてお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

 

http://sekidesign.com/

iphone11pro予約完了!

iPhone 11pro 256GB予約完了〜!二年ぶりダー#iphone11pro