神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

トップライトに合うインテリアの組み合わせをご紹介

「トップライトを取り入れたいのだけど、どこに設置したらよいかわからない」
「インテリアとトップライトとの組み合わせ方を知りたいな」
このようにお困りの方はいらっしゃいませんか?

トップライトは、設置することで自然の光を取り入れることができるので、家の様々な場所で活用できます。
そこで今回は、トップライトに合うインテリアの組み合わせをご紹介します。

 

 

□本棚

 

書斎や勉強スペースにトップライトを設置することで、読書灯の費用を抑えられるというメリットがあります。
トップライトから入る柔らかい光は、本を読むときや勉強するときに手元を照らしてくれるでしょう。

 

 

□ベッド

 

寝室にトップライトを設置するのも効果的です。
トップライトの採光効果は壁に設置する窓に比べて約3倍あると言われています。
日光を効率よく取り入れることで、睡眠の質の向上が期待できるでしょう。
トップライトから差し込む自然の光で気持ちよく目覚める生活、とても素敵ですよね。

ただし、光の入る角度によっては眩しすぎて目が覚める、雨音がうるさくて寝られないという可能性もあります。
そのため、トップライトを設置するときは、高さや角度に十分気をつけましょう。

 

 

□リビング

 

リビングにもトップライトを設置する住宅が増えています。
特に木製のチェアや自然素材の住宅とは相性が良く、部屋全体に自然な色合いで落ち着いた印象を与えます。
もともと暗い部屋ではもちろん、白を基調とした明るい部屋でも、トップライトからの光は家具やインテリアの色を際立たせる効果があります。
また、トップライトは家全体の空気の循環を良くし、採光の効率も格段に良くします。

 

 

□その他

 

そもそもトップライトは、日照時間が短い北欧で屋根裏スペースを有効活用するために設置されていました。
そして現代の住宅でも、トイレやお風呂など、暗くなりがちな部屋にトップライトを取り入れる工夫があります。

また水回りは湿気がこもりやすく、放っておくとカビや水垢といった汚れの原因になります。
そのため、水回りにトップライトを設置する際は、換気ができる開閉式のものがおすすめです。
この他にも、階段や廊下を開放的な空間にするためにトップライトを取り入れる施工事例があります。

 

 

□まとめ

 

以上、トップライトに合うインテリアについてご紹介しました。
トップライトとインテリアを上手に組み合わせることで、部屋を明るく、開放的に見せることができるでしょう。
この記事を参考に、皆さんもトップライトを取り入れた住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

一戸建てを建てる際に重要な外壁の素材の選び方

一戸建てを建てる際に注目すべきポイントの1つに、外壁があります。
外壁の素材にこだわることで、見た目の印象を変えることができたり、防水などの性能を追加できたりします。

そこで今回は、一戸建ての外壁に使う素材の選び方についてご紹介します。


□外壁の役割とは

外壁が持つ役割は大きく2つあり、1つはデザイン面で、もう1つは機能面です。
デザイン面は色、形、質感のことで、素材によって見た目に与える印象が異なります。
機能面では、雨風を防ぐこと、熱を遮断すること、音を防ぐことなどが挙げられます。

これらのどれを重視するかによって選ぶべき外壁の素材が変わるため、欲しい機能やデザインを明確にしておくことが大切です。


□外壁の種類と特徴

*窯業系サイディング

外壁として最も多く使われている素材で、全体の3分の2の割合を占めています。

防火性に優れており、デザインやカラーが豊富なのが強みです。
レンガのような見た目、木目のような見た目の外壁を作ることができるため、おしゃれな外壁を作りたい方にはぴったりです。

ただし、塗膜には注意が必要です。
本来窯業系サイディングには吸水性があり、表面に塗膜を塗ることによって防水性を出しています。
この塗膜の耐用年数は5~7年で、それ以上放置すると防水性が失われ漏水し、内部の建物にダメージを与えてしまいます。

また、本物のレンガのような質や味は出せないことも念頭に置いておきましょう。

*金属サイディング

防水と防音の2つの耐性を持っている素材です。
また、シンプルながらカラーバリエーションも豊富なので、こちらも見た目が良い外壁になります。

ただ、薄い金属でできているため、強い衝撃が加わると凹んでしまう可能性があります。
また耐用年数は10~15年で、それを超えると錆びやすくなるためメンテナンスが必要です。

*モルタル

火に強く、また温度が上がりにくい性質を持つので、遮熱効果のある塗料を使うと暑い日が多い日本で重宝します。
つなぎ目がなく、見た目が美しいのもポイントです。

しかしひび割れには注意が必要です。
また、モルタル自体は水に弱いため、防水の塗装が剥がれないようにメンテナンスが必要です。

*ALC

内部に小さな気泡があり、そのおかげで熱を伝えにくくなっています。
そのため、断熱性能と耐衝撃性能が高い素材です。

ただし、他の素材より少しコストがかかる、デザインが少ないといった特徴もあります。


□まとめ

一戸建ての外壁の素材の選び方をご紹介しました。
どのような性能がほしいのかによって素材を選ぶことが大切です。

 

http://sekidesign.com/
北欧風のインテリアにするのにおすすめのものは?

「北欧風のインテリアを取り入れたい」
「おすすめの北欧風のインテリアを知りたいな」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

北欧風のインテリアはおしゃれで人気があります。
また北欧風の家での暮らしにあこがれを抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、初めはどこから手をつけてよいかわからないですよね。
そこで今回は、おすすめの北欧風インテリアをご紹介します。

 

 

□白やグレーのモノトーン

 

北欧では、長い夜でも家が明るいように、白の壁やインテリアを取り入れている住宅があります。
白はシンプルなうえに、他の色との相性がよいです。
そのため、家具やカーテンなどの配色を柔軟に組み合わせることができます。

また、グレーのモノトーンも人気があります。
グレーで統一すれば、男前で落ち着いた印象の部屋になるでしょう。
このように、シンプルな色にアクセントとして小物や家具を配置することで、おしゃれな北欧風の住宅になります。

 

 

□ナチュラル感のある家具

 

北欧風インテリアとして皆さんがイメージするものが、自然素材の家具ではないでしょうか。
木製のソファやチェア、ラックを取り入れることで、とても暖かみのある部屋になるでしょう。
また、丸みのある家具にすれば、部屋全体がやさしい印象になります。
他にも、布製の家具で統一すれば、スタイリッシュな雰囲気を出すこともできますよ。

 

 

□照明

 

北欧インテリアと聞いて、おしゃれな照明を思い浮かべる方も多いでしょう。
なかでも、ペンダントライトにはさまざまなデザインがあり、飽きが来ません。

また部屋に合わせてデザインを選べるのも、北欧風ならではの特徴といえるでしょう。
ただし、明るすぎる色はかえって目立ちすぎてしまい、部屋の明るさを損ねるかもしれません。
そのため、まぶしすぎない、やさしい色のライトを選ぶとよいでしょう。

 

 

□その他

 

北欧風のインテリアにあう雑貨をご紹介します。

 

*幾何学模様

シンプルな幾何学模様を取り入れれば、モノトーンの部屋のアクセントになります。

 

*植物

緑色は、白やグレーといったモノトーンとの相性が良い組み合わせです。
植物が家にあると、一気に落ち着いた雰囲気の部屋になりますよ。

 

 

□まとめ

 

以上、北欧風のインテリアについてご紹介しました。

北欧風のインテリアは、ナチュラル感やシンプルさを大切にして家具を選ぶとよいでしょう。
この記事を参考に、理想の北欧インテリアで家を彩ってみてはいかがでしょうか。

相楽園をのぞむ家

【相楽園をのぞむ家:Re】RC3階建てのリフォームです。全部スケルトン、断熱もサッシも防水もやりかえる大リフォーム。現場は着々と進んでいます。#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #リノベーション #リフォーム #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #renovation #moderninterior #japan #kobe #相楽園をのぞむ家 #ギャラリア #しげちゃん
建築物設計にかかる費用と安くする方法を解説

「家を建てるときには、どのくらいの費用が必要なのだろう?」
「少しでも費用を安くおさえたいな」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?

家を建てるときに一番気になるのが費用ですよね。
費用の目安を知っておけば、余裕をもって準備できるでしょう。
そこで今回は、建築費用の目安と、費用を安く抑えるための方法についてご紹介します。

 

 

□費用の目安

建築の際にかかる費用は、大きく分けて「工事費用」、「土地費用」、「諸経費」の三つに分かれます。
目安はおよそ1000万円から3000万円です。
費用を安くおさえたいという方は、まずどの費用がどのくらいの値段を占めているのかを確認しましょう。

 

 

*工事費用

工事費用は全体の費用の7割から8割を占めています。
家の基礎や構造の工事はもちろんですが、門扉や庭といった外構工事、内装工事も含まれています。
設計の費用削減をお考えの方は、工事費用をいかに安くするかが一番のポイントです。
ただし、家の構造や耐震性といった、生命の安全かかわるところは妥協しないことをおすすめします。

 

*諸経費

災害保険や登記手続きの手数料といった経費です。
全体の費用のおよそ1割程度です。
他にも、地盤の調査費用などがかかります。
諸経費は基本的に現金で払うものが多いので、前もって金額を確認し、確保しておきましょう。

 

*その他

ほかにも、引っ越しに必要な費用や催しに必要な経費があります。
催しとは、たとえば地鎮祭や上棟式があげられます。
こうした費用も全体の1割程度を占めています。

 

 

□費用を安くする工夫

 

*水回りを集中させる

お風呂やトイレといった水回りの配置を近くにすることで、配管の工事費用を節約でき費用を抑えられます。

 

*予算を立てる

予算を立てることと費用を安くすることに関係があるのかと思った方もいるはずです。
予算を立てれば、家の隅々まで見直すことができます。

そして、予算を立てながら設備に優先順位をつけていくとよいでしょう。
万が一予算を越えても、優先順位をつけておけば、優先順位の低い場所から費用を抑えればよいと分かります。

 

*専門業者に相談する

業者に相談すると、費用に関するアドバイスをもらえるでしょう。
自分が希望する予算に柔軟に対応してくれる業者を選ぶことも、費用を安くするために有効です。

 

 

□まとめ

以上、建築にかかる費用と、費用を安くするための工夫についてご紹介しました。

住宅の建築をお考えの際は、計画的に準備を進めましょう。
建築費用に関して不安な点があれば、当社までお気軽にご相談ください。