神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅で家を建てる際に取り入れたい!北欧風な家にするためのポイントとは?

誰しも一度は外国風の家に憧れを抱いた経験があるのではないでしょうか。
ニューヨーク風、パリ風、フレンチ風と様々ありますが、その中でも近年日本で人気が高まっているのが北欧風の家です。
そこで今回は、注文住宅で家を建てる際に取り入れたい北欧風の家にするためのポイントをいくつかご紹介します。

 

□注文住宅で北欧風の家を建てるポイント

 

*北欧風の外壁を選ぶ

 

北欧の地域は森や湖といった自然に囲まれた環境にあるため、家に使用される建材も景色と馴染むような自然素材のものをよく使用します。

本場では実際にレンガや木を外壁に使用することも多いですが、日本ではサイディング材と呼ばれるレンガ調や木目調の外壁材を使用することが一般的でしょう。
外壁に使用される色には、白や茶色、ベージュといったカラーに人気があり、北欧風な雰囲気を残しつつ、周囲と馴染やすいという特徴があります。
より本場の雰囲気を近づけたい場合は、青や紺色などはっきりとした色味やレンガ調の外壁を選ぶのも良いですね。

ツートンカラーと呼ばれる異なる2色を使用した外壁も、北欧風の家づくりにおすすめです。
対象的な2色を組み合わせたり、一方をレンガ調のものを選びアクセントにするなど、その組み合わせは様々です。
自分の好みに合わせた北欧風の外装を実現できるため、より家主の個性を強調できますね。

 

*北欧風の屋根の特徴

 

北欧風の家といえば、勾配のきつい大きな三角屋根が特徴的ですよね。

家を建てる際にこの三角屋根を採用することで、一気に北欧風な印象が強まります。
さらに屋根材と洋瓦を採用することで、温かみに加え、全体的な雰囲気をより北欧風なものしてくれるためおすすめです。

 

*好みに合わせた窓や玄関ドア選び

 

北欧の窓は、光を多く取り入れるという目的から大きく設計されているのが特徴です。

より本場の家に近いデザインを求められる際は、大きめの窓がおすすめですが、断熱性も問題などもあるため、家の日当たり具合などを踏まえて検討しましょう。
窓には二重窓や断熱性のものもあるため、自分の理想や予算に合わせて設計すると良いですね。

玄関ドアは、外壁の色にあわせて組み合わせると良いでね。
全体的に統一感を出したい場合は、木製のドアを採用することがおすすめです。
北欧風の家では、赤や白をアクセントとして玄関ドアに使用することもあるため、外壁との相性を踏まえ、好みで組み合わせると良いでしょう。

 

□まとめ

 

今回は、注文住宅で家を建てる際に取り入れたい北欧風の家にするためのポイントについてご紹介しました。

外壁や屋根だけでなく、窓や玄関ドアにもこだわりをもって選ぶのは面白いですね。
理想の北欧風の家を目指せるよう注文住宅で家を検討される際は、ぜひご参考にしてみてください。

http://sekidesign.com/

注文住宅でトップライトをご検討の方必見!トップライトのメリットとデメリットとは?

トップライトから差し込む穏やかな自然光に憧れ、注文住宅を建てる際、トップライトの採用をお考えの方も多いのではないでしょうか。
「気になるけど、トップライトのことはよく分からない」
そんな方のために、今回は注文住宅で採用する前に知っておきたいトップライトのメリットとデメリットをご紹介します。

 

□注文住宅でトップライトを採用するメリット

 

天井にトップライトを設けることの最大のメリットは、その高い採光性です。

家の側面に取り付けられるごく一般的な窓からは、反射光と呼ばれる太陽の光が反射した光が差し込まれるため、採光性としてはあまり高くありません。
一方のトップライトは高い位置に取り付けられるため、直射光のみならず、天空光という曇り空であっても差し込む光があるため、安定的な明るさを確保できます。
トップライトの位置は北側に設置しても問題がないため、電気代の節約にもなりますね。

開閉式のトップライトは、家全体の風通しの良さにもつながります。
温かい空気は上昇するという性質を利用し、トップライトとそれより下に位置する2つの窓を開けることで、自然な風の通り道が作れます。
通常の通風の約4倍の効果があるといわれるトップライトの風通しの良さは、建物が密集する場所にも最適といえるでしょう。

 

□注文住宅でトップライトを採用するデメリット

 

トップライトの最大のメリットである高い採光性は安定的な光を供給してくれるという反面、夏場は非常に暑くなるというデメリットもあります。

採光性の高さから大きいトップライトを設置すると、夏場の暑さの問題につながるため注意が必要です。
トップライトに使用されるガラスには遮熱性や耐熱性があるものがあり、またブラインドの設置といった対策も踏まえて検討しましょう。

天井などの高い場所に位置するトップライトは、見た目のかっこよさも魅力の1つですが、設置場所が高いが故に、ガラスの掃除が困難という問題があります。
掃除のたびに脚立を用意する必要があり、さらに反対側の窓を掃除するには清掃業者への依頼も検討する必要があります。
きれいな状態を保つためには清掃業者への依頼など、それなりの維持費もかかるため、コストの問題も踏まえた上で検討するようにしましょう。

 

□まとめ

 

今回は、注文住宅で採用する前に知っておきたいトップライトのメリットとデメリットについてご紹介しました。

メリットとデメリットを比較した上で、理想の家に相応しいトップライトを検討しましょう。
注文住宅でのトップライトの採用についてお迷いの際は、ぜひご参考にしてみてください。

http://sekidesign.com/

注文住宅で叶えるモダンスタイルな家づくりをご紹介!

せっかく注文住宅で家を建てるなら、見た目にもこだわったおしゃれな家を目指したいですよね。
そこでおすすめなのがモダンスタイルを取り入れた家づくりです。
今回は、モダンスタイルな注文住宅を叶えるために押さえたいポイントをいくつかご紹介します。︎

 

□モダンスタイルな注文住宅の外観

 

モダンスタイルの家というと、無機質かつ洗練された現代的なデザインが印象的ですよね。

シンプルなデザインが故に、おしゃれに仕上げる方法がわからないという方も多いのではないでしょうか。
まずは外観からモダンスタイルに見せるため、いくつかのポイントを押さえましょう。

 

*モノトーンで色味を合わせる

 

シンプルさが特徴のモダンスタイルでは、それに合わせて色味もモノトーンにすることで全体的に統一感のある仕上がりになるでしょう。

基本的には白をベースカラーとし、お好みに合わせて黒やグレーなどの無彩色と組み合わせると良いですね。
更に全体的に無機質な印象を強めたい場合は、外壁にコンクリートを採用するのもおすすめです。
打ちっぱなしのコンクリートはおしゃれなだけでなく、耐久性と耐火性が高いことから安全面においても安心ですよね。

 

*外観のラインを意識する

 

モダンスタイルならではのシンプルなデザインにするためには、色味だけでなく、外観のラインもシンプルになるよう意識しましょう。

外壁の凹凸をできるだけ少なくし、直線的なラインを用いることで、より無機質な印象を与えます。
さらに外観がシンプルになることで、窓の形などの工夫によっては、さりげないアクセントにもなります。
洗練された美しい印象の外観を作るには、全体的にベースはシンプルなものを選ぶよう心がけましょう。︎

 

□モダンスタイルな注文住宅の内装

 

内装もモダンスタイルで統一する場合は外観同様、間取りもシンプルになるよう心がけましょう。

部屋を直線的に構成することで全体的にスッキリと見え、洗練された印象を与えます。
さらにシンプルな間取りは、アクセントウォールや床などの材質を目立たせるため、さりげないアクセントを加えられます。
おしゃれでこだわりのある部分は目立たせつつ、全体的に統一感を出すためにも、内装の間取りには気をつけたいですね。

 

□まとめ

 

今回は、モダンスタイルな注文住宅を叶えるために押さえたいポイントについていくつかご紹介しました。

統一感のあるモダンスタイルにするためには、事前にポイントを知っておくと良いですね。
モダンスタイルな注文住宅をお考えの方は、ぜひご参考にしてみて下さい。

http://sekidesign.com/

気になる間取りはこちら! http://sekidesign.com/work/mzn.html 〈コンセプト〉 コストを抑えながら、空間の質を変える 2014年完成の木造在来工法2階建の住宅を改修しました。予算が限られていたため、デザインする部分はLDKに限定。その他の部分については、間取りに多少の変更を加えた程度で、シンプルな素材を用いコストを抑えました。 LDK 壁に囲まれていた台所を解放し、対面キッチンに変更。間接照明が仕込まれたチークの板張りとキッチンからダイニングへ続くモノトーンの壁面収納が空間を特徴づけています。ダイニングの椅子をソファを兼ねることができる低いベンチ形式のものとすることで、その分なにもない床を大きく取ることができ、空間を広く感じることができるようになりました。キッチン対面のカウンターは奥様の家事や、将来の子供の勉強スペースとして活躍します。 生活スタイルに合わせて クライアント夫婦は共働きのため、かねてより室内干しができるランドリースペースが欲しいとの要望がありました。そこで玄関の横にあった6畳の和室を思い切って(来客が宿泊したり仏壇をおいたりする予定がないため)シューズクロゼットとランドリースペースとして再構築。ランドリースペースは洗面脱衣室から直結しており、足りない収納を補助する役割があります。衣類の乾燥や作業環境の快適性のためエアコンも設置しました。 書斎の増設 2階には子供部屋にしては広すぎる個室があったため、一部を切り取り、2畳のご主人用書斎を構築。デスクや壁面収納を作り付けで作成しました。コロナ禍でのリモートワーク、ビデオ会議の時にとても役立っているということ。エアコンも設置しており、なんでも手が届くちょうどよい空間で快適だと高評価でした。 #一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #リノベーション #リフォーム #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #renovation #moderninterior #japan #kobe #明石の家:Re #ローコスト #間取りが決め手
ウェブサイトにアップしました。 弊社ショールームから極近ですので、タイミングがあえば内覧もさせて頂けます。 お施主様のご好意が身に染みてありがたいです。 お片付け上手な方だからこそなせる技です。 http://sekidesign.com/work/ymg.html <コンセプト> LDKと2ndリビングあわせて150平方メートルものリッチな空間を実現した、マンションのリノベーションです。 〈にぎやかなLDK〉と〈くつろぎのリビング〉、〈朝日を浴びるLDK〉と〈暖炉を眺める静けさのリビング〉──設計に際して、ふたつの空間をそのように対比させながら構成していきました ふたつの空間は、視線のつながりを保ちながらも様々なシーンに対応できるようにつくられています。ただ広いリビングで〈団欒〉するというわけではなく、それぞれがしたいことによって居場所を変え、それぞれの時間を過ごしつつ、しかし家族として集うことのできる空間をめざしました。 #一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #リノベーション #マンションリフォーム #モダンインテリア #その場所にしかない建築 #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #renovation #moderninterior #japan #kobe #2ndリビングのある家 #2ndショールーム?