神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

 

bcdbf41865012e4320ba3887313da9e4_s

「リフォームでトイレを直そうと思っている。」
「素材などを選ぶ際に押さえておきたいことは何だろう?」
トイレを修繕する際にはそこで使う材料や新たに取り入れるものに悩むかもしれません。
せっかくの機会ですから、使いやすく快適なものを採用したいですよね。
そこで今回は、トイレの素材などを選ぶ際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

□トイレの素材などを選ぶ際に押さえておきたいポイント

*手入れが行いやすいもの

ご存じの通り、しばしば汚物や水が飛び散る場所です。
他の部屋と比べても掃除を行う頻度は高いですよね。
汚れが落ちにくいものですと、徐々に目立ってしまいますし、手間もかかります。
そこで、手入れが行いやすい素材を選ぶのが良いでしょう。
中には水拭きだけでも簡単に落ちるものもあり、それであれば頻繁な掃除も苦にならないですよね。
日々の手入れの行いやすさは、快適に使えることにも直結しますので、意識しましょう。

*水や薬品をはじきやすいもの

掃除をする際には薬品を利用するかもしれません。
水や薬品がその場に続けると、カビの繁殖や素材が腐る被害が生じます。
湿気の多い場所でもありますから、薬品や水をなるべくはじきやすいものを選びましょう。

*間取りと相談して窮屈ではないか

特に新しい機器にする場合や和式から洋式への交換では、間取りも大きく変わります。
その際に、狭いなどの理由で困ることが多いものです。
現在の間取りと相談して、不便なく使える大きさであるかを検討しましょう。
気に入った機器で入りそうにない場合には、間取りの変更を考えるのも良いかもしれません。

*手洗い場が隣接しているか

間取りとの相談ですが、現状のトイレに手洗い場がない場合には設置をおすすめします。
汚れた手でドアや別の部屋のものを触るしかなく、衛生上よろしくないためです。
また、掃除をする際に水が簡単に持ち運べないと不便なものです。
もし存在しない場合には、設置を検討されると良いでしょう。

*窓の配置に注意する

新たに窓の設置をお考えかもしれません。
暗さを軽減し、換気にも使える点では有効ですが、外からの視線も気になります。
手が届く範囲の高さにし、ガラスや格子などで見えにくい構造にしましょう。

□まとめ

今回は、トイレの素材などを選ぶ際に押さえておきたいポイントをご紹介しました。
特に素材を選ぶ際には、手入れが行いやすいもの・水や薬品をはじきやすいものであるかを判断しましょう。
また、間取りとも相談しながら、新しい機器や手洗い場の設置をされるのもおすすめです。

 

http://sekidesign.com/

1733d3471e2271f46f59cd54a7aded63_s

「注文住宅を建てようと思っている。」
「成功するためのポイントは何だろう?」
注文住宅を建てる経験は滅多にありませんから、うまくいくか不安な方も多いと思います。
費用もかかりますから、要点を押さえて臨みたいですよね。
そこで今回は、注文住宅を建てる際に知っておきたい成功事例やポイントについてご紹介します。

□注文住宅を建てる際に知っておきたい、成功事例やポイント

*収納面を充実させて余裕のある空間に

普段生活している空間をなるべく広くしたいとお思いかもしれません。
最大限使おうと思うと、収納場所を削る傾向が見受けられますが、むしろ逆なのです。
ものがあふれてくると快適さも下がるため、同じくらいの優先度で検討するのをおすすめします。
また、スペースの上や周りにインテリアや雑貨を飾るとよりおしゃれな空間にできます。
お客様だけではなく、ご自身も入ったときに快適さを感じられるでしょう。

*業者選びを慎重に行って理想の相手に

紹介された会社にそのまま決めようとお思いかもしれません。
時間もかかりませんし、全く知らない業者よりも誰かの評価が出ている方が安心できるでしょう。
しかし、評判の良いところがご自身にとって最善の相手とは限らないものです。
なぜなら、今回行う事例には精通していないかもしれませんし、相性も関わってくるからです。
そこで、業者は必ず複数を比較して決めましょう。
金額はもちろんですが、説明の丁寧さや施工経験の豊富さなどから決めるのがおすすめです。
何度も話を深め合い、比較して決めた業者は安心感が違いますし、お互いの信頼も深まっていきます。

*動きを踏まえて部屋を配置し、使いやすく

家の使いやすさで大きな影響を与えるのが、行き来が少ないかです。
面倒に感じると快適にも過ごせませんし、使わないのは本末転倒でしょう。
そういった失敗を避けるためには、家事動線を意識して配置を考えることがおすすめです。
キッチンであればシンク・コンロ・冷蔵庫でよく行き来があります。
また、洗濯では洗濯機・物干し場所・クローゼットの間もよく通るでしょう。
毎日の生活を想像して、同じ動きをするものを見つけ、部屋の配置を検討しましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる際に知っておきたい成功事例やポイントをご紹介しました。
収納を充実させる・業者を慎重に選ぶ・動線を踏まえるなどが押さえておきたい観点です。
じっくりと進めて、理想の住まいを実現しましょう。

 

http://sekidesign.com/

71c9fe4f90acf507c3074f90ac1bf901_s

「注文住宅ではどう間取りを考えるのだろう?」
「おすすめの決め方について知りたい。」
注文住宅を建てる際には、間取りについてお悩みかもしれません。
快適に過ごすためにも、コツを押さえて考えたいものですよね。
間取りを決める際には、何を重視するのかをしっかりと検討するのがおすすめです。
そこで今回は、間取りを決める際におすすめしたい観点についてご紹介します。

□間取りを決める際におすすめしたい観点について

*快適に移動できるかを重視して部屋の配置を考える

快適さに大きな影響を与えるのが、行き来が少ないかです。
特に毎日同じ作業を行うものについては、時間がかかると厳しいですよね。
そこで、家事動線を意識して配置を考えることがおすすめです
たとえば、洗濯では洗濯機・物干し場所・クローゼットの間を行き来しますよね。
キッチンであればシンク・コンロ・冷蔵庫の間を動くことが多いものです。
そういった一連の流れに使う部屋を近くにすることで、移動の大変さを減らせます。

*収納を優先的に考えて、そこから逆算して部屋の配置を考える

注文住宅でよく挙げられる失敗が、収納が不足していることです。
普段生活している空間をなるべく広くしたいと思って削ると使いづらくなります。
なぜなら、ものがあふれてくると快適さも下がるからです。
毎回他の部屋に移動させて片付けるのも面倒ですから、収納場所は十分に確保しましょう。
そのためには、まず収納スペースとして使える部分を探します。
その上で、スペースの広い場所にものを使う部屋を配置すると片付けは行いやすいでしょう。
今後の生活で荷物が増えることも考えられますので、余裕を持ったスペースづくりがおすすめです。

*音を考えて配置する

家の中には、落ち着いて過ごしたい場所も設けたいものですよね。
リビングや寝室などが音の出る場所や通りの近くにあると騒音が気になります。
また、風呂や手洗いの音が隣家に聞こえるのは気が引けるかもしれません。
そういった音の気になる部屋はなるべく道路や音の鳴る部屋から離すと良いでしょう。
残った空間に、他に必要な部屋を配置していきます。

*採光性と風通しを重視して配置する

住宅が受ける太陽の光や風をうまく取り込みたい方も多いと思います。
普段過ごす時間の長い場所を南側に配置すると、採光性は確保できるでしょう。
また、風通しは地域にもよりますが、一直線上に配置して取り込みやすくする工夫もひとつです。

□まとめ

今回は、間取りを決める際におすすめしたい観点についてご紹介しました。
収納・動線・採光性などは考慮しないことで後悔する事例が多い観点です。
ご自身にとって大切だと感じるものを優先的に採用していきましょう。

 

http://sekidesign.com/

6b4dfb0abb4c250291580cc125db8d67_s

「新築の話の中で、注文住宅と建売住宅という言葉が出てきた。」
「両者には、どのような違いがあるのだろう?」
新築の話の中では、様々な種類の住宅が出てきますよね。
しかし、その特徴や違いがよくわからないかもしれません。
注文住宅と建売住宅も区別がつかない事例によく挙げられます。
費用もかかりますので、違いをしっかりと把握して、自分に合うものを選びたいものです。
そこで今回は、この両者の違いについてご紹介します。

□新築の種類、注文住宅と建売住宅の違い

この両者は、新築住宅の種類を指す言葉です。
手の入れ方や工程の順番などによって三つの大きな違いがあります。
それぞれみていきましょう。

*自由度の高さが全く異なる

この両者の大きな違いの一つに、自由度の高さが挙げられます。
なぜなら、住み始めるまでにする作業が大きく異なるからです。
建売住宅は、間取りや設備などは予め定まっています。
言葉の通り、既に建てて売られていることが多いです。
購入のイメージが強く、主な取引先は不動産会社です。
希望の商品を決まった形から探していくことを想像してもらうとわかりやすいでしょう。
一方で、注文住宅は建てる前に一緒に家づくりを行います。
依頼主様のご意見を踏まえながら間取りや設備を決めていきます。
そのため、思っているものをそのまま実現しやすいのです。

*住み始めるまでの時期も大きく異なる

この両者は、住み始めるまでの期間でも大きな違いがあります。
建売住宅は、既に建てられていることも多いです。
また、仮に未着工でも、設計は完了しています。
そのため、購入して間もなく住める可能性が高いです。
一方で、注文住宅は設計の段階を経て建てられます。
実はここの過程が数か月かかるのです。
全体で半年くらいになると思っておくのが良いでしょう。
さらに、ご要望によっては普段とは違う施工方法を採用することもあります。

*価格に幅があるか決まっているか

分譲住宅は間取りや設備などが予め決まっているため、価格が確定しています。
一方で、注文住宅は価格が大きく変わる可能性があります。
なぜなら、家づくりに使うものが特に決まっていないからです。
たとえば、より良い設備を取り入れると高いですし、逆に節約して安くできます。

□まとめ

今回は、注文住宅と建売住宅の違いをご紹介しました。
新築の種類ですが、自由度の高さや住み始めるまでの期間などで違いがあります。
両者を比較して、ご自身にとって都合の良い種類で新築を実現していきましょう。

 

http://sekidesign.com/

 

1a338567e481b6f709c8e588ae292c39_s

「注文住宅を建てようと思っている。」
「挨拶回りが重要と聞いたけど、目的やポイントは何だろう?」
注文住宅を建てるのはあまり経験しないことですよね。
ですから、不安なことも多いかもしれません。
準備で大切なことは多いですが、特に近隣への挨拶回りは押さえておきたいことです。
今回は、注文住宅を建てる前に知っておきたい、挨拶回りの目的とポイントをご紹介します。

□注文住宅を建てる前にする挨拶回りの目的は?

近隣への挨拶回りをする目的は、事前に工事のことを知らせて、気持ちなどの準備をしてもらうためです。
注文住宅の工事では様々なトラブルが報告されますが、近隣住民との揉め事も多いです。
クレームに至らなくても、気付かないところで迷惑はかかっています。
たとえば、多くの担当者や車両が通ると、騒音が気になりますよね。
また、外出する際に見知らぬ人や車が行き来していると、不安なものです。
そして、使っている素材や塗料には化学薬品が含まれていて、不快な臭いが発生することもあります。
注文住宅を建てた後、長い間にわたって近所付き合いをしていく相手です。
わだかまりを残して暮らし続けるのはお互いに気持ちよくはないですよね。
事前に知っていることで、仮に何か問題が発生しても、感じ方は変わってきます。
無用なトラブルを起こさないためにも、工事に先駆けて動いておくのが大切です。

 
□挨拶回りのポイントは?
 
挨拶回りのポイントは、三つあります。
まず、回る範囲です。
両隣・向かいの3棟・裏側の3棟を回ると良いでしょう。
つまり、ご自宅を中心にして少なくとも一回りは伝えておきましょう。
次に、手土産はあまり高すぎず、1000円程度にとどめておきましょう。
高額なものは、相手も受け取りに困ってしまうからです。
そして、訪問した際には、工事の内容やかかる期間の見込みなど、基本的な情報を伝えましょう。
工事担当者の人数や会社の電話番号なども提供しておくと、もし何かがあったときにも安心できますよね。
そして、工事では音や臭いなどの発生も考えられます。
事前に対策でできることがあれば伝えておくのが良いでしょう。

□まとめ
 
今回は、注文住宅を建てる前に知っておきたい、挨拶回りの目的とポイントをご紹介しました。
近隣への挨拶回りは、工事のことを事前に知り、気持ちなどの準備をしてもらう目的があります。
また、注意点は、家の周囲は最低限訪問すること、手土産は1000円程度にとどめること、などを押さえておきましょう。

 

http://sekidesign.com/