posted from instagram

posted from instagram
【双子壁の家】一年点検完了。小さな問題もご相談頂けると大変勉強になります。#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #双子壁の家 #一年点検 #ビームスコンストラクション

安全性だけじゃない!耐震工事のメリット!

dd48ec956378be554ed6ebe8be6665d1_s

 

日本は地震大国です。近年は震度の大きな地震が数年ごとに起きており、その度、住宅などに発生した被害の大きさが報じられています。

また今後も、巨大地震と呼ばれるような、広範囲にわたり甚大な被害を発生させる地震が起きることが確実視されています。そのため、そうした地震から自分や家族の命を守る対策を行うことが求められます。

特に、1日の中でも長い時間を送る住宅の地震への備えは必須です。住宅の地震への備えとして効果的なのが、耐震工事です。耐震工事は、住宅を建てる際には勿論のこと、建てた後の住宅にも行うことができます。ですから、古い住宅などでも、耐震工事を受けることで、地震に対しての備えを実現させることができます。

耐震工事のメリットですが、いちばんはやはり、地震に対する備えになる、安全性を確保することができることです。

特に揺れを感じるのが遅くなりやすい、あるいはすぐに身の安全を守ることができにくい就寝中や入浴中などのことを考えると、住宅そのものが地震に対して耐えるようにできていると言うのは、とても大きな安全につながります。

安全性はもちろんですが、メリットはそれだけではないと言うのが耐震工事です。他にもいくつかのメリットがあり、たとえば資産価値が上がると言うのもそのひとつに該当します。

全ての住宅には資産としての価値があり、それは住宅の立地場所や築年数、そして住宅の状態などによって大きく変わっていきます。ただ、先にも述べたとおり日本は地震大国であることは、どんな立地場所であっても変わらないことです。

そのため、住宅に対してもそれへの備えが導入されていた方が、確実に資産価値は高くなります。耐震工事に求められる基準は、経年と共にどんどん厳しくなっています。よって耐震工事が直近で行われていればいるほど、資産価値の上昇につながりやすいです。

それから地震保険料などが安くなることもあると言うのも、耐震工事のメリットです。地震保険は、地震で発生した建物や家財などに対する損害をカバーする保険で、その保険料は建物の構造や都道府県などによって変わってきます。

これは建物の構造により、発生し得る損害の程度が変わってくるため、そして都道府県により、今後、地震が発生する確率が異なってくるためです。しかし建物の構造に関しては、耐震工事などを受けることで補強することができます。こうしたことは保険会社にとってもメリットにつながるため、代りに保険料が割引かれることもあります。

 

http://sekidesign.com/

シンクの素材、どうする?〜ステンレス編〜

d79502d0c9649bc741f693b23beb95b2_s

 

シンクに利用される素材には様々な種類があります。そしてそれぞれに特徴が異なっています。どの素材を利用するかによって、シンクの使い勝手、またメンテナンスの頻度なども変わってきますから、事前に素材ごとの特徴を把握しておくことが求められます。

ステンレスは、シンクに利用される素材の中でも長い歴史を持つ素材です。ステンレスの特徴としては、まずは熱や水に強いと言うことが挙げられます。

熱に関しては、熱の伝わりである熱伝導率も速いのですが、反対にそれを放出する放熱も速いので、熱が溜まりにくいです。そのため熱くなり過ぎて火傷をすると言った心配も不要ですし、夏場など温度が高い時でも熱がこもりにくいと言うメリットがあります。

それから水に関してですが、もともとステンレスは英語で錆びないと言う意味を持っています。つまり水が付着してもそれが錆になりにくく、勿論、水による腐食などが発生することもありません。

ただし錆に関しては、鉄製の鍋などを長い時間、放置することで、鍋の錆が付着する恐れはあるので、その点には注意が必要です。台所では熱、水は必ず使用するものであることから、それに対して耐性があるのはとても大きなメリットです。

次に耐久性が高く、扱いやすいと言うのもステンレスの特徴です。耐久性が弱い素材の場合、簡単なことで凹みができてしまったり、傷が発生してしまうこともあります。するとそれが原因となって、扱いにくいシンクになってしまうことも考えられます。

台所は、日々の生活の中で利用頻度が高い場所ですから、そのシンクの使い勝手が悪いと言うのは避けたいです。そうしたことを考えると、耐久性があるために扱いやすいステンレスは、日常使いのシンクに適した素材です。

更に料理以外の負担を減らすことができるのも、特徴のひとつです。これはステンレスは、汚れがつきにくい、あるいは浸み込みにくい、そして臭いもつきにくい素材であるためです。

汚れがつきやすい、しかもそれが簡単に浸み込んでしまうような素材であったり、臭いがつきやすい素材であったりすると、日々の掃除も丁寧に行う必要があります。料理だけでも負担がかかるのに、その上、掃除にまで負担が求められてしまうのは、誰しもが避けたいことです。

また汚れ、臭いがつかないようにシンクを使わなければならないと言うのも、とても負担がかかることです。その点、ステンレスであれば、汚れも臭いもつきにくいので、日々の掃除やシンクを利用する際の負担を軽減することができます。

 

http://sekidesign.com/

posted from instagram

posted from instagram
【それぞれの庭の家】Homifyで紹介されています。『板張りの天井インテリア5選 – 広々と感じる美しい勾配天井!』"株式会社SEKI.DESIGNの手がけたこちらの家は、ご夫婦と二人のお子様が住む平屋です。日本建築の美しさをイメージする和モダンな住まいが今回のテーマとなりました。一番のポイントは、ご家族4人それぞれのために設けられた小さな庭々。和の小さな庭を囲み、そこで眺められる芸術的な美しさと、庭を通して室内に光や風を取り込む役割を両立しています。「黒竹と苔むす岩の庭」に面したリビングダイニングは、勾配天井にヒノキの板で仕上げられ、間接照明で幻想的にライトアップされました。平屋ならではの天井の高さと、落ち着いた和モダンの空間でゆったりと時を過ごすことができます。本住宅については「家族のために「それぞれの庭の家」」で詳細をご紹介しています。" https://www.homify.jp/ideabooks/4058750/%E6%9D%BF%E5%BC%B5%E3%82%8A%E3%81%AE%E5%A4%A9%E4%BA%95%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A25%E9%81%B8-%E5%BA%83%E3%80%85%E3%81%A8%E6%84%9F%E3%81%98%E3%82%8B%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E5%8B%BE%E9%85%8D%E5%A4%A9%E4%BA%95%EF%BC%81#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #ライフスタイル #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #lifestyle #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #それぞれの庭の家 #homify

シンクの素材、どうする?〜大理石編〜

e6930cd186be8fce0ad87905c40741ab_s

 

料理を作ったり洗い物をするキッチンは常に清潔で使いやすい状態にしたいですよね。キッチンの中で特にシンクについてこだわりを持つ人は多く、様々な素材のシンクが存在します。

昔からよく日本の台所で使用されていたシンクの1つがステンレス製で、柔らかさがあり耐熱や耐久性にも優れているという特徴を持っています。

また日本ではそれほど馴染みがありませんが、海外で広く使用されているのがホーロー製です。ホーローを調理用具として頻繁に使用している海外では、ホーロー製のシンクが好まれています。

ホーロー製は湿気や熱への耐性に優れており、傷がつきにくく丈夫だという魅力があります。

そして最近日本で人気が高くなっているのが、大理石の素材です。大理石といってもそのまま大理石を使用しているのではなく、天然の大理石を粉砕して、それをセメントや樹脂などで固めた人造大理石です。

また、石を原材料にしておらず、熱に強いアクリスやポリエステルなどの樹脂を使って作られたものを人工大理石と呼びます。

これらの大理石素材で作られているシンクは、傷や汚れに強いのが大きな魅力になっています。ガラス製や陶器製の食器よりも硬さを持っているので、食器をシンクに落としても傷がつきにくくなっています。

また、天板からつなぎ目のない状態でシンクを作ることができるので、隙間がなく汚れが溜まる心配がありません。

人工大理石や人造大理石は、本物の大理石よりも値段が安いのも魅力です。また、カラーバリエーションやデザインも豊富なので、キッチン台やクロスなどの内装と合わせた色や柄を選ぶことができるのも魅力です。

加工性や着色性にも優れているので、好きな色や柄を選びことで世界で1つのオリジナルなキッチンを作ることができます。

大理石のシンクはお手入れがしやすいのも魅力です。傷や汚れがつきにくいので、中性洗剤を使ってスポンジでこすり洗いをするだけで清潔さを保つことができます。

耐熱性にも優れているので、ステンレス材のようにへこむ心配がありませんし、天板とのつなぎ目がないので汚れがたまる心配もありません。

ただ大理石のシンクは、年数がたつと細かい傷がついてしまうこともありますし、色が黄ばんで変色をすることもあります。

人工大理石は可燃性ですから、もらい火をしたときに一酸化炭素などを発生させる恐れがありますから、熱したままの鍋をそのまま置かないように気を付ける必要があります。

 

http://sekidesign.com/