神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅で考える!猫と暮らす家づくり

「せっかく注文住宅で家を考えるなら、ペットの猫も住みやすい家を作りたい」
猫と一緒に暮らしておられる方なら、そう思われる方も多いのではないしょうか。
そこで今回は、注文住宅で取り入れたい猫と暮らすための家づくりの工夫をいくつかご紹介します。

 

◻︎猫の特性を踏まえた家づくりの工夫

 

一昔前までは外でよく見かけた飼い猫も、近年は交通事故などの問題もあり、室内での飼育が一般的になっています。

猫の安全を考えての飼育ではありますが、自由気ままな猫にとって、室内で暮らすことはそれ自体がストレスの原因になる可能性も考えられます。
暮らしの中で猫が抱えるストレスを少しでも解消できるよう、猫の特性を踏まえた家づくりの工夫を考えましょう。

 

*キャットウォーク、キャットステップの設置

 

キャットウォークとは、高所好きという猫の特性を活かし、高所に設置される猫の通り道のことです。

家にもこのキャットウォークを設置することで、室内でも比較的自由に動き回ることを可能にし、猫のストレスを軽減させることにもつながるでしょう。

キャットウォークに加え、壁に取り付けるキャットステップと呼ばれる造作棚をつなげれば、猫のより自由な行動を可能にします。
さらにキャットステップでは、上り下りを必要とする上下運動があるため、室内生活による猫の運動不足の問題を解消できます。
キャットウォークとキャットステップの設置には、どちらも比較的高さを必要とするため、天井の高い場所に設置するのが好ましいでしょう。
注文住宅ならではの柔軟な対応力を活かし、キャットウォークとキャットステップの設置場所についても検討すると良いですね。

 

*ペットドアの設置

 

ペットドアを設置することで、猫の自由な部屋間の行き来を可能にします。

飼い主がいない状況でも猫の自由な行動範囲が広がるため、ストレスが溜まりにくい環境といえますね。
現在はロック機能がついた室内用のペットドアなどもあるため、飼い主がいない時間帯における猫の出入りを制限したい場所に最適です。
こうした機能があれば安心してお留守番を任せられるため、一度検討してみるのも良いでしょう。

 

◻︎まとめ

 

今回は、注文住宅で取り入れたい猫と暮らすための家づくりの工夫についてご紹介しました。

人だけでなく、猫も快適で住みやすい家づくりは家族全員の幸せにつながるでしょう。
注文住宅で猫と暮らす家をお考えの方は、今回ご紹介した工夫もぜひご参考にしてみてください。

http://sekidesign.com/

注文住宅でデザイナーズ住宅を実現!

「せっかくマイホームを建てるなら、見た目にもこだわったおしゃれな家に住みたい」
そうおっしゃる方も多いのではないでしょうか。
注文住宅ならではの柔軟性を活かして、他とは一味違う我が家を建てたいですよね。
そんな方に、今回は注文住宅で叶えるデザイナーズ住宅についてご紹介します。

 

□デザイナーズ住宅とは

 

住宅に関する検索を行う際、「デザイナーズ住宅」の文字をよく目にしますが、その住宅の特徴をご存知ですか。

実際にはデザイナーズ住宅として正確な定義は存在しませんが、その共通点としてデザインに独自にこだわりがあるという特徴が挙げられます。
また、建築家や建築事務所が比較的狭い土地を上手く活用し、建てられる住宅をデザイナーズ住宅と呼ぶこともあります。
どちらにせよ自分の要望に合わせたオリジナルのデザイナーズ住宅を建てる場合は、注文住宅にする必要がありますね。

 

□デザイナーズ住宅のメリットとデメリット

 

おしゃれでこだわりの詰まった家づくりを可能にするデザイナーズ住宅ですが、それぞれメリットとデメリットがあります。

両方を踏まえ、何を最も優先させるのか考えながら検討しましょう。

 

*デザイナーズ住宅のメリット

 

デザイナーズ住宅の最大のメリットは、やはりそのオリジナル性です。

価格や住む地域によって上限はありますが、外観だけでなく、建築のための素材や設備を希望することができます。
他とは違う自分独自のこだわりを隅々まで反映できるでしょう。

デザイナーズ住宅は、狭い土地や特徴的な土地に対しても、高い対応力があります。
見た目だけでなく、機能性にもこだわれるため、土地を活かした独自の家づくりを可能にし、土地を有効活用できるでしょう。

 

*デザイナーズ住宅のデメリット

 

デザイナーズ住宅のデメリットとしては、規格住宅に比べ、初めの打ち合わせから引き渡しまで時間がかかるという点が挙げられます。

隅々までこだわりを反映できるが故に、細かい部分の確認や決定に時間を要します。
理想の我が家を建てるには、時間がかかりますが、それに負けない熱意が必要と言えるでしょう。

見た目をとことんこだわれるデザイナーズ住宅ですが、デザインばかりを優先すると、実用性に欠けた仕上がりになる可能性もあります。
「見た目は満足だけど、住みにくい」
と後悔しないよう、設計の段階から実用性も意識しておくと良いでしょう。

 

□まとめ

 

今回は注文住宅で叶えるデザイナーズ住宅についてご紹介しました。

デザイナーズ住宅で理想の家を目指すには、メリットとデメリットの両方を踏まえて検討する必要がありますね。
ぜひ注文住宅で建てるデザイナーズ住宅をお迷いの方はご参考にしてみてください。

http://sekidesign.com/

注文住宅でペットと暮らす家づくりをご紹介!

注文住宅では、住む人の心地よい家づくりを実現させることができます。
だからこそ人だけでなく、大事な家族の一員であるペットも住みやすい家づくりを考えたいですよね。
そこで今回は、注文住宅で採用したいペットと暮らす家づくりでおすすめの工夫をご紹介します。

 

□暮らしに関してペットが抱える悩み

 

時代の変化に伴い、人々の暮らしも変化するように、ペットの暮らしも変わりつつあります。

昔はペットの外飼いが一般的でしたが、最近はペットの犬の約70パーセント、猫の約80パーセントが室内で飼われています。
つまり、人と違い、自由に外を行き来できないペットにとって、室内でより良い暮らしができるよう工夫してあげることは、非常に重要なポイントと言えるでしょう。

ペットの室内での暮らしの工夫は、ストレスを軽減させることにも繋がります。
ペットを飼っている家庭のうち、約40パーセントがペットのみでの留守番の経験があります。
共働きをする世帯が増加したことも理由としてあげられますが、家で待つペットのためにも安全な環境を用意してあげる必要がありますね。

 

□ペットと暮らす家づくりの工夫

 

人とペットが心地よく暮らすための家づくりには、湿度や温度調節機能を導入するという工夫があります。

犬や猫などの動物は、自分で体温を調整することを苦手としており、室内という狭い空間での湿度と温度の調整は必要です。
日中家を空け、ペットを留守番させる場合なら尚更、湿度や温度の調節ができる機能があれば安心ですよね。

無垢材などの滑りにくい床を採用することもペットのための工夫です。
滑りやすい床はペットにとって、非常に不自由かつ怪我にも繋がります。
無垢材のような滑りにくい床を採用することで、ペットの怪我を防止することにもでき、さらに歩きにくさなどのストレスを軽減できます。
無垢材は傷にも強いため、きれいな状態を保てるなど、ペットだけでなく人にも嬉しい床材と言えるでしょう。

他にも防音性のある壁を採用したり、ペットの臭いを防止するための換気システムなどが工夫として挙げられます。
ペットと暮らす家づくりには様々な工夫が可能ですが、ペットによって習性や行動は異なるため、それぞれに合わせた暮らしの工夫を取り入れると良いですね。

 

□まとめ

 

今回は、注文住宅で採用したいペットと暮らす家づくりでおすすめの工夫をご紹介しました。

人だけでなく、大事なペットも住みやすい工夫を考えてみるのも良いですね。
注文住宅でペットと暮らす家づくりをお考えの方は、ぜひご参考にしてみてください。

http://sekidesign.com/

注文住宅でお迷いの方必見!注文住宅の素材の選び方をご紹介

注文住宅といえば、要望に応じて設計できるという自由度の高さが魅力的ですよね。
「理想の住宅を建てるためには、床に使用する素材にもこだわりたい」
という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、注文住宅における床の素材の選び方をご紹介します。

 

□床の素材の選び方

 

住宅に使われる床材にも様々な種類があり、素材ごとにその特徴も異なります。

各部屋に求める機能に応じた床材を選ぶためにも、住宅で一般的に採用される床材とそれらの特徴について知っておきましょう。

フローリングは、主にリビングや洋室に使用される木質系の材料で、住宅に使用される最も一般的な床材です。
フローリングの最大の特徴といえば、掃除のしやすさです。
畳やカーペットに比べ、ダニの心配の少ない点から多くの方に好まれるといえますね。

そんなフローリングにもいくつか種類があり、それぞれによって気をつけたいポイントも異なります。
無垢フローリングと呼ばれる1枚の木から作られたフローリングは、水に弱いため、水場を避けて使用し、定期的にメンテナンスする必要があります。
一方、いくつかの木板が複合され作られた合板フローリングは、購入時のコストは抑えられますが、耐久性は無垢材と比べ弱いため、注意しておきましょう。
同じフローリングでも、メリットとデメリットが異なるため、理想とする住宅に合わせてフローリングを選ぶと良いですね。

クッションフロアやタイルフロアも近年よく使用される床材の1つです。
塩化ビニル素材の床材は、クッション性に加え、水に強いという特徴があるため、水まわりには最適ですね。
価格も床材の中では比較的安価ですが、フローリングに見える加工が施されていても本物と比べると、やはり見た目には違いがあります。
クッションフロアやタイルフロアもその利点に応じて選び、使用するのが最適と言えるでしょう。

カーペットは、保温性があるため冬場でも暖かく、クッション性も兼ね備えており、足腰に負担をかけにくいため、高齢者の寝室などにもおすすめの床材です。
一方、汚れが取れにくいという点からダニの発生が心配されるため、念入りなお掃除を心がける必要があるでしょう。

 

□まとめ

 

今回は、注文住宅における床の素材の選び方についてご紹介しました。

それぞれの床材には、相応しい使用場所があり、たくさんの種類の中から決めることは大変ですが、理想の住宅を想像しながら、素材選びを楽しみましょう。
注文住宅で床の素材を選ばれる際には、ぜひご参考にしてみてください。

http://sekidesign.com/

天井の高い42帖のリビングは圧巻です。 プライバシーの高い中庭と日本庭園を借景にした大きな窓が特徴です。 円形ライブラリー、ファミリークロゼット、工夫されたランドリールームなど、新しい考え方が盛りだくさんです。 プランもじっくりとご覧ください。 http://sekidesign.com/work/snh.html [コンセプト] 2階はLDKとして、1フロア丸ごとの42帖の広さと、2.8mの高天井を最大限生かしました。空間の中央にはパントリーを配置していますが、この部分の壁を低く抑えることで天井を連続させ、ひとつの空間として感じることができるようにデザインしています。また中庭空間についても、キッチンから中庭のテラスにかけて床に同じタイルを連続させて貼ることで、一体的に感じ取れるように。キッチンからすぐ出て行けるため、バーベキューなどの際にとても活躍しているようです。 南側には日本庭園を借景とする大きな窓があり、そこにアルフレックスのERAソファとこだわりのオーディオシステムを置いています。北側は中庭があり、プライバシーの守られた、一日中優しい日差しが入る空間です。この中庭に面したスタディカウンターは、緑を見ながら仕事や勉強ができる場所となっています。 円形ライブラリー 広い空間のなかにはどうしてもできてしまう「長い廊下」を活用したライブラリーです。一般的には狭くて暗くなりがちな「移動するだけ」の廊下ですが、そこに楽しさをプラスしました。ここで子供たちがゴロゴロと寝転がって本を読んだり、家族でカードゲームをしたりと、設計当初思っていたよりも大活躍しているとのお声をいただいています。 #一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #リノベーション #リフォーム #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #renovation #moderninterior #japan #kobe #庭園借景の家 #ランドリールーム #円形ライブラリー #中庭のある生活 #ワークスペースも充実