神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅で後悔しないために知っておきたいポイントは?

「注文住宅で後悔しないためのポイントを知りたい。」
注文住宅は多額の費用をかけて建てるものですから、不安も大きいかもしれません。
失敗したと感じながら住むのは厳しいので、ポイントを押さえておきたいですよね。
今回は、注文住宅で後悔しないために知っておきたいポイントをご紹介します。


◻︎注文住宅で後悔しないために知っておきたいポイント

*空気の流れを意識して窓や換気扇の設置場所を決める

家に開放感を求めている方も多いと思います。
特に、吹き抜けは部屋を広々と見せる点で人気も高いです。
一方で、開放感に反して出てくる問題が、空気の流れが良すぎることでしょう。
例えば、冬に暖房を付けていてもほとんど暖まらないなどのトラブルも起こりやすいです。
また、料理の臭いが上の階に達して気になるかもしれません。
そこで、換気扇や窓を、空気が流れてくる場所を踏まえて設置するのが大切です。
暖気をなるべく逃がさないよう、間仕切りを設置するのも良いでしょう。
空調面まで注意を払って、より暮らしやすい間取りをつくりましょう。

*意外と多く必要かも、コンセントの数と配置場所について

注文住宅の失敗でよく挙げられるのが、コンセントの数と配置場所についてです。
これまでは、一部屋に一つあれば十分と言われていました。
しかしながら、充電式のものもあるとはいえ、家電の数も大幅に増えてきていますよね。
また、スマートフォンやパソコンなどの端末を充電するご家庭も多いでしょう。
そういったときに同時に行うと欲しい場所に足りない不便さに困るかもしれません。
延長コードなどで対処できますが、足場が散らかるのも避けたいものです。
電気を使う場所を考え、それに沿って十分な数にコンセントを設置しましょう。

*収納面も考えて部屋の広さと配置を決める

部屋の広さや使いやすさを重視する分、収納は優先順位を低くしがちかもしれません。
しかし、狭くてものが溢れてくる、取り出しにくいなどの失敗がよく起こっています。
大切なのは、部屋の間取りと一緒に考えることです。
それぞれの部屋で使うものを想像し、それに相応しい大きさの収納スペースを確保しましょう。
使いやすさも格段に上がりますし、ものの移動もよりスムーズに行えます。


◻︎まとめ

今回は、注文住宅で後悔しないために知っておきたいポイントをご紹介しました。
空気の流れを意識して窓や換気扇の設置場所を決めると臭いの心配もないでしょう。
コンセントや収納は意外と見落とすポイントですから、注意が必要です。

 

http://sekidesign.com/

注文住宅を建てる際に知っておきたい、資金計画の立て方
「注文住宅を建てようと思っている。資金計画の立て方を知りたい。」
注文住宅を建てるのは滅多に経験しないことですから、わからないことも多いかもしれません。
金銭面をどう考えていくかも事前に流れを把握しておきたいですよね。
そこで今回は、注文住宅を建てる際に知っておきたい資金計画の立て方をご紹介します。


◻︎注文住宅を建てる際に知っておきたい、資金計画の立て方

*手元の資産と注文住宅に利用できる金額を把握する

最初に、手元にどのくらいの資産があるのかを確かめましょう。
その中で、住宅の購入に充てられるのはどのぐらいかを計算します。
全額利用するのは他での出費も踏まえて危険ですので、避けた方が良いでしょう。
注文住宅を建てる際には、補助金や譲渡の控除などのシステムもあります。
それらも含めて、どの程度の予算であればできるかを把握しましょう。

*注文住宅の新築にかかる費用を算出する

次に、住宅の価格がどのくらいなのかを算出します。
注文住宅は住宅そのものはまだありませんので、設計図などから概算で大まかな費用を認識するのです。

*手元の資産だけで足りるかを調べる

算出した住宅の新築に必要な額と最初で求めた自己資金の額を比較します。
もし手持ちの資産の方が上回っていれば、資金面で大きな問題はありません。
しかし、工事に必要な額の方が上回っていることもあるでしょう。
その場合には、家の形そのものや使う材料などを再検討します。
それでも削れない場合には、ローンを使って支払うことを考えましょう。

*支払いの計画

注文住宅は、工事の費用だけではなく税金もあります。
それぞれ住宅ローンと手元の資金のいずれで対処するのかを考えましょう。
また、銀行や金融機関から出資してもらう金額や日程も確かめるのが重要です。

*どの程度ローンを借りるのかと返済の検討

住宅ローンは長い期間をかけて返済していきます。
今のお金の使い方い道を見直し、問題なく返済を行っていける額を考えましょう。
一般的に、年間の返済は年収の四分の一以内であれば安心と言われています。
条件によっては融資額には限度もあるため、銀行などの問い合わせてみましょう。


◻︎まとめ

今回は、注文住宅を建てる際に知っておきたい資金計画の立て方をご紹介しました。
まずは、手元の資産と工事に必要な費用を把握しましょう。
それらを比較した際に、不足しているようであればローンを利用するのが流れです。
必要な金額や返済まで考えておくと慌てることがないでしょう。
注文住宅を建てる際に知っておきたい、家事動線を踏まえて間取りの考え方って?

「注文住宅で、家事動線を踏まえた間取りの考え方を知りたい。」
注文住宅を建てる際には、間取りのことが気になるかもしれません。
新しくするのであれば、使いやすい家を実現したいですよね。
今回は、その際に知っておきたい家事動線を踏まえた間取りの考え方をご紹介します。


◻︎注文住宅を建てる際に知っておきたい、家事動線を踏まえた間取りの考え方

注文住宅は設計の段階からご自身も関わることになります。
様々な考え方がありますが、家の中での作業のしやすさも見逃せない点のひとつですよね。
家事は毎日のように同じ動きをし、それを家事動線と呼びます。
部屋を配置するのに重要なこの家事動線を二つの事例でご紹介しましょう。

*料理をする際の動線

料理をする際の機能性は、キッチンにあるものの配置で決まります。
その三つとは、冷蔵庫・加熱調理機器・洗い場の三つです。
これらは料理でよく立ち寄る場所であり、行き来も頻繁に行います。
離れた過ぎていると動きに無駄が生じて疲れてしまうでしょう。
一方で、近くても窮屈な動きを強いられるかもしれません。
また、皿や調理器具などを置く場所もあまり確保できないリスクもはらんでいます。
目安は、冷蔵庫と加熱調理機器が120~270cm、洗い場と冷蔵庫が120~210cm、残り二者が120~180cmです。
そして、三つの合計が500cmくらいにすると適切だと考えられています。
他の家族と料理する場合や、狭い方が良いなどの希望に沿って長さを考えていきましょう。

*洗濯をする際の家事動線

脱衣所に洗濯機が設置するのは、よくある配置ですよね。
しかし、洗濯はそこで終わるわけではありません。
干す場所は、外の他にも部屋干し用の空間も設けていることでしょう。
また、その後はタンスやクローゼットなどにしまいますよね。
毎日のようにするこの作業を、いくつもの部屋を通って行き来するのは大変かもしれません。
そこで、なるべく近い場所にそれらのものを設置します。
たとえば、外に干すことを考えるとなるべく外に出やすい場所に洗濯機を置くのです。
また、脱衣所と部屋干しができる部屋がつながっていれば、無駄のない動きに抑えられます。


◻︎まとめ

今回は、注文住宅を建てる際に知っておきたい、家事動線を踏まえた間取りの考え方をご紹介しました。
料理や洗濯などの家事は、毎日のように同じ動きを繰り返します。
窮屈にかつ移動が長くならないように、部屋を配置していくのがおすすめです。
生活での動きを想像し、間取りを検討しましょう。

 

http://sekidesign.com/

注文住宅を考える際に知っておきたい、自然素材の特徴について
「注文住宅を建てようと思っている。自然素材の特徴を知りたい。」
注文住宅を建てる際には、自然素材のことが気になるかもしれません。
もし使う場合には、その特徴について理解してから検討したいですよね。
今回は、注文住宅を考える際に知っておきたい自然素材の特徴についてご紹介します。


◻︎注文住宅を考える際に知っておきたい、自然素材の特徴について

*室内の湿度を保つ効果

屋内にいても、夏のジメジメが耐えられないこともあるかもしれません。
一方で、冬の乾燥も健康面も踏まえると悩ましいものですよね。
この気候の大きな変動にどう対応できるかが住宅の課題です。
最近は加湿器や除湿器もあるほか、空調設備の発達によって湿度の調節ができるようになりつつあります。
しかしながら、今度は電気代の心配が出てくるでしょう。
そこで有効なのが、自然に由来するものを住宅の材料として使うことです。
特に、木は周りの環境の湿度を一定に保とうとする性質があります。
つまり、湿度の高い時には湿気を取り込み、逆に湿度の低い時には湿気を放出するのです。
この機能によって、住宅内部の湿度の変化を抑えることが期待できます。
多湿の時に心配なカビの発生や、乾燥による感染症の心配も減らせるでしょう。

*有害な物質を空気中にとどめない

ご自身またはご家族がアレルギー悩まれているかもしれません。
住宅環境での疾患が話題ですが、原因は気密性の増大や冷暖房設備の普及とも言われています。
特に、最近住宅によく使われている素材や接着剤や塗料には化学物質が含まれていることも多いです。
気密性があるために屋内にとどまりやすく、人体に入る確率も高まります。
自然素材はそもそも化学物質を含んでいません。
その点だけでも、身体に優しい素材と言えるでしょう。
また、空気に漂っている有害物質を取り込んで分解するものもあります。

*熱を伝えにくい

自然素材には、鉄筋やコンクリートといった他の素材よりも熱伝導性が低い性質を持っています。
つまり、温度の変化が起こりにくいのです。
通常の住宅は、外気に影響される面が大きく、冷暖房を稼働させ続ける必要があります。
室内の熱をなるべく維持することで、余計な電気代を削減できるでしょう。
また、部屋による温度の変化を減らせるため、ヒートショックなどの事故のリスクも下げられます。


◻︎まとめ

今回は、注文住宅を考える際に知っておきたい自然素材の特徴についてご紹介しました。
室内の温度や湿度を保つ効果が期待できます。
また、有害物質を使っていないため、健康にもやさしいでしょう。
こういった点を踏まえて、検討されるのがおすすめです。
注文住宅を建てる際の知識、隣地斜線制限と北側斜線制限とは?

「注文住宅の話で出てきた、隣地斜線制限と北側斜線制限について知りたい。」
注文住宅の話の中で、よくわからない言葉を耳にされることもあるかもしれません。
隣地斜線制限と北側斜線制限もよく挙げられます。
しっかりと意味を知って家づくりを進めたいですよね。
今回は、この両者が何なのかをご紹介します。


◻︎隣地斜線制限とは何なのか?

マンションなどで高層階が階段状になっているのをご覧になったことがあるかもしれません。
あれが隣地斜線制限に則って設計された典型例です。
この規制では、隣接する建物との境界線を基準に考えます。
上に向かって線を引き、三角定規を当てることを想像してみましょう。
住居地域にでは、20メートル以上の高さに対して幅:高さ=4:5の三角形を考えます。
その三角形が触れる場所、つまり境界に近い場所には建てられないのです。
また、住居地域以外では31メートル以上の高さにおいては幅:高さ=2:5の比率で建物を作れません。
比率のぎりぎりを活用しようとすると、マンションにあるような階段状の建物ができます。
しかしながら、一軒家で20メートルを超えることはあまり考えられないでしょう。
そのため、隣地斜線制限が出てきたとしても、それほど気にする必要はありません。


◻︎北側斜線制限とは何なのか?

もし土地にある程度の余裕ができたら、住宅部分をどこに配置しますか?
どこにでも配置できるのであれば、南側にしたいものですよね。
しかしながら、近隣の方が同じことを考えていた場合を考えてみましょう。
南隣の家が境界ぎりぎりで建っていたら、庭に日光が当たらなくなってしまいますよね。
そこで北側の住宅にも日当たりに影響が出ないように定められたのが北側斜線制限です。
この制限は、第一種低層住居専用地域と第二種低層住居専用地域に対して適用されています。
こちらもまた三角形を考えるため、境界線を中心に考えてみましょう。
高さ5メートルのところから幅:高さ=4:5の比率の三角形を作ります。
この三角形と交わらないような空間に住宅を設置するのです。
結果的に、北側の家でも太陽の影響を少なくできますよね。
南側の家をぎりぎりに建てる場合には、先程と同様に斜めに切られたような形にします。


◻︎まとめ

今回は、隣地斜線制限と北側斜線制限とは何なのかに関してご紹介しました。
両者とも、日照を確保するために設けられているルールです。
特に、北側斜線制限は、注文住宅を建てる際の知識として押さえておきましょう。

http://sekidesign.com/