神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

【陽の当たるキッチンの家Re:】新しい作品の写真ができました。須磨のマンションリフォームです。家具がガタガタと複雑なカタチをしていたり、照明に角度がつけてあったり、限られた空間の中でデザインの工夫を散らしました。新しい試みです!#一級建築士事務所 #sekidesign #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #リノベーション #マンションリフォーム #モダンインテリア #その場所にしかない建築 #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #renovation #moderninterior #japan #kobe #陽の当たるキッチンの家 #新作
d6adc15fb080cb5955a73a1105f38092_s

 

「家を建てる際、トップライトをつけたい。」
「トップライトの特徴やメリット、デメリットが知りたい。」

そのような思いはお持ちではないでしょうか?
トップライトとは、屋根の上部についてる窓も事を指します。
天窓やルーフウィンドウと呼ばれる事もあります。
そして、様々な種類のトップライトが存在します。
そこで今回は、トップライトの特徴やメリット、デメリットをご紹介したいと思います。

□固定式と開閉式

大きく2種類あります。
固定式は光を入れ込むのみで、開閉式は風を取り込む事ができます。


□開閉式 手動と自動

手で回転させて開け閉めしたり、高い所でしたら長い棒なので開け閉めする事ができるのが手動式になります。
それともう一つ、自動式があります。
今ではリモコンで開け閉めできる他、気温などで自動で開け閉めしてくれる機能もあります。

□メリット

・採光が得られる
トップライトをつける最大のメリットは、気持ちの良い採光を得られることです。
天井に設置するだけあって同じ大きさの一般の窓と比べたら3倍近くの光を得れます。
そして上から来る光は部屋全体に広がるので隅々まで光の暖かさを感じれます。

・プライバシーも安全
横窓の様にカーテンをしなくても外の目線を意識する必要がないです。
特に住宅街など密集している地帯ですと横窓では光が入りにくい場合があります。
その様な時でも上からの光は確実に入ってきます。


・家の中に風の通り道ができる

2階建てやそれ以上でしたら2階と1階の風の通り道を作る事ができます。
そして家全体に綺麗な空気を取り込み汚れた空気を排出するメリットがあります。
トップライトを付けると家中に風の通り道ができることによって換気がスムーズに行う事ができ夏になると涼しい風を部屋全体にもたらしてくれるでしょう。


□デメリット
やはり、夏の日射しは危険な一面もあります。
まさに上から来る光なので、特に南向きのトップライトでしたら気おつけましょう。
しかし、これはブラインドのカーテンなど日差しから守る設備が用意されてる事が多いです。
他にも、紫外線を防ぐ事ができるガラスなど夏の対策もされている事もあります。


□最後に

今回は、トップライトの特徴やメリット、デメリットをご紹介してきました。
トップライトの良さや少しは参考になったでしょうか?
上記で紹介した通りデメリットが少なくメリットがたくさんあります。
付けて損はない物となってますので、この期にご検討してみてはいかがでしょうか?

 

http://sekidesign.com/

e6de93fb02053e1f513ae4c86270f3a7_s

 

「設計費ってどれくらいかかるの?」
「戸建ての設計なので結構かかりそう。」

このような思いはお持ちではないでしょうか?
やはり戸建てを建てる際、一番気になるのは費用ですね。
その中でも設計費用がどれくらいかかるのか相場が気になりますよね?
そこで今回は、工務店やハウスメーカーと設計事務所の設計費用の相場についてご紹介したいと思います。

□工務店・ハウスメーカー

工務店やハウスメーカーの設計費用は2~5%前後です。
工務店やハウスメーカーでは、作り方を統一する事で建築費用を抑えていたりします。
あまりにも設計費用が安い場合は、工事費に含まれている事も稀にあります。
また、工務店やハウスメーカー自社内で通じる方法で効率化していたり時間を短縮する事で費用を抑えています。
ここが重要で、工務店やハウスメーカーによって設計事務所などに頼んでいる事があります。
その場合、設計士の顔や情報は確認しましょう。
特に、こだわった作りや要望がない方には費用も安く建てる事が出来ますのでおすすめです。

□設計事務所

設計事務所は事務所ごとにばらつきがあり監理料を合わせて10~15%です。
そして、有名な設計士などでしたらさらに高額になる事もあります。
なぜここまで、費用が変わってくるのでしょうか?
設計事務所では、基本的にお客様の要望が一番なので、かなり自由度の高い設計でも答えてくれます。
そして、図面をしっかり描いて、その図面で描いた材料や何にどれくらいの費用が掛かっているのか詳しく明確に説明してくれます。
お客様に意味のない費用(工務店やハウスメーカーでは営業マンがいたりします。)をできる限り減らす事によってコストの削減を行いつつこだわりに合わせた家づくりを行ってくれます。
その他、一般的にスタッフ全員が建築士を起用していたり設計士二人以上が色んな意見を出し合いながら決めています。
少し値段が上がってしまう理由がわかりましたでしょうか?
お客様のためを思って丁寧に作っています。
理想の戸建てを建てたいと考えている方は是非設計事務所をおすすめします。

□最後に

今回は、工務店やハウスメーカーと設計事務所の設計費用の相場についてご紹介してきました。
設計費用は自由度が高くなるほど高くなります。
上記で書いた通り設計事務所とハウスメーカーや工務店では値段が違ってくる部分がありました。皆さんがどんな戸建てを望んでるかで設計も設計費用も変わってきます。
戸建てを買うのは人生で一番のお買い物になるのでできる限り自身の理想に合う戸建てを建てる事をおすすめします。

 

http://sekidesign.com/

317a6c325389238f90595ce617c32947_s

 

「インテリアを探しているけどどうやって選んだら良いかわからない。」
「インテリアを決める時、素材って重要?どんな種類があるのかどう選ぶのかわからない。」

そのような思いはお持ちではないでしょうか?

インテリアを少しでもおしゃれにしたいと皆さん考えています。
その中でも、インテリアに使う素材は何が良いのかどんな種類があるのか気になりませんか?

そこで今回は、素材について、そしてインテリアの素材の選び方をご紹介したいと思います。

□木

自然なイメージが持ててインテリアには必要不可欠な存在です。
木は頑丈なので壊れたりすることが少ないです。
木造建築の建物でしたらぴったり、それ以外の建物でもしっくりくるのが木です。
一言で言ったら無難ですね。
無難におしゃれにしたい家庭や落ち着きのある家庭を求める方は木を多く使ったインテリアで揃えると良いでしょう。


□草

草も自然なイメージが強いですね。
畳、籐、竹と言った素材のことを指します。
畳でしたら独特の香りを持っていてすごくリラックスできる雰囲気を匂いから作ってくれます。
籐や竹でしたら、椅子などに使われていて通気性が高くアジア感や和風テイストの家庭にぴったりとなっています。
木と草の素材は自然なもの同士一緒に使われることが多いです。
混ぜて使うことで、よりおしゃれさを演出できます。


□紙

和風な感じでしたら障子や照明などにそれ以外にも壁紙で使われていたりします。
紙は柔らかい色なので白などソフトな色で統一された部屋に馴染みます。
その以外にも緩和する力も持っていますので暗い色で統一された部屋の照明に使うのも良いでしょう。


□プラスティック

収納する家具やゴミ箱その他の幅広いインテリアに使われています。
アクセントで奇抜な色を入れたりする時におすすめです。
素材的に上記の3つの素材とは相性があまり良くないので合わせるのは難しくなります。
プラスティックはアルミなどの金属系の物と良く合います。


□革

革製品は高級感漂う雰囲気を出します。
モノトーンで統一された部屋などにはベストです。
革製品は、ソファーやクッションに使われている事が多いです。
木に合わせることも出来て金属やアルミなどにも会う事が出来るので色んな場面で使えます。


□最後に

今回は、インテリアの素材や選び方をご紹介してきました。
素材について少しは参考になりましたでしょうか?
素材一つ一つに良さがあります。
自身が住みたい家にあった素材のインテリアを選びましょう!

 

http://sekidesign.com/

【ショールームのご案内】本日、ショールームをご案内させていただきました。ご購入されたマンションのリフォーム計画です。そのマンションを買うに至った経緯や今の家の不満点などをお伺いし、次の家はどんなの風にしたいかをぼんやりとお伺いしました。ご夫婦で150平米超はなかなかないご相談です。すまい方のイメージを飛躍させて考えなきゃ!seki.designでは、住まいや建築に関するあらゆるご相談(インテリアや土地探し、資金など)をお受けします。最初から設計依頼をしにいらっしゃる方は稀ですので、どうぞお気軽にいらしてください(ご予約はお電話/コンタクト・フォームから)。「建築家に頼むとお金がかかるって聞くけど本当?」「この土地でこんな家ってできるのかなぁ……」「建売住宅とかハウスメーカーとかマンションとか、選択肢が多すぎて迷っています。何が一番いいの?」「親の土地に空いてるスペースがあるけど、家は建ちますか?」などなど、どんなことでも一度ご相談ください。住宅・建築の専門家としてお一人お一人に合ったアドバイスをさせていただきます。この〈山本通の家〉を、seki.designのショールームとしてごらんいただくことができます。ぜひお気軽におこしください。お子さま連れでも歓迎です(おもちゃ部屋があります)実際に生活している場所ですので、予約制とさせていただきますコンタクトのページからお申し込みくださいhttp://sekidesign.com/work/ski.htmlhttp://sekidesign.com/contact/#一級建築士事務所 #sekidesign #その場所にしかない建築 #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #kobe #ショールームのある設計事務所 #家づくりの資金計画 #マンションリフォーム