神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

注文住宅のデザインを決めるまでの流れについて

すでに建築済みの建売住宅と違い、注文住宅は施主と建築会社が何度も打ち合わせをしてから建て始めるというものです。
おしゃれなデザインのマイホームは憧れですが、どのようにしてデザインを決めたらいいのか不安に思う人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は簡単にどのようにデザインが決まるのかを書いていきます。

 

□まずは間取り決め

注文住宅は1から作るために全体のデザインが重要視されがちですが、まずはどのような間取りにするのかを決めることが重要。

間取りを決めるためのポイントを3つ紹介します。

 

*風通しのいい間取りに

きれいで新鮮な空気を室内にたくさん取り込むには、窓の配置が重要です。

風通しが悪ければ湿気がこもり、カビが発生しやすくなるからです。
対面に窓を設置して風が流れるようにするのが理想。
しかし、全室に対面に窓を設置するのは難しいため、1部屋に窓を2面設けるのがよいです。
また、天窓を作るのも1つの方法でしょう。

 

*水回りの間取りに注意する

気をつける必要があるのが、排水音の問題。

1階の和室の上がトイレだったり、トイレと寝室が近いと音が響いて気になってしまいます。
また玄関の近くにトイレがあると来客時に家族がトイレを使いにくくなるという問題も発生するでしょう。

 

*動線計画が肝心

動線にはいくつかの種類があります。

料理や洗濯、育児などを組み合わせて行うときの家事動線。
洗面台を利用したり、トイレにいったり、食事をしたりなど、会社や学校に行く前の朝の動線。
お客様が来た時に、プライベート空間が見えないにする来客動線などです。

 

□建築家と対話をする

上記で述べたことに注意をし、建築家と対話を重ねることが家のデザインを決めるうえで大事になってきます。

建築家は、施主との対話から設計やデザインのヒントを見つけ出し、それらを機能と結びつけながら「カタチ」にしていきます。
「個室が3つでLDKは20帖欲しい」といった要望をプランニングすることはそう難しいことではありません。
しかし、当社ではそれだけでは語ることができない「住まいのカタチ」をお客様にご提案したいと考えています。
「やさしさ」や「おもい」といった抽象的な概念をカタチにし、設計/デザインに組み込むことが素敵な住まいにつながると思います。

 

□まとめ

水回りや動線といったいくつかのポイントを気にしながら間取りを決め、そのうえで建築家と対話を重ねることで家のデザインが生まれます。

そのデザインは世界で一つだけのものになります。
是非、当社であなただけの「カタチ」の家を建ててみませんか。

http://sekidesign.com/

 

注文住宅をお考えの方へ、間取りを決めるコツをご紹介!

家具選びは思い描いた部屋を実現するためにこだわるべきポイントです。
しかし、何を気にして家具選びをしたらよいのかという疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。
本記事では、家具選びで失敗しないためのポイントをご紹介します。
是非参考にしてください。

 

□事前準備をする

まず、家具を選びにお店に行く前に、家の様々な場所を計測しましょう。
部屋の間取り(各辺の長さ・天井の高さ)、窓の高さと横幅、柱・梁の位置とサイズなどを調べましょう。
コーディネーターによるアドバイスがしやすいので、家具屋さんに行くときは間取り図を持って行くのが理想的です。

 

□部屋のテーマを決める

内装をどんな雰囲気にしたいのかテーマを決めましょう。
そのテーマに沿った家具を選ぶことで統一感を生み出せます。
どんな部屋を作りたいのか明確に、具体的にイメージすることが大切です。
イメージが具体的に思いつかない場合には、カタログや家具ショップのウェブサイトを見て情報収集をするといいでしょう。

 

□家具選びの際に注目すべきポイント

 

*サイズを確認する

家具を選ぶ際にサイズはとても重要なポイントです。
家具のサイズを事前準備で把握した部屋の大きさと家具のサイズを照らし合わせることで、実際に家具を部屋に置いた時にイメージとのずれが少なくなります。

 

*素材に注目して選ぶ

家具は素材によっても印象が大きく変化します。

部屋のイメージや叶えたいテイストにとって適切な素材を選びましょう。

 

*色のバランスを考える

統一感を出すためにも家具同士の色の調和を取ることが大切です。

床や壁の色も考慮し、部屋のテーマに沿った色の家具を選びましょう。
色が基本的に同系色でまとめるのが鉄板です。

部屋全体をコーディネートする際にベースカラー、メインカラー、アクセントカラーの目安となる割合の基準があります。
ベースカラーは部屋の約70パーセントを占める色で、壁や天井部分に使われている色です。
メインカラーは部屋の約25パーセントを占める色で、主にインテリアで構成されるでしょう。
アクセントカラーは部屋の約5パーセントを占める色で、小物など差し色として取り入れられます。

メインカラーは最大3色までにするとまとまりが出ます。
また、アクセントカラーは部屋全体を引き締める役割でメインカラーとのバランスをみて選びましょう。

 

□まとめ

今回は、家具選びの際に注目すべきポイントを紹介しました。

これらのポイントに気をつけながら家具を選び、思い描いた理想の部屋をコーディネートしましょう。

注文住宅をお考えの方へ、間取りを決めるコツをご紹介!

注文住宅の醍醐味ともいえる間取りづくりですが、どうやって決めたらよいのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。
本記事では、注文住宅の間取りで失敗しないために知っておくべきポイントをご紹介します。
注文住宅をご検討される方は是非参考にしてください。

 

□収納づくりを考える

収納は、家の住みやすさに関わる大きな要因の1つです。

戸建て収納率(住宅の総床面積に対する収納部分)は12~15パーセント以上が理想だといわれています。
そんな収納を決める際に気をつけるポイントがあります。

広さを決める際は現在住んでいる住宅の収納スペースの広さを基準にして考えましょう。
そして、どこにどのくらいの量を収納するかをイメージしましょう。
使用頻度やジャンルに分けて場所と広さを決めましょう。

また、収納の広さを考える際には、床面積よりも壁面積で考える方が望ましいです。

 

□家事動線を考える

家事動線とは、住宅内で炊事や洗濯、掃除など、家事をする際に人の動きを表す線のことです。

家事動線を整理することでストレスなくスムーズに家事ができます。
キッチン周りの動き、洗濯の動き、トイレやお風呂、洗面台などの水回りへのアクセス、さらに掃除の時の動きをそれぞれ考えましょう。
それぞれの家事を効率良く動くにはどのような動線が適切なのかを考慮しながら間取りを考えましょう。

 

□コンセントの配置を考える

忘れがちですが、コンセントもまた間取りを考える際に気をつけるべき重要なポイントです。
コンセントは位置と数の2つの点から考慮しましょう。
家具を設置する位置を考えずにコンセントの位置を決めると家具の裏側になり失敗してしまいます。
裏側などのコンセントで普段目につかない位置にプラグをさしっぱなしにすると火災の原因になることがありますので位置に気をつけましょう。

コンセントの数が不足しやすい場所はキッチン、玄関、駐車場、納戸です。
キッチンは家電を使うことが多いのでコンセントの数が不足しがちです。
キッチン以外の場所は、普段は使用しないため忘れがちですが、掃除の時にコンセントが必要です。

 

□まとめ 

今回は、注文住宅で間取りを考える際に気をつけるべきことをご紹介しました。
紹介したポイント以外にも間取りつくりでは注意すべき点が多くあります。
家が完成し、生活し始めても後悔しないために実際に住んだ時にイメージをして暮らしやすい家づくりのために慎重に間取りつくりを行いましょう。 

和風モダンな家のメリットとポイントをご紹介!

中古マンションを購入し、リフォームすることで自分の好みに合った住居を作ることができます。
そのためには購入前に希望するリフォームが叶えられるマンションであるかの事前に確認することが重要です。
本記事では、中古分譲マンションリフォームを失敗しないために事前に確認すべきポイントをご紹介します。

 

□リフォームできる部分とできない部分を確認する

まず確認すべき点として、マンションの構造です。

マンションの構造には、2パターンあることをご存知ですか。

1つ目は、柱と梁で組み合わせた骨組みで建物を支えるラーメン構造です。
ラーメン構造のマンションは、間仕切り壁が構造には影響しないので、壁を撤去し大幅な間取り変更がしやすいのでリフォーム向きの構造でしょう。
間取りの自由度が高くより広い空間を作り出すことが可能です。

2つ目は、柱と梁の代わりに壁で建物を支える壁式構造です。
壁式構造のマンションであれば、間仕切り壁を撤去してのリフォームを行うのが難しいでしょう。
壁式構造のマンションは、低層マンションに多くみられる構造です。
壁式構造は間取りの変更の自由度がないため、レイアウトや壁や梁を活かしたリフォームを考えましょう。

構造はマンションを見るだけでは判断が難しいので不動産会社やリフォームをお願いする専門業者に聞きましょう。

また、マンションによっては管理規約が定められており、規約の中にリフォームに関するルールが定められている場合があります。
リフォームを前提に中古マンションを購入する際は、購入前に不動産会社を通して、管理規約を確認することをおすすめします。

既にリフォーム済みのマンションよりもリフォームされていないマンションの方が要望が通りやすいので、リフォームの有無の確認もしておくといいでしょう。

 

□最適な築年数は?

リフォームを前提に購入する場合、築20年程度のマンションがおすすめです。

物件の価値は築年数に比例して下がります。
しかし、築20年を過ぎると安定して、大幅に価値が下がるということがありません。
そのため、売却するときに大きく値崩れする心配が軽減され、資産価値の安定という点でも最適でしょう。

 

□まとめ

中古分譲マンションリフォームをする際に気をつけるべき点をご紹介しました。
せっかく中古マンションを購入しリフォームするのであれば、自分好みの家にしたいですよね。
事前確認をしっかり行い、満足のいくリフォームにしましょう。
本記事が中古分譲マンションリフォームを検討される方の少しでも参考になれば幸いです。

和風モダンな家のメリットとポイントをご紹介!

和風モダンとは、日本人が慣れ親しんだ和の伝統と現代的な欧米のモダンスタイルの組み合わせです。
おしゃれでありつつどこか懐かしく落ち着くことができる雰囲気を作り出せます。
今回の記事では、和風モダンの家や部屋にするポイントをご紹介します。
和風モダンの家や部屋を作る際に参考にしてください。

 

□和風モダンの部屋のメリット

まず、和風モダンの部屋にはどのようなメリットがあるのかご紹介します。

1つ目のメリットは何と言っても見た目がおしゃれです。
洋風テイストを組み合わせることで和風の古いイメージをなくし、それぞれの良さが活かされます。
素材を活かしながら、色合いで統一することでスタイリッシュでおしゃれさを演出できるでしょう。

2つ目のメリットは、リラックスできる空間である点です。
和室の要素は、日本人にとってリラックスできる空間になります。

3つ目のメリットは、畳や無垢素材の機能性です。
これらの素材は、調湿効果に優れており、湿度の高い日は水分を吸収し、低い日は放出してくれるので、快適に過ごすことができるでしょう。

 

□和風モダンの家/部屋にするポイント

次に、和風モダンの家を作る際のポイントを紹介します。

1つ目のポイントは素材です。
和風モダンな雰囲気を作るには、素材にこだわりましょう。
一般的に無垢材が使われることが多いです。
無垢材は、場所を選ばずに取り入れることができる素材です。

和室の象徴である畳を取り入れるのも1つの和風モダンの部屋をつくる方法でしょう。

2つ目のポイントは、インテリアです。
インテリアを選ぶ際は、シンプルなものかつ、自然素材を活かしたものを選びましょう。
特に木目を活かしたインテリアの持つぬくもりと心地よさはリラックス効果も期待できます。

ペンダント型の照明、格子戸などが和風モダンの部屋に取り入れられる代表的なインテリアです。
また、インテリアはできれば背の低いタイプを選ぶと、より統一感のある和風な印象を与えます。

3つ目のポイントは、色です。
和風モダンは色も自然素材のものが望ましいでしょう。
主に、茶、ベージュ、白、黒、グレー、緑系統色が使いやすいです。
アクセントカラーとして他の色を入れる場合は、暗めの落ち着いた色が馴染みやすいです。

素材を選ぶ時の色のポイントとして、和風のイメージを強くしたければ明るい色の素材をおすすめします。
一方で、モダンのイメージを強くしたければ、濃い色の素材を選ぶといいでしょう。

 

□まとめ

今回は、和風モダンな家づくりのポイントをご紹介しました。

和の趣きと現代のスタイリッシュさの両方を取り入れ、どんな世代からも愛され、長く楽しめる空間をつくってください。
和風モダンの家/部屋を作る際の参考になれば幸いです。