神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

天然の照明!注文住宅のトップライトについて解説します!

せっかく住宅を一からデザインするのだから、おしゃれな住宅にしたいと考える方は多くいらっしゃることでしょう。
本記事では、そういった方におススメなトップライト(天窓)の概要やメリット、デメリットについて解説していきます。

□そもそもトップライトって何?

トップライトとは、採光や風通しを目的として屋根に設置する窓のことを指していて、最近の注文住宅にもよく見られるようになってきました。
構造的な説明としては、回転や押し出すことで窓の開閉を可能としたものや、なかには開閉ができないタイプのものまでさまざまです。

□トップライトのメリットは?

*採光が良くなる

トップライトを設置することによるメリットとして、第一に採光が格段に良くなるという事が挙げられます。
天窓は屋根に取り付ける分、外部からの日光の採光が、壁面に設置された通常の窓の約3倍にもなるといわれています。
適切な量の日光を浴びることは、体内時計を適正なものにし、自立神経を整える働きがあるというのは皆さんご存じの通りですよね。
天窓は照明効果だけでなく、健康増進効果もあるのです。

*周囲の視線を気にしなくて済む

住宅が密集した地域においては、住宅通しのプライバシーにも気を配らなければなりません。
通常の窓の場合、窓を開けたくても覗かれるのが嫌で開けられないということも多々ありますが、トップライトは天井に設置されているため見えづらく、そのような心配は軽減されます。
トップライトは、プライバシー保護という観点においても役立ってくれるのです。

*通風性が向上する

天窓のさらなる利点の一つとして、風通しが良くなるといった事が挙げられます。
屋根に空気の通り道を設けることで、温まった空気は下から上に逃げていくという大気の特性を利用した通風ルートの確保が可能となります。
夏場の暑い時期などには、省エネ効果も期待できる嬉しい効果ではないでしょうか。

□デメリットは何があるの?

最大のデメリットとして、雨漏りのリスクが挙げられます。
屋根に設置する以上、雨漏りしないように傾斜を考えて取り付ける必要があります。

高所に設置されている分、メンテナンスが困難であることも、大きなデメリットの一つです。
外側の汚れをご自身で掃除するのはほぼ不可能なので、専門の業者に依頼するのが一番でしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅におけるトップライトのメリットやデメリットについて解説しました。
本記事が、これからリフォームを考えている方の参考になれば幸いです。

http://sekidesign.com/

リフォームをお考えの方へ!動線計画について解説します!

これから注文住宅をお考えの方に、デザインや機能性を重視するのも重要ですが、人の動線を想定して住宅を建てることも大事です。
本記事では、住宅をデザインする際に、間取りと密接な関係にある動線計画のポイントについて解説します。

□動線にはどんな種類があるの?

住宅のデザインで重視される動線は主に三つあり、それぞれ「家事動線」、「生活動線」、そして「来客動線」として分類されています。
ここでは、最も重要なウェイトを占めている「家事動線」とプライバシーに関わる「来客動線」について説明します。

□家事動線を改善するメリットは?

住宅の間取りを考える際に、動線の中で最も多くの人が悩むといわれている家事動線を見直すことにより、料理や洗濯などの家事の際の動作を無駄のないものにすることができます。
効率性を重視したい時に、料理をしながら洗濯機も並行して回転させたいといった場合に、台所と洗濯機、並びにベランダが真反対に離れたところにあっては、主婦にとっては大きな負担となりますよね。

デザインの一例として、洗濯室の手前の部屋にキッチンやパントリーを配置し、その付近の空間に勝手口を設けて食材の買い出しなどをスムーズにこなせるようにするなどの工夫が挙げられます。

また、料理をする際に動き回ることになるキッチンの広さや配置も重要になります。
冷蔵庫から食器棚、テーブルまでの距離をなるべく少ない歩数で行き来できるように、家電や棚を配置することも大事です。

□来客動線のポイントとは?

来客動線は、ご自身やご家族のプライバシーにかかわる動線です。
抑えておくべきポイントは、来客の際に、いかに客人をスムーズに客間へ招待できるか、そして来客動線が他の動線と交わることのないように設計できるかが挙げられます。

例えば玄関から客間へ客人をお通しする際に、洗面所やキッチンが見えてしまっては、プライバシーの面で問題があります。
また、客間と玄関の間に洗面所などがあると、来客中はそれらの設備が使用しづらくなるといった恐れもあります。
そのような事態を避けるために、なるべく客間やそこにつながる通路からは、リビングや洗面所を見えない位置になるように配置するということを心がけましょう。

□まとめ

今回は住宅を建てる際の動線計画について解説しました。
家の移動は毎日のことで、自らの人生の中で長い付き合いとなることを考えると、動線は非常に大事なポジションを担っていると考えられます。
ご自分の中の住宅の意味をよく吟味して、後悔のない注文住宅にしてくださいね。

http://sekidesign.com/

コロナあけ、初ノマド

コロナ空け初ノマドお気に入りの場所で仕事してみる。いい景色だなぁ。暑くも寒くもないし。席は間引きされてソシャディなスタバ。#久々のノマド #暑くも寒くもない #買い物もしてみた
注文住宅の土地選びのコツを解説します!

注文住宅を考えている方の中で、住宅を建てる土地について悩んでいるといった方も皆さんの中には多いと思われます。
人生で最も大きな買い物である住宅の土地選びで失敗しないための重要なポイントを、本記事では解説していきます。

□土地を選ぶ際の重要なポイントは?

住宅を購入する方の感性や価値観により千差万別なのですが、その中でも抑えておきたいポイントはいくつかあります。

地理的な観点から考えるのであれば、日当たりは個人の生活に非常に関わってくる重要な要素です。
その土地特有の日射や風向きなどの要因は、事前にじっくりと調査しておくようにしましょう。

地盤が丈夫かどうかということも、土地選びでは大事な条件です。
このことは、地震や大雨などの天災が発生した際に非常に重要な意味を持っており、日本という災害大国に居を構える以上は避けて通れない問題です。
もしも地盤が柔らかかった場合、地盤沈下や液状化などにつながる危険性があります。
そのようなリスクを回避するため、過去に地盤沈下の経験がある場所や、多数の地下水が通っている場所などは避けたほうが賢明でしょう。

当該土地付近に、コンビニや薬局、保育園や学校などが存在するかということも大事なポイントです。
駅チカ物件が優れているのは言わずもがな、ご自分の生活スタイルと密接にかかわってくる条件なため、最優先事項であると考える人は多いのではないでしょうか。

その他の条件として、建蔽率についても入念に吟味しておきましょう。
せっかくいい土地を手に入れたのに、建築制限のおかげで思うように住宅を建てることができないということも考えられなくはありません。
法関係のノウハウも、土地選びにおいては重要なファクターであるということです。

□避けるべき土地のポイントは?

災害のリスクの高い地域は避けてほうが無難です。
上述の通り、日本はいつ大雨や氾濫、震災が発生してもおかしくない国です。
付近にそういった河川の類はないか、またその土地の海抜が周辺と比べて低すぎないか、事前にチェックしておくことを心がけましょう。

生活に不便な要素が多いのも避けたほうがよいでしょう。
付近にお店が少なすぎる、またやたらと勾配や階段が多いなどの問題は、日々生活する上でストレスとなりえます。

□まとめ

今回は注文住宅における土地選びのポイントについて解説しました。
生活の基盤となる大切な要素ですから、後悔のないよう土地選びは慎重に行ってくださいね。
今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

http://sekidesign.com/

注文住宅の最適なリフォーム時期について解説します!

「現状のままでも別に困ったことはないが、何となくリフォームの必要性を感じてきた」
「リフォームをしたいが、おススメな時期がわからない」
そういった悩みをお抱えの方に、本記事ではリフォームを行う最適な時期を解説していきます。

□リフォームを行う意義とは?

リフォームを行うことによって、建築物の老朽化の機能減退を軽減することができ、住宅の耐用年数といった観点からも、定期的なメンテナンスを兼ねるといった意味合いを持っています。
また、住宅のリフォームに代表されるメンテナンスを怠っていると、予定されている耐用年月よりもはるかに短いスパンで使用できなくなるといった危険性もあります。

大きな例を挙げれば、天井や外壁などは細かな点検を怠っていると、10年も早いサイクルで修復の兆しが見え始め、耐用年数の期限を迎える頃には、大掛かりな修復作業と資金が必要となってくるケースが多々あるのです。

リフォームと定期的なメンテナンスの重要性がよくわかりますね。

□時間がたつと住宅にどんな影響があるの?

新築時期から数えて約五年が経過すれば、配管設備や障子、襖の張替え時期に差し掛かって来る頃合いです。
さらに10年目を迎えると、雨樋や屋根、瓦、外壁などの外観部分に亀裂や剥離などがみられ、お風呂屋やトイレなどの水回りに不具合が現れてきます。
年が経過すると、住宅の土台部をはじめとする見えない部分に重大なダメージが入ってきます。
メンテナンスの度合いにもよりますが、屋根や瓦などの塗装、交換が必要となってくるケースも少なくありません。
築20〜30年ともなってくると、設備ごとの部分的なリフォームだけでなく、住宅全体にも及ぶ大掛かりなリフォームとなることが多いです。

当然、費用も少なくても100万単位で見積もりされるため、コストパフォーマンス的には賢いとは言えません。

□住宅のリフォームの目安は?

最もダメージが目に見えて分かりやすいのは、住宅の外壁や水回りなどです。
雨漏りなどの症状が出ていれば、早急に対処が求められていることがわかります。
このことから、なるべくダメージが少ない段階で費用を抑えようと考えている場合、築10年を超えている場合はリフォームが必要であると考えることができます。

□まとめ

今回は住宅のリフォームの最適な時期について解説しました。
住宅は人生で最も大きな買い物です。
後悔のないリフォームができるように、この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

http://sekidesign.com/