神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

b1fcbaf3ed9bbcbe9b30dbc8f60395f0_s

注文住宅を建てる際に選ぶ素材は外壁、床材、内壁など各パーツごとに分けて考えると選びやすいです。外壁は長く住む家なので、飽きがこないデザインにすることが大事です。一方、室内の床材や内壁の素材を決める際に注意したいのは、相互にバランスの取れたものを選定することです。

外壁は周りからも良く見え、家全体の印象を決めます。常に目につく部分なので、慎重に選ぶべきです。どのような外壁にすべきか迷っている人は、家にどういうテーマを置くかで決めやすくなります。その1つとして、どの家でも見られないようなタイプの外壁にするという選び方があります。例えばタイル張りなど特徴的な外壁があります。その他周りの景観と合い、街並みと調和が取れるような自然なデザインにすることに重きを置く人もいます。

外壁の素材としては、板状の外装材を貼り付けたサイディングという外壁が最も一般的です。多く使用されている理由は、デザインが豊富で工場で作ったものを現場で設置するだけの簡単な仕組みであり、完成が早く品質が安定しています。そのサイディングにはセメントや繊維、無機物などを混ぜて作った窯業サイディングや木質系、金属系、樹脂系など様々なタイプがあります。その他にはモルタル作りの外壁もあります。モルタルとは、砂と水、セメントを混ぜて練り上げたものです。昔はモルタルが主流でしたが、施工に時間がかかるため最近では少なくなりました。
室内の素材も毎日生活する空間なので重要になります。床材は室内のベースとなり存在感が大きいので、床材から決めていくべきです。床材で一般的なものはフローリングです。そのフローリングで最近人気の無垢材のものや、複合フローリング、シートフローリングがあります。無垢材は、素足に馴染み、年数が経つにつれて良い雰囲気を出します。しかし、湿気や傷に弱いため、シートフローリングを選ぶ人も多いです。その他、クッションフロアは安価でデザイン種類も豊富で手入れが簡単です。またオフィス等でよく使用されるタイルカーペットだと、汚れた部分の張替えが簡単です。

床材が決まれば、内壁を決めるべきです。内壁の種類で一般的なものはクロスがあります。クロスのメリットは、様々なデザインがあることと張り替えがしやすいことです。クロスにもビニル製のもの、紙製のもの、織物用のものなどありますが高級感を出したいなら織物クロスにすべきです。内壁の種類には、他に漆喰などの塗り壁があります。硬化性の土を使用するので、湿度を調整してくれるなどのメリットは多いものの、塗る手間がかかるため完成までに時間がかかります。

http://sekidesign.com/

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。訳あって去年、今年と年賀状を出せていません。また突然再開する可能性もあります。元気にしていますので今後とも宜しくお願いします。
かたつむりの家が選ばれました。 『2019年1月から2019年11月までに公開されたHouzzツアー(お宅訪問)記事から、特に人気のあった記事をご紹介します。』 「かたつむりのような渦巻き構造が特徴的な住宅。夫妻は、プライバシーがありつつも、心地よい開放感のある家を求めていました。「プランニングの過程で、プライバシーが完全に守られた屋外スペースを作ることをまず意識しました」と話すのはseki.designの石憲明さん。中庭とともにリビングのメガファニチャーにも注目です。」 https://www.houzz.jp/ideabooks/129931979/list #一級建築士事務所 #sekidesign #その場所にしかない建築 #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #kobe #かたつむりの家 #houzzでよく読まれた特集記事
e7c04a7c1dd4638c6fb4828864451c2c_s

古い住宅やマンションなどの構造を残して、壁や天井、設備などを新しく作り変えることができるリノベーションは、費用を抑えながら新しい間取りや内装などに作り替えることができるため、若い世代から退職世代、自分の暮らしを追求したいおしゃれな人たちなどの間で大変流行しており、話題にもなっています。

リノベーションは、内装や設備を新しくしたり、一部を改装したりするリフォームとは異なり、構造だけを残して新しい物に作り替えることができるため、新築の注文住宅に引けを取らない自由度があります。自由度がある分、自分の好みやこだわりを取り入れることができ、予算をかけるところとかけないところのめりはりをつけることも可能なので、低予算でもおしゃれにリノベーションをすることができるところが魅力です。

おしゃれなリノベーションをするためのポイントは、コンセプトにあります。自分の趣味やこだわりをしっかりと反映させることで、コンセプトがしっかりとしたこだわりのある部屋作りをすることができ、自分の希望が凝縮されているところがおしゃれという訳です。料理が趣味なら業務用の冷蔵庫やキッチン台を取り入れるなどキッチンを充実させると良いですし、自転車やバイクが趣味ならメンテナンスと展示を兼ねたオリジナルスペースを設計に入れる、南国のリゾートホテルをテーマにしてシンプルで開放感があり、トロピカルな雰囲気の間取りや内装にするなど同じ空間でも自分らしさをテーマにすることでおしゃれ度がアップします。

自分がこうしたいというテーマが決まっても、いざ設計しようとした段階で具体的にどうしたらよいのか分からないという人は多いので、雑誌やインターネットで好みの間取りや内装の情報を収集したり、リノベーションの建築事例を実際に見学に行ったりすることがおすすめです。好きなテイストや取り入れたいアイデア、空間の利用の仕方などお気に入りをたくさん集めることで、設計をしてくれる工務店やメーカーなどの担当者を選ぶときにも、理想を伝えるときにも役立ちます。気に入った建築事例を持っている専門店があれば、見積もりを取ってみることもおすすめです。ポイントをおさえて設計してくれるか、予算の範囲内でできるのかなどを知ることができるので、見積もりを取ってみることは大変有効です。見積もりの時に、プロの視点からアドバイスをしてもらうこともできるので、あれこれ考えている時間も楽しい物ですが早めに見積もりを依頼して、見積もりや設計を見ながら考えることが成功のポイントになります。

http://sekidesign.com/

年末最後に嬉しいお知らせ! 来年もがんばろって思います。 今年も皆様にはお世話になりました。 良いお年をお迎えください。 《2019年、日本のHouzzユーザーから最も支持を集めた事例写真。今回は「寝室・浴室・ダイニング」のベスト5をご紹介します。 この記事は、2018年1月〜2019年11月15日までにアップロードされた写真のうち、2019年1月〜11月15日までの間に日本のHouzzユーザーがアイデアブックに保存した写真のデータに基づいています。 近年キッチン・ダイニング・リビングは、それぞれで区切られているよりも、開放的な一体型空間であるほうが好まれています。ダイニングのランキングを見てみると、ほかのスペースとの導線や、ゆるやかなゾーニングのアイデアにユーザーが注目していることがわかりました。》 [2位にランクインしたのは、株式会社seki.designのダイニング。 こちらもLDK一体型の空間ですが、広々としたスペースに、小上がりと本棚からなる大きな造作家具を設置しています。 食事や団欒を楽しむ小上がりスペースの上は、子供たちのためのプレイロフトに。それぞれ別のことに打ち込んでいるときでも、同じ空間にいられるというのは、LDK一体型の魅力のひとつです。] https://www.houzz.jp/ideabooks/130001851/list #一級建築士事務所 #sekidesign #その場所にしかない建築 #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #kobe #houzz #bestofhouzzいけるかな