神戸、兵庫で設計事務所をお探しなら建築士石までお問い合わせください。

セキデザイン情報ブログ

月別:
2020/02

注文住宅を建てる際に知っておきたい、無駄をなくす方法をご紹介

「注文住宅を建てようと思っている。無駄のない家にしたい。」
注文住宅を建てる際には、設計から家のことに悩むかもしれません。
自由に設計できる家ですから、なるべく余計な無駄は省きたいですよね。
今回は、注文住宅を建てる際に知っておきたい、無駄をなくす方法をご紹介します。


◻︎注文住宅を建てる際に知っておきたい、無駄をなくす方法

*水回りを集約させ、水回り関連の部屋を近くに配置する

家の中には水を使う部屋がいくつかありますよね。
キッチン・トイレ・バス・洗面・洗濯機などが思い浮かぶと思います。
これからの水回りは、上下水道との配管をつなぐ必要がありますよね。
もしそれぞれがかなり離れていると、配管だけでかなり費用がかかってしまいます。
もちろん、配管の設置も時間がかかる分、作業代金も上乗せされるのです。
そのため、まずは水回りを集約できないかを間取りで工夫してみましょう。
また、水回り関連の部屋を近くに配置するのもポイントに挙げられます。
たとえば、洗濯をした後のことを考えてみましょう。
庭やベランダなどの干す場所と洗濯機が近くにあると便利ですよね。
逆に考えて、干すための部屋やクローゼットを作ると、移動の手間を省けます。
他にも、キッチンの水洗いを考えてみると、よくする動きがありますよね。
一般的に、冷蔵庫やコンロがシンクと近いと移動に困らないとされています。
このように、水回りを考えて、そこに関連する部屋を近くに配置すると、費用も手間も削減できるでしょう。

*階数を少なくし、空間を有効活用

注文住宅においては二階建てや三階建てを考えていらっしゃる方も多いと思います。
何となく広々とした印象があって、あこがれますよね。
しかしながら、敢えて平屋建てを選んで無駄を省くのも一つの方法でしょう。
最大のポイントは階段がないことです。
階段に必要な床面積の分だけ他の用途に使えます。
また、上への動きがない分家事もスムーズに行えるでしょう。
そして、家全体の表面積を抑えて、費用面でも削減が期待できるのです。
無駄をなくす点では、平屋建ても一度検討されると良いかもしれません。


◻︎まとめ

今回は、注文住宅を建てる際に知っておきたい、無駄をなくす方法をご紹介しました。
水回りは近くに集約させ、水回り関連の部屋を近くに配置するのがポイントです。
また、階数を敢えて少なくすることで、余計な床面積と移動の手間を省けます。
様々な工夫を凝らして、無駄のない家づくりを実現しましょう。

http://sekidesign.com/

db3d36a29e286a976c7a33d9051d8ad9_s

「そろそろ家のリフォームをした方が良いのかな。」
「リフォームをするのにおすすめの時期はあるのだろうか?」
リフォームは費用がかかるため、なかなか踏み切れないかもしれません。
生活にも影響が出ますので、慎重に時期を見極めたいものですよね。
そこで今回は、リフォームをするのにおすすめの時期をご紹介します。

□リフォームをするのにおすすめの時期はいつ?

*使えない機器が生じたとき

電化製品のいずれかが使えなくなり、新たに購入をご検討されているかもしれません。
しかし、新しく買いたいものが従来の空間に入らないこともありますよね。
また、機器の中には、取り外すのが難しいものもあります。
そういったときにまとめてリフォームを行うのがおすすめです。

*配管などに破損が見られるとき

配管などに破損が見られると、水漏れの被害へと繋がります。
家財や床などに影響が出ると厄介ですよね。
リフォームのきっかけと捉えて、早めに修理を検討されるのが良いでしょう。

*壁や床などの汚れがひどいとき

普段の汚れは、定期的な手入れである程度は取り除けるでしょう。
しかし、何年も経つうちに取れないものも出てきますよね。
その際には、全体的に劣化している可能性があります。
新しい素材に変えて、住宅を綺麗な状態に生まれ変わらせましょう。
 
*耐用年数から大幅に時間が経過しているとき

家の設備や建材に使われている、部品や塗料には耐用年数が設けられています。
耐用年数は、部品や塗料が劣化よって資産的な価値を失う状態が何年後の見込みなのかを記したものです。
つまり、耐用年数を超えていると、劣化している可能性が高いことを意味します。
もちろん、特に不具合がなく、通常通り使えるかもしれません。
しかし、いつ使えなくなったり故障したりしてもおかしくはないのです。
使えなくなってからリフォームを検討すると、実際に工事が実現するまでに時間がかかります。
不便な生活を避けるためにも、早めに交換を検討されることがおすすめです。

□まとめ

今回は、リフォームをするのにおすすめの時期をご紹介しました。
使えない機器が生じたとき・破損が見られるときなどは、生活にも影響しますので、良い機会と考えて早めに対処されるのがおすすめです。
また、汚れがひどい場合も、他の箇所が劣化していると考えて行われるのが良いでしょう。
そして、問題が見受けられなくても、長く経っている場合にはリフォームを検討されることがおすすめです。

 

http://sekidesign.com/

ce1c9203601e61f47931d176ed1298f2_s

「使いやすさにこだわって注文住宅を建てようと思っている。」
「リビングに階段を設置するのはどうなのだろう?」
注文住宅を建てる際には、どのような仕様にするかが悩ましいかもしれません。
リビングに階段を設ける場合でも、長所と短所を理解して判断したいですよね。
そこで今回は、リビングに階段を設けることの長所と短所に関してご紹介します。

□リビングに階段を設けることの長所

*リビングが広々として印象に

階段が独立しているよりも床面積が大きいですから、広々とした印象を楽しめます。
また、リビングの一部にすることで、使いづらい階段の下側も有効に利用できるでしょう。

*家族と顔を合わせてコミュニケーションが促進される

リビングに階段があると、上の階からの行き来は必ずリビングを通ります。
通常子ども部屋などは別の階ですが、この構造によって自然と顔を合わせられるのです。
顔色をうかがうだけでも、小さな変化に気付きやすいでしょう。
もちろんコミュニケーションのきっかけとしても期待できます。

*リビング内にアクセントができる

普段は単体で隠れて存在している階段ですが、リビングにあると良いアクセントにできます。
その独特な形は存在感が大きく、リビングをおしゃれな空間に変えられるでしょう。

*吹き抜けと組み合わせるとさらにおしゃれに

吹き抜けは、上の階の一部を外して下の階とつながっている構造を指します。
天井が高いため、開放感のある空間に仕上がります。
リビング階段と一緒に採用すると、さらにおしゃれな空間にできるでしょう。

□リビングに階段を設けることの短所

*臭いや音が気になる

開放的であるために、臭いや音が他の部屋に影響する点は否めません。
特に、リビングでの団欒が賑やかな場合には、上の階での作業に支障が出るでしょう。
音の影響を受けたくない場合には、防音構造を導入するのが一つの方法です。
また、臭いに関しては、上がる部分に換気扇を付けると良いでしょう。

*空気が流れて温まりにくい

他の部屋と比べても広いリビングですから、空調の維持は難しいものです。
階段で上へと抜けるスペースがある構造は、より温まりにくい心配も生じます。
家全体に断熱機能を付加するまたは二階部分にドアをつけるなどの工夫をすると良いでしょう。

□まとめ

今回は、リビングに階段を設けることの長所と短所に関してご紹介しました。
長所には、家族の顔が見えやすくインテリアとしても広々としてリビングを演出する点が挙げられます。
逆に短所は、開放的であるために空気の流れや音が気になる点です。
注文住宅を建てる際には、どちらが大きいと感じるかで検討されると良いでしょう。

 

http://sekidesign.com/

最近のできごと(Instagram)


最近のできごと(Instagram)
Best of Houzz 2020デザイン&サービス両部門でダブル受賞しました。かたつむりの家のメガファーニチャーに注目が集まったようです。今後の励みになります!!嬉しい!!Best of Houzzとは…建築のポータルサイトであるHouzz では毎年、世界中に広がる Houzz コミュニティから支持を集めた専門家を選出し Best of Houzz を授与しています。今回はデザイン賞とサービス賞の両部門を受賞することができました。デザイン賞は、4,000万人以上の Houzz ホームオーナーの間で最も人気のあった建築やインテリアデザインを手がけた専門家や、プロジェクト写真を撮影した写真家に贈られます。 また、サービス賞は、Houzz 上 高評価のレビューを獲得していたり、ディスカッションやアイディアブックを積極的に活用されている専門家に贈られる賞です。受賞作品をこちらでご紹介しておりますので、是非ご覧ください。 https://www.houzz.com/ideabooks/129385575その他の受賞者(日本版)https://www.houzz.jp/best-of-houzz-2020その他の受賞者(世界版)https://www.houzz.com/user/boh2020#一級建築士事務所 #sekidesign #その場所にしかない建築 #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #kobe #bestofhouzz2020 #かたつむりの家 #メガファーニチャー #W受賞 #最高の気分
Best of Houzz 2020 デザイン&サービス両部門でダブル受賞しました。 かたつむりの家のメガファーニチャーに注目が集まったようです。 今後の励みになります!! 嬉しい!! Best of Houzzとは… 建築のポータルサイトであるHouzz では毎年、世界中に広がる Houzz コミュニティから支持を集めた専門家を選出し Best of Houzz を授与しています。 今回はデザイン賞とサービス賞の両部門を受賞することができました。 デザイン賞は、4,000万人以上の Houzz ホームオーナーの間で最も人気のあった建築やインテリアデザインを手がけた専門家や、プロジェクト写真を撮影した写真家に贈られます。 また、サービス賞は、Houzz 上 高評価のレビューを獲得していたり、ディスカッションやアイディアブックを積極的に活用されている専門家に贈られる賞です。 受賞作品をこちらでご紹介しておりますので、是非ご覧ください。 https://www.houzz.com/ideabooks/129385575 その他の受賞者(日本版) https://www.houzz.jp/best-of-houzz-2020 その他の受賞者(世界版) https://www.houzz.com/user/boh2020 #一級建築士事務所 #sekidesign #その場所にしかない建築 #兵庫県 #神戸 #建築家 #建築家との家づくり #設計事務所 #デザイン住宅 #注文住宅 #新築 #モダンインテリア #house #design #architect #architecture #ordermadehouse #newbuild #moderninterior #japan #kobe #bestofhouzz2020 #かたつむりの家 #メガファーニチャー #W受賞 #最高の気分

 

bcdbf41865012e4320ba3887313da9e4_s

「リフォームでトイレを直そうと思っている。」
「素材などを選ぶ際に押さえておきたいことは何だろう?」
トイレを修繕する際にはそこで使う材料や新たに取り入れるものに悩むかもしれません。
せっかくの機会ですから、使いやすく快適なものを採用したいですよね。
そこで今回は、トイレの素材などを選ぶ際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

□トイレの素材などを選ぶ際に押さえておきたいポイント

*手入れが行いやすいもの

ご存じの通り、しばしば汚物や水が飛び散る場所です。
他の部屋と比べても掃除を行う頻度は高いですよね。
汚れが落ちにくいものですと、徐々に目立ってしまいますし、手間もかかります。
そこで、手入れが行いやすい素材を選ぶのが良いでしょう。
中には水拭きだけでも簡単に落ちるものもあり、それであれば頻繁な掃除も苦にならないですよね。
日々の手入れの行いやすさは、快適に使えることにも直結しますので、意識しましょう。

*水や薬品をはじきやすいもの

掃除をする際には薬品を利用するかもしれません。
水や薬品がその場に続けると、カビの繁殖や素材が腐る被害が生じます。
湿気の多い場所でもありますから、薬品や水をなるべくはじきやすいものを選びましょう。

*間取りと相談して窮屈ではないか

特に新しい機器にする場合や和式から洋式への交換では、間取りも大きく変わります。
その際に、狭いなどの理由で困ることが多いものです。
現在の間取りと相談して、不便なく使える大きさであるかを検討しましょう。
気に入った機器で入りそうにない場合には、間取りの変更を考えるのも良いかもしれません。

*手洗い場が隣接しているか

間取りとの相談ですが、現状のトイレに手洗い場がない場合には設置をおすすめします。
汚れた手でドアや別の部屋のものを触るしかなく、衛生上よろしくないためです。
また、掃除をする際に水が簡単に持ち運べないと不便なものです。
もし存在しない場合には、設置を検討されると良いでしょう。

*窓の配置に注意する

新たに窓の設置をお考えかもしれません。
暗さを軽減し、換気にも使える点では有効ですが、外からの視線も気になります。
手が届く範囲の高さにし、ガラスや格子などで見えにくい構造にしましょう。

□まとめ

今回は、トイレの素材などを選ぶ際に押さえておきたいポイントをご紹介しました。
特に素材を選ぶ際には、手入れが行いやすいもの・水や薬品をはじきやすいものであるかを判断しましょう。
また、間取りとも相談しながら、新しい機器や手洗い場の設置をされるのもおすすめです。

 

http://sekidesign.com/

1733d3471e2271f46f59cd54a7aded63_s

「注文住宅を建てようと思っている。」
「成功するためのポイントは何だろう?」
注文住宅を建てる経験は滅多にありませんから、うまくいくか不安な方も多いと思います。
費用もかかりますから、要点を押さえて臨みたいですよね。
そこで今回は、注文住宅を建てる際に知っておきたい成功事例やポイントについてご紹介します。

□注文住宅を建てる際に知っておきたい、成功事例やポイント

*収納面を充実させて余裕のある空間に

普段生活している空間をなるべく広くしたいとお思いかもしれません。
最大限使おうと思うと、収納場所を削る傾向が見受けられますが、むしろ逆なのです。
ものがあふれてくると快適さも下がるため、同じくらいの優先度で検討するのをおすすめします。
また、スペースの上や周りにインテリアや雑貨を飾るとよりおしゃれな空間にできます。
お客様だけではなく、ご自身も入ったときに快適さを感じられるでしょう。

*業者選びを慎重に行って理想の相手に

紹介された会社にそのまま決めようとお思いかもしれません。
時間もかかりませんし、全く知らない業者よりも誰かの評価が出ている方が安心できるでしょう。
しかし、評判の良いところがご自身にとって最善の相手とは限らないものです。
なぜなら、今回行う事例には精通していないかもしれませんし、相性も関わってくるからです。
そこで、業者は必ず複数を比較して決めましょう。
金額はもちろんですが、説明の丁寧さや施工経験の豊富さなどから決めるのがおすすめです。
何度も話を深め合い、比較して決めた業者は安心感が違いますし、お互いの信頼も深まっていきます。

*動きを踏まえて部屋を配置し、使いやすく

家の使いやすさで大きな影響を与えるのが、行き来が少ないかです。
面倒に感じると快適にも過ごせませんし、使わないのは本末転倒でしょう。
そういった失敗を避けるためには、家事動線を意識して配置を考えることがおすすめです。
キッチンであればシンク・コンロ・冷蔵庫でよく行き来があります。
また、洗濯では洗濯機・物干し場所・クローゼットの間もよく通るでしょう。
毎日の生活を想像して、同じ動きをするものを見つけ、部屋の配置を検討しましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる際に知っておきたい成功事例やポイントをご紹介しました。
収納を充実させる・業者を慎重に選ぶ・動線を踏まえるなどが押さえておきたい観点です。
じっくりと進めて、理想の住まいを実現しましょう。

 

http://sekidesign.com/

71c9fe4f90acf507c3074f90ac1bf901_s

「注文住宅ではどう間取りを考えるのだろう?」
「おすすめの決め方について知りたい。」
注文住宅を建てる際には、間取りについてお悩みかもしれません。
快適に過ごすためにも、コツを押さえて考えたいものですよね。
間取りを決める際には、何を重視するのかをしっかりと検討するのがおすすめです。
そこで今回は、間取りを決める際におすすめしたい観点についてご紹介します。

□間取りを決める際におすすめしたい観点について

*快適に移動できるかを重視して部屋の配置を考える

快適さに大きな影響を与えるのが、行き来が少ないかです。
特に毎日同じ作業を行うものについては、時間がかかると厳しいですよね。
そこで、家事動線を意識して配置を考えることがおすすめです
たとえば、洗濯では洗濯機・物干し場所・クローゼットの間を行き来しますよね。
キッチンであればシンク・コンロ・冷蔵庫の間を動くことが多いものです。
そういった一連の流れに使う部屋を近くにすることで、移動の大変さを減らせます。

*収納を優先的に考えて、そこから逆算して部屋の配置を考える

注文住宅でよく挙げられる失敗が、収納が不足していることです。
普段生活している空間をなるべく広くしたいと思って削ると使いづらくなります。
なぜなら、ものがあふれてくると快適さも下がるからです。
毎回他の部屋に移動させて片付けるのも面倒ですから、収納場所は十分に確保しましょう。
そのためには、まず収納スペースとして使える部分を探します。
その上で、スペースの広い場所にものを使う部屋を配置すると片付けは行いやすいでしょう。
今後の生活で荷物が増えることも考えられますので、余裕を持ったスペースづくりがおすすめです。

*音を考えて配置する

家の中には、落ち着いて過ごしたい場所も設けたいものですよね。
リビングや寝室などが音の出る場所や通りの近くにあると騒音が気になります。
また、風呂や手洗いの音が隣家に聞こえるのは気が引けるかもしれません。
そういった音の気になる部屋はなるべく道路や音の鳴る部屋から離すと良いでしょう。
残った空間に、他に必要な部屋を配置していきます。

*採光性と風通しを重視して配置する

住宅が受ける太陽の光や風をうまく取り込みたい方も多いと思います。
普段過ごす時間の長い場所を南側に配置すると、採光性は確保できるでしょう。
また、風通しは地域にもよりますが、一直線上に配置して取り込みやすくする工夫もひとつです。

□まとめ

今回は、間取りを決める際におすすめしたい観点についてご紹介しました。
収納・動線・採光性などは考慮しないことで後悔する事例が多い観点です。
ご自身にとって大切だと感じるものを優先的に採用していきましょう。

 

http://sekidesign.com/